智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0052 忌野清志郎  パパの歌

父親 親父
自分が働いて、自分の親の生涯所得を越える人とかって、多いと思います
でも、人間として、親を超えることって、出来ているのかな…
筆者は独身で、まだ、自分が 『 親 』 という立場にありませんが…
そうなったときにこそ、初めて対等の立場の開始なのかなぁ! など思ったり!
そんな父の日です! 多くの 父 ・ 親父 を表現する楽曲の中から、今回はこれです!
忌野清志郎 さんで 『 パパの歌 』 の紹介です♪
1991 年発表 彼自身も出演した CM ソングで、話題になりました♪
忌野 ( いまわの ) 清志郎さん
独自の音楽個性で一世を風靡した 『 RCサクセション 』 の中心人物
特にその時代の奇抜なメイクとファッションを記憶する人も多いと思います!

そしてバンド活動と並行~現在に至るまで、数々のコラボレーションやソロ活動で知られ、その内容が社会的に大きく取り上げられたり、話題に事欠かさない人物でもあります!
個性的な俳優の一面も持ち、筆者の最近記憶するところすが、亀梨 くん と 山下 くん、堀北真希 ちゃん出演で話題になった
『 野ブタをプロデュース 』 などでの好演も光っていました!

表舞台に登場する際の派手さとは異なる部分も魅力で、高級自転車に傾倒しながら健康的な一面でも話題になり、様々な顔を持つ人でもあります!
『 ベイベー! 』 なイメージがものすごく強い人(笑)

さて、筆者が彼をいつの時代で要注目人物として気にするようになったか?

これは 1982 年のことになりますが 坂本龍一 とのジョイントで
『 い・け・な・いルージュマジック 』 がリリースされたことでした!
それ以前も RCサクセション の活動は、ちょっとくらい気になっていましたが、このジョイントこそ、筆者には衝撃でしたし、このプロモーションクリップを、今でもフルバージョンで見たい!という気持ちがあるのですが…
( 収録作品なり、情報をお持ちの人からのコメントやメール、希望します! )

そしてこの後、 坂本龍一 と共に YMO に在籍した 高橋幸宏 と、同じ会場でのライブを行った模様が FM 放送され ( このときは RCサクセション として ) 、まずはバンドとしての活動部分から注目することとなったのです!

今回はあえて、その部分を割愛しますが、様々なソロワークにおいて、原発反対を訴えるべく作られた楽曲が、当時の所属レコード会社の関連事業に抵触するからと拒否をされ、他社から発売になったり、日本の国歌である 『 君が代 』 をロックアレンジしたことを、これまたメジャーレーベルから発売禁止になり、インディーズでリリースになったりと、社会的にも話題を提供する人物で、単なるロックの人物でとどまらないあたりが、彼らしいと思えます!

では、今回の楽曲 『 パパの歌 』 に関してです!
これは 1991 年発表、日本を代表する大手建設会社 ( ゼネコン ) のひとつ
『 清水建設 』 の CM ソングであり、建設に関わる様々な 『 働くシーン 』 を採用し、 CM の画像としても秀逸の作品で、世の中の多くの 『 働くお父さん 』 にとっての励みになったことと筆者は思います!
なお、清志郎さん 本人も、その CM の中には登場してます! また見たいです!

この CM の時期、これはほんとなのかどうか不明ですが、この楽曲に感動した会社サイドが、なんと全国の全社員に対し、この 『 パパの歌 』 を無償配布した! と言われたものです!
( 事実、筆者が当時働いた先の上司の娘さんが勤務してて、「 もらった 」 と言ってましたし )
一万人を越える職員に対し、これを本当にしたのなら、素晴らしい会社だと思います!!

この楽曲なのですが、激しさや社会への問題提起、怒りなどでも知られる彼の他の作品に比べれば、ほんとに穏やかで、のどかな感じのする内容であり、ファン以外の人でも購入された人は多かったのではないかと思います!

内容は、休みの日には、あまりにのんびりしている父親なんだけど、働いてる時は
『 カッコいい! 』 『 イカしてる! 』
こういうことを、彼なりの熱い感性で見事に表現してて、しかも CM 画像において、一生懸命に働く姿と重なって、見事に調和していたのです!
子供から見える親の姿! この表現が一番わかりやすいのです!

