智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0055 相川七瀬  Nostalgia

筆者は、元々が鍵盤奏者なので、テクノなり、環境音楽などが好きです
中学以降、バンドをするようになり、様々な音楽が好きになりました!
その過程で、ビート感溢れる、アップテンポの楽曲をとにかく好んだ時期があります!
その名残でしょうか? いまだに 『 心を揺さぶる疾走感っ!! 』 が心地よいです!
相川七瀬 さんで 『 Nostalgia 』 を紹介します♪
1998 年発表 CM 楽曲としても話題になりました♪
相川七瀬 さん
そのデビューは、刺激的でした!
折りしも 『 PUFFY 』 などの登場もあり、巷で TK サウンド一色になりつつある頃、個性的で、ちょっと、元ヤン…(^_^;)? なイメージが逆に、可愛いルックスと相まって、パワフルなボーカルスタイルと共に、女の子からも好かれるカラオケ定番曲として受け入れられたように記憶しますし、歯にもの着せぬトークなんかも自然体で、人気を博したと、筆者は思っています!

1995 年にデビューすると同時に、ビッグヒットを連発!
アルバムの売上なども、かなりの枚数を誇り、注目を集めました!!

今回記事を書くにあたり、改めて調べましたが、シングル楽曲が、見事なまでにタイアップ付きで、それもまた、彼女の人気の高さを感じる要素だと思いました!

さて、彼女が何故、ここまで ( 特に若い女性に ) 支持されたのか?
今回の楽曲も併せて、書いてみることにします!

まず、最初に触れましたが、スターというよりは、身近に感じられたこと!
これは大きいと思うのです!
言い方は悪いですが、ぶっていないというか、自然体でしたし、庶民感覚があったんだと思います!

そして、小顔でちょっとキツめだけど、可愛いルックスも、小柄でキュートな見栄えも、若い女の子にとっては、もっと憧れを増すきっかけだったでしょうし、女優さんには真似しても届かないけど、彼女だったら真似が出来るのではないかという 『 錯覚 』 を起こさせたこと(笑)
こうした部分が、表面的な人気の原動力だったような気がします!

さて、彼女の音楽性の部分なのですが、1995年のデビューから2000年手前になるまでの期間は
『 織田哲郎 』 氏による、一貫性あるガールズロックを継続してきました!
彼自身は、音域も相当広い実力派ボーカリストとしても知られますが、いざ作家として楽曲を提供するときは、その相手の魅力を最大限引き出せることを重んじてたようで、それがプロたる所以なのだろうと思い、彼女の楽曲においては、特にその意味合いを持たせたように思います!

そして、音域という部分ですが、彼女の音域が狭いということではありません!
ですが、どの音域をサビにすれば、一番皆様に訴えかける楽曲になるか?
この部分を徹底的に追求したのだと思います!
なので、彼女の楽曲をカラオケなどで真似ても、そうそう無理をせずに、歌えるはずです♪

よくよく歌ってみれば、高音部よりも、もっと評価をされて良い部分としては、低音域の出現する楽曲などのほうが難しいとは思うのですけど…
そして、メロディーラインがシンプルなのに、音域の移動を巧みに利用しながら、ワンパターンにならないように、聞かせる工夫を随所に織り込んだ作風であり、これもまた、彼女の持ち味を最大限引き出したように思うのです!

作風に関しては、彼女のジャンルと競合する相手がいなかったこともまた、人気を集中させることに大きく寄与した部分だと思えるのです!

あえてジャンルこそ違えど、女性のパワフルなボーカリストがいたとしたら…
『 大黒摩季 』 さんが同じカテゴリーだったかと記憶します!
( 女性 『 ソロ 』 のロック系ボーカリスト、としてです! )
( もちろん他にも多くの人がしのぎを削りましたが、同系統とすると、こう思いました )

先ほど、カラオケということを記述しました!
1990 年代は、カラオケは現在に比べれば、最も世の中の娯楽の中で、手軽で楽しめたものではなかったでしょうか♪
彼女の楽曲も、もちろん支持をされ、相当リクエストアクセスがあったでしょうね!

で、ここで一つの謎解きなのですが、なぜ、カラオケでたくさん、歌われたのか?
ここに一つの手がかりがあります!

皆様は、カラオケを選曲して、いくら高性能なマシンとは言っても、楽曲が元々聞きなれた CD の音質とかけ離れていたら、しらけませんか?何となく??

