智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0082 EPO 太陽にPUMP! PUMP!

カレンダーをふと眺めてみれば、2006 年 07 月 17 日は 『 海の日 』 です!
海にまつわる歌は、それこそ数多いのですが、筆者にとって書きたい海の曲!
それは、今回記事になる楽曲であり、ちょうどリリースから 20 年を迎えます!
EPO ( エポ )で 『 太陽にPUMP! PUMP! 』 の紹介です♪
1986 年発表 コカコーラ・キャンペーンソングでした♪
EPO ( エポ )
1980 年に 『 DOWN TOWN 』 でデビュー
 ※この曲は 『 オレたちひょうきん族 』 エンディングとして有名です♪
また、この 『 オレたちひょうきん族 』 の人気コーナーでもあった
『 タケちゃんマン 』 のテーマである 『 THE TAKECHANマン ( タケちゃんマンの歌 ) 』 を作曲していることは、ちょっとした隠れ話題ですが♪

その後、ソロシンガーとして活躍する傍ら、多くのアーティストの楽曲も手がけ、そして彼女自身が参加するコーラスワークに定評があり、音楽ファンの支持を受ける!

また、多数の CM 楽曲も手がけ、そのレベルの高さは、業界でも定評あるのです!

近年では、その活動の幅をさらに広げ、精力的に活躍中!!

詳しい活動歴は、文末リンクから御覧ください!


さて、今回紹介する 『 太陽にPUMP! PUMP! 』 ですが、当時
『 コカコーラ イメージソング 』 として採用された、夏の海辺を感じる、爽やかなであり、熱い季節を見事に表現した内容で、若い世代のみならず、多くの世代に好印象を与えた作品です♪

CM においては、もちろん同社の名前が登場するバージョンとして流れていましたが、シングルにおいても、アルバムにおいても、そのバージョンが登場しない為に、今更ながら、それを聞いてみたいと思うのですが…

この楽曲は、海辺で声をかけられる主人公の女性の、爽やかなのに、熱い恋への内容になっていて、それが CM での画像と重なり、まさに夏だっ! と感じさせる作品です!!

歌詞の中にいる登場人物は、20 代前半~の世代の設定なのかな? と思えますが、これは、文末から歌詞を見ていただき、判断願えたら嬉しいです!

ストーリーとしては、海辺にいる女性 ( 主人公 ) に、何人かのグループから ( 男性ですね )、声をかけられて、それから恋が始まっていく展開で、その一日だけではなくて、海を恋愛のステージとして、移り行く季節感も同時に表現してる、といったところです!

思わず 『 こういう恋愛、あったなぁ♪ 』 と懐かしくなる人もいらっしゃるでしょうし、また、『 今年の夏は、こういう恋愛に発展しないかなぁ♪ 』 と思う世代もいることかと思います!
筆者はさすがに、もうそれ、似合わない年齢になってしまいましたが…

では、音楽ブログでありますので、ちょっとその部分を!

この楽曲の 作詞・作曲 は 『 EPO 』 本人で、編曲を手がけたのは『 清水信之 』 です

この二人の関係ですが、デビュー当時から 『 清水信之 』 がアレンジ兼演奏者として、楽曲に大きく関わるのですが、なんとこの二人、
『 清水信之 』 は 『 EPO 』 と同じ高校出身の先輩なのです!

『 EPO 』 のデビューから 1980 年代中期過ぎまでは、特にこのタッグでの楽曲に定評があり、ヒット曲を量産していたことが、筆者には懐かしい話であり、お互いに好きなアーティストでしたし、『 EPO 』 の関わる楽曲も、『 清水信之 』 が関わる楽曲も、いろんな作品で聞き続けてきました!

ここで 『 清水信之 』 について少々
彼はアレンジャー兼マルチプレイヤーとして知られ、メインはキーボードなのですが、ポピュラー楽曲におけるほとんどの楽器を弾きこなし、ギターやベースなどの実力も相当なもので、ギタリストとしてのみ参加している楽曲なども存在します!

彼が関わったアーティストがどれだけいるのだろう…? というほど、その参加歴の部分は把握しきれませんが、筆者の所有する作品群の中だけでも
『 渡辺美里 』 を始め、『 大貫妙子 』 など、大物アーティストとの仕事の多い人でもあります!

さて、そんなマルチプレイヤーの参加した、今回の楽曲ですが、彼一人で演奏されたのでは 『ない』 ところが、いかに力を注ぎ込んだ作品であるかという証明にもなります!!

