智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0060 a-ha  TAKE ON ME  

1980 年代 特に 1983 年以降の洋楽とは、当時の楽器等の進化の過程と重なり、
色鮮やかなポップ・フィールドの作品に溢れ、現在の 80's ブームが示すように
特に 『 日本人 』 にとって、馴染み深い楽曲の宝庫の時代でありました♪
a-ha で 『 TAKE ON ME 』 を今回は紹介します♪
1985 年発表 日本はもとより、全米 ・ 全英でも大ヒットしたナンバーです♪
1980年代は、もしかしたら洋楽の存在が、自分の中での比重を相当占めてたかもしれません!

今回紹介する 『a-ha』 ですが、その比重を占めたグループのひとつで、今回の
『TAKE ON ME』 も、なんて洗練されたポップなのだろう♪
こんな思いで、アナログレコードを繰り返し聴いていました♪

彼らは、元々ノルウェー出身の3人から成るグループで1982年に結成され、翌1983年に渡英、しかし最初にデビューをした頃は、母国ノルウェー以外での成功は得られなかったそうです

さて、今回紹介する 『TAKE ON ME』 なのですが、よくCDショップなどで見かける
80's ベストとかいう感じのコンピレーションには、かなりの割合で収録されてるナンバーではないでしょうか?
また、某テレショップさんでも商品紹介があるかと思いますが、4枚組くらいでしょうか?
そうしたちょっと懐かしい楽曲をコレクションした商品を、まぁご丁寧に30分くらい、延々と説明してくれる番組を皆様、御覧になったことはあるでしょうか??
(●●ホームショッピングとかいう、アレです!)

この 『TAKE ON ME』 は1985年発表で、全米1位・全英2位を誇る大ヒットをおさめ、日本でもヒットしたナンバーなのですが…

実は皆様が聞いて馴染みあるこのバージョンは(つまりは世界ヒットしたバージョンということです)、最初のものとは異なるそうです!
(これは筆者は恥ずかしながら知りませんでした…)

最初1984年のデビューにおいてリリースされたバージョンは、ヒットしなかったらしく、その後1985年にアレンジを変更し、売り出されたのが、多くの皆様が知る、あの大ヒットバージョンになるのだそうです!

この大ヒットですが、1980年代から現在に至る歴史の中で、
『MTV』 の功績があり、彼らのクリップは、実写とスケッチ風アニメを巧みに組み合わせた手法で、当時の話題クリップとして広く知られることとなり、楽曲のよさと相まってヒットにつながったのでした!
(このプロモは、現在DVDとして市販されています!それも格安で♪)

この 『MTV』 ですが、最近ではアジア圏も含めて各イベントも盛んでありますが、元々はやはり、海外文化であり、その作品のレベルの高さは、旧来の日本では考えもしなかった手法や演出で、音楽を聴覚の領域から視覚までも含めた芸術にまで高めたと思いますし、この文化が発展したからこそ、多くの皆様が映像作品に真剣になった功績があると、筆者は今でも思う次第です!

さて、そうした映像の功績もあった今回の楽曲ですが、とにかく洗練されていて、そして日本人が好むであろう
『哀愁ポップ』 のひとつの形だったと思います!

単純にビート感があるだけの楽曲は、あまり日本で評価をされないのが事実で、それは時に、出身母国ではヒットしないのに、日本では何故かビッグヒットにつながる!! という楽曲(洋楽)は多く、琴線に触れるというか、どこか切なさや悲しみなんかを感じさせるメロディーラインを備えることが、そのヒットとしての受け入れられ方にあったように思います!

またこの当時、全世界を巻き込んだ楽器の革命があり、誰の作品を聞いても、その革命的な機種の音色で席巻されていました♪
そのことが、邦楽と洋楽の違いを埋める、重要な要素につながっているのかもしれないと、筆者はいまだに思ってしまいます!

