智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0036 熊谷幸子  紫陽花の坂道

筆者は、自然溢れる環境に暮らしながら、あまり花の名を知りません
ほんとに、情けないくらい… しかしながら、好きな名前はあります
紫陽花… あじさい… どなたが名付けたのでしょう…? こんな美しい名前を?
そんな紫陽花をタイトルに冠した、しっとりした楽曲、紹介します
熊谷幸子 さんで 『 紫陽花の坂道 』 です♪
1994 年発表、大ヒットドラマ 『 夏子の酒 』 主題歌の 『 風と雲と私 』♪
このヒットした同楽曲の 2 曲目として収録されたのが、今回紹介するものです♪
今回まず、熊谷 ( くまがい ) 幸子さんについて、先に触れる必要があると思います
透き通る声を持つ、魅力あるボーカリスト!
そして、類稀なる作曲のセンスを有するクリエイター!
第二のユーミンと評された、素晴らしい感性の持ち主なのです!

高校卒業後、ユーミンの旦那様であり、日本音楽界の名プロデューサーであり名プレイヤー
そして名アレンジャーである 『 松任谷正隆 』 氏が主宰した 『 マイカミュージックラボラトリー 』 の作曲コースに進み、1992 年にデビューしています!

彼女のエピソードの中にあるのですが、作曲を始めたきっかけは、彼女の高校時代に…
かの世界的音楽家! 『 坂本龍一 』 氏に影響されて! とあります

筆者と彼女は、6 歳の差がありますが ( 彼女が 6 歳上、 7 学年先輩になります ) 、その彼女の高校時代は、筆者の小学生時代に重なります
そして、その同じ時期に、互いに坂本氏に影響されていたとは全く知ることもなく、彼女の音楽の系譜を調べるうちにわかったことで、自分が愛聴するアーティストの、意外な関連性をこうして知ることは、記事を書く上でも、すごく貴重であり、幸運を感じます♪

彼女は記事導入部にも触れたように、大ヒットドラマの主題歌
『 風と雲と私 』 で知られることが多いのですが、その他にも、作曲家 ・ クリエイターとして、ドラマの劇中音楽を担当するほどの実力を有し、実際、サウンドトラックが別に発表されるほどの実績を残しているのです!
※ドラマ 『 夏子の酒 』 、ドラマ 『 私の運命 』 は彼女の音楽なのです!

略歴を紹介したところで、彼女のボーカルについて記述します

透き通り、五感に届く!
筆者は、彼女の声を、こう評価したいです!
自身の類稀なる作曲のセンスなのですが、それを凌駕する、それはそれは美しい声質の持ち主なのです♪ この評価には、絶対の自信があるのです!

松任谷正隆 氏を中心として、ユーミンに関するスタッフに関わることの多かった彼女は、ことあるごとに、当のユーミンとの比較をされることが多かったように思いますし、その意味では、才能がありながら、不遇だったように思います
しかし、彼女の声を、そして音楽を聞けば、このブログを好んでいらっしゃる読者の皆様なら、黙って納得していただけることかと思えるのです♪

今回紹介する 『 紫陽花の坂道 』 なのですが、彼女の繊細かつ情景の浮かぶ描写に、ただただ感心するばかりなのです!

紫陽花 ( あじさい )
特に色彩と名前が美しい花なのですが、音楽として表現するには、案外難しい対象ではないか? そう筆者は考えます
事実、この楽曲でも、紫陽花という言葉は、冒頭一箇所のみ存在し、その他の部分には、登場しないのです
それでも、その一箇所が、繊細なのです♪
歌詞は以下のリンクより御覧ください♪
★紫陽花の坂道 うたまっぷ  ( 歌詞表示部分 )
(2006/08/24 追記しました)



彼女は基本的に作曲家の部分とボーカリストの部分に才能を発揮します
そして、この楽曲を含むアルバムなどでも 『 マイカプロジェクト 』 という、作詞を専門に手がける専門チームが存在します!
個々に有名な作詞家が名を連ねますが、そうした専門家による、日本語を大切にする人々が結集し、特に今回の楽曲などでは、その才能が発揮された形だと思います!

この楽曲においての言葉は、美しい日本語だと思うのです、本当に!
これを彼女の透き通った声で、そして美しい楽曲で聴けること♪
筆者には、至福の時間です!!

筆者は彼女のこの楽曲を、シングル ・ アルバム共に所有します
しかし、皆様が耳にすることは、かなり難しいかもしれません

数年前に結婚をされ、それ以降、自らが表舞台で歌唱した楽曲が無い状態ですし、これほどのアーティストなのに、現時点で ( 2006 年 06 月 ) ベストアルバムのリリースが無いのです
そのため、超大手のレンタル店、あるいは中古ショップにて、該当楽曲を探していただくしか、聴いていただく方法が無いかと思います
ですが、見つけていただいたときには、彼女の本当に高い実力をわかってもらえることと確信しますし、今回の記事で、そこまで言うなら! とネットショップなどで探していただければ、それはもう嬉しいことですので、シングルのタイトルと品番、ならびにアルバムのタイトルと品番も明記します!