では、そのメンバー紹介の方を!
村上「ポンタ」秀一 : ドラム
高水健司 : ベース
大村憲司 : ギター
清水信之 : キーボード、ギター、パーカッション
遠山 淳 : プログラミング
 ※コーラスに関しては、レコーディングにおけるベテラン勢が参加してます!

ドラムの 『 村上「ポンタ」秀一 』 ですが、彼の関わる作品は、数千曲、いや、きっと万の単位と言われるほどの大御所であり、ジャズからフュージョン、はたまたポピュラー楽曲まで幅広く、彼をキング・オブ・ドラマーと評する人がいるくらい、定評ある人物です!

ベースの 『 高水健司 』 もまた、多くのレコーディングやライブ参加で知られ、大物ミュージシャンとのセッションワークや、意外なヒット曲の中からも、彼のテクニックある太いベースの音は、知らないうちに耳にしている読者も多いこよかと思います!

ギターの  『 大村憲司 』 は、筆者が最も敬愛するギタリストであり、先述の二人同様、数々のレコーディングやライブワークにおいての存在感を発揮した人物で、聞くだけで彼の音! とわかるほどのプレイで、また、ギタリストとして以外にも、アレンジャー・プロデューサーとしての手腕を発揮、特に1980 年代 ~ 1990 年代における多くのヒット曲では、彼のプレイが披露されているのです!

残念なことに、彼はもう、この世にはいませんが…
( 1998 年、逝去しています… )
また、上記の 3 人は、特にその音楽的な結びつきが強く、彼らの集合体による作品は、高い評価をされるものであり、こちらを訪れる読者の皆様には、彼らが一緒にプレイしている音楽は、聞いてもらえる機会があれば!! と思います!!

また、プログラミングの 『 遠山 淳 』 は、その卓越したセンスで、当時まだまだ発展途上にあったシンセサイザーやコンピューターの分野での作業において、多くのミュージシャンから信頼をされたプロであり、彼が関わる作品も、どうでしょうか、20 代後半以降の読者様なら、きっと耳にしてきたことかと思います!

そして 『 清水信之 』 本人ですが、もちろん彼の個性の光るアレンジとプレイで、楽曲全体を彼のサウンドで支配していますし、ポピュラーにおける彼の功績は、誰もが納得するところだと断言していいほどに、素晴らしいものです!!

では、このメンバーが集結したサウンド全体は、何を意味するのか?
それはもう、バンドサウンドに他なりませんっ♪♪

今の音楽は、打ち込みによる、洗練されたものですが、そこには、人間の個性やビート感、あるいは生っぽさ、という部分は年々、失われつつあります
ライブなどでも、コンピューターによる演奏や、はたまた、見た目がバンドであっても、基本部分がそのままカラオケであり、そこに一部、生演奏を重ねるグループがいる位ですから…

ですが、今回紹介しているメンバーは、卓越したプロフェッショナルであり、そのテクニックは当然なのですが、
『 楽曲の中で、自分は何をしないといけないのか? 』
これを知り尽くした人々なのです!

だから、時にはソロの部分を豪快に弾きこなせますが、基本は楽曲のイメージを大事にするアンサンブルの部分であり、またそれは、ボーカルを最大限引き出す為の、サポーターとしての基礎部分の高さに他なりません!

筆者は、自分もアマチュアではありますが、多くの若い世代のバンドをサポートする機会もありました
その中で、いつも指導をするのですが、例えばソロとかイントロで、どれだけ派手なプレイをしてもいいけど、何でボーカルが始まってからも、その音量を下げないまま、ボーカルの声を聞かせないまま弾きつづけるの? とか、プロのバンドの見たままの真似だけをすることに集中して、挙句、チューニングが狂ってることにも気づかないとか、自分が好きなバンドのベースのプレイは派手だから、それを真似するあまり、一番大事な基本が出来てないから、一小節の中で演奏されなきゃならないはずの音符の数から間違っている子とか…
例を挙げれば、キリが無いくらいに、何が一番大事なのかを理解してないことに遭遇してきます…

もっと真面目に基本を練習してから、派手なこと、しなさい! って言いたくなることは多いですし、また、バンドにボーカリストがいるなら、主人公はボーカルなのです! 本当は!
その部分をもう少し、スタジオに入ったときなど、練習してほしいし、みんなで考えたらわかるでしょ? ってことを、指導しています!

プロの作品を聞いて、何故この人たちはプロなのか?
まずはそれに気づいてほしいのです!

バンドに限らず、複数の人間によって表現されるタイプの音楽は、バランス感覚が一番大事であり、そのアンサンブルを基本にプレイしてほしいというのは、聞き手に対して、何を表現すべきか? という部分なのだから、重要なはずです!!

