智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0058 mihimaru GT  帰ろう歌

最近、若者ソングが増えてるような…♪ で、突っ走ってみます(^^♪
タイトルを見て、おおぉ! と思えなかった読者様は、筆者に年齢、近そうです(^_^;)
この記事の掲載のときには、新曲がヒットしている話題の2人組ユニットなのです!
mihimaru GT ( ミヒマル GT ) で  『 帰ろう歌 ( か ) 』 を紹介します♪
2004 年発表 学校関係者にとって、大きな話題になった楽曲なのです♪
最近 ( 2006 年 06 月 )、若者を中心に関心のあるユニットとして、よく名前を見かける 2 人♪
『 気分上々↑↑ 』 なる楽曲で、ヒットチャートにも、いよいよ進出♪
テレビをあまり見ない筆者は、今回知りましたが、 CM にも出演されています、彼らは!
期間限定の公開とは思いますが、その CM に関しても、文末リンクに記述しますね!

さて、どうして 『 いよいよ進出 』 と記述したのか…?

読者様の中で、若年層の中・高校生さんなどで、今、話題になっている新曲で、彼らを初めて知ったという人がいるならば…
おじさん ( 筆者 ) の方が、先取りしてますよ、彼らを(笑)

過日 『 HEY! HEY! HEY! 』 において、今後を期待出来そうなのに、まだビッグヒットを飛ばしていないアーティストを集合させて、ちょっとしたトークがありましたが、その中に、今回の彼らの姿もありました!
筆者は 「 あれ…? そんなに認知されてなかったっけ…? 」
こういう印象で番組を見てました

今、人気になっている 『 気分上々↑↑ 』 という楽曲は、その反響の高さから 『 ミュージックステーション 』 にも、期間をあけずに 2 度出演という快挙を果たしましたが、そちらは彼らの 9 枚目のシングル楽曲になります!

今回紹介する 『 帰ろう歌 ( か ) 』 ですが、今を遡ること 2 年前の、彼らの 2 作目にあたる楽曲になり、これ以降の作品は、筆者は揃えている状況です♪
( まわりの知人からは、<あんた、年を考えろ!> と言われるジャンル、結構仕入れます )

さてさて、筆者が何故彼らを、人気が上昇する前から気にかけていたのか?
これは、ある情報番組のおかげでした(*^_^*)
後述しますが、この楽曲は 『 学校関係者 』 にとって、相当話題になった作品だったのです!

では、彼らの紹介から!

hiroko : Vocal and Lyrics
阿久津 博子さん
可愛い系のルックス以上に、とにかくハイトーンな声が特徴的な楽曲が多く、今回の楽曲でも、圧巻の高域部分を披露してくれます♪
全般的に、アイドルなのかという感じの、甘く可愛い声です♪

Mitsuyuki Miyake : Vocal , Lyrics and Compose
三宅 光幸さん
彼は楽曲を広く提供し、それはなんと 『 SMAP 』 や 『 BoA 』 などの有名アーティストなどで、早くからその才能を予感させた存在なのでした♪
中々、ルックスも良し!です!

この2人により結成されたのが 『 mihimaru GT 』 ( ミヒマル GT ) でした!
このユニット名の由来は、文末リンクより御覧くださいね!

では、先ほども記述していますが、何故 『 学校関係者 』 に話題になったか…?

誰が最初に名付けたか、そして企画になったのかは不明です…
しかしこの 『 帰ろう歌 ( か ) 』
これはなんと、史上初と言われる 『 下校ソング 』 として広まったのです♪

そうした話題を、某情報系番組で見て、興味を持った筆者が、喜んで購入してしまった楽曲だったのです!

歌詞なのですが、おそらく主眼は高校生くらいなのでしょうね、登場人物♪

歌詞の前後を、軽快なラップとボーカルで、鮮やかに表現して、筆者の年代からは、思わず 「 そんな時期もあったなぁ~♪ 」 と懐かしんでしまう学生時代の思い出とか、現代の若い世代さんだったら、下校しながら、こんな恋とか、してんだろなぁ♪ と予感させる、そんな甘く情熱的な、若さ溢れる恋愛観っ!!