そして、現況がそうしたことなので、彼女の公式ホームページは存在しませんが、検索をすれば、彼女の熱烈なファンの人による私設ページもありますし、この記事では伝えきれない部分も御覧いただけるかと思います!

文末のリンクは、日頃から筆者が情報収集に活用していますが
Wikipedia ( ウィキペディア : フリー百科事典 ) における彼女のデータです
どうかそちらも御覧いただけたら何よりです

シングル 風と雲と私
品番 TODT-3180
アルバム POISON KISS ( ポイズン ・ キッス )
品番 TOCT-8361

リンク先
熊谷幸子 Wikipedia ( フリー百科事典 )

コメント

熊谷幸子さんの詳しいことは殆ど知らなかったけど、ここまで知るともっと好きになりそうになりますよねv-392
くるりんは当時にちゃんと売られてたシングルを持ってますよe-300
ですから当然『紫陽花の坂道』も一緒に聞いていましたe-343
好きな人がいたら、雨の日も好きになるような曲だと思いますe-266
でもやっぱりくるりんは『風と雲と私』が定番です(笑)
う・・・・・カラオケ行きたいっv-264v-393
おぉぉ! 所有していらっしゃる!
仲間っ♪ 仲間っっ♪♪
繊細で、そして、あの声ですもんね~♪
素晴らしい楽曲だと思いますし、この時期にはこちらかな! と思ったのです!
もちろん!
風と雲と私 の方は、ドラマが 『夏』 でしたし、夏に記事にします(笑)
カラオケですかぁ…♪
くるりんさん、出向いてくださったら、弾きますけど、俺♪ なぁんて!
(実は、弾けるのですよ、風と雲と私ならば♪)
こうして、知られざる部分を紹介しながら、所有する人にも、もっと深く何かを感じていただける場所になればいいなぁ! と思って、記事を書くことを心がけたいですし、それまで本人を知らない皆様には、新たな発見の場所になればいいな! という気持ち、あるのです!
今回、花を題材にしました!
次回は…? いよいよ書いてみようと思います♪
書き込みが遅くなってしまいました。
熊谷幸子さんですか~!!
まだ聞いたことはないですね。
自分音楽に関して音楽オタなので第2のユーミンっていうのを聞くと熊谷幸子さんの歌声を聞きたくなってきましたよ(笑)
たしけに他の花でと表現できるんですけど
紫陽花は作詞、作曲、表現で
なかなか上手い歌手でも紫陽花の音楽表現は難しいと思いますよ。
テストが終わったら熊谷幸子さんのCDを探してみます。
田舎から、こうした情報発信してます、俺(笑)
この楽曲ですが、かれこれ12年前の作品になりますし、記事にも触れましたが、レンタルなどで探していただく方が早いのかもしれないですね…
しかし、いざ入手するとなれば、中古を扱う店頭ならば、安価で購入出来るかもしれないですよ♪
ユーミンさんの声は、お世辞にも透き通るとかいう感じはありませんが(そのかわり、時代を常に作ったのではないか!そんな気持ちがあります)、熊谷幸子さんの声は、ほんとに透き通る声だと感じてもらえるはずです♪
翔さんの時間が許す折には、そちらでも紹介されていた『いきものがかり』さんも、こちらで記事にしましたし、5月に紹介した楽曲のリストも用意しています!
その記事から曲名をクリックしていただくと、該当楽曲へジャンプしますので、眺めてもらえたら幸いです♪
追伸
翔さんのコメント記入欄なのですが、文字数制限とかあるのでしょうか…?
ほんとは結構長く、コメントを記述しましたが、なぜか送信が完了したら短く切れてしまったので、なんだか申し訳なく思っていました(-_-;)
次回訪問の際、その件も教えてもらえたら嬉しいです
2回目のコメントです(笑)。
同じことを同じように書くのはなんとなくいやなので、いや、読む人は1回だけなんで別にいいんですけどね、自分の中で腹がたつのでゆったり書き直します。
実は大したこと書いてないという実状なんですけど~。
なんせ、1994年というと、うちのちびちゃんがまだ乳児の頃。音楽を聴くことはおろか、ドラマも、下手したらニュースもあまり見ずに、時間があればとにかく寝ていた時期であります(zzzzz)。
というこで、まったく知らない曲なんですよね><
紫陽花といえば「レインボー」、七色!!
雨の中、色とりどりで、どんよりした空に負けずにきらきらして、キレイですよね、ほんとに!
なんだろなぁ…アクセス解析もデータ狂っているのです!
バカぁ、FC2っって感じ…
お手数をかけましたねm(__)m…
今回記事にも紹介しましたし、冒頭にコメントしてくださってる 『くるりん』 さんも書いてくれてますが、とても素敵なボーカリストですので、記事から興味を持っていただけたら何よりですし、俺も仕事の関係から、その時期において、ほんとは聞きたかったものを聞けた状態ではないことも多々あったのです
ですので、記憶を辿りながら、過去に遡り、収集しているのが現状なのです!
今回の楽曲ですが、記事にもあるように
『紫陽花がとけていた』
こうした美しい比喩を感じられる日本語って、とても綺麗だと思うのです♪
いつか興味を持って聞いていただけたら!
そう思い、記述いたしました(^^♪

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。