では、このあたりで、メインボーカルの 『 EPO 』 について書きますが、彼女は一流のボーカリストであり、ソングライターなのですが、同時に、コーラスの部分においても一流です♪

この楽曲でも、その実力は発揮されていますが、メインボーカルでは、伸びやかな声の表現力で、聞き手の意識を引き込みますし、また、コーラスを受け持つときには、メインボーカルを最大限活かす裏方に徹する表現力を備えています!

それは単なるハモリではなく、楽曲を最大限に魅力あるものにする部分であり、彼女の音楽を耳にしていただく折には、メインボーカルと併せて、コーラス部分も特に聞き込んでほしい!! と言える内容です♪

このブログでは、いかにメインボーカルが、という内容ではなく、その楽曲に込められた、本来なら目立たない部分を紹介出来れば! という思いから、記事を選ぶようにしています!
もちろん、メインが重要なのは、言うまでもありませんが、それを支えるバックの部分において、もっと皆様の関心を持ってもらえれば、音楽をより深く、楽しんでもらえるかな♪ という気持ちがあるのです!

我儘なブログではありますが、皆様にとって、何かひとつでも、参考になることがあれば、嬉しく思います!!

今回のリンク先
EPO Official Home Page e p o n i c a . n e t  ( 公式ページ )

太陽にPUMP! PUMP! うたまっぷ ( 歌詞掲載部分 )

コメント

  • 07月 17 2006
    • 2006/07/17(月) 03:09:11
    • [ 編集 ]
    • URL
    • うさぎ #L8AeYI2M
あぁっ!そうかぁー!!
なんでお休みなのかと思ったら海の日なのですね。
うさぎ、かなりボケていましたw
コーラのCMソングに使われていたこの曲も
かなりヒットしたのでしょうね~♪

P.s.
励ましのコメントありがとうございました。
もう元気出ましたよ~ (゚∇゚☆)ノ
俺はですね、このPCある目の前の壁に、全く予定を書き込まないくせに、かなり
古めかしいカレンダーをぶら下げておりまして、楽曲紹介の日付を見ながら、
あ、何の日だ! って感じで、選ぶこともあるのです!
だいたい、アルバム5~10枚くらいと、シングル数枚を持ってきて、PCに突っ込み、
どれにしようかなぁ…? 状態で、書いてるブログですからね(笑)

この当時ですから、LPレコードよりも割高だったCDって、それほど普及してなくて、
実売枚数って、どうだったか記憶がありませんが、1990年代のようなバカ売れは
してないと思います…
(CDそのものより、プレイヤーが高かったので、この時期って…)
ですが、多くの皆様にとって、聞かれた楽曲であることは、間違いないですよ♪
最近は、倖田來未以外でのコーラのCMって、見ないですよねぇ…
一時期は、ペプシマンなんかも登場して、コーラそのものが人気商品でしたが、
今って、コーラそのものが、飲料として市場を活性させてないからかもですね…