特に、バンドなんかのギターとかを多用する楽曲や、バラードなんかでは、どこか普段聞いてる感じと違うんだけど…
と、違和感を覚えませんか…?

実はそこなのです!
相川七瀬 さんの楽曲を選び、再生 ( プレイ ) してみた場合♪
ほとんどのカラオケのマシンは、ほぼ、CD のような音に聞こえるはずです♪

なんと ( CD の ) 楽曲を作る時点から 『 通信カラオケ 』 で、同じような音で再生されることを念頭に、音の作りこみをしたのが、彼女の楽曲群でした!!

通信カラオケは、中身は IC チップと通信回線のモデムなど、そしてバックに流れる映像部分や歌詞のテロップを流すデータ部分が基本になっていますが、皆様が気になる音楽の演奏部分!
これは、ネットで音楽を調べると 『 MIDI 』 ( ミディ ) 音源 ( あるいは、再生 ) というものを多く目にする機会があると思うのです!

筆者は Windows 環境でパソコンを使い、所有するパソコンには、標準仕様で 『 音源ボード または 音源チップ 』 というものが搭載されていますが ( 皆様のパソコンも、ほぼそうなっているはずです! ) 、実は通信カラオケの機械の中には、その音源ボードなるものが複数枚 ( 1 枚に集積したマシンも、現在はあるかもしれません ) 、内蔵されていて、そこにデータを送って再生しているだけなのです!
要は、選曲が出来る形をした、中身は実は 『 シンセサイザー 』 なのです!

そして、彼女の楽曲は、もちろん通信カラオケに搭載されたような音源部分ではなく、もっと高性能なプロ仕様の機材によって生み出されますが、それらのプロ仕様の電子楽器を作るメーカーさんこそが、通信カラオケの音源部分を作っているので、完全に一致する音は出せなくても、ほぼ似ている音は、ある程度簡単に再現することが可能なのです♪

もちろん、そのまま 『 ド・ミ・ソ 』 などと弾くわけではないですし、山ほど機材を集められるスタジオのような環境とは違いますから、通信カラオケのデータは ( これは携帯電話の着メロなどもですが ) 、機種の制約の中で、最大限、
『 元の楽曲にそっくりになるように! 』 データを細かく修正しながら、手を加えますけど、あまりにも手を加えすぎたら、ちょっと古めのカラオケの機種しか置いていない店舗では、機械が無理をしたり、電話回線からデータを取得するときに、相当ロスの時間が発生してしまうので ( まだ ISDN やプッシュ回線からのダウンロードをせざるを得ない機種は、たくさん設置されています ) 、最大限の効果を、なるべく最小のデータとして作りこむ必要があります!

このことを、最初から曲作りの時点でわかっているのなら!
だったら 『 カラオケの機械で再現出来る 『 音 』 にしよう! 』
こういう曲の作り方があって、彼女の楽曲は、基本的に生のエレキギターとコーラス ( ハモリ ) の部分以外は、簡単にデータを小さく製作出来るように、元々から計算をされていたのです!!

このため、どこのカラオケ店で、どんな機械で歌っても、まるで CD のような音が簡単に聞けた訳です♪

さて、そんな訳で、カラオケ人気を証明出来たところで、楽曲そのものを、ちょっと見ることにしましょうか!

この 『 Nostalgia 』 ですが、冒頭に紹介したように CM楽曲となりました!
やはり CM ともなれば、一瞬その音楽が流れただけで、画面に振り向いてもらえるような 『 インパクト 』 が無いといけないですし、そのあたりも非常によく、作りこまれています!
彼女のボーカルの音域で、一番声量を感じられる部分をサビにして、それ以外の部分は、まず最初に低音域にて意識を引っ張り、その後徐々にハモリなどを加えながら、盛り上がっていく準備をし、そして一気に、ハイスピードのまま、テンションを落とすことなく、サビで畳み掛ける! といった、 J-POP のお手本である作り方♪
そして、間奏のギターソロ以外では、余計な間を長くとらない!!

彼女のシングル発表曲の中でも、これは相当テンポも速く、テンションを最後まで持続させるタイプの楽曲であるのは事実です!

