智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0083 RYTHEM  万華鏡キラキラ

読者の皆様は、音楽を聞きながら、たまらなく癒されること、あるでしょうか…?
それでいて、歌詞に込められた世界から、考えさせられること、あるでしょうか…?
筆者はこの楽曲を最初に聞いたとき、そのどちらも感じました
万華鏡という、美しくもあり、だけど煌きの中にある、儚さの部分…
若く繊細な彼女達の感覚は、それを見事に表現しました!
RYTHEM ( リズム ) で 『 万華鏡キラキラ 』 の紹介です♪
2004 年発表 ドラマ 『 光とともに…~自閉症児を抱えて~ 』 主題歌でした♪
RYTHEM ( リズム )
メンバーは、この両名です ( 二人とも 1985 年生まれの大学生 )
加藤有加里 < かとう ゆかり > ( YUKA ) : A.Guitar & Vocal
新津由衣 < にいつ ゆい > ( YUI ) : Piano & Vocal
中学~高校~大学と、共に同じ道を歩む仲良しのふたり!

デビューの時には、高校生だった彼女達で、今回紹介する
『 万華鏡キラキラ 』 は、5 作目のシングル楽曲です♪
( 詳しいプロフィールは、文末リンクより御覧ください! )

最初、彼女達を知った時、どことなく 『 Kiroro 』 か 『 花*花 』 の路線なのかなぁ、という、見た目の印象を持ちましたが、近年の女性デュオの皆様方は、決してかぶることのない、自分たちの個性を存分に発揮する才能、あるんだな! ということを、楽曲を聞きながら感じましたし、特に今回紹介する楽曲においては、その個性の部分、聞く人に心地よさと同時に、懐かしさや切なさを感じさせるに相応しい楽曲だと思い、発売と同時に入手した作品になりました!

『 RYTHEM 』 の楽曲の特徴なのですが、何もそうした落ち着きの部分だけではなく、若さ溢れる快活な楽曲も多いですし、音楽の幅は、キャリアの割には広いものであり、さらに今後の活躍に期待を寄せられる感じがします!

また、清涼感ある声質は、彼女達のファンならずとも、聞いていただければ、その美しい楽曲と共に、愛されることかと思えます♪

さて、今回紹介する 『 万華鏡キラキラ 』 ですが、冒頭に記述しているように
ドラマ 『 光とともに… ~自閉症児を抱えて~ 』 主題歌として、耳にされた読者様もいらっしゃることかと思います!
( 原作が漫画であることは、今回調べる中で知りました )

そのドラマの方も、原作の方も、筆者は知らないのですが、きっと素晴らしい作品なのだろうと思います!

その理由としては、この楽曲を主題歌として採用した時点で、派手さなどは皆無の世界のドラマだったんだろうなぁ、という気にさせてくれるからです!

では、筆者が懐かしさや切なさを感じたのは、どんな部分だったのか?

この楽曲に限らず、多くの作品は、この二人の手によって生み出されていて、それでいて、年齢を考えれば、日本の昔の楽曲を相当聞きこんでいるのだろうか? と思えるほどに、古典的要素を持ち合わせているように感じます!

メロディーラインですが、哀愁ある流れであり、特にサビ部分では、歌い方を変えれば、演歌にも通ずるかのような、日本的な、もしくはオリエンタルな感じのするラインで、最近の J-POP とは一線を画する作風です!

強いて似た感じを探せるとすれば、あくまで筆者の思い込みなのですが、
『 RUI 』 ( 柴咲コウ ) の 『 月のしずく 』
『 中島美嘉 』 の 『 雪の華 』 ( この 2 曲は作者が同じですが! )
そして、イメージとしては 『 ナナムジカ 』 あたりの印象を、同系統な楽曲なのだろうか…? という手触りで感じます!

注目すべき点なのですが、やはり歌詞にあります!

普通、歌いだしの部分と、一番最後の歌詞が 『 全く同じ 』 というのは、珍しいと思えますが、それを堂々と採用し、サビの繰り返しで終るという、ありきたりな(?)展開にはしなかったことは、この楽曲の価値を相当高めていると思います!

