智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0062 河合その子  雨のメモランダム

筆者の学生時代、アイドルの概念を覆すユニットが登場しました!
その名は 『 おニャン子クラブ 』 ! 今なお、その熱、冷めやらぬ人も多いでしょう!
その中から、自らアイドルからの脱却を念頭に音楽性を高めたのが彼女です!
河合その子 さんで 『 雨のメモランダム 』 の紹介です♪
1988 年発表 高い歌唱力と表現力で、ファンならずとも、聴いてほしい作品です♪
河合その子 さん
冒頭 『 おニャン子クラブ 』 出身者であることは記述しています
ですが今回はソロ ・ アーティストとしての彼女の紹介をしたいので、あえて在籍時代の部分は少なめに書きたいと思います!
( どう頑張っても、ファンの皆様ほど知識量がありませんので… )

では、彼女の概略を!

『 おニャン子クラブ 』 初期からのメンバーとしての活動を知られる彼女ですが、それは1985年の番組開始からのことであり、それ以前の 1983 年に、後に所属レコード会社となる 『 CBSソニー 』主催の 「 ティーンズ ・ ポップ ・ コンテスト 」 にて準優勝していて、これが芸能界入りのきっかけになっています!
このコンテストは、楽器演奏が条件で、普通のアイドルコンテストと趣旨が違うことからも、元々アーティストデビューしたかったのだろうな、という裏づけの部分につながると思います!

現在の 『 モーニング娘。 』 の手本になっている 『 おニャン子クラブ 』 の卒業の基準は、年齢の上限など、様々な点で異なり、彼女は初期の卒業生となるのですが、デビューの時点で、この可愛らしいルックスからは意外に思われるかもしれませんが、すでに 19 歳であり、番組規定の上限年齢 21 歳まで ( これはファンサイトの方に詳しい説明があります ) 、猶予期間が無かったことから、メンバー最初のソロデビューを果たすも、シングルとしてのリリースは 3 枚を数えた時点で卒業を迎えています!

その後、ソロ歌手として活動をしながら、番組出身者として時に、彼女も駆けつけていたようです!

筆者が語れる概略は、この程度ですので、一部詳細に関しては、文末リンクより御覧いただくか、彼女を応援する私設ファンサイト様から御覧いただけるとありがたいです!
( 筆者も少々眺めましたが、そのデータは、圧巻でした! )

では、ここから楽曲について、記述することにします!

彼女は表舞台での公式リリースは 1985 年のデビューシングルから 1990 年のアルバムリリースまでで、その他は、ベストアルバムが後に出されるなど、決して長い期間を活動した訳ではありませんでした…
そして 『 おニャン子クラブ 』 在籍の時代に比べれば、卒業以降の楽曲を耳にしている人の方が、むしろ少ないかもしれません…

しかし、筆者は、元々ルックスから好きになった人ではありましたが、歌手としても、質の高い楽曲が多く、また、デビュー当初は、あえてアイドル路線を意識していたような気がしますが、その後しっかりと彼女らしさ溢れる歌い方を目指し、自作楽曲もあるなど、元々のオーディションから彼女が目指したかった部分は、そこなんだろうという音楽性を感じていました♪

今回紹介する 『 雨のメモランダム 』 は、彼女の 9 枚目のシングル楽曲で、この後は、アルバムのみの楽曲発表となり、最後のシングルにあたります!

アルバムとしては、このシングル発売とほぼ、時を同じくしてリリースされた 『 COLORS 』 に収録されていますが、不思議なことに、今回の紹介楽曲の手前に出されたシングル曲が、このアルバムには何故か収録されず、後に出されたベストにおいて、初めて聴くことが出来ました!
『 夢から醒めた天使 』 という楽曲ですが、すごくいい曲なんですけどね…
( この理由は、筆者は知りませんが、なんかアーティストっぽく当時感じてました )

そして、今回の楽曲ですが、本格志向を目指す過程の中でも、特にボーカルを強調した作品になるように仕上げられていて、彼女自身のハーモニーが、サビ部分では美しく重ねられ、大人っぽい作風となっています!