作詞が 『 糸井重里 』 さんで、シンプルなんだけど、うん!わかる! な言葉を書き上げ、言葉を職業にしている人の才能を、改めて実感出きる素晴らしい内容に仕上がっているのです!

言葉さえ置き換えたら、男女を問わず、共感すると思うのです!

きっと、わんぱく入った男の子目線なのでしょうね、これは!
でも、男の子、女の子を問わず、こう思われる 『 親父 』 になりたいです!

筆者の親父は、長距離ドライバー ~ 旅客ドライバーと職種を変えましたが ( それ以前には、様々な仕事をしていたらしいです ) 、長距離ドライバー時代、学校が長期休校などの折は、家族共々同乗しながら、いろんな地域に行きましたし、子供ながらに荷の積み下ろしなんかも手伝ったものです!
幼心に 『 ワッパ転がす 』 ( ハンドルを握る ) 親父は 『 カッコよかった! 』
人生の大半を職業運転手として過ごし、育ててくれた親父
いまなお現役である親父本人には、あえて色々言いません
ですが、今日の 『 父の日 』 を、記事の形で感謝にしたいと思ってます!

そして、これは余談になりますが、筆者の通った小学校は、関西のとある学校ですが ( 現在筆者は九州在住です ) 、独創的な学校教育を行うところでした!

例えば、先述の話ですが、夏休みなんかに家族揃って、親父の仕事に同乗するなんていうのは、楽しそうですね♪ など思ってくださる読者様もいるかと思います
しかし、この小学校 ( ●●私立★小学校 ) 、公立なのに、ものすごく校風が変わっていて、教科書を一年間で終了させなくていい!というところで、その例としては

『 何故ポストは赤いのか? 』

これを題材に社会の授業になり、次は『 ポストには何を入れるの? 』 から、実際はがきを書いてみる国語の授業になり、そして 『 見た記憶でポストを作ってみよう! 』 と図工の授業になったり、テーマを決めて、全ての授業に関連を持たせることを、学年全体で考えながら推進してた校風でした!

もちろん、正規の教科書の授業もありましたが、発想力や読解力などを特に重要視してましたし、九九や漢字の書き取りなどを相当やらされた記憶もあります!

なぜ、この話をしたのか?

実は、担任の権限で 『 親の仕事や家庭を支えることは、学校の授業より大事だから! 』 の観点から、筆者が通常時期に授業に参加せず、親の仕事に同乗していくことは、欠席に該当しない! という校風だったのです!!

そんな学校が今もどこかに存在するのだろうか…?と思うと謎ですが、親を手本にしなさい的教育を遂行出来た時代は、ある意味素晴らしいと思いますし、何を学び取るか? という部分では、現代の学校がもし、期待出来ないとしたら、それは親が子供に示すべきことなのではないか?
と筆者は思うのですよね!

楽曲から話題がそれましたが、子供に見本を示せる 『 大人 』 であること!
父の日だからこそ、父の威厳を、そして教育というものを改めて考える一日になれば!
と思い、このようなことを書きました!

今回のリンク先
地味変 ( 忌野清志郎さん 公式ページ )
この 「 じみへん 」 とは、ギタリスト 「 ジミ・ヘンドリックス 」 を指すのかもしれませんが、もっと深い意味がありそうですし、皆様も検索していただけるか、それか考えてみるのも、いい日曜日かもしれないですよ♪ ( 開くとき音量にご注意を! )
忌野清志郎 Wikipedia ( フリー百科事典 )