楽曲における歌詞ですが、最初の低域にあたる A メロ部分は、小節数に対して、言葉 ( 文字 ) の数は多めです…
しかし、盛り上げていくための B メロ部分になると、ハモリも重なり、少々文字数は減少、これがサビになったら、ひとつひとつの言葉をしっかり発声させ、誰もが振り向くような一瞬のインパクトを最大限、重視しています!

この楽曲の歌詞は、彼女とプロデューサーで楽曲製作者でもある
『 織田哲郎 』 氏の共作になっていますが、疾走感溢れる楽曲のイメージに、まさに的確に 『 はまって 』 いる内容であり、その頃ヒット街道を駆け上がり続ける彼女の勢いをそのままに、強烈な印象を与えてくれました!

激しく疾走するビートの中にあって、ものすごく切なくて…
そして、同じ 『 気持ちが痛い 』 の表現も、若さが伝わる、そんな歌詞…

こうした詞が、彼女だから似合ったのだと思います!!

そんな彼女も、結婚 ~ 出産を経て、現在では
歌手 ・ 詩人 ・ 絵本作家 ・ カラーセラピスト(!)など、多彩な一面を見せてくれます!
( カラーセラピストは、英国の団体より最高位免許を皆伝しているのだとか! )

今回の楽曲ほど、激しく叩きつけるような楽曲が、この先リリースされるかどうかは不明ですが、独身時代に、あれだけシーンを駆け抜けてくれた彼女が、この先、社会生活の中から得たことを、きっと歌唱の方面にも反映させてくれるのではないか! と思い、筆者は期待をしています!

今回のリンク先
Nanase Aikawa Official Web Site ( 彼女自身の公式サイト )

Nanase Aikawa Official Website ( 所属レコード会社 )
※ ↑ ↑ ページを開く際、音量に注意願います!
※リンク名がほぼ似ていますが、ご注意ください!


Nostalgia  試聴 ( 上記ページの中から、試聴をダイレクトで! )
※Windows Media Player対応となっています

相川七瀬 Wikipedia ( フリー百科事典 )

コメント

  • 06月 20 2006
    • 2006/06/20(火) 03:45:14
    • [ 編集 ]
    • URL
    • ひなた #whKRIAGo
相川さんみたいな顔に生まれたかったひなたです(爆)
なーるーほーどー!
カラオケでなんか音に違和感感じないなって思ってたら
そんな秘密があったのですか!
ある意味策略勝ちですね^^
まず…
え、えぇぇ?? よくこのお時間に訪問くださいましたね…??
驚きながらも、すごく嬉しいです(^^♪
そして、彼女の楽曲やTKさんの楽曲は、まさにそれを推進したんではないでしょうか!
ただ、TKさんは自分の好みから、徹底的に「高音を歌える」女性を重視したはずで、それに比べて、こちらは「私にだって、きっと歌えるはず!!」という身近さを重視したのではないかなぁ♪と、俺なりに思うんですよね!
(実際は、そんなに甘いものではありませんが(爆)そこらがプロですよね!)
カラオケで一番再現が難しいのは、きっとギターですよ!
最近のカラオケマシンは高性能になっているので、それも解消しつつありますが、旧式のマシンでは、相当つらいと思います、同じような音を聞かせることが(-_-;)
ずいぶんカラオケに行ってない俺ですが、久々行きたくなってます!
追伸
ひなたさんに見ていただければ嬉しいのですが、先日俺が訪問して、こんな番号を踏み、思わず写真を撮影してしまってます!
「222222」なんて(笑)
今度は「234567」あたりのカウント見たいかもです(^^♪
  • 06月 20 2006
    • 2006/06/20(火) 06:41:36
    • [ 編集 ]
    • URL
    • 繭優mayu #1fN/OmPY
智さん おはようございます^^
ご祝辞ありがとうございます。
いつも素晴らしいお言葉と共に取り上げて頂き、
本当に感謝しております。
驚かれた方もおられると思いますし
ああいう場面は・・
やはり人それぞれの感受性が頓に出るところでもありますので
もし・・智さんを 『ひかせて』 しまったら
本当に本当にごめんなさい(:-;)
本当は 『写真』 としてカテゴリーしたかったのですが
内容が内容ゆえ、あのカテゴリーで続けさせて頂いておりますが
本当に何でもアリのブログであります。。
こんな未熟者が運営するブログ 
智さんが呆れずに見守って下さっていること
本当に ・・感謝しております。
PS.
ここ数日忙しい上に体調不要が重なり 
ソフトを扱う時間も殆どありませんでした。。
まだまだ全然使いこなせておりませんので
表現の多岐はしばし先になりそうです(哀)
表現に際して
これは、あくまで、管理者の裁量による部分ですし、自由なのですよ♪
自分らしくいること、自分らしく表現すること!
ブログ管理者は、その部分を日々思い描きながら、記事を更新します
繭優さんは、繭優さんが出来得る表現と、そして、今までと何ら変わることのない言葉をやりとりすればいいと思いますよ!
俺は、それに対して、今までと変わらぬ思いで関わりますので♪