YAMAHA DX7

この写真は YAMAHA 社が世界に誇る銘機 『DX7』 (でぃーえっくす・せぶん)なのですが、この1983年発表のマシンの登場が、全世界の音楽にもたらした衝撃は、1980年代以降の音楽表現の自由度を大きく増し、海外アーティストにとっても、革命となって広まり、それまでも多く使われてきた日本製機材に加えて、まさに 『世界代表の音』 として、皆様が聞いてこられた音楽文化の象徴として、意識に深く浸透してきたことでしょう!
邦楽はもちろんのこと、洋楽でもこの機種の音を聞いたことが無い!という世代を、筆者は探してみたいものです!

今回紹介している 『TAKE ON ME』 においても、その音は効果的に使用され、楽曲をカラフルに彩っているのは事実ですし、同時期の楽曲では、まず間違いなく使われてきた機材で、この楽曲のビート感を構成しているベースなどは、まさにこのマシンが得意とした分野で、1980年代楽曲を語る上では、絶対外せない音です!

…と、オタクな話題を紹介したところで、楽曲の方を少々ですね!

サウンド面に関しては、先述したように、カラフルな感じがする、まさに80年代の音ですが、彼らはこうした編成から成るグループです♪
モートン・ハルケット(vo)
ポール・ワークター=サヴォイ(g)
マグネ・フルホルメン(key,g)

このため、キーボードの比重は当然増え、この時代以降、現代に脈々と受け継がれる 『打ち込み音楽』 のはしりだったのですが、メンバーにギタリストもいて、そのギターのフレーズは、ソロなどで表には出てこないかわりに、堅実に楽曲を支えています!
(そのギターが含まれないと、なんか間の抜けた音になることでしょう…)

また、コーラスのハーモニーが美しく、さらにボーカリストの声が、楽曲の魅力を極限まで高めて、高域の綺麗さなどは、お手本にして良いくらいのレベルであり、これが海外でも高く支持をされた部分だと、筆者は思うのです!
(文末リンクより試聴いただけたら嬉しいです♪)

ただ、日本人として、いつも思うことがあります…
歌詞そのものは、単純というか、日本人が作詞する世界観や情景に比べたら、簡素というのか、その程度で先進国ではヒットをするのか? というシンプルさだと感じずにいられません…
これは対訳を読めばわかりますが、案外そっけないものです…
(海外サイトから検索し、翻訳から御覧いただくと、そう思う理由が伝わることかと…)

やはり、日本人が洋楽を聞いて、好きになるときには、そのメロディーラインや音色、はたまたリズムなどにおける 『ノリ』 の部分からなんだろうなぁ~と、今回も記事を書きながら30~40回くらいリピートさせながら、思った次第です!
(記事を書く際、その楽曲のみを延々繰り返し聞きつつ書きますので!)

ですが、それを差し引いても、邦楽には無い魅力があります♪
特に1980年代は、その魅力の宝庫ですので、興味を持ってくださった読者様は、試聴や情報などから、この時代の作品を楽しんでいただきたいし、オムニバスになっているCDなども割安ですから、懐かしんでもらえるのもまた、洋楽に触れる時間として、心地よいものだと思いますよ♪

皆様が普段耳にする邦楽のアーティストにも、大きく影響を与えている作品群ですから、そういう間接的な関わり方も、音楽の魅力かな♪と思ってます!

なお、先頭に用意している写真ですが、最新のベスト盤のものです♪
a-ha という素晴らしいグループのベストアルバムなのですが、なんと19曲も収録されていて1500円なのですっ!!
また、この 『TAKE ON ME』 のクリップも収録されているDVDも18曲収録で2500円という破格の安値ですので、今回、リンクから試聴をされ、好んでいただければ、かなりお得な作品であることっは、間違いないと思いますよ♪
(別にワーナーの宣伝要員では無いですが、あまりにお得なので♪)

今回のリンク先
a-ha アーティストトップ ( 旧 所属レコード会社 )
今回の 『TAKE ON ME』 を始め、代表作が試聴出来ます♪
このベスト盤の写真をクリックすると、各楽曲を試聴出来ますよ♪

a-ha ( 現在の所属レコード会社 )

a-ha Wikipedia ( フリー百科事典 )

なお今回は、海外アーティストにつき、直接アーティストサイトは記述をしておりません!
御覧になりたい読者様は、上記リンク先にあるURLを一度コピーしたあと、各検索ツールより表示された内容から、翻訳経由で御覧になることをオススメします!

