智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0079 SPITZ  メモリーズ

印象的な楽曲で好きになり、それから聞き始めたアーティストって…
その最初の印象が強く、それ以外の表現をした場合、不思議な違和感ありますが…
しかし今回紹介する彼らの音楽性は幅広く、この楽曲もまた彼ららしいのです!
SPITZ ( スピッツ ) で 『 メモリーズ 』 の紹介です♪
2000 年発表 楽曲『 放浪カモメはどこまでも 』との両 A 面マキシでした♪
SPITZ ( スピッツ )
 草野 マサムネ : Vocal & Guitars
 三輪 テツヤ : Guitars
 田村 明浩 : Bass
 崎山 龍男 : Drums
1987 年に結成
1991 年 3 月、シングル・アルバム同時リリースによるメジャーデビュー
1995 年 4 月、シングル 『 ロビンソン 』 が大ヒット!
 ★このヒットを受け、彼らの注目が一気に高まる
1996 年 1 月、ドラマ 『 白線流し 』 に 『 空も飛べるはず 』 が起用され、1994 年発表済みの同楽曲がチャートインする!
その後もヒット曲を世に送り出しながら、企画アルバムなどもリリース!

これが、今回紹介する 『 メモリーズ 』 までの、おおまかな流れです!

ですが、この 『 メモリーズ 』 は、2000 年 6 月発表楽曲なのですが、実際の録音は 1999 年だと記述をされています!

ここに至る、ある出来事を少々触れておくことにします

彼らの楽曲発表は、多くの流行 J-POP アーティストとは異なり、かなり不定期にリリースをされます!
このあたりは、商業主義に流されることなく、独自のスタンスを持っているものと思われます!

先ほど 『 ロビンソン 』 以降、広く知られることになった、と書きました
ざっとサイトを見ながら調べましたが、シングルリリースは、年に 2~3 枚ペースで、アルバムはその折々に発表されています!

ここで、今回の楽曲の手前にあたる時期を、かいつまんで記述します

1998 年 7 月、シングル 『 楓 』 リリース
また、その手前から年末に向け、全国ツアーを行う
1999 年 1 月、アルバム扱いとなってカウントされたシングル 『 99ep 』をリリース
1999 年 3 月、企画アルバム 『 花鳥風月 』 をリリース
 ★あの 『 Puffy 』 に提供された 『 愛のしるし 』 などを含む作品
1999 年 4 月、この 『 花鳥風月 』 からリカットされたシングル 『 流れ星 』 をリリース

ここまではよかったのです! しかし…
1999 年 12 月 ベストアルバムの名を付けられた 『 RECYCLE Greatest Hits of SPITZ 』
これが < メンバーの意思にそぐわないまま > 発売決定を決められる…

結果として、このアルバムは大ヒットしましたが、彼ら自身としては、
『 解散するときにベストをリリースしたかった 』 という思いが強かったらしく、会社主導のやり方だったとはいえ、最終的に彼ら自身も関わりながら製作した、ということだそうです!

これに関しては、文末リンクの < Wikipedia : フリー百科事典 > の中に記述があるのですが、唯一その記述における違いとしては
Wikipedia では → 従って未だにスピッツの公式サイトには記載がない
こう書かれていますが、彼らの公式サイトでは
ベスト・アルバム 『 RECYCLE Greatest Hits of SPITZ 』 がリリース
という記載がありました!
( 2006 年 7 月時点での、公式ページの PROFILE 欄に書かれています! )
 ※ただし、その公式ページでさえ、アルバムとして記載されていません!
( DISCOGRAPHY欄からは、外されていますし、現在は製造中止になりました! )

このことに反乱しようとしたのか、元々の 『 ロック性 』 を発揮しようとしたのか、1994 年あたりから 1999 年あたりまでにイメージされてきた、どちらかといえば、ソフトフォークロックを感じさせる作風から一転、ワイルドなサウンドを印象付けるアルバム 『 ハヤブサ 』 が 2000 年にリリースされました!
 ※今回の 『 メモリーズ 』 の手前にはシングル 『 ホタル 』 がリリースされてます

ここで、元々のロック性という記述をしましたが、彼らが急にロックを目指したのではなく、元来、彼らはロックバンドなのです!
カテゴリーとして J-POP の方に思われますが、結成当初はパンクバンドだったこともあって、今でも彼ら自身は自分の内面にあるロック魂を、失ってはいないはずです!
この気骨こそ、先述のベストアルバムへの反抗だったと思えますし…!

では、そんな 『 ロックバンド 』 でもある 『 SPITZ 』 の 『 メモリーズ 』 とは、どんな作品なのでしょうか?

これ、まさにロックな音で、根性あります!!
ギターは思いっきりロックなフレーズであり、その音色もまた、往年のロックバンドを思わせるような歪み ( ひずみ ) な音で、大音量でこの楽曲を楽しんでいただけるならば
『 轟音ギター♪ 』 という感じで、ロックファンには心地よい音だと思います!

また、ドラムやベースなんかも、ロックテイストを感じさせる、ワイルドさがイイ感じですし、シンプル・イズ・ベストを地でいくフレーズからして、ロック全開な感じがします♪

では、ハイトーンの爽やかさや、切なさを感じさせる作品で知られるボーカルは、どうだったのか…?

