智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0086 佐田真由美  freedom

日々、生活をしながら、自由って何だろうな… こう思うこと、多いです
それは、最近も、過去も、あまり変わらなくて…
(ですが、そこまで悩んでいるわけでもないので、ご安心ください!)
その思いの中から、偶然にも、今回の楽曲に出会ったことを懐かしく感じて!
佐田真由美 さんで 『 freedom 』 の紹介です♪
2001 年発表 SOTECの 「 AFINA note 」 CF ソングとして採用されました♪
佐田真由美さん:
女性読者様には、モデルとしての彼女が有名なのでしょうか♪
人気雑誌 講談社『 ViVi 』 専属モデルとして活躍( 1998 ~ 2003 )
それ以降も同誌ほか、数々のグラビアを飾る一方、テレビ出演、CM出演、さらには 「宇多田ヒカル」 の御主人である 「紀里谷和明」 の監督作品として話題になった映画 『CASSHERN』 への出演など、幅広い活動で、彼女のことを知る人、多いのでしょうね!

その活動の歴史の中で、彼女が歌手だということをご存知の方は、多いのでしょうか?

彼女の楽曲として、注目をされたのは、ドラマ「ウエディングプランナー」挿入歌となった
『ever after~もしもあなたがいなければ~』だと思います!
これは4作目のシングルになるのですが、今回紹介する 『freedom』 は、2作目のシングルになります!!

筆者は、たまたまある音楽番組を見て、歌手デビュー直前の彼女の楽曲を聞き、すごく興味を持ったので、そのデビュー曲以降のシングル・アルバムを揃えるに至りましたが、彼女がその番組を見た時点では、有名モデルとは、知りませんでした…
(やはり 『ViVi』 は女性誌ですし、筆者が真剣に見てたら、ちょっと…)

なぜ、彼女の楽曲を聞きたくなったのか?

その番組にて紹介されていた彼女のデビュー楽曲は、結果としては、大ヒットをしませんでしたが、音楽性は非常に高いと思い、それがきっかけとなり、愛聴したものです!

今でこそ、彼女がシングルをリリースした 『avex』 社の音楽は、多彩な印象ありますが、以前は割合、同系統の音楽が主流だったように思いますし、そうした中、何かが違う! と思って、聞き始めたことは、筆者にとって、正解でしたし、真剣に音楽に取り組む彼女の姿勢は、やはりモデルという、華やかでありつつ、厳しい世界において、圧倒的な実力を誇れるだけの度量があることにも通ずる、信念みたいに感じられました!

シンガーソングライター と言われる人は、自作自演の形で、自分に最も考えうる世界を表現するのが基本です

ですが近年、特に 『浜崎あゆみ』 がクローズアップされるようになって以降でしょうか…?

ボーカリストの女性が、積極的に 『作詞』 という分野で個性を発揮するのが目立ってきたと思えるのです!!

かつてのアイドルは、職業作家なり、他のミュージシャンから詞も曲も与えられ、それを忠実に表現することが基本でした!

これがいつしか、自ら表現したい歌詞は、自分が生み出すんだ! という感じに変化をしてきたと思いますし、今回紹介する 『佐田真由美』 も自ら作詞を手がけ、それがまた、プロの作家と比べても遜色劣らない出来映えであり、言葉としても、見事な内容になっています!

かつてこのブログでは 『詞先』:しせん (先に作詞から曲作りを行う方法)での楽曲を記事にしたことがありました!
過去記事 0002:YeLLOW Generation   LOST Generation
  こちらの方に、そうした作成方法の意味を記述しました!

通常、曲の方が先に完成し、そこに言葉 (作詞です) を当てはめていく作業方法が主流になります!
その背景としては、楽器演奏部分の方が、先に完成した方が、全体的なイメージをつかみやすい一面もありますし、幾重にも重ねて製作される楽曲部分は、総じて時間がかかってしまうため、ある程度の方向性がまとまると、一気に作業に取り掛かるスタイルが定着したからだと思われます!
特に近代は、パソコンと電子楽器、そして録音ソフトで、ほぼ一人か二人くらいで、楽曲のほとんどを担当しますので、その方向性は、さらに加速されたことかと思います!