その歌詞なのですが…

いつも強く願う 「心がのぞければいい」と

この、人間だったら誰しも思いたい気持ちが、万華鏡という、幻影的な煌きの中で、事実の部分と空想の部分、そして、その狭間という部分で表現されてるところに、この楽曲の全体を予感させる意味があるのだろうな、と思い、愛聴したものです♪

また、ここでは記述しませんが、その歌詞に込められた人間模様の部分は、とにかく美しい詞 ( ことば ) により、聞き手に語りかけられる感じで、思わず何かを考えたくなるきっかけを与えてくれます!
( 歌詞に関しても、文末リンクより御覧いただきたいです )

この美しい楽曲を、さらに美しくしているのは、彼女達の声であり、表現力なのですが、それを支えたバックトラック部分もまた、美しいのです!

しかし、美しい=か弱い感じ、ではなく、この楽曲では、力強さの部分も同時に内包していて、特にそれを実感させる人が、演奏者として名を連ねていました!

ドラムを担当したのは、特にロックにおける激しいドラミングで、しかもそのテクニックが聞き手を唸らせる、ドラマー界のベテランである
『 そうる”03”透 』 氏なのです!
彼が関わる作品群は、ポピュラーからハードロック、はたまたヘビメタ系ジャンルまで、特にパワーやスピードを要求される世界においての定評があるのですが、今回の楽曲は、スローバラードなのです!

そう考えれば、畑違いのような気もしますよね…?
ですが、そうしたバラード楽曲においても、抜群の存在感を誇り、基本部分では、柔らかいドラミングを披露するのですが、時折差し込まれる部分 : フィルイン と言いますが、その部分における、絶妙のプレイや、彼ならではの、深いドラムの音などは、普段、楽曲部分をあまり気にせず聞くリスナーにとっても、絶対にその音が無ければ、淋しい楽曲で終ってしまうだろうな… というのを、感じられるはずです♪

また、単純に聞けば、そこまで感じないのかもしれませんが、ドラムというパートは、他の楽器とは異なり、直接音程を表現するものではありませんよね?

ですが、さりげなく繰り出されているように聞こえるプレイの全部の部分で、彼にしか叩けない、独特の 『 間:ま 』 の部分や、ここでこのフレーズを 『 叩く 』 という、その方法論は、長いキャリアの中から、完璧に自分らしさを表現出来る精度であり、音楽における 『 リズム 』 という部分を、皆様が好きになってもらえる要素だと、筆者は思う次第です♪

美しさ、切なさ、でもそこにある力強さ!
これを数分間の楽曲において、すべて聞くことが出来る感動は、皆様も試聴していただいてから、判断いただければ♪ と思いますし、また、PC の環境によっては、プロモクリップの部分を御覧になれる視聴部分もありますので、彼女達の姿を御覧いただき、今後さらに活躍するであろう、そうした部分も感じてくだされば、嬉しく思います!

今回のリンク先
RYTHEM ( 公式ページ )
 ① ページを開く際の音量には、用心願います
 ② 画面下側にある 『 DISCO 』 をクリックして、今回の
 『 試聴 』 ( 音楽部分 ) と 『 視聴 』 ( 映像部分 ) を楽しめます♪
 ( 試聴・詳細・購入というのをクリックです♪ )
 ③ 他にも、作りの美しいページですので、楽しめます♪

万華鏡キラキラ うたまっぷ ( 歌詞掲載部分 )