これがまた、ロックしてるんですよ!
『 ロビンソン 』 や 『 空もとべるはず 』、あるいは 『 チェリー 』 あたりの印象で、彼らの音楽が全部占められていると思われる読者様がいるならば、その考えが根底から覆されます!!

歌詞の方ですが、これが彼らの作品なの? というくらい、基本的にはシンプルで、また、サビに当たる部分が楽曲全体で三回登場します!

三回が、どこが多い? と言われそうなのですが、実は楽曲そのものが 3 分ジャストくらいしかない、短めの楽曲の為に、その繰り返しが、歌詞のほとんどを占めているという、普段文学のような世界まで感じさせる彼らの詞の世界からは、印象が付きにくいのではないかと思います!

また、その繰り返しの中では < あなたのために蝶になって >
という部分があるのですが、文末リンクよりこの歌詞を御覧いただければ、この楽曲に込められたタイトルのイメージなんかが伝わるのではないか…?
筆者には、そう思える楽曲です!

また、この 『 メモリーズ 』 がアルバム 『 ハヤブサ 』 に収録された際に、歌詞が一部変更された
『 メモリーズ・カスタム 』 となり、一説では、彼ら自身として、この二つは、別の楽曲なんだという見解をしているとの部分を見かけましたが、それは聞いていただく皆様に判断を委ねるというのが、正直なところなのでしょうね♪
( 両方の楽曲の歌詞は、文末リンクから御覧いただけます! )

そして、この 『 メモリーズ 』 が、シングルのバージョンとして収録されたのが、2004 年に発表された企画アルバム 『 色色衣 』 であり、その後 2006 年に発表されたシングル・コレクションである
『 CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection 』 に、収録をされました♪

なお、この 『 CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection 』 ですが、あくまで シングル・コレクション と言われるように、ベストとは名付けられていないことからも、彼らが正式に発表するベストが、いずれ未来にリリースされるのかもしれませんが、記事途中にあるように、それが解散の時に発表されるのだとしたら、そのベストがリリースされる日は、まだまだ訪れてほしくないです…!
読者の皆様も、そう思ってくださることを祈りたいです!

今回のリンク先
SPITZ OFFIIAL WEB SITE ( 公式ページ )

スピッツ
メモリーズ 試聴部分 ( 両方とも、所属レコード会社 )

メモリーズ うたまっぷ
メモリーズ・カスタム うたまっぷ ( 両方とも歌詞表示部分 )

SPITZ Wikipedia ( フリー百科事典 )

追伸
今回の楽曲 『 メモリーズ 』 は、本日誕生日を迎える、このブログの読者
『 みゃび 』 様からのリクエストによる祝辞記事として書きました♪
『 みゃび 』 様にとって、これからどんな 『 メモリーズ 』 が刻まれていくのかを期待しながら、これからの人生が自身の成長につながるよう、筆者からの祝辞に致します!
おめでとうございます!

コメント

ありがとうございます♪(*ノД`*)
智さん嬉しいです!!!
ゥチの好きなスピッツ!そしてアルバムの曲メモリーズ。
スピッツがロックバンドなんて知りませんでした!!
なんとも言えない同じ言葉の繰り返し。
そんな歌詞のメモリーズ情報が少ないしなかなかみんな知らない歌です‥
そんな歌を誕生日にプレゼントして下さって凄く嬉しく思ってます(#*'V`Pq)
他のスピッツの歌や流れゥチの知らない事も色々教えてくれてホント嬉しいです((人v`*∞))+
これから自分でもどのように成長していくか分かりません。
でも色んなメモリーズを刻んで生きたいです!!
智さんホントありがとうございます!!これからもどうぞよろしくです♪♪
今回、たまたま俺に書ける楽曲だったから、助かりました(^_^;)
(さすがに知らない楽曲を書くことは、難しいですから…)
以前、一青窈さんの紹介をした際に、コメントもらいましたよね!
みゃびちゃんが感じ取る、そうした詞の世界というのは、どこか共通しているように
思えます
今回の 『メモリーズ』 ですが、他のスピッツの楽曲の中でも、異彩を放つかも
しれませんが、元々、得意分野であるかと思います!
(そうじゃないと、三輪さんの髪型の説明、つかないですもん(笑)あれはロックです!)
そして、このコメント欄より手前にお知らせしましたが、記事にしていない部分も
参考にしていただければ、今回の2枚のベストを聞く楽しみ、増えると思います!

歌詞は、これだけ同じ部分が出てくるのも、珍しいかもしれませんね!
ですが、短めの曲の中で、絶対に伝えておきたかったことじゃないかなって!
俺は今回、メモリーズを40回近く聞きながら、そういうことを思ってました

メモリーは記憶であり、経験しないことは、メモリーではありませんし、そもそも、
メモリーになり得ない…
だからこそ、残しておきたいと思えるメモリーが増えていくといいですね(*^_^*)
俺の今の年齢に到達するのだって、まだ現状、半分も達してないのですから、
考えるだけでも、もの凄い長さがあるのでしょうね、みゃびちゃんから見れば!
でも、時間って、気づけばすぐに足りなくなるものだと思いますよ!
これからの日々が、みゃびちゃんにとって充実するものであるように(^^♪
それを期待しながら、祝辞としますね!
訪問、ありがとう & お誕生日、おめでとう♪

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。