智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0074 宮沢りえ  ドリーム ラッシュ

懐かしい楽曲を書くと宣言して、その一週間が終ろうとしています!
では、この人を、歌手だと知る読者様は、いったいどれ程いるでしょうか…?
この人を女優としての活躍で知る人は、もうほとんど全員だと思いますが!
ですが、この楽曲を知る人にとっては、衝撃のデビュー曲だったと思います!!
宮沢りえ さんで 『 ドリーム ラッシュ 』 の紹介です♪
1989 年発表 誰が手がけた作品かは、記事の中で明らかになります♪
宮沢りえ さん
11 歳の時にモデルとしてデビュー
1987 年に CM において、 『 初代リハウスガール "白鳥麗子" 役 』で有名となる
その可憐な姿と可愛さからメディアで注目をされる中で、バラエティーへの進出も大きな反響を呼び、現在人気の
『 とんねるずのみなさんのおけげでした 』 の前身である
『 とんねるずのみなさんのおかげです 』 の中に出演、およそアイドルとは思えない大胆なギャグセンスで(?)、美少女らしからぬ演技を開花させる!
人気絶頂の 1989 年に、今回紹介する 『 ドリーム ラッシュ 』 にて歌手としてもデビュー♪

楽曲に至るまでの系譜を少々書きましたが、それ以降の活躍などは、文末のリンクから御覧ください!

現在も、その美女ぶりは健在なのですが、写真を御覧いただき、読者の中には
『 あ、あれ? なんかふっくらした印象が現在と違うのでは? 』
と思われる人もいるかもしれません…

しかしながらこのリリースにおける彼女の 16 歳時点では、こんなに健康的な、古い言い回しをするなら 『 ピチピチ 』 した感じとなるくらい、今の華奢にも思えがちな印象とは異なるものでした!

では、今回の楽曲 『 ドリーム ラッシュ 』 における、いくつかの考察をしていこうと思います!

まず、この楽曲を、誰が担当したか?
これはもう、その名を知らない人はいないであろう
『 小室哲哉 』 さんによるものです!!
当時はまだ 『 TM NETWORK 』 の一員として活躍しながらも、多くのアーティストへの楽曲提供が話題であり、この 1989 年には、彼自身のソロワークも同時進行して、反響を呼びました!
そのあたりは、このブログの過去記事
0054 小室哲哉  RUNNING TO HORIZON の方に記述しています!

ただし 1990 年代以降の、いわゆる 『 TK サウンド 』 と呼ばれた時期に比べれば、この当時はまだ
『 TM NETWORK 』 としての方法論なりサウンドを、他のアーティストに対する楽曲でも発揮していましたし、今回の
『 ドリーム ラッシュ 』 でも、モロにそうしたフレーズや音色を聞くことになります!!

基本的に、そうしたアプローチの作風ですが、例えば同じコード進行なのに、一番ではベースラインは同一音程でのルートなのに、二番ではコード進行に重ねた下降ルートになっていたりと、彼の音楽理論を研究したい人には、いくつかに分類されるパターンのどこに該当するかを知るきっかけの楽曲なのかもしれません!

作詞はこれまた多くのヒット楽曲を手がける 『 川村真澄 』 さんで、この楽曲でも特徴的なメロディーの音程上下に対し、完璧に文字数を当てはめつつ、見事に進行形な世界を表現しています!
( 歌詞全体は、文末リンクより御覧ください! )

これはあくまで、筆者の個人的感想にすぎませんが、小室さんが手がけてきた、それこそ多くの楽曲においては、彼が自ら手がけた作詞内容よりも、誰か外部の人間によって書かれた詞の方が、どことなく一般向けかなって気はするのです!

1990 年代のあのブームでは、サウンドとプロデュースありきの売れ方をしましたが、この空前のブーム以前に生まれた楽曲の方が、例えセールス的には追いつかずとも、ポップだったかな? と思えるのですが…

それはさておき、今度はちょっと、一般的に知られる話と、当時ちょっとだけ話題になったことも、加えておこうと思います!

この 『 ドリーム ラッシュ 』 では、非常に特徴的なエレキギターの音が、楽曲全体において、重要な役割を果たしています!

