智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0209 原田知世  どうしてますか

このブログを御覧の皆様へ
今回紹介する彼女のことは、どの年代あたりから認識、ありますでしょうか?
◆CMでの穏やかそうな美人女優さんのイメージ
(特に 某コーヒーのCM、ですね!)
◆ナレーションも担当するほどの、美しい声質を持った女性のイメージ
◆コンスタントに歌手活動を行いながら、自分らしさを発揮する、ポップ系シンガーとしてのイメージ
◆はたまた、1980年代の鮮烈なデビュー以降、ずっと活躍しているイメージ
筆者には、この全てが当てはまり、特に今回記事になる楽曲以降は、彼女の 【声】 に癒され、それが今も続いているから、ほんと、長いです!
原田知世 (はらだ ともよ) さんで
『 どうしてますか 』 の紹介です♪
1986年3月発表
CMソングだったことは、筆者も今回検索を行い、初めて知ったことですが、CMを抜きにしても、素直に楽曲のファンでした!
また、先日より継続している 【桜】 を題材にしている楽曲シリーズに、実は合致してる内容です!! (今回が第三弾ということになります)
原田知世 (はらだ ともよ) さん
●1967年 長崎県長崎市出身
・筆者より、わずかにお姉さんです!
 しかし、そう思えない若さがあり、しかも洗練された美人だと思います!

●1982年 <薬師丸ひろ子> さんに続く <角川映画> のスターを生むべく行われた 「角川映画大型新人募集」 にて (そのまんまのタイトルですが…) 「特別賞」 を受賞したことが芸能界入りのきっかけとなりました!
 そして <薬師丸ひろ子> さんをスターダムに押し上げた名作 「セーラー服と機関銃」 のテレビバージョンにてデビューを果たします!
・皆様はおそらく、完全リニューアルされた最近の <セーラー服と~> をご存知でしょうね♪
 主演はもちろん <長澤まさみ> さんで、ドラマも話題になりましたが、元々は <薬師丸ひろ子> さんの映画が最初、しかも原作はマンガでした!
・筆者の過去記事では、こちらを紹介しています♪
0134 薬師丸ひろ子  セーラー服と機関銃 (2006年10月14日記事)

●その後1983年に <原田知世> さんにとって、映像作品としても、音楽作品としても代表となる映画 「時をかける少女」 が発表され、一躍全国区の人気を博します!
・筆者の過去記事では、こちらを紹介しています♪
0044 原田知世  時をかける少女 (2006年6月10日記事)

●さらに数々の主演映画が発表され、女優としての人気は確固たるものになります!
(代表作品などを少々)
・時をかける少女 (1983年)
・愛情物語 (1984年)
・天国にいちばん近い島 (1984年)
・早春物語 (1985年)
・私をスキーに連れてって (1987年)
・彼女が水着にきがえたら (1989年)

●音楽面では <時をかける少女> 以降、当初は <アイドルポップス> として、これでもか? と思える程の著名・大物ミュージシャンやアーティストが参加、優れた楽曲を発表し、1990年代からは、彼女自身が作詞を手がけることも多くなり <アイドル ~ ひとりのアーティスト> と確実な成長を遂げ、コンスタントに音楽活動を長年継続している <女優 兼 アーティスト> という先駆者になっています!

●アイドル的要素が強かった時代から継続してきたことですが、その後の洗練された大人女性としてのイメージ、それでいて、優しく癒される印象のある 【彼女の声】 と 【ルックス】 から <CM出演> を長期に渡り果たし、それもまた彼女の芸能界史において、貴重なことだと思います!


 今回は先に書いておきますが、筆者個人としては、まさに理想の女性像のひとりとして君臨する存在で、デビュー期のあどけなさから、ここまで美しさを増した人も少ないだろうな…! と思える <大人女性> って感じです!

 これを踏まえた上で (って、何を踏まえて?? などとは指摘しないでくださいね!) 彼女の今回の紹介楽曲である 『 どうしてますか 』 を書くことにします!!

 この楽曲は、彼女にとって8枚目のシングルにあたる作品で、冒頭で触れているように、CM楽曲としてオンエアされたものです!
 ただ、それまでの7楽曲が全部彼女が出演した <映画作品 や テレビドラマ作品> の主題歌等であったことを考えると、ひとつの分岐点であったようにも思えます!