コメント

  • 07月 18 2006
    • 2006/07/18(火) 02:10:30
    • [ 編集 ]
    • URL
    • 木津健 #-
はじめましてー木津健といいます^-^ 検索で飛んでまいりましたー。
『万華鏡キラキラ』いいですよねー♪切ない感じがすごく好きで、俺も発売当時よく聴いてました! 俺も音楽ブログを書いてるので、音楽ブログ同士よかったら仲良くしてください♪
度重なる不具合、申し訳ありません…
いろいろ設定確認を見ましたので、次回、受信に際しては、大丈夫かと思います!
また、最初に記述した内容にて、同一内容を文字のみで、再送しております
そちらの内容に関します返事をいただけた時点で、改めて、詳細、伝えます!
お手数、おかけしますが、よろしくお願い致します!
こちらのブログ管理者 智(とも)といいます!
訪問の方、ありがとうございます!
木津健さんのブログ、多岐に渡る記述内容、すごいですね!!
時間は無かったので、少々見させてもらいましたが、完成度高いブログですね!
これからも、お互いの交流が持てればいいですね!
その中で、ひとつお伝えすべき点があります
筆者である俺が、多忙気味になりつつあり、訪問及び更新に際して、今後多少の
遅れが出てくることになりそうです…
そのため、時間の許す限りの訪問は致しますが、正式にリンクの形となりますと、
歩調が整わないと思いますので、そのゆとりが生まれるまでの期間、勝手では
ありますが、相互としてのリンクは、控えておきたいと思います
ゆとりが生まれてきたときには、そうした部分も再検討致しますので、まずは読者
同士としての交流からお願い致します!
勝手気ままなブログではありますが、これからもよろしくお願いします!
万華鏡キラキラの前の話になるのですが、ハルモニアという曲があり、
その時から聞いていますよ。
そうですね。どことなく花*花やKiroroと路線同じような感じはしますが、
そんな彼女達は今でも好きです。
万華鏡キラキラが「光とともに」で主題歌になったその前同世代や友達で知っている人がいなくて悲しかったのですが、
ちょうど主題歌になると決まったときに大喜びしてしまいました
冒頭とサビが違うってのは珍しいですよね。
RYTHEMは書く歌詞はどこか繊細で胸に心響くものありますし、
それに切なくて声も清潔感があります。
アルバムを借りたことあるのですが、アルバムに収録されている曲は
どれもこれもおすすめです。




ちょうどこの当時、ドラマの方を見る時間がなく、どういう内容なのかは、検索
するうちから、わかったのですけど、そうした社会派ドラマが、もっと多くの人に
支持をされる時代であってほしいですし、原作があって、ドラマの単体ではない
ことを知り、楽曲だけを所有してる俺にとっては、そうした部分を知るきっかけと
なり、あなたから頂いたコメントと併せて、ありがたく思っています!
ドラマやCMに関わる楽曲は、意外とわからないままで、聞き過ごしてしまうこと、
多いですよね…
なので、俺の場合ですが、パソコンを持つ以前は、アーティスト名などは、メモに
書いていました(^^♪
それから、販売店やレンタル店を、地道に探すのです♪
これ、結構楽しみなんですよね、俺の♪
パソコンを手にして、多くの皆様の励ましから、こうしたブログを作りましたが、
あなたにとって、そうして何かを知るきっかけになることは、記事にしていて、
一番嬉しいことです(*^_^*)
これからも、ちょっと世代的には、わからない時代の楽曲も書きますが(-_-;)
色々と感じてくれることがあれば、と思います!
いつも、ほんとにありがとうございます!
また改めて、そちらにも、訪問しますね! (返事が遅くなり申し訳ありません)
ま、まぁ、過去形であることには、間違いありませんが、うちみたいなおじさんには、
割と最近のような気がしてるんですが…(笑)
今回の 『万華鏡キラキラ』 で、彼女達にはまってしまった、そのおじさんは、
なんとアルバムを持ってたりしますよ♪
楽曲、調べてみれば、タイアップも多いのですね! それは驚きでした!
RYTHEMは、まだ、爆発的ヒット、という感じではないのですが、それでいいと
思うこと、あるんですよね♪
この先、彼女達のような音楽が、静かに広まるものと、そう思ってますから♪
翔さんは、1990年代初頭あたりの 『遊佐未森』 (ゆさ みもり) さんの活躍など、
存じてないと思いますが、彼女はソロでしたが、こうした 『心に届く』 世界を表現
することに、優れた人なのですよね!
いずれ、そうした記事も書きますので、今後の参考になればと思います!
俺は、女性ボーカル 『癒し系』 の範囲、大好きですから(*^_^*)
ちょっと俺の訪問、遅れていますが、改めて伺いますので、お待ちくださいね!

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。