そして、このギターの音色は、おそらく 『 そのギタリスト自身 』 が現在では多用しないだろうな… と思える内容ですが…
( ですが、その当時は、まさにこのプレイで知られたものです! )

そのギタリストこそ…
『 B'z 』 の 『 松本孝弘 』 さんなのですから!!
これは多くのファンに知られるところです!

『 TM NETWORK 』 の活動に 『 松本孝弘 』 さんが関わった時期には、この特徴的な奏法と音色は多用され、聞くだけで
『あ、松本さんだ♪』 とわかるくらいでしたし♪
その意味では、初期の 『 B'z 』 や結成手前のプレイを聞きたい人にもオススメです!

そして、これは案外知られていない、というか、もしかしたら 『 小室哲哉 』 ファンを、比較的近年から開始した人なら、たぶん情報を探せなかっただろうな? と思える、当時のある記事から、記述をしようと思います!

『 小室哲哉 』 さんと言えば、多くの皆様がきっと
『 彼一人で演奏部分はこなし、ギターとボーカルだけが別人 』 的なイメージを持たれると思うのですが、今回紹介している
『 ドリーム ラッシュ 』 においても、『 編曲 : 小室哲哉 』 とクレジットされているため、さらにそうしたイメージがあるかと思います!

ですが、この楽曲においては、さらに別の人間が、意外な演奏に関わっています!

それはアレンジャー・プロデューサー・キーボーディストとして多くのヒット楽曲に関わり続ける
『 佐藤 準 』 さんです!
彼が作曲をしている楽曲として、超有名なのは
なんとあの 『 おニャン子クラブ 』 の 『 セーラー服を脱がさないで 』 などがあります!!

では、何故 『 小室哲哉 』 さんがいるにも関わらず、そうした外部の人間が参加をしているのか?

これに関しては 『 宮沢りえ 』 さんの他の楽曲において、
『 小室哲哉 』 作曲で 『 佐藤 準 』 編曲という楽曲が存在し、今回の
『 ドリーム ラッシュ 』 の中でも競演しているというのが真実です!
またそれは、1989 年に発刊された、某専門雑誌の中での 『 佐藤 準 』 さんのインタビュー記事があります!

ならば、その大半が 『 小室哲哉 』 サウンドであるのに、どの部分に
『 佐藤 準 』 さんが目立つ場所があるのか?

この楽曲では、特にサビにあたる部分で 『 ボコーダー 』 というマシンが使われましたが、そのマシンでコーラスを担当したのが
『 佐藤 準 』 さんなのでした♪

※『 ボコーダー 』とは?
 すごく簡単に言えば、人間の声を、ロボットのような声にする楽器!
 わかりやすい例としては 『 Puffy 』 の 『 アジアの純真 』 での
 『 奥田民生 』 さんが行ったコーラス部分の声、
 そして古くは 『 YMO 』 の 『 TECHNOPOLIS 』 などでのロボットボイスです♪

記事によれば、
『 ボコーダー 』 のコーラスは、僕 ( 佐藤 氏 ) が担当した♪ との記述があるのです!
専門誌の方に、一部分しか書かれていなかったことなので、当時の誌面を読んだことの無い人なら、まずわからないと思いますが…
( TK ファンでも、知らない内容かもしれませんよね? )

1990 年代以降の 『 小室哲哉 』 さんでは、ほぼ何もかもを自分自身で手がけていましたが、1980 年代においては、案外誰かとの共同作業をしてたり、あるいは編曲が別の誰かという楽曲もありますので、興味のある人は、調べてもらえると面白いですよ♪

今回紹介している 『 ドリームラッシュ 』 は、先頭写真の方に収録されていますし、彼女のベストアルバムなどにも収録されました!
しかし、現在では入手が難しいかもしれません…

それで 『 小室哲哉 』 さんが今までに提供した楽曲を
『 avex 』 でのベスト2枚組 そして 『 SONY 』 でのベスト2枚組
というのがリリースされています! ( 2006 年発表 )
この中にも収録されてますので、興味のある読者様は、是非♪

今回のリンク先
宮沢りえ Wikipedia ( フリー百科事典 )

ドリームラッシュ うたまっぷ ( 歌詞掲載部分 )