※現代では、タイアップにおける比率として、CMから火がつく場合も多々ありますが、かつてのタイアップの重要度としては、やはり <映画主題歌・ドラマ主題歌> の方が上だったと思います!
 何故なら、まさに映像文化の象徴で、今みたいにPCやDVDで、個人主義(パーソナルな部分) で鑑賞するよりも、当時は世間一般の風潮として、実際にテレビを見ることで、そして映画館に足を運ぶことで、文化を吸収する機会が多かった、という違いにあります! (大衆主義とでもすべきでしょうか!)

 分岐点という表現を先ほど行いましたが、業界的事情は今書いた通りですけど、彼女自身が <ボーカリスト> として、劇的な変化を果たしているのは、実はもう少しあとに発表される作品以降だと思います!
 今後、うちのブログで記事にする予定ですが、特にシングルだと <雨のプラネタリウム> という楽曲以降、すごく印象が変わったように筆者は感じています!

 では、彼女のボーカルスタイルの魅力は、どこにあるのでしょうか?

■どこか 【甘い感じ】 がする、アタック感の薄い声質♪
 こう書かれて 「それ、何?」 と言われそうですよね…
 J-POPの中でも、特に <R&B> の分野におられる、パワフルさを備えたボーカリストをイメージしてください!
 まず、発声の段階からして、息をキチンと吐き出してますよ! と言わんばかりの歯切れ良さがあって、特に言葉が切り替わるごとに、言葉の先頭部分では、アタック感があると思いませんか?
 それに比べれば、彼女や <中谷美紀> さんに代表されるボーカリストって、アタック感よりは、なんだか持続的な 【声質】 のようで、ノドからのみ声を出してるような <線の細さ> っぽい部分があって、その弱そうな部分が、女性としての可愛らしさを増してるような気がします!

■非常に真っ直ぐな 【声質】 であること♪
 これは、アイドル歌謡だって、そこまで真っ直ぐじゃないでしょう…? と思えるくらい、違いがあると思います!
 普通、ある程度歌いこなしてくると、聞き手にとっては 「…別にそこまで頑張らなくても?」 と思えるほど、伸ばす歌詞の部分において <ビブラート> (演歌などでは <こぶし> という表現がシックリきますね♪) を多用しますよね?
 これが、彼女を始め、筆者にとっての癒し系女性ボーカリストに共通しているのは <異常なくらいビブラートが見受けられず、真っ直ぐ自分の声だけを発している> んですね♪
 ボーカリストの本領としては、やはり <ビブラート> も織り交ぜつつ、感情を前面にアピールするだけの力量も必要なのかと思います!
 しかし、もしそれが自分の友人・彼女・恋人が歌ってくれる場合、プロそっくりに歌いこなす人を除けば、ある程度 <普通っぽさ・良い意味での素人っぽさ> を感じてもいいんじゃないか? というのが筆者の持論です!

 主だったところで、この2点を書きましたが、彼女の 【声質】 って、この <か細さに似たもの> と <真っ直ぐな感じ> の調和が取れてて、1980年代以降定着したであろう言葉を借りると 【ガールズポップス】 における、正当な評価だと思えます!

※これ、1970年代だと、まだ <アイドル or アーティスト> のどちらかに振り分けられてしまったような気がするんですよね…

 あと、これは過去記事にて (“時をかける少女”) 書いていることと重複しますが 「ボーカルの音程が、合わない場所もある♪」 ということでしょうか!

 …これもですね、読者の皆様からすれば 「なんだよ、それ?」 と言われそうですね?
 だけど、考えてもみてください!
 最近のレコーディングの “常識” というのは
⇒ 元々、どれだけ下手であろうと、<PC+ソフト> を使って、ボーカルのミスまでも、無理矢理修正してしまうこと、です!
 こんなバカげた話もありませんが、皆様は残念ながら、普段そういう <加工物> を耳にしています…
(注意:逆に考えたら、そこまで突き詰めて作業するエンジニアの技・力量こそ、すごいものがあるんですが!)