また、この部分の彼女の声なのですが、聞き手に微かな心の痛みを誘うような、そんな訴えかけを見事に表現する、素晴らしいもので、この部分だけでも、多くの皆様には聞いてもらいたいくらいです♪

筆者が唯一残念なのは、レコーディング ・ クオリティーの部分で、どうしてもっと彼女の声質をいかしてあげられなかったのだろう…という不満を感じてしまう点です…

この楽曲は、いわゆる普通の A メロ ~ B メロ ~ サビへとつながるんですが、サビ部分を除けば、どこか曇った処理をされ、彼女の声の魅力である、清廉さが半減してしまうところが、ちょっと聴きながら悔しい思いを感じます…
( その曇った感じというのは、他のシングル楽曲でも感じることなのですが… )

あとは、現在のような時代とは異なり、完璧な編集というのが出来ない時代であったことから、例えば彼女が多重録音でコーラス ( まあ、ハモリの部分ですね! ) を追加した際に、その声の切れ際が、主旋律と同じ長さでは終わっていないことなども、もったいないなぁ…と思えます…
微妙にずれるというか、せっかくなら、何度かトライして、究極のベストテイクに仕上げればよかったのに? っていう思いがしてならないのですよね…
( それもまた、生っぽさなのですが♪ )

ちょっと苦言を呈する書き方をしましたが、彼女自身の声質や、歌唱力を製作サイドがもっと真剣に 『 総合芸術 』 として高めてあげたら、活動期間も長くなったのでしょうし、彼女もまた、新たな音楽性を目指せたのではないか…? という思いがしてならないのです!

現在活躍されるアーティストにとっても、本人達の努力以上に、事務所サイドや製作サイドは、その部分をしっかり考えてほしいと、ひとりの音楽ファンとして、思う次第です!

 
筆者が彼女に対する思い出の部分ですが、その美しさに憧れた学生時代であり、アナログシングル盤の写真を、クリア下敷きに挟み込み、日々眺めていたものです!
女性芸能人で、唯一写真集を購入した人でもあります♪

また、今回紹介した楽曲の翌年ですが、筆者が当時アルバイトしてた大型店舗で、サービスカウンター扱いで、チケット販売まで手がけていることを知らず、返品チケットの査収作業をしていたときのこと!
なんと彼女の残り一枚のチケットを見つけ、しかもコンサートがその当日で、貧乏学生だった俺が
「 行きたいけど… 予算が… 」
と嘆いたら、当時同僚のベテランパートさんが 
『 私が払っておくから、アンタが今日しか見れないものは、今日、行っときなよ♪ 』 と立て替えてくれて(>_<)
しかも、そのコンサート ( あるレコード店にある、小さめのホールでの、インストアライブでした ) に行くための早退もさせてもらい、そのコンサートを見ることが出来たのです♪♪

間近で見れた彼女は、やはり美しく、ボーカリストとして著しい成長をしてて、新作アルバム楽曲を中心に、媚を売ることなく、楽曲を一生懸命歌い上げていました♪

春先の… それなのに、外は冷たく激しい雨の日…
でも、忘れられない、熱い一日になりました♪ 懐かしい思い出です♪

この話には続きがあり、早退で時給を引かれているかと思いきや、定時扱いに皆様がしてくれて!
なおかつ、費用を立て替えてくれたその人に、給料日に払おうとしたら
『 アンタの音楽の知識の勉強の為じゃん! しかもウチの息子の音楽の相談に、懸命にアドバイスくれてるから、ご褒美だよ、ソレ♪ 』
こう言って、受け取ってくれませんでした、その費用… (>_<)
もう 17 年前の話ですが、今でもその恩に感謝しています、本当に!

この翌年  『 河合その子 』 さんは、休業宣言をするのですが…
もしそのインストアライブを見ていなかったら…
そのベテランパートさんが、優しくしてくれなかったら…
一度も見ることないまま、今を迎えたんだろうな…
そう思うと、感慨深いものがあります!

皆様にとって、音楽にまつわる思い出って、色々あるかと思います
いずれ、そうしたアンケート記事を書きますので、楽曲名やアーティストにまつわる思い出などをコメントしていただければ、嬉しく思いますし、また、そのコメントの中から、筆者の書ける楽曲の範囲ならば、記事にしたいと思います♪

最後になりますが、現在の彼女は、結婚~出産を経て、現在は主婦業に専念しているそうですが、熱烈なファンサイト様の方でも嘆願されているように、既発作品で現在は入手困難な作品の再発を、筆者も期待したいですし、また、彼女自身がいつの日か、また音楽をしたいと思える日が訪れることを、わずかな可能性ですが、望んでみたいと思います♪

育児等を経て、人間的にもさらに深みを増しているであろう彼女が、その人生の中から、新たに得たものなどを、形として表現してくれるその日を、ちょっとだけでも、期待してみたいです♪

今回のリンクですが、紹介している楽曲の試聴はありません…
しかしながら、他の代表的な作品がいくつか聞けますので、記すことにしました!
あとは、毎回参考にしているフリー百科事典のウィキペディアを記します!
ファンサイト様に関しては、皆様が各々検索いただき、辿っていただけることを切望致します!