コメント

  • 06月 18 2006
    • 2006/06/18(日) 00:23:33
    • [ 編集 ]
    • URL
    • はるりん #/0pT6h7o
お!「あなたと、熱帯」作曲者登場♪
う~ん、自分は娘達から見てどんな「パパ」なんだろう、と思わず考えてしまいました。
この曲もそうだし、ハマショーの「I am a father」も同系統の曲ですね。清志郎さんのは子供達に聞かせてあげる曲、ハマショーのは自分を鼓舞する曲・・・。智さんの今回の記事を拝見して今、不思議な感覚です。。。
実は、何を選ぶか、相当迷ったのですよね…
なぜなら、基本的に、大人がイメージして、音楽は作られるのですから…
純粋に子供の視点から考えうる 『親』 という存在…って、あるのかなと?
大人が子供を見る曲は多いと思いますが…
なので、子供からの視点と、ちょっと自分なりに最近の陰惨な社会性を考慮して、あえてこの楽曲を選んだ次第です!
我々は、成人して、大人として社会人なんぞしてますが、ひとりの人間であって、そして、はるりんさんは、親という立場で、旦那という立場で過ごしていて、俺にはいまだ、経験をしてない存在をふたつも日々、過ごしていますよね!
なので、受け止め方が相当、違うと思います!
この記事をアップしてから、訪問者履歴という、管理者画面からの情報では、何人かの履歴が残されていますが、それが忌野清志郎さんに対してなのか、楽曲のタイトルに対してなのか、不明です!
ですが、コメントをいただかないまでも、俺が感じ得る諸問題をも読んでもらえたら、記事にした意味は、俺の中では今回、達成されます♪
大人になって、何を子供に残せるのか?
そして、何を考えて暮らすのか?
ささやかな、俺からの提示の意味合いもありました!
こちらではるりんさんが感じとってくださったモノ♪
そして、はるりんさんが記事にされた「夜明け」という言葉!
我々男性にとって、何かを改めて考えられる1日になればいいですね♪
頑張れ! お父さんっ(^^♪ です!!
amoはお父さんと呼んだことは一度もなくて、20を過ぎてもいまなお”パパ”であります。そんなパパにはルームサービスが来る前に電話をかけました。ここ新神戸からももちろん離れてますし普段の住居からももちろん離れてます。大学生活が始まってからは地元では暮らしていないamoですから…今後も予定はありません。そうそう別に危機ある家庭ではないですし(笑)…パパと一緒に過ごす時間は当然短く、姿もあまり見ません。でも元気でいてくれると常に思っていて、だからamoも元気でいたいと思うのです。パパはamoにとってよき理解者であり救出者であったりもします。amoは雨の日の学校はパパの送り迎えで通ってましたし…部活に入る小学校5年くらいまではお風呂も一緒だったし髪も洗ってもらってたしドライヤーもしてくれてました…う~ん今こうして書くとamoは甘えん坊ですね…ちなみにそのせいか今でもamoは自分でドライヤーが上手く使えてません(笑)さてさてamoは父の日におじいちゃんへも電話してました。敬老の日とは別で。祖父の日はないし、祖父も父がつくし幼いときよりamoの中での決まりで…祖父も”父”です。amoにとっては大きな存在で、ある意味amoにとっては精神的柱です。祖父とはもう電話もできませんが…amoのコエが届くといいなぁと思います。祖父はこよなく音楽を愛していたので…amoもここで一日の終わりに少しでも音楽に触れることができて幸せです。…amoのパパは今日も元気でした。そうしてamoは、amoも元気でなきゃなぁと思い…気合を入れて先ほどハンバーグを食べました☆智様からのコメントが今amorecatに届き…嬉しいです。智様もお体に気をつけて更新続けてくださいね。amoもまた頑張ります!!今日はあんまり曲にふれてなくてごめんなさい…父の日に免じて許してくださいね…
with Love & Kisses to T
father & grandfather
どちらも、父であって、良いと思うのですよ、俺!
俺の祖父は、まだ幼少の頃に他界しました…
ですが、とにかく優しかったことを記憶していますし、幼少にも関わらず、俺が霊前から離れなかったことを、いつも両親や親族から伝え聞くたびに、そういう育ち方をしたんだと、今更ながらに感じます!
女性が感じる父の姿と、男性が感じる父の姿は、また別の次元なのかもしれませんが、女性の方がきっと、変な意味ではなく、深く愛を感じることでしょうし、そして父親を愛することかと思います!
amoさんが深く愛情を宿していることを、俺は感じますし、その愛情を代弁するかのように記事を掲載出来たこともあり、非常に光栄に思っていますし、それ以降の我々の言葉のやり取りが、心からの言葉や気持ちにつながったことを振り返れば、俺にとっても恩人であるという思いがあるのです!
いつまでも、大切な存在である父親と祖父
amoさんにとって、そう思えることこそ、貴重な存在であり、時間なのだと思います!
そして、同じ楽曲も、御覧になる人によって、呼び起こすものが様々あり、それをこうして読ませてもらえることが幸せですし、返事を書けることもまた、幸せな時間です♪
多忙の中を、こうして駆けつけていただき、そして、言葉をくださることに、いつも感謝していますし、俺がそちらに書くことに対しても、真摯に返事をくださることに、感謝しています!
先日は、物理的距離としての最大接近でしたが、こうして精神的接近を出来る時間がありがたいですし、日々、こうした会話を継続出来れば嬉しいですね!
amoさんにとって、良き父の日になりますように♪
  • 父の日

