智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0208 Whiteberry  桜並木道

前回記事にて <さくらの花の咲くころに> なる楽曲を紹介していますが、今回は第二弾となる 【桜】 が題材の作品、です!
数々の名曲が生まれる 【桜】 というキーワードですが、バラード系楽曲が多数あるかと思います!
しかし今回紹介する 【桜】 では、青春真っ盛りの元気良いティーンによる、単純な表現をすれば <ノリが良い> という、丁寧に言えば <アーティストが等身大の自分を重ねて書き上げた『名曲』> とでもすべきでしょうか♪
少なくとも筆者には、こういう 【桜】 の力強さがあってもいいと思ってます!
Whiteberry (ホワイトベリー) で
『 桜並木道 』 の紹介です♪
2001年発表 5作目のシングル楽曲でした!
Whiteberry (ホワイトベリー):
●メンバーはこの5名です! (生年月日順・敬称略)
・川村 恵里加(ドラム)
・水沢 里美(キーボード)
・前田 由紀(ボーカル)
・長谷川 ゆかり(ベース)
・稲月 彩(いなつき あや:ギター)

●1994年、北海道北見市で結成され <Whiteberry> の原型となったバンド名は <ストロベリーキッズ>
 ここで <キッズ>などと表記されていますが、バンド結成当時の彼女達、な、なんと小学3年生とか4年生というから驚きですっ!!
(筆者でも、バンド参加は、中学一年だったし…)

●幾度かのメンバーチェンジを行いながらも、低年齢の、しかも女の子バンドということで注目を集め、1997年当時大人気を博したテレビ番組 <投稿特ホウ王国> にて紹介され、メジャーデビューの所属レコード会社となる <Sony Records> と契約!

●1999年、ミニアルバム <afterschool> にてデビュー!
 同年ファーストシングル <YUKI> もリリースされ話題に!

●2000年、カバー楽曲である <夏祭り> が大ヒット!!
※オリジナルは <JITTERIN'JINN>(ジッタリン・ジン) で、1990年に大ヒットしたもの♪
 筆者のこのブログでも、そのオリジナルを紹介しています!
0102 Jitterin' Jinn  夏祭り (2006年8月12日記事)

●2001年は、今回紹介している <桜並木道> がCMソングとしてヒットし (三ツ矢サイダー CMでしたが!) 続くシングル <かくれんぼ> が、あの <ポケットモンスター> の映画版主題歌に採用されるなど、活動の幅を広げます!
※ちなみにこのシングルには、きっと誰もが知るアニメ界の名曲 <めざせポケモンマスター> のカバーが収録されています!

●2002年には、3連続カバー楽曲シリーズ (?) として
第一弾 ⇒ 自転車泥棒
 (ユニコーンのカバー)
第二弾 ⇒ BE HAPPY
 (パーソンズのカバー)
第三弾 ⇒ 声がなくなるまで
 (JUN SKY WALKER(S)のカバー)
 と立て続けにリリース! 非常に個性的なカバーだと筆者は感じました!
※この3曲の中から、筆者の過去記事では、こちらを紹介しています!
0039 PERSONZ  BE HAPPY  (2006年6月5日記事)
 同記事において <Whiteberry> の名が初登場しています!

●その後2003年にはシングル・アルバムのリリースは行われず、翌2004年にシングル <信じる力> が発表され、4月にベストアルバム <KISEKI~the best of Whiteberry> の発表に合わせるべく解散が発表されました…

 これに関しては、メンバーが進学の道を選んだことによる、発展的解散との意見が多数を占めますし、筆者もそう思っています!
 が、ネットでの意見としては、その他の事情などを書き綴っているのを見かけますし、言われてみれば、同じレコード会社所属の女性バンドが、一気に注目をされたことから、同期にいたアーティストが影響を受けてしまった形で (これは他社アーティストも同様で、筆者がかつてこのブログで紹介している、とあるアーティストも、まさに同じ状況だったのでは…? と思える節があります…) 活動期間を短くせざるを得なかったとの印象も否めません…

 ただ、ボーカリストの <前田由紀> さんは <yukki>(ゆっき) のアーティスト名で音楽活動を継続していますし、その他のメンバーも進学先で頑張りながら、新たな道に進むべく成長しています!
 これから先の彼女達が、自分の道をしっかり歩んでほしいと、年齢が倍近く離れている筆者は思う次第です!!


 さて、今回の <桜並木道> ですが、タイトルだけを読めば、もしかしたら 「演歌・歌謡曲」 でも通用しそうな古典的な要素を感じますが、時代を感じさせるキーワードも含まれていますし、10代、それも学生真っ盛りの彼女達が、真っ向から自分らしさを語った作品である歌詞になっていて、聞いてて非常に心地良いですし、ティーンを含む女性ボーカル作品が大好きな筆者には、しっかりしたバンドサウンドと共に、多くの皆様に自信を持って紹介したい楽曲と言えます♪

 歌詞全文は、文末リンクから御覧頂けますが、実にストレートな、だけど女の子らしさ満点の可愛さを感じるもので、学生っ♪♪ ってこうあればいいなぁ~! の理想系だと思います!
 教室の風景が思い浮かびますし (これは2番の歌詞を読めばわかります!) オープニングからして、これが卒業式のことであり、眼前に広がる 【桜の花吹雪の景色】 を、この歌詞で無ければ成立しないでしょう! と思える素直さで書き綴っています!!