追伸なのですが、記事を読み、嬉しくなります!
時には、積極的になることも、大事ですからね(^^♪ うさぎさん頑張って!!
  • 07月 17 2006
    • 2006/07/17(月) 12:20:03
    • [ 編集 ]
    • URL
    • amorecat #-
海の日なんですよね…今年は海に行かれましたか??アモは例のごとく移動中に眺めるだけで海を肌では実感できていないのですが(笑)でも今年に入ってから、冬の函館の海、春の三陸の海、夕方の日本海、穏やかな瀬戸内、梅雨時の長崎の海…思えばイロイロ見てるんだなぁってしみじみ感じてます。海の景色はその土地、天候によってかなり違って見えるのですが…智様はどちらの海がお好きですか??アモはダイビングをするにはやっぱり国内なら沖縄が好きですが、(あっ鹿児島の与論島も好きです)個人的には北陸の海、能登半島の辺りの日本海の景色が好きです☆眺めるだけですが…自然の激しさ?けわしさ?…なんかを近くで見れて好きなんです!!東尋坊とか有名ですが、有名なところでなくてもあの辺りは自然の景観が素晴らしいんです。優しい景色とけわしい景色が混在してるんです…うまく表現できませんが…。ちょっと前は関西から車で飛ばして景色を眺めに行ったりしました☆さすがに関東からは遠くていけませんが(笑)
あ…楽曲に関係なく海の日について書いてしまいました…実はアモ…コーラ飲めないんですよ。昔から…炭酸飲料がニガテなんです(笑)日本はコーラ以外にも必ずオレンジジュースやお茶、スポーツ飲料があるので安心ですが…困るのはアメリカで…本当にコーラ、ジンジャーエール、後はよく分からないい炭酸飲料のみのお店も多くて、あんなにたくさんのご飯を飲み物なしで食べるのは辛かったりします(笑)お水って言う選択肢も少ないようで…文化の違いなのかしら??あ…ちなみに智様がお好きな紅茶の国のイギリスも実は炭酸飲料が多くて、最近の若いヒトの紅茶離れが凄いそうですよ。コーラとかコーヒーのお店のほうがにぎわってるそうです。アモも紅茶好きなので、イギリスの紅茶にはかなり興味があったのですが…日本人が飲む紅茶はかなり高価なものみたいで、あちらではとてもシンプル?な紅茶が多かったです。名前が通っている紅茶の会社とか、フレーバーティとかも飲まないみたいです…でも普通に美味しかったですけどね。アモはストレートで飲みますが…日本の紅茶は加糖が多いので家で飲むのが一番好きです☆
また楽曲からそれてしまったんですが…(すいません)…飲み物のCMの曲って凄く印象に残りますよね。コカコーラのCMも毎回こっているので、曲だけでなく画像とか楽しみですが…そんな一曲のこちらもステキなんだろうなぁって。かなり聴きたくなってきました☆また時間があるときに探しに行ってきます!!毎日、暑いというよりもう酷暑なのでお体とともにブログやPCも無事でいてもらいたいなぁって願ってます…最近はこちらのカウンターを見るのがアモはちょっと楽しみです。いつもお疲れ様…amo
with Love to T
目の前のカレンダー眺めて、あっ… そう言えば、そんな日なんだぁって(笑)
去年の春先ですが、徹夜で知人と地元方面の海を見に行ったのが最後かと…
出不精なんですよ、元々(苦笑)
amoさんの全国探訪の、正反対だと思います…(笑)
幼少の頃は、西日本を中心に、様々な地域に行く機会があり、そうした自然に
触れることが多かったのですが、この20年くらい? まるでそうした機会が無く、
淋しい限りです…
同行させてくれませんか? と言えば、amoさんファンに総攻撃されそうですね!
なので、日頃の写真の数々によって、景色を楽しませてもらってます♪
amoさんがお書きになるように、日本国内だけでも、様々な景色が楽しめますし、
国土の四方を海に囲まれる特権かな♪ という感じで、色々思い出しますが、
幼少からの10数年を、太平洋側で過ごしてきましたので、そちらの方面に対し、
思い出は多いかもしれません♪
また、20年以上暮らす九州においても、自分が出かけさえすれば、本当はもっと
景色を楽しむこと、出来るんですけどね(笑)
また、幼少時代過ごした地域は、関西であり、しかも釣りに明け暮れる少年時代
でもありましたので、海や広大な川には、お世話になったものです!
同時に、工業地帯でもありましたので、決して綺麗ではないのですが、そうした
景色が(特に夜なのですが)鮮明に記憶されてます!

コーラは、一時期飲んでいましたが、成人してからというもの、基本的に緑茶か
紅茶か、ミネラルウォーターか、という感じの生活をしてます(^^♪
炭酸飲料を、あえて飲もうとは思わないんですよねぇ~(-_-;)
日頃から飲酒もしないため、ビールとかも、あえて飲もうとは思いません!
海外においては、やはりアメリカなんかだと、バーガー&コーラな印象あります(笑)
なんか、知人に聞きましたが、バーガーとかポテトの量、すごいらしいですね!!
さすがに驚きますが… それを考えただけでも…
また、水に対する概念ですが、清流がある地域ならばともかく、何らかの加工を
する点では、外国の知恵という部分は、日本は遠く及ばないのですが、元来、
自然界に存在する 『水』 を、そのまま飲めるほど、ろ過などの方面には無頓着
というのか、加工しないと飲めない現実、あるのでしょうね…
紅茶に関しても、案外そうらしいですね! イギリスからの語学留学生さんが、
たまたま友人だった時期がありますが (ケタ違いに日本語、堪能でしたし!!)
よく、紅茶、出してあげてたんです!
すると 『本国では、こうした高級志向、ないから…』 と言われたのを思い出します…
日本くらいのものではないでしょうか…? 何もかもに、こだわろうとするのって?
久々飲みたくなりますね、紅茶♪
市販製品 (既に飲み物として、パッケージングされたもの) の場合、加糖商品が
多いのは、幻滅もしますが、一気に疲れを落としたいときには、どうしても頼って
しまうこと、ありますよ(-_-;)
しかも、冷えているよりは、常温に近いほうが、一気に飲める為に、吸収も早いのか、
瞬間的に、疲れを落とせるために、重宝しています!
(注意:こんなの書くからって、糖尿病ではありませんので、ご安心を♪)