小室哲哉 THE GREATEST HITS 紹介部分
( レコード会社 2 社による宣伝ページ : avex の方にて紹介されていました )
なんと 『宮沢りえ』 さんが歌う姿を視聴出来ますっ♪
※Windows Media Playerでの環境です

コメント

  • 07月 09 2006
    • 2006/07/09(日) 02:45:01
    • [ 編集 ]
    • URL
    • ひなた #whKRIAGo
うわ~!りえちゃん可愛いっ!
もちろん今もいい年齢の重ね方してるなって思いますが
この頃のりえちゃんって本当に健康的だったんですね^^
しかし、小室さんってばいろんな人に曲を提供してるのねん・・・
ですが、名前書いていただき、ありがとうございます! 光栄です!
222222の写真は、おかげさまで大人気なのです!なので、このまま続行です♪
そのうち、ひなたさんの脳内変換によって、飾れるようにがんばりますね(^^♪

りえさん、可愛いですよね当時から(*^_^*) ブログに掲載する際は、二次とか三次
使用の問題と、全体のバランスから、こうしたサイズにしていますが、もうちょっと
大きなサイズだと、可愛さ引き立ちます♪
健康的な感じしますし、今回記述しているリンクからは、なんと歌う姿の彼女を、
そう長くはありませんが、見ることも出来るんですよ!!
小室氏提供楽曲ですが、1990年代以降で記述すると、ちょっとネタがばれてしまう
かもしれないので、小出しにこうした楽曲から書きます(笑)
今ここで、あえて紹介するなら、なんと 『仲間由紀恵』 さんの楽曲もあったりする
過去がございます! (それは所有しているんですよ! マニアなので♪)
ひなたさんが、また興味を示してくださるような楽曲、探しておきますね(^◇^)
ちなみに、例のカウンターでございます!
http://blog65.fc2.com/m/musicfans/file/20060709055317.gif
  • 07月 09 2006
    • 2006/07/09(日) 09:52:14
    • [ 編集 ]
    • URL
    • はるりん #/0pT6h7o
え~っ!
もうその時代にデビューしてたんですね~。バリバリにアイドル追っかけてた頃じゃないですか。もちろん「三○のリハウス~」は記憶にあるけど、そんなに前になるとは。。。年取る訳だ・・・。

そういえば、小室哲哉さんはいわゆる「小室ファミリー」ブレイク以前に数多くの楽曲提供されてるんですよね。
ミポリンの「JINGI・愛してもらいます」と「50/50」や、明菜さんのアルバム「UNBALANCE+BALANCE」収録の「愛撫」と私が好きな「NORMA JEAN」・・・。

そしてなにより、ユッコさんに提供してるんですよね~。85年9月発売のアルバム「十月の人魚」に収録の「Sweet Planet」(作詞:三浦徳子 / 作曲:小室哲哉 / 編曲:松任谷正隆)と、「水色プリンセス-水の精-」(同)の2曲。

いま現在、私が確認できるのは、DVDに収録されている「水色プリンセス-水の精-」だけですが、前奏部分があの「TKサウンド」だな~って、わかります。全体的にバラード調ながらもバックのサウンドは「TKサウンド」をはずしてませんね~。でもユッコさんの「路線」を大幅にずれることなく、他のユッコさんの曲とはちょっと違うかな、くらいですけどね。
Wikiで調べてみたら小室氏が提供した楽曲一覧では、一番最初に来てますね。単に表示されていないだけなのか、氏の初提供アーティストなのか非常に気になります!
ちょっと他も調べてみましたが、たぶんそれが最初のようですねぇ!
なぜその起用になったかが、いまいち分からないんだけど…?
しかも、編曲が松任谷正隆氏なのだから、なおさらわからない…
これより少し後になるのですが、某情報番組にて、音楽事情を追跡するという
内容の放映があったんですよね!
その際に、彼が新幹線で移動するシーンを放映しながら、今話題になりつつある
人みたいな紹介をされてて!
その時期と重なってたのかなぁって?? まだ彼の髪型が、初期TMの頃だったし!

