智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0051 近藤真彦  ミッドナイト・シャッフル

今までこのブログの記事を御覧になったことのある読者様は、おわかりかと思いますが…
筆者は、あんまりテレビ、しかも、ドラマは見ない傾向にあります…
ですが!! このドラマは、また再び見たい!! と思わせます!
そのドラマの主題歌であり、疾走感溢れる曲調が、とても好きなんです!
近藤真彦 さんで 『 ミッドナイト・シャッフル 』 です♪
1996 年発表 ドラマ 『 銀狼怪奇ファイル ~ 二つの頭脳を持つ少年 』 主題歌です♪
近藤真彦さん
ジャニーズ事務所の集結において、彼を筆頭に、ベテラン勢から順に、今、絶対的に売れているであろう若手までを、先頭きって引き連れて歩く姿をテレビで見かけたとき、現在 30 代半ばの筆者は
『 あの、たのきんトリオから、ここまで時代が進化したんだぁ! 』
素直にそんなことを感じ、自身の趣味から発展したモータースポーツ界への向き合い方や、がむしゃらに走ってきた 10 代から、素敵な魅力ある 『 男 』 へと進化をやめない彼を、ほんとに生涯現役アイドルのあるべき姿として、賞賛したいです!!

さて、今回紹介する楽曲が、ドラマ主題歌であることは記述しました!
筆者が欠かさず見た、珍しい行為でしたが、ビデオまで使いながら見た、数少ないドラマでした!

これは、彼の後輩にあたる 『 KinKi Kids 』 の 『 堂本光一 』 主演
『 銀狼 ( ぎんろう ) 怪奇ファイル ~ 二つの頭脳を持つ少年 』 オープニング主題歌でした!

エンディングは、光一 くんの 『 僕は思う 』 で、 筆者と仲良くさせてもらっている 『 めぐ 』 様の記事にて、そちらの楽曲が紹介されています♪
( 原作は講談社の漫画 『 超頭脳シルバーウルフ 』 となります!全 3 巻です! )

ドラマのあらすじに関しては割愛しますが、全 10 回の放映、そして必ず、 前編 ~ 後編 へと、2 週続きで見ないと、内容が完結しない作りで、筆者は奇数回の放映の時には 『 ま、またかよぉ(-_-;) … 早く来週になれよぉ… 』 と思ったものです!
( なお、このドラマが土曜 21 時放映枠だったので、今回、土曜の記事にしました♪ )

このとき 堂本光一 くん演じる 『 銀狼 』 が、必ず奇数回のラストで言う台詞、
『な、なぜなんだ…??』 ( ← シリアスな表情で、こんな感じです! )
( 猟奇的殺人事件が解決しなくて、翌週に気を持たせる為ですけど! )
これが、毎回うちら友人の中ではキメになって遊んでました(笑)

それで、こちらは一応ですが、楽曲紹介ブログですので、そちらを書きます!

そうしたドラマの主題歌になることを前提に作られたとは思いますが、もうすでに人気絶頂にあった堂本くん主演の作品ですから、楽曲にも筆者の感想ですが 『 根性 ・ 気合 』 が入っているように思います(^^♪
いつ聞いても、そういう感じがするのですよね♪

近藤さんの楽曲には、10 代からの歌手生活の中では、多くのヒット曲がありますが、今回の楽曲も、そこに含まれるものであり、彼のファンのみならず、堂本 くんの主題歌だから♪ と手にした人も多かったのではないでしょうか!

楽曲は、筆者が割合使う言葉なのですが 『 デジロック! 』
まさにそんな感じの疾走感で、完璧なまでに作りこまれた 『 デジタルビート 』 の上に、これまた見事すぎる エレキギター が差し込まれ、ボーカル や コーラス を加えた ロックの形態!!
この楽曲は、とても良いお手本だと思い、いまだに筆者は愛聴します♪

5弦ベース紹介用
 ↑ これは、筆者所有の 5 弦ベースと言いますが…♪
普通のベースは 4 弦で、筆者は 4 弦のものより低い音域を追加する為に選びました
これを買った時、筆者が最初に遊びがてらに練習してみたのは、今回の楽曲なのです♪
< ホントは予定しなかった買い物で、ひと目惚れして衝動買いでした! >
実際の楽曲では、シンセサイザーの音なんですけどね?
機械に負けたくないので、根性で頑張りました!!
( もちろん、弾けますよ! でも…鍵盤弾きなのに、俺… )


