智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0064 川越美和  雨都物語~RAINY TOWN STORY~

いよいよ今月も残りわずかですね… 筆者の地域は、まだ梅雨は明けませんが…
多くの皆様が、雨を題材に記事を書き、筆者の交流する仲間もまた同じで♪
そして、筆者がひと目惚れした、そんな、雨の歌を、今回は書きたくなりました!
( 音楽の場合、ひと目惚れと言うべきか否か、悩むところですが…? )
川越美和 さんで 『 雨都物語 』~RAINY TOWN STORY~ の紹介です♪
1990 年発表 しっとり歌い上げられた、繊細な楽曲なのです♪
川越美和 さん
1973 年 01 月 03 日生まれ 鹿児島県出身
1988 年にデビュー、音楽の代表曲では 『 涙くんさよなら 』 をカバーしてヒットさせた経歴があり、その後は女優としての活動が中心となり、現在に至る
( 一時期 『 初音かおる 』 さんという芸名だったこともあり )

と、すごくおおまかな経歴を書きました
女優としての活躍では
「 時間ですよ平成元年 」レギュラー
「 スクールウォーズ 2 」レギュラー
この他にも、映画や舞台、ナレーションと、その活動の幅は広く、今回記事にするにあたり、多くのファンの存在を知りましたし、彼女が出演した作品の DVD などの紹介も、色々と見かけました!

が、筆者は正直、彼女の女優部分を、殆ど知りません…
映像作品に関しては、読者の皆様方から、詳しく習いたいくらいに、メジャーと言われる作品からして、知らないのが実情です…

ですが、音楽の方では、現在入手が難しいのでは? と言われる作品を所有することもありますし、今回も、そうした所有リストの中からの記事であり、楽曲ならびに収録作品から、記述することになりますので、どうかそのあたりは、彼女のファン様も、御了承いただけたら、と思います

まずは、彼女の音楽面から、少々触れておきたいと思います

1988 年に 『 Looking at you 』 という楽曲で、デビューシングルをリリース、その後 3 枚のシングルリリースがあり、アルバム 『 Real Face 』 をリリース、その後もシングルリリースを重ね、セカンドアルバムを発表、1991 年にシングルリリースされた 『 涙くんさよなら 』 が、その時期に脚光を浴びているのが、おおまかな音楽歴であり、その後にベストアルバムがリリースされ、何枚かの作品が出されているようです!

筆者はファースト、セカンド、ベストアルバムの 3 タイトルを所有していますが、いずれも彼女の全盛期の入手ではなく、かなり時間が経過してから入手しています!
( ですがファースト、セカンド共に初回仕様を所有出来ましたが♪ )

では、なぜ筆者が彼女を知ることになったのか…?
それこそが、この楽曲なのでした!!

今回の 『 雨都物語 』 ですが、当時 NEC の CM 楽曲で、よく放映されていたのは、某洋画劇場の中でした(笑)もちろん、本人出演のCMでしたが!
それで、この楽曲を毎週耳にしながら
『 なんて耳に優しい歌で、それでいて、可愛い女の子なのだろう? 』
と思っていましたが、そこは当時、単なる勤労学生、そうそう CD を頻繁に買えるほどの余裕もなく、気づいたら、その CM 放映期間も過ぎ去り、翌年、彼女が注目をされた 『 涙くんさよなら 』 にて、名前だけを鮮明に記憶していたんです!
この時の筆者の心境は
『 きっと後日、入手出来るだろう!! 』
ほんと、それくらい、甘い考え方をしてました(-_-;)

しかし、これがまぁ、なんと入手の難しいことか(>_<)
社会人になり、ある程度、品物を買えるようになってから、その時点で探しても、中々入手出来ずに、半ば諦めていました…
当時はリサイクルショップとかが少なく、また、ネットなんて普及もしていないのですから… CDレンタル店で、たまに何かを放出してくれるときじゃないと、過去作品の入手なんて出来なくて…

それから 10 年近い歳月が過ぎた頃でしょうか…
今はもう、定番なのでしょうけど、超大手レンタル店などが、過去の商品を大放出みたいなセールをしていて、筆者も常連なのですが、そこで彼女の名前を見かけ、迷わず入手したんです!

ところが! その際入手したファーストとセカンドには、今回の楽曲が収録されていなかった現実…
きっと、読者さん、思うことでしょうね…
『 アンタ、知らずに買ったの…? もしかして、バカ…? 』 って…
ですが、理由があり 『 楽曲名を知らなかった 』 んですよ、本当に…
なので、雨がタイトルにある楽曲! と思い込み、延々探すのですが、またもや見つからず、本当に諦めていました…

このブログを初めてからというもの、選曲に悩みながら、日々更新しますが、出来ればこの曲を書きたいな…と思いつつ、諦めていた、まさに先日!
なんとこのベスト盤を、そうしたセールで発見っ!!
15 年目にして、やっとこの楽曲にたどり着き、フルサイズで聞けたんです(^^♪
しかも楽曲名を、今になって知ったという(笑)
それ故、書こうと思った次第なのです!