今回、この楽曲を書くにあたり、色々と検索をかけたのですが、俺の持つCDシングル
通常盤だということが判明! 相当多くのファンサイトでさえ、その事実を知らない
ようで、その初回盤が、果たしてどれくらい流通したのかも謎ですが…!
(初回はこの8センチの形態なのに、ピクチャー盤であり、しかも品番違うの!)
この曲は、なんとなく流れていて、それを聞いた足で購入してますね、俺!
そして、ファーストアルバム 『MU』 は、所有していたはずなのに、誰の手元に
いったことやら…?
多分俺のCD、アルバム・シングル合わせたら、100枚以上は戻ってない(-_-;)
一人で40枚とか持っていった人いるしね(笑)
そりゃあ、はるりんさん、うちらも年齢(とし)とりますって!
りえさんが、そもそも30代なのだから(^^♪ 懐かしい話です!
あの頃 『みなさんの~』 は、弾けまくってましたもん!!
  • 07月 09 2006
    • 2006/07/09(日) 14:45:09
    • [ 編集 ]
    • URL
    • 萌 #g5aPhEy6
宮沢りえさんめ━.゚:;。+。ε(ノ∀≦*)з。+.。゚:━ちゃヵワエェw
今のfinoとかvitzのCMの宮沢りえさんもすっごく綺麗で素敵なのだけど
昔ゎこんなにキュートな感じだったのです(*´・ω・)(・ω・`*)ネー。

てかてか一番下のリンク先の
“小室哲哉 THE GREATEST HITS”見てきたのだけど
「この曲しってるかも!!!( ̄  ̄◎)ノ」って思いました(笑)
なにげに他の方々のも拝見して
ひとりで懐かし気分にはまっておりました(*ノ∪`*)たは♪ 
やっと検定終わったので検定の勉強から解放されました。
これはこれは宮沢りえさんがCDジャケットに写っていらっしゃ..る!!
前から女優とともに歌手もしていたとは聞いていましたが、
今回初めて宮沢さんのCDジャケットを見ましたよ!!
宮沢さん昔の写真今と違って雰囲気も違いますし、かわいいですね!!
今もとても綺麗ですが、
小室さんは宮沢さんの楽曲を提供したんですか!!
さすがは小室さん。いろんな方に楽曲提供してますね。
ボコーダって人間の声をロボットの声にする機械なんですか!
今までなんていう名前なんだろうかと気になっていたところです。
宮沢さんがどんなお声をしていたか聞いてみたいものです。
かわいいですよね。今はキレイな女性です。
なぜだか大学生の頃、引越しされる先輩に、
サンタフェをもらったamoです(笑)
amoはたった一曲、赤い花…をきいたことがあります。
2~3回聞くと覚えれるので、
カラオケで歌っていたときもあります…
う~ん懐かしい。
でも今はあんまり覚えてなくてちょっとサミシイ…
こうしてみると女性ってすごく変わるのかなぁって、
女性に限らず、ヒトって変わるものなのかなぁって、
そう思いました。楽曲に関係なくてすいません…
最近の彼女の方が印象に強いamoです。
アイドルの頃を知らないせいもあるのかもしれませんが。
でも容姿や年齢が変わっても、
明るくたくましく目に輝きがあるヒトになりたいなぁって、
そう思いました。amoもamorecatでそうありたく思います。
先日の不具合でamoもかなり参りましたが、
こうして同じブログ運営者として、
理解していただける方がいてホッとしました。
今後も、サーバーや天候にも負けないで、
続けていけますように…。
with Love & Kisses to T From amo
早速飾っております! 華やかになりますよ、このモノトーンブログが♪
ねっ! 可愛いでしょぉぉ!! この写真だけでCD買った人たぶんいるよね☆
カレンダーが爆発的ヒットをしたなど、伝説は多いです!
上戸彩ちゃんの言葉ではありませんが 『元気ハツラツ』 が似合いそうでしょ!
現在の綺麗さもまた、素晴らしいと思いますが、最初から可愛かったんですよね!

で、行きましたか、そちらの方には♪
俺はむしろ、あの異常ともいえるブーム時代よりは、初期の必死さを感じる時代の
楽曲の方が好きだし、研究にも向いてます、1980年代の(笑)
この紹介部分のCDも手元にありますが、オリジナルのシングルからして所有する
俺は、先見性あったのかもしれませんよねぇ(^◇^)
懐かしさと新しさって、同居すると思いますよ、音楽って♪♪
追伸
天然有機酸の正体、わかったかな?
コメントも、ブログの更新も、自分の生活を優先して、それから先の話ですよ♪
ブログを義務だと思うと、疲れてしまうって(>_<)
だから、来れる時間に、のんびりしていってくださいね!