では、今回紹介する楽曲は、そうした詞先だったのか?
正直、不明なのです…
ただ、詞先じゃない、普通の曲先の状態で、彼女が作詞していたとすれば、ポジティブな中にある、それでいて、彼女自身が楽曲発表当時に、トップクラスのモデルとして抱えていた苦労の部分も、見事なまでに表現しているように思えるのです!

歌詞の紹介リンクも無いため、皆様にどう説明していいのかわからないのですが、思いつきなんかではない、真剣に言葉を選びぬいたことが伺える、そんな歌詞です!!

彼女が登場した、あるトーク番組を見たときのことですが、現在の自分と、過去の自分、そして、これからの自分を、真剣な眼差しで語っていたのが、放映当時、印象的でしたし、また、その際に語っていたことよりも、もっと多彩な活躍をされ、その頑張りの部分は、多くの女性にとって、更なる憧れに感じられたと思います!

今は、歌手だけ、モデルだけ、女優だけ、という垣根を越えて、マルチに活躍する人が多い時代だと思いますが、彼女もまた、そういう意味での先駆者だと、筆者は思っています!

シングル楽曲においては、ありふれたJ-POPアーティストの楽曲より、もっと心地よいものであったり、切なさを感じる楽曲であったり、表現力豊かな人だという印象ありますので、多くの皆様に関心を持って欲しいです♪

今回のリンク先
※2006年10月27日 歌詞掲載サイトを追加
freedom うたまっぷ  (歌詞掲載部分)

MAYUMIRACLE ( 公式ページ )

NET ViVi ( 雑誌 : 公式ページ )
こちらはもう、女性必見のページです!! (筆者も驚きでした!!)
①画面上部にある 『タブ』 の中から 『モデル』 をクリック
②画面右側の方を、少々下にスクロール
③ちょっと下がったところに
 『佐田真由美のしあわせの秤(はかり)を探す旅』
 という部分があるので、クリック♪
④彼女のその記事と、過去に連載された
 『MayumiのHappy as I wanna be!』の両方が読めます♪

彼女のファンにはもちろんですが、今回気になった読者には必見ですから♪

コメント

amoは長い間、音楽の勉強をしてましたが、作詞と作曲は学んだことがなくて…時々それが残念に思ったりしてます。
amorecatでは時々英語だったり、まぁよく分からない日本語で詩的な記事の更新をするのですが…やっぱりそれは活字で表しにくい、心の叫びだったり、涙だったりするんですよね。それを好きな音楽に合わせて、自分で表現できたらどれだけステキなんだろうかと、よく思うのです…で、作詞、作曲についてもっと学んでおきたかったなぁって思うんです(笑)今日もそんな気分のamoです…
彼女については、やっぱりモデルさんのときの印象がまだ強いです。そんなにamoはviviという雑誌を読むわけではないのですが…やっぱり表紙とかは見かけますから。そんな彼女が女優になり、歌を…自分の世界がしっかりある人は、どこに行っても基軸がずれないので活躍できるのだとamoは感じます…
音楽で自分を表現するというのは、やっぱりステキですよね☆amoも自分で曲とかできたら楽しいかも(笑)…明るいだけじゃなくて、強くて、美しくて、可愛く、たくましく、時にクールに頑張れる…そんな曲…!!!