この楽曲を手がけた中心人物なのですが 『 ジョー・リイノエ 』 さんといいます!
この人はプロデュースワークでも冴えを見せる人ですが、自身が歌唱してリリースした楽曲としては、今ではもう、その CM を見ること無いですけど…
大手消費者金融 『 武富士 』 のあの、女性のダンスの CM 曲!!
『 シンクロナイズド・ラブ 』 がきっと皆様には伝わりやすいかと思います!
あの楽曲が、そんなタイトルだったの…?
こう思う読者様は多いかもしれないですよね…?
ですが、きちんと日本語の A メロ、 B メロとかもあるんですよ(笑)
日本語版も、英語版も存在します!
( 余談ですが、筆者はウケ狙いもあり、よくカラオケで歌ってました… )

話が脱線しましたが、軌道修正しますので!
先ほど  『 ジョー・リイノエ 』 さんの名前を出しましたが、彼は1980年代に
『 D-Project 』 というユニットで表舞台に登場し、セールス的な大ヒットをした訳ではありませんでしたが、上質の洗練された楽曲を発表していました!
そのユニットでの 『 Sayonara , So Long 』 などは、まさに洗練の代表と言えます!

そして、編曲補で名を連ねる 『 鈴川真樹 』 さんもまた、そちらのメンバー出身で、スゴ腕ギタリストでありながら、各方面への参加、もしかしたら、この人の名前は、アニメに詳しい人なら見かけた記憶があるかもしれないですね!
この二人が参加した有名アーティストには、あの 『 平井堅 』 さんなどもあります!

さて、作曲者と編曲者に関し、時間をかなり割きましたので、作詞を手がけたこの人を紹介しないといけませんね!
それは 『 沢 ちひろ 』 さんです!
ん? どこかで見かけた名前かな…?
そう思ってくださった人は、彼女が過去に出版した エッセイ・ポエム である 『 たまゆら 』 を存知あげるか、普段から作詞家や作曲家をくまなく眺めている人なのだろうな!
と、筆者は思います!

彼女は 『 Rebecca 』 の 『 ラブ・イズ・キャッシュ 』 でデビューして以降、数多くのアーティストへ詞を提供している人です!
超有名な楽曲としては 『 沢田知可子 』 さんの 『 会いたい 』 があります!
ロック寄りとかポップ寄りという枠組みに縛られずに、多くの作品を手がける才能を有します!
この記事で気になった読者様は、その 『 たまゆら 』 などもどうぞ!

では、歌詞を紹介するため、再びドラマの主人公の設定に触れておきます!

この主人公ですが、一人の体の中に 『 ふたり分の脳がある 』 という設定で、普通言われる多重人格とは異なる事例として登場します

それを踏まえた歌詞なのでしょうけど、結構、楽曲発表当時、話題になった歌詞でありました!
ミュージックステーション出演時、タモリさんから
『 これって、どういう意味なの? 』 のようなニュアンスで質問されていました!

この部分ですよね!
『 天使のような 悪魔の笑顔 』
だから、タモリさんが 『 どっちなの? 』 と聞いたのもわかります(笑)
ですが、一度聞いたら忘れられない言葉として、そのインパクトは絶対でしたし、完璧とも言えるバックトラック ( 音楽部分 ) と相まって、この楽曲が素晴らしい作品に仕上がったと思いますし、もしドラマタイアップが無かったとしても、きっとヒットしていただろうと、筆者は思っています♪

そして、楽曲の疾走感に比べれば、サビ部分などにおける言葉の部分は、決して多くないと思いますし、そのわかりやすさもまた、多くの皆様にとって、好ましいものでなかったか? という気がします!

近藤真彦 さんが、この楽曲で音楽番組に積極的に出演されていたとき、テレビ向けのバンドとして一緒に出演していたのが、彼と同じくジャニーズ出身であり、現在は 『 浜崎あゆみ 』 さんのライブにおいて、絶対に存在感を発揮するベテランギタリストの 『 野村義男 』 さんであり、筆者があまりにも記憶を失っていて思い出せませんが、どうもその時のバックメンバーって、現在の 『 浜崎あゆみ 』 さんのライブバンドメンバーだったような気がしてなりません!
詳しく記憶している読者様がいれば、教えていただきたいです!
( ベースが 元 『 バービーボーイズ 』 の 『 エンリケ 』 さんだったかどうか… )

先だって 『 近藤真彦 』 さんの トリビュート・アルバム もリリースされましたが、今回の楽曲も、もちろんカバーされていて、若いフレッシュな、存在感バッチリの可愛い個性派である 『 高橋 瞳 』 さんが歌っていますので、機会があれば、そちらのバージョンを聞いていただくのも面白いかと思います♪
他にも、やはり美形実力派の 『 玉置成実 』 さんなども参加しています!