りえさん、可愛いでしょ♪ 彼女を1980年代最後のアイドルだという人もいますし!
こういう写真は、多くのファンの皆様方によって、大事にされてますし、名前を入力
して、画像検索をすれば、結構ヒットします!
UVER~なども、海外サイトで紹介をされてるようですよ♪

小室氏が手がけた楽曲に関しては、こんな人まで?というのは多いです!
今回、他のコメント返信にも触れましたが 『仲間由紀恵』 さんとか♪
俺は音楽ブログの同胞にもよく話すのですが、
『人物からたどる音楽』 ということを、いつも考えています!
例えば俺が好む 『坂本龍一』 氏の場合だと、誰の曲を手がけて、そこにどんな
ミュージシャンが参加して、そのミュージシャンは他のどんな作品に参加してるか?
こうして音楽の幅は広がると思うのです!
Aさんって人が好きで、そのAさんで終らずに、ちょっと踏みこんでその作品に関わる
BさんもCさんも探せば、そこの関わるDさんやEさんの音楽にも関心持てる♪
その名の通り、音を楽しんでくれたら嬉しいです(^^♪

ボコーダーですが、わかりやすい表現で、ロボットボイスと書きました!
この技術は思いっきり進化をしてて、ロボットに限った声だけではありません!
その進化の結果こそ、カラオケでの 『ハモリ』 効果なんですよね♪
自分の声は ド だけを歌っているのに、聞こえてくる声は ドミソ になってる♪
あれもボコーダーの発展した技術なんですよ(*^_^*)
詳しく書くと翌日までかかるから、今回はここまでにするね(笑)

りえさんの歌声 & そのシーンは、今回のリンクから見れます♪
アイドル系の可愛い声ですので、御時間あれば、是非♪
赤い花、印象的な楽曲ですよね!
色々な分野に挑戦されていたように思います!
amoさんが数回の試聴で歌えるように、俺も数回の試聴で弾けるようになりますが
そうして覚えたはずのものを、なんかふっと忘れてしまってるとき、淋しいですね…
その気持ち、わかります…
でも、元々覚えたことだから、再び聞けば、体は思い出しますよね♪
なので、俺は記事を書きながら、同じ楽曲を時に数十回聞きながらの状態です!
りえさんの活動の中では、可愛い ~ 綺麗 に見事に進化されました!
現在の方が印象に残るのは、やはりそれだけ彼女が表現をしているからだという
気がしますね! 見かけない日はありませんから! TV-CMなども!

人の変化という部分ですが、毎日一緒に関われば、些細な変化を見るばかり!
ですが、その変化も積み重なれば、継時的にすごい変化をしてるはずです!
そこで立ち止まらないのが、生物にのみ与えられた権限で、進化も退化も、それは
どちらも時間の進行に重ねたら、プラスかマイナスかの差に過ぎなくて…
これを深く考えたら、相当時間はかかりますが、でも考えないよりマシですし!
女性はこれに加えて、メイクという分野まで関わるから、男性から見れば、それは
ものすごい変化として受け取ることが出来ますよ!

サーバートラブルに関しては、俺もブログを管理する立場として、ほんとに予定を
大きく狂わされ、復旧後に必死に時間を埋めましたが、まだ追いついていないのが
現状です…
ですが、いつ皆様に訪問いただいても、正常に動作してくれることは大事ですし!
今回、あえてそうした記述で記事を追記しましたが、ご理解いただけることを信じて
いたいし、今後こういうことがあった場合の判別法に関しても伝えておくことで、
自分の環境に問題があるのか? またはサーバーの問題なのか?
これを判断出来ると思い、用意しました!
俺も自分がブログ管理者をするまでは、ただの読者でしたが、いざ自分が運営して
みると、様々な制約などあることに気づき、管理って大半だということを知りました!
ですので、同じ管理者としての心境は、それなりに理解しているつもりです!
お互いに自分の表現としてのブログを成長させられたらいいですね♪
これからも頑張っていきましょうねamoさん(^^♪

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。