飲み物のCMにおいて、近年、力が入っている分野は、缶コーヒーでしょうね!
年間、10億本市場でしたっけ…? 俺は飲もうとは思わないのですが…
そして、緑茶(ペットボトル系ですね!) などがあるのでしょうけど…
ソフトドリンクに比べ、最近多いのは、発泡酒などにおける分野のCMかなっていう
気がしてなりませんが、それもまた、時代の変化のような気がします!
多忙なamoさんに、オススメなのですが、実はこのコカコーラのCMソング集ですが、
そうした商品 (CD) がリリースされているんですよね♪
化粧品などでも、資生堂編・カネボウ編などというコンピレーション盤がありますが、
飲み物の分野においても、最近はそうした作品が登場し、時代を振り返ることが
出来ますので、amoさんがいらっしゃる都市部では、レンタルなどでも見かけること
出来る商品だと思います!
まずはそうして聞いてから、本購入などを検討されてはいかがでしょうか♪
実は、飲み物コンピレーションCDの中で秀逸の作品は、サントリー烏龍茶の、あの
中国語歌唱による、日本の楽曲のカバー作品集で、今まで数種類出ていますが、
どれも心地よい作品でした♪ これは是非、聞いてもらえたら! と思います!

カウント…なんか予想を超えた動きをしますよね、我が家…?
やはり連休とかって、ガタ落ちしてます(笑) 皆様、多忙なのですよね♪
そうかと思えば、平日には、な?なんで?? と思えるくらいに、カウントされて
いたり、ほんと、謎です(-_-;)
一日に100カウントかな? という平均のようですが、それだけ皆様、御覧になって
いるというのは、嬉しいことです!
こちらを訪問下さるブログ管理者様のブログなどに比べれば、その数は多くない
ですが、記事によっては、来客総数におけるコメントの割合、すごいとき、あります
もん、ここのブログ!!
(管理者が、全く予想出来ない楽曲で、コメント多かったり(笑)不思議です!!)
現状、紹介楽曲でのコメントゼロというのは、一つだけあるのですが、今後、そう
したマニア系とでもいうのでしょうか? 増やして書くかもしれません(笑)
今は、どなたがそのカウントを達成してくださるのだろう? という、ワクワクした
感じがあるのですが!!
俺自身じゃないことを、願いたいものです(>_<)
その件に関しましては、新たに記述しますので、amoさんもお時間許す折には、
そうした遊び心の部分に参戦してみてくださいね♪
  • 07月 17 2006
    • 2006/07/17(月) 19:58:19
    • [ 編集 ]
    • URL
    • ひなた #whKRIAGo
あぁ!かすかに覚えています!
すっごい夏らしい歌だったような。。CMの影響かな?
しかし・・そんなにすごいメンバーが参加してたなんて。
今更ながら、EPOさんの交友の凄さを実感しますよね^^
やはり、商品のイメージからして、相当、夏の感じしてました!
こうした会社や、化粧品メーカーの場合って、やはり大手企業、違うなぁ! って
感じはありますよね(^^♪ (← その分、商品は安くならないですが…)
20年前の曲ですが、かすかにでも記憶に残る、というのは、さすがの影響力では
ないかと思えますし、また、現在のCMというのが、果たして20年後に、記憶される
内容かと言えば、CGとかキャラに頼りすぎて、そうそう残らないような気もします…
(こういう発言、すでに、おっさんなのでしょうか(笑)最近特に思います!)

今回紹介している参加ミュージシャンですが、ものすごいメンバーです!
きっと彼らが関わった楽曲、ひなたさんの記憶にはもちろん、もしかしたら、所有する
作品の中にも、見られるかもしれないですね(^^♪
このブログでは、メインのボーカリストはもちろんですが、そうした参加メンバーに
関して、書いていきたいですし、いろんな面から、音楽に興味を示していただければ
嬉しく思います!
人物から辿っていく音楽というものも、中々味わい深いと思います♪
EPOさんの音楽は、活発なイメージのものが、皆様の記憶に残っていることかと
思われますが、バラードなどにも抜群の歌唱力を誇りますし、POP TRACKSという
アルバムなどでは、見事なカバー楽曲などもあり、楽しめますよ(*^_^*)
またそのうち、彼女の楽曲は、記事になるはずですし、期待してくださいね♪

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。