筆者は文句なしに、この楽曲が好きになりました!
そして、最初から 『 下校 』 を主眼に宣伝をし、素晴らしい企画で、話題になったのです!!
それは 『 下校ソング普及キャンペーン 』 なるもの!!

これは、『 応募した方には先着であなたの学校名が RAP で入ったスペシャル・下校ソング・バージョンをプレゼント 』
といった、革新的な企画であり、当初 200 校を予定して実施したところ、最終的には 1000 校を越え、学生さんだけではなく、学校をあげて、企画に参加したところもあり、有名大学なども含まれ、抽選の形から、その 1000 校に選ばれた学校に対して、発売分とは異なる、別のバージョンが製作されたのでした!

この 1000 校の完全リストも、リンクに記述しますので、皆様の母校、あるいは、在籍している学校があるかどうか、そんなことを楽しみながら御覧いただけると、嬉しく思いますし、また、こうした企画に賛同しようという先生方とか、いらっしゃることを考えたら、まだまだ学校への完全失望はしなくていいかな? と思えます!!

実際にこの楽曲を、放課後などに学校放送で採用したところも多く、今もなお、継続されてる学校もあるのではないでしょうか?

そして、この記事を御覧の人の中で、保護者をなさっている人には、お子様の年齢にもよりますが、こうした音楽があることを楽しむ意味でも、まずは自分自身で試して聞いてほしいと思います♪

楽曲全体としては、若者文化の代表例のようなラップとかビートです!
しかしこの楽曲は、クラシック音楽では広く皆様に知られる
モーリス・ラヴェルの 「 ボレロ 」 をフレーズ・サンプリングした作品で、懐かしさと先鋭的要素を、ほんとに見事に調和させた楽曲として、好きになってもらえたら、筆者は嬉しいです!
※フレーズ・サンプリング
 これは、現在よく行われる作業の一つで、楽曲のある部分を収録し
 全く別の楽曲にあてはめたり、あるいは、自分の楽曲においても、
 まるごと一部分を収録し、それを自分の楽曲に差し込む方法です!
 DJさんがレコードで行っていることを、機械を併用して行うことと
 簡単に思ってくだされば、それで伝わりやすいと思います♪

若者・学生だけの文化ではなく、興味をもって、こうした楽曲に耳を傾けてもらえることも、音楽の楽しみ方だという気がしますし、この記事を書き上げる意味も生まれてきます!

文末リンク先からは、楽曲の試聴ならびに、クリップ視聴も可能ですので、是非、チェックしてほしいと思います♪
そして、これからも彼らが今まで以上に飛躍してくれること!
それを、期待しています!!

今回のリンク先 ( ページによって、重複している部分があります )
mihimaru GT 帰ろう歌 ( か ) ( 所属レコード会社 : 試聴 と クリップ視聴 部分)

mihimaru GT メンバーからのメッセージ ( 所属レコード会社のページの一部 )
このキャンペーンに対しての、メンバーからのメッセージ部分です

下校ソングキャンペーン 1000 学校名発表!! ( 所属事務所ページ内より )

mihimaru GT ( 所属レコード会社 : 公式ページ )

mihimaru GT ( 所属事務所 : 公式ページ )

CM ギャラリー パルティー ( 出演 CM 特設ページ : ダリヤ社 様 )
CM そのものと、メイキングなども見れますよ! < 今回の楽曲とは別曲です >
( おそらくは、期間限定なので、お早めにっ!! )

mihimaru GT Wikipedia ( フリー百科事典 )

コメント

  • 06月 23 2006
    • 2006/06/23(金) 22:32:19
    • [ 編集 ]
    • URL
    • ひなた #whKRIAGo
あたしもHEYx3 見て
あれ?新人さんだったっけ?なんて思ってたのですー!
と、言ってもあたしも知ったのは↑この曲ではなく
コマーシャルで流れてた曲なんですけど(汗)
うちのダーリンさんが、この声を
『チャラと匹敵するぐらいリズム取りがよく
チャラよりも音程がしっかりしている』
と激ホメでしたよん!
この曲も是非聴いてみたくなりました♪