俺のこのブログ
読者の皆様と、リンクくださっている皆様の温情、
そして、書きたくなる楽曲によって、継続出来ています!
繭優さんには、素晴らしい 「写真」 という表現があります!
その部分を、繭優さんらしく、ありのままに伝えてくだされば!
そう、思っていますよ(*^_^*)
表現の多岐ですが…
加工技術を磨くのではなく、ありのままを伝えることに特化する技術であってほしいです!

追伸
多忙と体調…痛いくらい、わかっています
こちらにも、無理のない訪問で構わないですよ!
自分自身の時間から、確保していただけるよう、切望します
こんばんは!!
智さんありがとうございますっ!!
すごく嬉しいですっ☆
ヒカリ☆ 相川七瀬さん すっごい好きなんですよっ!!
容姿も大好きです。こういうちょっと不良っぽい感じの人に憧れます…☆
ヒカリ☆もたまに不良っぽいって言われるんですけどね…^^;
アップテンポな曲も好きでよく車を運転する時に 大音量で聞いてますっ♪
しかも熱唱しながら…ww
カラオケでもいまだによく歌うんですが 歌いやすいのにはそんな理由があったんですね~
今度カラオケに行ったらメロディーを意識して聞いてみたいと思いますっ!!
へへ、なんか以前、ヒカリちゃんがファンだと聞いたような気がして、この曲を書いてみたいと思っていたんですよね♪
なので、この記事を見つけてくれたこと、すごく嬉しいです(^^♪
七瀬さんって、あの可愛いルックスですが、たしか小柄なんですよね、映像見る限り!
なのに、あんなにパワフルに、激しくもあり、そして、メロウな歌も「聞かせて」くれるから、カッコいいなぁ♪と思って、結構作品を揃えましたよ!
え、えぇ?? ヒカリちゃん、不良っぽいですか?
俺はすごく、可愛いと思うのですが?
これからもっと、本音の素顔のヒカリちゃんに期待ですね!
運転しながら歌いたくなる気持ち、よくわかる♪
なんか、歌いたくなる曲、多いですよね!
でも、まわりの状況には用心しながら運転してくださいね(^_^;)
以前の記事で、カラオケについてキーのことを書きましたが(その時のコメントも、ありがとうございます!)、今回は、そういう音質のことを書きました!
音楽をどうやったら、みんなに楽しんでもらえるかが、俺の願う気持ちなので、何かちょっとでも、参考になる部分があったら、そういうこと、試してほしいと思います♪
いつも訪問してくれてありがとう!
これからもよろしくお願いしますね♪
追伸
近いうちにまた、七瀬さんの曲、書く予定です♪(夏に似合いそう♪)
  • 06月 20 2006
    • 2006/06/20(火) 22:53:42
    • [ 編集 ]
    • URL
    • うさぎ #L8AeYI2M
相川七瀬、うさぎも好きです♪
1度すっぴんの彼女にお逢いしたことがありますが
とってもかわいくてビックリしました☆
絵本作家 ・ カラーセラピストの才能までお持ちとは
知りませんでしたっ!!
女性にこそ、好かれるアーティストの一人ではないでしょうか!
相川七瀬さんって、そんな人だと思えるのですよね♪
しかし、羨ましい! 彼女に逢えてよかったですねぇ(^^♪
(うさぎさんのまわりって、本物ばかりでいいなぁ♪)
俺の場合、表舞台の人ではなく、裏方さんが多かったので(笑)
(ですが、ちゃんとプロの人ですよ♪)
相川七瀬さんですが、そうした多彩な一面あることは、今回のリンクより御覧になれますので、お時間が許す折は、是非眺めてやってくださいね♪
楽曲の紹介以上に、本人の魅力を伝えられたら!
これが、コンセプトですからね、ここの(^^♪

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。