コメント

彼の情報を、中々紹介いただけないんです、各サイトにおいても…
一応、それを知りたいが為、追悼特集になったギターマガジンなんかも購入しましたが、それでもまだ、いろんなことを知りたいのです…
俺は、彼の演奏、生で見ています!生前に…!
ですが、見た当時より、その後の方が好きになり、もったいないことをしたと、若かりし自分の浅はかさを悔やんでいるのです…
おまけに入手出来ない作品が増え続け、さらにはオークションあたりでも、想像出来ない価格をつけてあったり…
直接彼を探すことが出来なくても、こうして知らせていただけることに感謝しますし、ここに至るまでの交流が無ければ、きっと俺は一生それを知ることなく、悔しい思いをしたことでしょうね!
この交流のきっかけになった 『 C 』 様ならびに 『 M 』 様にも、重ねてお礼を伝えたいところです!
彼の逝去により、自らのコンサートさえも、一度白紙にして、新たに時間を置いてからせざるを得なかった、女性ベテランボーカリストがいるくらいですから…
貴重な情報、本当にありがとうございます!!
今日は、参りました…
そちらへのコメントと行き違いになれば、すごく申し訳ないのですが…
夕方から2時間、何をやっても、自分のブログにさえ入れない状況が続き、困り果てました…
ブログのURLに数字 (俺のは65と書かれていますが) ありますが、そのどれもが (他の人のブログも) 全滅でしたし…
おまけに、そうした報告、一切しないんです、FC2…
いきなり画面に入れるようになって、嬉しさと共に、怒りもあるんですけどね…
おかげで、パソコンと無駄な時間を格闘してしまいました…
このコメントの時点では、なんとか正常動作をしてるんで、いつもの時間に記事をアップすることだけが、もう、目標になっています!
(マジ、疲れました…)
重ね重ね、貴重な情報をありがとうございます!
彼の音も、音楽性も、これから先、新しいものを期待することは、一生叶わないことですが、今まで残されたものを、とにかく知るだけです!
追悼特集になった記事は、著名ミュージシャンの言葉やデータから埋められていましたが、編集部でさえ、掌握出来ない範囲も多いらしく、こうして情報を知ることが、彼を慕うプロの皆様方にも、きっと貴重なことであるのは事実です!
俺のこのブログですが、書き続けるうちには、必ず彼を記事にしますし、何回かに分散したって、俺が敬愛したんだってことを、絶対に形に残そうと思っています!
これもまた懐かしい!
私はこの曲を聴くとんぜかローソンを思い出すんです。
なんでかなぁ~
いつも、ここで懐かしい曲を見ると自分の記憶を手繰りよせて…
そして書き込みしています。
若い頃をなかなか思い出す機会もないので、ここで思い出すって楽しいです。
今月最後の一週間は、あえて懐かしい時代に照準を合わせることにしました♪
また、一応30曲ごとくらいに、洋楽を書こうと思っています!
(あんまり知らないんです、洋楽…)
しかし、何故ローソン(笑)なのでしょうか?
ちょっと不思議なのですが、それもまた、思い出として面白いという感じです♪
おかげさまで、このブログが読者様の年齢層も幅広くなり、最近の楽曲から、我々の年代までを紹介することにしてるんですが、我々の年代の楽曲とかアーティストって、MODSのように現役で活動される人は、それなりに情報も収集出来ますが、引退や解散などで、ページなり検索が難しい人に関しては、俺自身があやふやなことを書きたくないので、先送りしているのが現実なんですよね…
ですが、おかんさん同様、同じ時代を過ごしてきた人間として、こうした時代の楽曲を書きたいですし、また、我々よりも若い世代が、その時代に興味を持ってくれることも期待しながら、毎日記事を書いてます!
お互いに忙しくなる一方ですし、運営しながら、いろんなことがあります…
ですが、仲間として支えあっていけるよう、頑張りましょうね!
追伸
報道でご存知でしょうけど、今日の降雨、参りました…
我が家に被害はありませんが、その他の地域では、ちょっと可哀想になります…
早く梅雨明けしてほしいです(>_<)

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。