 それに比べ、音楽の英才教育を受けたわけでもない、しかも女優と兼務している彼女が、自分の持てる力を (あくまで当時、です!) けなげに表現していること!
 こっちの意味の方が、どれだけ貴重か!!
 少なくとも筆者には、その素直さに好感持てますし、製作サイドの愛情みたいなものを感じずにいられません!
 ファンとしては、どれだけ <音楽の授業で無理矢理教えられるような正確さ> を求める訳でもなくて、いかに <本人らしさ> があるのか? という部分を大事にしたい心理、あると思いますが、いかがでしょうか?

 さて、ここまで彼女の 【声】 について書きましたが、楽曲そのものの完成度は、どうだったのでしょうか?

 作詞は <田口 俊>(たぐち しゅん)さん、作曲は <林 哲司>(はやし てつじ)さんが手がけていますが、両名とも、J-POPにおいて多大な功績を残しているプロフェッショナルで、今回の 『どうしてますか』 では <原田知世> さんの魅力を最大限引き出しています♪

※この両名の生み出した作品、ここでは紹介しきれませんが、是非検索から御覧頂きたいです!
 皆様が 「あ、あれも? え?これも??」 と思える大ヒット作品を多数生み出しています!

 この曲の歌詞ですが、一年前の (これは歌詞に含まれる“去年の服” の部分から推測しました!) 過ぎ去った恋愛体験を、二人で歩いた “坂道” で見える “花吹雪” の美しすぎる景色の中で思い出しながら振り返っている、そして確かに成長している自分自身の現在と重ねて表現された、それは素晴らしい内容です!
(歌詞全文は、文末リンクから御覧下さい!)

 また <林 哲司> さんが書き上げたメロディーラインは、思春期の揺れ動く心情などを、切なさも感じつつ、爽やかに受け止められるものとして、これまた見事なものとして、形作られています!

 そして!
 筆者はこのブログにおいて、特に “アレンジャーの功績” なる部分を重要視して記事にしますが、このガールズポップスの名曲に大きく寄与しているのは 【故:大村雅朗】(おおむら まさあき)氏 です!
(当ブログでは、何度も彼の名が登場しております!)

 先述しているように、当時の <原田知世> さんの 【声質】 って、まだまだ線の細い感じのするもので、仕上がりまで <か細く、弱々しい感じ> を狙うと、何もかもが弱さに満ちた内容で、コンパクトになってしまいそうです…

 だけど <田口> さんが書き上げた歌詞では、しっかりと過去を受け止めて、前に踏み出せる強さや成長を表現し <林> さんが生み出したメロディーは、切なさも織り交ぜながら、しかし <田口> さんの歌詞同様に、揺れ動きながらも成長する女の子らしさを表現したものです!

 <大村雅朗> さんの手腕って 【作詞・作曲の時点で込められたものを、どれだけ聞き手の印象に刻み込むか?】 という部分で、最大限発揮されてきました!
 それは、彼が生前関わってきたアレンジ楽曲を眺めてもらうだけで、いかに皆様が彼の音楽に親しんできたのか? すぐにわかっていただけることを信じます!

 彼がこの 『どうしてますか』 で手がけた内容は、歌詞の繊細さに比べれば、結構ハデ目の、むしろロックっぽい音でまとめて、特にドラムやベース部分で、アタックが強調されたビートを生み出し、そこに (実にプロらしき音なんですが) ギターが数本重ねられて、キーボードで全体の彩りを添える、彼のアレンジにおける “定番” のひとつが用いられています!

 もし歌詞を耳にしないまま、皆様がカラオケ状態で聞いたとすれば、全然違う歌詞を想像するかもしれない… ってくらい、ビートは強調されていますし、印象も異なるかもしれません…
 ところが、彼の生み出すマジックは、元の歌詞やメロディーが100パーセントの出来だとすれば、それが150パーセントにも200パーセントにもなる神がかりなもので、日本を代表する数多くの大ヒット曲にて、彼の手腕を皆様は知らず知らずのうちに聞いているはずです!