  • 06月 18 2006
    • 2006/06/18(日) 08:25:00
    • [ 編集 ]
    • URL
    • おかん #-
今日は父の日!
忘れてました。。。(>_<")
RCサクセションも中学時代に大好きでしたよん。
ある日作成しよ~で、このバンド名になった?はず…
清志郎さんは今も好きですね!
可愛い大人です!(*´∀`*)v
私が一番可愛いと思ったのは「ひょうきん族」に鹿の着ぐるみで出演した時です。
もう面白くて。。。。。。。
(´▽`*)アハハ
この曲もいいですね!
今日の日にぴったり!
父の日 = 親父さんへの思いをかける日なのでしょうね、きっと
でも、おかんさんは、その気持ちと、だぁりんさんに、今日の日の思いをかけてくださると嬉しいですよ!
いつもおかんさんを真剣に大事にしてくれるだぁりんさんですし、先日もコメントでもありましたが、お子様からも、そんな(ささやかでいいんです♪)、とうちゃん、いつもありがとう!って伝えたら、それでいいと思うのですよ!
何も、品物とか用意するだけが、感謝じゃないと思うんです!
家族が元気で、日々頑張っていたら、それでいいという気がします、俺♪
さて、RCですが、おかんさんの記事を思い出しながら書いたんです(笑)
やはり時期が重なるはずですし♪
清志郎さんですが、永遠の少年ですから(*^_^*)
こういう大人がいていいと思うのです!
年齢考えたら、絶対に感性が若いですもの!
ひょうきん族で、そんなのありましたよねぇ~(笑)
何気に大物がアホなことしてましたし!
ああいう時代が懐かしいですよね!
ちなみに先日のYMOもドツキ漫才してましたよ(笑)
「パパの歌」ってのがあるんですか!
ノリが良い曲も好きですが、内容が穏やかな曲も好きですよ。
うちの家はまだまともな方だとは思うんですが、高校でだとよく聞くんですが、
なかなか家族の仲が良い家族って少ないなぁ。って思いますよ。
経済的にとか後少子化で。
昔の方だと
家ではのんびりだけど。仕事では輝いているんです。
そんな二つの顔があって父親っていうものが成り立っていくんだなんと
今日智さんのブログ見て感じましたよ。忌野さんって名前どこかで見たなぁ。と思ったら野ブタだったんですね。
TSUTAYAにでも行って久しぶりでも野ブタを借りて見ようかな。
今回の歌は、サビのとこ以外は、のんびりした感じですよ(笑)
でも、サビのとこは、昔のカントリー音楽のようで、ちょっと明るめです!
ちょっと音楽ブログの方の仲間さんのとこでも、コメントしてきましたが、ほんとに、俺達の年代だったら、親父が働いてくれば、家族は何とか生活出来ていたように思いますが、今の家庭って、一人っ子とかの家庭でさえ、生活の豊かさが感じられないし(ちなみに、俺には弟がいますよ!)、こんだけ不況とかだと、母親も労働しないと、生活って大変な家庭は多いし、結婚しても、出産までは…と、踏みとどまること、多いと思うのです!
翔さんはまだ、参政権が無い年代ですが、成人したら、自分の意思をしっかりと投票する存在であってほしいですし、これからの人生が、俺よりずっと長い訳だし、頑張って未来を考えてくれたら嬉しいです!
翔さんが、しっかりとしたコメントをくれること、ありがたく思います!
忌野さんは、もちろん本名ではありませんが、多彩な人であり、野ブタなんかでも、存在感あったと思いますよ!(たまに見てました♪)
時間あったら、俺も改めて見たい作品です!

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。