そして。。。
あたしも自分の記事で学生時代を思い出していたところです(赤面)
記事にも書きましたが、案外俺、こうした先物買いというのでしょうか…
ビッグヒットを飛ばす前に、はまることあります!
あゆも、ELTもそうでしたもん!
今回のリンクからは、その他の楽曲ももちろん試聴なり視聴出来ますし、彼らの今までを御覧いただけたら、嬉しく思いますよ!
チャラですが、最近は活動、地味になってますが、彼女ならではの世界観がありますし、近日、記事になりますよ、たぶん(笑)
今月ではありませんが(^_^;)
(一応、今月の時間割は計画しましたぁ♪)
ひなたさん家、もう読ませてもらいましたが、重なるものですね、話題って? 正直、訪問したとき、驚きましたよ、俺!
ちなみに今回これを紹介したのは、一応金曜だし、学生さんとか読んでくれるかなぁ♪ などという、そんな思いから、あえて曜日指定をしたという…(姑息なヤツです!)
今晩(24時ですが)更新する楽曲は、これまた 『な、なぜだぁ?』 なモノを用意してございます!
ますますでたらめになってく我が家を、どうか可愛がってやってくださいね(^^♪
ファンではなかったのですが、
「帰ろう歌」を聞いて初めてmihimaruGTの存在を知りましたよ。
一時期下校ソングとして話題なった曲だったのでまた「気分上々↑↑」
でまたヒットだすとは思っていませんだしたよ。
「帰ろう歌」キャンペーンの時に
ぜひ自分の学校も歌ってほしいなんなと思いましたね~。
ボーカルのhirokoさんは声が高音域でかわいくて好きです。
「気分上々↑↑」のワールドカップverが出たらしいのでこの機会にまたCDを借りてみようと思ってます。
リンクいいですか?!
じゃ早速お言葉に甘えてリンクさせていただきます。
後程はメールでご連絡します。
おじさんは、こんな楽曲も制覇しているのです(笑)
よく、専門家らしき人が、若い世代の楽曲は…ということを言いますが…
俺は少なくとも、何かを生み出そうとするプロの苦労というものは、認めてあげたいですし、また、全曲をファンにならずとも、好きになる  『 楽曲 』 はあってもいいと思い、年代を越えて、こうしたブログを日々書いています!
翔さんが彼らの名前に触れていたので、ヒットしている今だからこそと、今回記事にしてみましたが、いかがだったでしょうか?
三宅さんのセンスとhirokoさんのボーカルが、これから先も支持されれば嬉しいですし、俺自身としては、今のヒットを予見してませんでしたが、早々と注目していた彼らが、なんか全国区になって、ほんと、嬉しいんですよね!
片田舎に暮らす俺ですが、こうして全国で同じ楽曲を聞けることをありがたく思うし、また、俺にはまだ理解出来ていない翔さんの好みや感性なども、一人の読者として学ばせてもらえたら、と思ってます!
好きなジャンルを語り合うことには、年齢差とか、関係ないと思うからね!
では、こんなブログではありますが、今後もよろしくお願いしますね!
御覧いただければお分かりでしょうけど、リンク登録致しました! ありがとうございます!
今後とも、お互いのブログにて交流していただければ嬉しいですし、また、俺のわかる範囲の情報量でよければ、ほんの少しの知識しかありませんが、翔さんにとって、何かのきっかけになれば! と思ってます!
また、特に音楽ブログを運営していらっしゃるリンク先の皆様方は、多彩な表現をされますし、眺めてこられるだけでも、きっと翔さんが多くの何かをつかんでもらえると確信してます!
多くの皆様が仲良くなれる橋渡しになれば、ありがたいです!

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。