 筆者は数多くのCDやMDを所有しますが、ガールズポップにおける名曲として、かれこれ20年くらい愛聴していますし、それは今後も続くと思います!
 実際、この記事を予定した時点から数えると、連続50回以上は聞き続けていますが、飽きることなど一切無く、さらにリピートして聞き続けたい! と思える作品ですし♪

 是非皆様にも、歌詞に含まれる “花吹雪舞う” 景色をイメージしてもらいながら、耳にしてほしい作品なんですけどね♪

(最後にひとこと)
 この曲を選んだ理由として、歌詞の中では、今はもう逢えない相手について 『 貴方は今、どうしてますか…? 』 という投げかけも込めて表現されています!
 筆者の場合、個人の恋愛を振り返る中で、同じように思うこともありますが、それよりも今回は、今まで関わらせてもらった 【ブログ界の交流先の皆様方】 に対し、この想いが強い、ですね…

 各々の事情もあり、ブログをしばしお休みしておられる方、そして、ブログの世界から身を引いた方…
 人間の関わりって、永遠じゃないかもしれないし (普通、そうだと思います…) 期間として長いのか? 短いのか? って差はあると思います
 ただ、その中でも <ネットという、どちらかと言えばバーチャルな世界> なんでしょうけど、関わらせてもらえた全ての皆様方に対し、筆者は感謝しています!
 その恩人の皆様方、今は 『どうしてますか』 ?
 という思いを込めて、書いてみました!!

 もしその皆様方の中で、うちのブログを今もなお読んで下さる人がいるならば、コメントやメールで直接返事を頂けなくても (頂ければ、なお嬉しいですけどね…) 地道にこうして継続していることを、感じてもらえれば!
 そう、受け止めて頂けるように思いたい、です!


今回のリンク先
どうしてますか  Uta-Net  (歌詞掲載部分)

Sony Music Online Japan 原田知世 ( 以前の所属レコード会社 )
 ここではアルバム “DREAM PRICE 1000 / 原田知世 時をかける少女” が紹介されていますが 『どうしてますか』 の試聴が可能です!(PCからの読者様限定です!)

コメント

  • 04月 17 2007
    • 2007/04/17(火) 21:44:25
    • [ 編集 ]
    • URL
    • ひなた@エロひな! #whKRIAGo
あー。。かすかに覚えてるかもっ!
年上のお友達が未だに
【原田知世の声が好き、歌も好き!】
と、言っていますよん。
あーゆー透明感のある人になりたいっす☆
<原田知世> さんって!
最初デビューしてきた当時は、完全 <ノーマーク> だったんですよね(笑)
当時俺は <薬師丸ひろ子> さん派だったような?

で、あの <坂本“教授”龍一> 氏が <原田知世> さんのバースデイ・アルバム <撫子純情> なる作品をプロデュースし、そのアルバム (ミニアルバムですね、正式には!) を購入して以降 <原田知世> さんの大ファンになった記憶があります!
※実はこのアルバム、基本的に <坂本教授> プロデュースですが、教授が関わっていない楽曲として <天国にいちばん近い島> が収録されるなど、業界の思惑が絡んだ作品でもありました…
 なお、豪華なピンナップもあり、レコードの盤面がクリアというか透明仕様だったと思います!
 たぶんレコード管理棚を探せば、当時のままで所有しております!

<ひなた女史> の先輩にあたる御友人様、なんていい人なのでしょうか♪
そうなんですよね、実際 <原田知世> さんの声って、奇跡だと思います!
俺は彼女の声を好きにならないまま音楽に関わっていたとしたら、おそらく <中谷美紀> さんなどの系統のボーカリストの魅力を知らないままだったでしょうね…

「透明感」
<原田知世> さんを象徴する表現だと思いました!
よく10代後半~20代前半の女の子が、年齢に伴わない 「大人びた感じ」 を演出しようと、どっか無理して背伸びしようとしますよね?
それはそれで、可愛らしく思うんですが、俺はむしろ、ありのままの自分でいようとしてくれる方が嬉しいですし、正直だという気がします!
せっかく素顔が可愛いのに 「そこまで髪を酷使して染めて、皮膚を崩壊させるくらい、塗り物をするかい?」 っていう子を見かけるたびに、可愛さとか美しさに気付かないままで、哀れに思うんですよね…
 (社会人として、最低限のメイクマナーだけは行ってほしいですけどね?)