最後になりますが、いつものようにリンクを記述します
その中から、残念な事実を知りました
何故 『 堂本光一 』 くんのようなビッグアイドルが主演した人気ドラマ…
再放送もされることなく、今まで経過してきたのか…
その理由は、あえてこの記事の中には記述しません…
リンクにおける文面より、御覧いただければ、と思います
 
今回のリンク先
近藤真彦 Wikipedia ( フリー百科事典 )
銀狼怪奇ファイル Wikipedia ( フリー百科事典 )
※再放送をされなかった理由 ↑↑ が見れます…
エム・ウェーブ ~ たまゆら
文中に紹介した 『 沢 ちひろ 』 さんの著書紹介です!
筆者は試していませんが、なんと彼女に直接メール出来る部分も掲載あります♪

コメント

  • 06月 17 2006
    • 2006/06/17(土) 00:54:40
    • [ 編集 ]
    • URL
    • amorecat #-
天使のような悪魔の笑顔…この歌詞もこの曲の音程も好きです…またまた51曲目も(笑)でもね、天使のようだから許されるのかも。”悪魔のような天使の笑顔”ってなんだかしっくりこないでしょ??って思うのはamoだけかな…どちらにしろ意味深な歌詞は好きだけど…意味深なヒトが得意というわけではないですよ…しかも天使のような悪魔の笑顔には要注意しなきゃ…だまされないように気を付けます(笑)大接近中のamoより
with Love & Kisses to T
まさに、接近遭遇な状況ですよね(笑)
普段が1000キロオーバーな位置にいらっしゃるので、記録ですね!
今いただいたコメント見て、不思議と納得ですよ!!
確かに 「悪魔のような 天使の笑顔」 なら、単に機嫌悪い天使じゃん…? になっちゃいますよね?
なので、「天使のような 悪魔の笑顔」 は、正論ですね♪
そして、こういう人がまぁ、多いこと(>_<)
随分いじめられた人生だったでしょうか俺(-_-;)という告白ですが…
俺もこれから用心しますので! (遅いですかね…?)
意味深な人ですか… いますね… (関わって疲れます)
うまく人間と関わりたいですし、日々、勉強ですね!
追伸:出先からも、わざわざ51曲目の訪問、感謝です(^^♪
懐かしいです。
ちょうど、このドラマをしている時に私は入院していたんです。
病室でイヤホンして見ていました。
それだけなんですが…
曲ってその時を思い出すから~
いいですね。(^0^)
amoは…天使のような悪魔の笑顔に取り付かれたようで…頭の中を九州・久留米から、この神戸までグルグル回ってます…もう半日以上たってるのに…やっぱり恐るべし”笑顔”でした…怪しい笑顔には要注意ですね…あ。コメントありがとうございます。直しましたからご安心くださいね。
with Love & Kisses to T
この当時の俺は、結構真面目にこのドラマ、見てました!
コメントにいただいてる言葉ですが、年度を書かれるだけではピンとこないですが、楽曲や番組名を併記すれば、不思議とその頃を思い出しますよね!
この当時のおかんさんから、今は元気に日々、記事を更新されるまでになり、安心していますし、多くのファンの皆様のコメントが、励みになっていることかと思います!
ふと思うのですが、現在2006年の曲を、10年後とかになった頃、なんか思い出に残せる作品あるのかなぁ…?という気持ちがあり、その意味で、最近の音楽を聞きながら、淋しくなることもありますが、きっと名曲が出るだろう!と期待もしてみたいです!
ほんと、いつもながらに、その移動をすごいと思って見ています!
半日、支配してしまうのも、なんだかすごいですが…
でも、インパクト、ありますよね、ここ数日の楽曲は(笑)
しかも、amoさんに評していただけるなんて!
チーズケーキが、羨ましくなる記事です♪美味しそうですよ、都会の感じして!
そして、修正、確認しましたが、ありがとうございます!
読み直して、ヘンだ(>_<)と思ったときには、すでに遅しでした…
いつもほんとにすみません(-_-;)
  • 06月 18 2006
    • 2006/06/18(日) 01:06:48
    • [ 編集 ]
    • URL
    • うさぎ #L8AeYI2M
「銀狼」めちゃくちゃ好きでした~♪
V6の三宅健くんが「金狼」でしたよね☆
うさぎ、ジャニーズも大好きですからっw
この歌は当時カラオケでカナリ歌いました。あはっ☆
このドラマ再放送されていなかったんだと今知りました。
再放送禁止になるほどすごくはないと思うけどなぁ。
あ、うさぎはジョー・リノイエだと思ってました (´Д`∩
ほぉ! 予想しないジャンルに食いつく 「うさぎさん」 ですね!
ですが、マニアックなコメントをいただき、感謝しています!
ね!銀狼、いいっすよねぇ!(真面目にそう思う俺です!)
ですが… 御覧のように、世相に考慮した形なのです…
(たしかに、あのコトは、社会に波紋を広げましたし…)
うさぎさんがコレ、歌ってるのを想像しましたが、カッコよさそう♪♪♪
そして、ジョー・リイノエ氏の名前を直接挙げていただけたこともまた、嬉しいものです!
アルバムなど、持っておりますので!
彼のHPなどは、今回リンクにしてませんが、見事なセンスなのでした!
別の形でもいいから、紹介したいですよ♪
このドラマ…人気高くて要望も高いのに、レンタルに入れられないそうなんですよ。。
(実はお客のふりをしてリクエストしてみたり。。)
智さんがちょこっとふれているエンディングの方がとても気に入ってました♪
さ、久しぶりに聴きたくなったので、明日は「僕は思う」に決定!
たしかに、その理由、わからないでもない…
で、日本の報道って、例えば事件Aがあれば、事件Bを風化させるだけで、その後の検証をしないし、忘れた頃に特番なんかで、正義の象徴のようにコメントしますよね…
まぁ、その件だけが原因ではないと思うのですが?
(俺としては「ポケベルが鳴らなくて」などを、再び見たいです)
エンディング、いい曲ですよね♪
俺も好きでしたよ! 記事になるのを楽しみに待ってます!
リンクはこちらの方も、させていただけるとのこと!
感謝致します! これからも、よろしくお願いしますね♪
  • 06月 20 2006
    • 2006/06/20(火) 18:04:35
    • [ 編集 ]
    • URL
    • yuki #-
あー!めっちゃ見てました!
首なしライダーとか☆
緊張するのが苦手なので、
どきどきのシーンはクッションに隠れながら、
「ほとんど見てないじゃん。見る意味あんの?」とか言われつつ見てた(笑)。