九州のほうの雨は激しく続いているようで、ニュースでも何回も見かけますが…智様は大丈夫ですか??amoのところでは小雨ですが…早くすっきりしたお天気になって欲しいですね☆ちなみにamoは一年の中で秋が一番好きです…
with Love & Kisses to T
  • 07月 22 2006
    • 2006/07/22(土) 01:37:31
    • [ 編集 ]
    • URL
    • ひなた #whKRIAGo
おぉぉ!!偶然にもこれはCD持ってますよ!
モデルさんだった頃から知ってますが、あの綺麗なお顔だから
歌はちょっとくらい下手でもしょうがないよね~って
なめてたら、エライめに合います(爆)
作詞という分野は、ほんとに日本語にしても、英語にしても、学んでおいた方が、
圧倒的に表現力が増えるのでしょうね!
それに関しては、俺は英語詞にて活動された 『ゴダイゴ』 などを幼少時代に
聞きながら、感じておりました!
作曲に関しては、現代のテクノロジーとは恐るべしで、鼻歌を歌うだけで、伴奏
パターンから作成していただけるソフトまでも登場しています!
楽器が弾けなくても、普段見慣れたパソコンが使えたら、曲は完成しますよ!
ただ、自動生成された楽曲の、手直しとか違和感を修正していくのは、最後は
人間の基礎知識による部分が大きいので、全く音楽に携わったことの無い人
よりも、少しでも経験があることが、その後の部分で、大きな差になるのです!

amoさんが、心情を長く書き綴っておられますが、音楽のあり方として、好まれる
かどうかはわかりませんが、ヒップホップやラップの世界のように、音程という
部分よりは、言葉の韻などを大事にしたジャンルが市民権を得ていることも周知
の事実だと思います!
よって、機軸になるバックトラックのみ作り上げて、サビになる部分や、主たる
部分におけるメロディーが完成すれば、ラップの形式ではなくとも、朗読・散文の
ように、読み上げる音楽であってもいいと思うのですよね(*^_^*)
そして、これは自分が何歳だから、もう… と思うのではなく、いつからでも開始
出来ることだと思います!
正直な話、ネットで (メールで) パソコンに接続したマイクで、なんとなく思いつく
曲を録音して、送信していただければ、そこに曲を当てはめていくなんて作業は、
手間はかかりますが、出来ない訳ではありません!
一回で何もかもが完成するなんてことは、まれです!
試行錯誤しながら、納得のいくものを作り上げる♪
そこに、音楽なり、あらゆることの魅力があるように、俺は思ってます!

今回は、多くの読者が予想もしなかったであろう 『佐田真由美』 さんを題材に
選曲をしましたが、amoさんがおっしゃるように、自分の世界がある人には、何の
分野においても、機軸が保てるのでしょうね!
最初、彼女の歌を聞いたときには、驚きましたので!!
女性に支持される 『女性』 は、やはり貴重な存在なのですよね(^^♪

雨… もう、報道で御覧の通りです(^_^;) ですがまだ、エリア的に救われてる!
そういう状況ですが、今後の報道に注意が必要なのは変わらないですよ(-_-;)
(なので、ブログ先頭に、そうした部分を追記したのです!)
梅雨が明けてくれないと、書けない楽曲もたくさんあって…
俺も秋ですよ! 夏生まれですが、秋が好き♪ それは同じでしたね!
お互いに色々と大変な時期ですが、頑張りましょうね!!
おお!! 何故これをぉぉぉ?????
佐田真由美 さんには反応する人がいても、楽曲に反応して、しかも、所有してる
人がいるなんてぇぇぇ???
しかも、それがひなたさんだったという!! だから記事書くの、楽しいです♪

俺は記事にも書きましたが、モデルさんとしての彼女は、CDを手にして以降、知る
ことになりましたが、今回、文末リンクに用意した部分からは、それは彼女の魅力
満載であり、そして現在のViViのトップモデルさんたちが輝いております!
ここの部分は、女性必見だと思いました!

歌… これは、まさにひなたさんがおっしゃる通りで、彼女の実力は、もっと大きく
話題になってもよかったと思いますし、個人的には、今回の後にリリースされた
『kiseki』 が一番好きですが、ちょっと時期的に合致しないと思い、今回はこちらを
選んだ次第です!
『freedom』 は、俺があまりに気に入ってしまい、かつてバンドで真似てみたことも
あって、その意味でも懐かしい楽曲なのです!
皆様も彼女の歌を 『エライめに合います(爆)』 って感じで聞いてほしいです♪

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。