不思議なことですが、この楽曲は、1990 年にCMソングとして CD 発売をされたのに、翌 1991 年発表のセカンドアルバムには収録されていませんでした…
そのことが、中々作品を探せなかった理由でもありますし、また、今回ベストの中に収録されていたことで、筆者の喜びは、相当大きいものになったのです!

また、本来は 『 秋の雨 』 をイメージした作品になっていますが、雨という、ちょっと切なく、悲しさや淋しさを表現していることは、季節を越えて伝われば! と思い、あえて今回、紹介を致しました!

筆者の勝手な思い込みかもしれませんが、この楽曲は
『 沢田千可子 』 さんとか 『 椎名 恵 』 さん、そして 『 岡村孝子 』 さんなどが好みの人には、間違いなくオススメな曲調であり、切々と歌い上げる女性ボーカルが好みの人には、是非聞いてもらえたら♪

最後になりますが、彼女が現在、歌唱を行っていないことから、レコード会社としてのリンクその他を今回、掲載出来ませんが、記事を読み、関心を持って下さった方には、女優としてのプロフィールが書かれた部分を記述しますので、眺めていただければ幸いです

あと、毎回思いますが、検索という作業が、実は一番難しく、情報を得ることが大変だということ、こうした過去楽曲の場合、痛感します…
今まで読者で無かった人の中からも、情報を寄せてくださる人がいらっしゃれば、立ち寄っていただくついでと言っては失礼ですが、協力いただければ助かります!

今回のリンク先 ( 内容が最新で無い可能性アリです… )

川越美和 プロフィール ( 公式発表分 : 現在の所属は違うかもしれません )

川越美和のフィルモグラフィー ( 出演作品公開部分 )
<注意!> 販売サイトに付き、その部分は個人の意思にてお進みください!

コメント

  • 06月 29 2006
    • 2006/06/29(木) 19:29:05
    • [ 編集 ]
    • URL
    • 繭優mayu #1fN/OmPY
15年振り!
凄いです 智さんの一念が実ったのですね。
川越美和さん、私には女優さんとしてのイメージが強いです。
でも 『涙くんさよなら』 の歌声 今でも覚えておりますが
少し低めの ・・落ち着いた声。
耳障りがよくて とても穏やかな歌い方をなさる方ですよね^^
情報過多という時代の中
欲しいと思う情報を スピーディーに
そしてより高い質のものを、となりますと
本当に日々ご苦労もおありかと思います。
こうして ・・もう音楽雑誌にもひけをとらない
それどころか 分野・年代を問わずして
様々な情報を伝え続ける智さんの姿勢には
毎度のことながら 頭が下がる思いであります。
1つの曲を 多彩な面から解説なさる智さん
訪れるたび、その奥深い世界に浸っております。
ほんと、15年目にして、出会いました(^^♪
俺は、普段から話すように、女優として、とか、声優として、の部分での人物像を、情けないくらい、知らないですが…
なので、歌とか曲、という概念でしか、理解してないことばかり…
だからこそ、なんとか人物を知ろうと、今になって検索かけて、時間を書けるのですが…
繭優さんには、話しました
やはり、記事にするからには、対象となる人物を知ってもらいたいし、反応してもらいたい気持ちでいっぱいです!
それは、俺に対する言葉であるよりも、楽曲やアーティストに対して、かけてほしい言葉や気持ちの部分なんです!
なんか、その部分が少なくなると、紹介している人物に対して申し訳なくて…
今、また迷っているとこです…
毎日更新すべきか、間隔とるべきか…
ですが、その問いかけは、6/30に皆様に向けて、することになってます!

コメントでお話のように、決して高くない声で、優しさを感じさせてくれる川越美和さんですが、この時期を越え、女優としての活動の中では、激痩せしたことを見かけたり、ちょっと不安もありました…
しかし、俺の記憶の中で 『確かにこの歌を歌ってくれていた彼女』 こそが、書きたかった彼女だし、そうした部分は排しました!

検索に関しては、もうそれこそ、増える一方であり、お気に入りの整理など、全然追いついていない有様ですし、ブログ開設当初からのCDが山積しております…
ここらで、次の楽曲へとシフトしないといけないので、数十枚、出し入れ直そうと予定しております!

年代別分類に関しては、こちらのリンク先にいらっしゃる 『めぐ』 さんを見習えばよかった…と後悔しつつも、頻繁に訪問いただけない読者様の為には、見やすいようにと、月間で楽曲検索を出来るリストを用意していますので、それも併せて、6/30にアップされます!

もっと、皆様に読んでいただける内容を書きたい!
でも、その力不足に嘆きつつ(>_<)
ですが、今までの紹介楽曲において、必ず誰かが言葉を残してくれている現実が、俺の支えになっています!
これから向上出来るかわかりませんが、そうなれるよう、頑張っていきたいです!
追伸
後ほど、改めて伺いますが…
敗け、ではないんじゃないかと…
優劣なんてなくて、どっちか片方ではなくて…
素直な自分だったと、そう思ってほしいかな!
そんな、気持ち、です

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。