宝生舞さんとかきれーだったなー。
あれ?出てましたよね??

近藤さんの曲は、
いつもちょっとダサいのに、強烈に耳に残って、いつの間にか好きになっちゃってる感じです。

好きだったのにな。
事件が起こると、社会とかメディアとか、形のないものに責任押し付けられてる気がします。
そんなんじゃ何も解決しないのにな。
よく頑張りました♪ そして、おかえりなさい♪
やっぱり、見てましたか(^^♪ 流行ったですしね、これは!
そして、おっしゃる通り 「宝生舞」 さんは、出演されていました!
可愛い人ですよね~♪
「こぉちゃん?」 って言うのが印象的でしたよ、俺には!
ゲストの中では 「山口紗弥加 」 さんを、可愛いと思いましたよ!
(出演者リストは、リンクのWikipediaから御覧くださいね!)
そして、歌に関してですが、ダサイのにって、それはちょいと(笑)
ですが、長く聞くうちに、意識に残るあたりは、さすがジャニーズさんだなと思いますよ!
そして…
これはね、他の皆様のコメントにもありますが、なんだか考えさせられます…
俺も見たいですが、時にこうしたこと、起きますよね…
それを言うなら北斗の拳とかね、色々物議を醸すと思うのだが?
実写系だからかなぁ、こっちは?
しかし、いつかそうした放映されることを、期待したいです!
「形のないものに…」
yukiちゃんの中にある、社会っていう概念をコメントしてもらえたことは、俺にとって貴重でしたし、yukiちゃんが、ブログに表現している世界の一端を垣間見せてもらえるようで、とっても意味あるものです!
yukiちゃんの書くtext(文面)、俺以外にも、好んでる人は多いと思うから!

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。