その意味では、気取らず、極端なことをしないまま (?) あの可愛さや大人感を発揮する <原田知世> さんの功績は大きいと思います♪
俺、個性の無い人が嫌いで、誰を真似るというのは苦手ですね…
それよりは 「誰のような個性を追い越してみたい」 とか 「~追いついてみたい」 という独創性さえあれば、人ってそれでいいと思ってます!
これからも <ひなた女史> らしさがあると、それでいいと思いま~す♪
智さん久しぶりです。原田知世さんいいですよね。みていてウルフは嬉しかったですよ!!・・・ウルフより。
矢野顕子さんの「花のように」を検索していたら、こちらにhitしhまして、来ています。
「どうしてますか」懐かしいですね!大好きでした。
歌詞も素敵だし、林さんのメロディもいい。
オメガトライブ、菊池桃子さん、いいですよ~。
知世さんは「彼と彼女のソネット」で好きになり、その後「ロマンス」で久々に聞いたりして。
声質がいいんすよね。デビュー当時はあんまり上手じゃなかったかと思うのですが、今ではすっかり一アーティストの地位を確立しましたね。

ツボにはまる曲が沢山ありましたー。
また覗きにきます~。
お待たせしました!
ご心配をおかけしました…

今も閲覧は、PCではなく、携帯からなのでしょうか…?
普段、自宅以外の場所でPCに携わることがあるならば、amoさんのブログや、俺のブログ、ネット上に保管出来る【ブックマーク:お気に入り】登録していただければ、ネットカフェなどでも、簡単に閲覧頂けるようになるかと思います♪
(ヤフー ブックマークなどは、便利なので重宝しています)

原田知世さんは、デビュー当時、ノーマークでした(笑)
薬師丸ひろ子さん派でしたしね(爆笑)!

ですが、女優兼 歌手っていう立場の先駆者の一人だと思いますし、長年に渡り、真剣に音楽に関わる姿勢が素晴らしいですし、女性としても、可愛い ~ 美しいへ変化したし、憧れの女性のひとりです!
(結婚なさった今も、美しいですしね!)

とにもかくにも、このブログ、本日より再開致します!
不定期更新ですけど、これからもamoさんのブログ同様、ご愛顧願います!
コメントの返事が遅くなり、申し訳ありません…
諸事情により、3ヶ月強、ブログを更新出来ずにいましたが、本日(8/15)復帰することになりまして!

「花のように」で検索頂き、この場所を発見いただいたことを、非常にありがたく思います♪

世間一般で見られる音楽ブログには、いくつかのパターンがあるかと思います
★自分が好む【ジャンル】に絞って書く人
・アイドル系、ヴィジュアル系や、ジャニーズ系でしょうね!
★アフィリエイトに関連し、ヒットアーティストを紹介する人
・プロの評論のように、ポイントをおさえて記述なさる方が多い分野だと思います
★1アーティストに特化して構成される人
・本来、こういうスタイルが信念あって、羨ましいです!

そして俺のように、まさに雑食っ!
統一感の無い、自分の好みだけで構成するブログ、でしょうか(笑)?

それ故、元々YMO一派から派生した【原田知世】さんの楽曲も、好むきっかけになりまして!

近年では、声の太さというか、存在感抜群のボーカリストという彼女ですが、ルックスや衣装の派手さで勝負する、芸能プロ系なアイドルさんとは、当時から異なっていたように思います!
細めの声、高音域できれいな声、
これこそ、原田知世さんの魅力だったように思いますし、彼女の登場以降、俺の女性ボーカルの好みが激変したことを振り返れば、偉大な存在と言えるんですよね!

「ツボにはまる」
そう言って頂ける場所でありたいと思いますし、どことなくマイナーで、だけど名曲を紹介出来る場所であれば、管理人として、こんな光栄なことはありません!
今後とも、不定期更新ですけど、よろしくお願い致します!
智さん久しぶりです!!おかえりかな??またこうしてamoを応援できる事・・・ウルフは嬉しいです。智さんこれからもよろしくですよ!!大事なトモへ・・・ウルフより。

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。