今回のリンク先
Sony Music Online Japan 河合その子 ( 所属レコード会社 )
一部楽曲の試聴が可能です

河合その子 Wikipedia (フリー百科事典)

コメント

  • 06月 27 2006
    • 2006/06/27(火) 19:56:50
    • [ 編集 ]
    • URL
    • 繭優mayu #1fN/OmPY
智さん、雨の方は如何でしょうか とても心配であります
詳しい状況が分らないのですが、
どうぞ外出時等、怪我をされたりしませんよう 
くれぐれもお気を付けて下さいね。
そして いつも温かなご祝辞、ありがとうございます。
とりわけここ数日はかなりバタバタしております。
きっと智さん ・・お察しの上 いろいろな御配慮を下さっているのだと思います。
本当に本当に ありがとうございます。
ペースが通常に戻るまで 今しばし頑張ります。
でも もちろん無理はしません、大丈夫であります^^
PS。
こんな陽気であります、
智さんも御無理なさいませんよう
どうぞご自愛下さいね。
おかげさまで、一時期の豪雨が嘘のように、昼間からは晴れ渡りました♪
数年おきの豪雨ゆえ、慣れてはいますが、ちょっと驚きましたし、皆様、あまりに少ない地元報道に苛立ちを覚え、ネットでの情報収集に錯綜されたのか、回線的にも遷移しない状況が続き、今後の高速大容量などにも不安を覚えているところです…
(環境インフラが進まない国家ですので…あと、公共伝達の役割を分かっていない、報道の姿勢も、改めて問われるところだと感じざるを得ない一日でした…)
繭優さんには、もう言わずとも伝わってることがたくさんありますし、あえてここでは細かく触れませんが、お互いに無理のないペースなり体調や時間を考えながら、この先も仲良くしていけたら、一番嬉しいですよ♪
俺の体調ですが、時にオーバーワークかと思いつつ、しかし、寒暖に関しては、案外平気なのです!
出先以外では、特に体調を管理したいので、エアコンを一切使わず、自然に体を適応させるようにしています♪
(扇風機とストーブ、ラブ(笑)な暮らしをしておりまして♪)
今回も繭優さんのコメント欄は、繭優さんを励ます温かな言葉で埋められていて!
でもそれは、みんなが繭優さんに、励まされて癒されているからだと、俺は思っていますよ♪
お互いに、ぼちぼち頑張りましょ(^^♪
俺の方は、今月のメド、付きましたので(笑:例の如く、ですから!)
大好きなその子さん出遅れた!(笑)
火曜日はCDの大量入荷日なので、帰宅が絶対に7時過ぎなんですよねぇ。。
後期のその子さんの曲は、リアルタイムではなく後から聴いたものがほとんどなんですが、初期よりもむしろ名曲ぞろいな気がします。
変わらない透明感のある声も大好き。
もちろんあの麗しいお姿も大好き!
きっと今も、何ひとつ変わらず素敵な方なんでしょうねv
私も、智さんのおっしゃる「わずかな可能性」を期待しているひとりです☆
雨なので、絶対今月書こうと思い、秘かに計画しておりました!
(なんと、5月の開始から、狙ってましたぁ♪)
火曜の多忙は、絶対ですもんね、業種的に(-_-;)
ですが、その分野に関われることを羨ましく思いますし、ほんとはそうした仕事か、楽器店くらいしてみたいんですけどね…?
その子さんの変化を 『悲しい夜を止めて』 以降とする人も多いですが、俺は 『Jessy』 あたりかなぁ?と思いますし、また、アルバム楽曲には、シングルに無い魅力がたくさんあって、多くの皆様に、純粋に聴いて欲しいと願っているんですけどね♪
後期のアルバムに関しては、所有していないので欲しいのですが、もうご存知のように、中々厳しい状況であり、時折正気と思えない金額提示などもあり、再発にて、キチンと入手出来れば嬉しいんですけどねぇ~!
きっと現在も、その美しさは不変でしょうし、あの 『後藤次利』 夫人なのですから、裏方から真剣に、日本の音楽界を支えていらっしゃる訳ですし!
ただ、いつか何かを届けてくれる可能性もゼロでは無いと思っていますし、希望は捨てないようにしています♪
追伸
はるりんさんのところでは、先を越されましたが、あの楽曲、我が家の記事と完全リンク致しました♪
(先日めぐさんとしたように、記事にそのまま埋め込みましたし、トラバも同時に完成しました♪)

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。