 彼女達が立派だな! と思えるのは、誰がメインで作詞した、という形を取らず、この <桜並木道> ではバンドとしての <Whiteberry> が作り出したという表記になっていて (作曲も同じく、バンド名義になっています!) 5人が一体となって、学生生活の、ある一日を、そしてこれから先に皆で歩む道をしっかり見据えて、頑張っていこう!! という気合みたいなものがあって、その前向きさが、実年齢に伴わないかもしれない高い演奏能力によって、発揮されたものだと思います!

 しっかり “重さ” を感じる安定した演奏で、特にイントロ部分などは、案外ゆったりしたテンポなのに、実際に曲に突入する際は、アップテンポの歯切れ良さがあって、筆者としては、この <桜並木道> って、絶対に10代後半から20代に差し掛かる同世代の女の子にこそ、聞いてもらいたい楽曲だと確信しています!
 (もちろん、その他の年齢層の皆様にも、自信を持ってオススメしたい作品ですが!)

 この演奏、というか楽曲の構成に大きく寄与しているのが、ロック系のアレンジでは超ベテランであり、自らもギタリストとして貫禄を持ち合わせる <伊藤銀次> さんで、彼の冴え渡るアレンジは、今も昔も変わらず見事だ! という再認識をするきっかけになりました!
※彼が手がけたアレンジの代表作では、こういう曲も紹介しています!
0040 アン・ルイス  六本木心中 (2006年6月6日記事)
 90年代、バンドブームを巻き起こした人気番組 通称 <イカ天> での超・辛口批評を記憶なさる読者も多いことかと思います!
 彼と <吉田 健> さんが並ぶ姿は、当時エントリーしてたアマチュアバンドのメンバーにとっては、きっと恐怖だったことでしょうけど、ね (笑)

 <Whiteberry> がこの曲で見せた魅力って、彼女達以前の女性ロックバンドを重ねると
⇒ <PRINCESS PRINCESS>(プリプリ) が発揮した可愛らしさ
⇒ <SHOW-YA> (ショーヤ) が発揮した重厚なロックサウンド
 この両方を、しっかり2000年代に継承し発展させた感じがします!
 もちろん、先述しているように <伊藤銀次> さんが手がけた高度なアレンジによる部分も影響大だと思いますが、それでも彼女達が、まだ10代であったにも関わらず、それを受け止めて自分らしく表現した意味は、大きいと思いますし♪

 なお、ベストアルバムなどでこの <桜並木道> を聞くことは出来ますが、皆様には是非、このシングルを (中古でもいいから) 発掘してほしいですね♪
 こういう理由があります!
◆ジャケット写真に注目!
 おそらくどこかの学校なのでしょう
 その塀の上に、5人のメンバーが座っていますが (結構な高さの位置に座っています! 脚立を使ったのか?) 無造作にアスファルトの上に放り出された学生カバンが、写真右隅に重なっているところなど、若さを感じます!
 そして、写真表紙って、メンバーの顔は写っていません!!
 ルーズソックスの5人の <足> だけが写ってます (笑)
…別に筆者、ルーズフェチではありませんが? 何か?
 というジョークはさておき、この写真、仕掛けがありました!
 実際にCDを購入し、歌詞カードを開くと、メンバーの顔が見れるようになっていますが、その見開きには、満開の美しい桜の木があり、奥の方には校舎が見えるようになっているんです!
◆歌詞カードの内側、つまり歌詞が書かれている部分に注目!
 1番、つまり <桜並木道> の歌詞部分は 『卒業証書』 のような書き方になっています!
 2番の <携帯中毒> (すげぇタイトルですが、今の若者、携帯ジャンキーであることは、おそらく間違いないかと… かつての筆者がこうでした…) の表記は、色紙に寄せ書きという構成です!
 この寄せ書き風の歌詞の上に、白黒写真ではありますが、メンバー全員が卒業アルバム文末の 『クラス別写真』 のように (むしろ、証明写真っぽいのかも?) アップされています!
◆CDのレーベル面 (楽曲名など書かれた部分) に注目!
 これ… 実は一番ウケました (^^♪
 テストの解答用紙っぽくなってて、全部で3題の設問があります!
問1:穴埋め問題
 (今回のシングル収録曲のタイトルを完成させるもの!)
問2:表示されているシンボルマークの意味を解答する問題
 (レコード会社のマークがあり、その意味を答えるもの!)
問3:枠内に適切な解答を埋める問題
 これはですね、CDって英文で <何年の作品である・会社名はどこである・著作権に関する注意> などの記述がなされていますが、それが書かれています!
 この出来映えがですね、実に本物のテストっぽい (笑)!!
 あ、先頭行では、キチンと番号・名前も書く欄、あります♪

 こういう楽しみもあるので、是非他アーティストさんのCD盤面なども、しっかり眺めて楽しんでもらいたいです!
 特にこの <桜並木道> の場合は、そのこだわりまで含めて、彼女達が <現役学生> であることを演出してて、すごく好印象なので!

 きっと、早すぎたんでしょうね、彼女達の活躍って…
 だけど、10代真っ盛りの彼女達だからこそ、素直に表現出来た作品だと思いますし、こんだけ元気溢れる 【桜】 の風景って、案外他のアーティストの場合、聞けないだろうな…? という気がするし、いろんな意味で貴重な作品だと♪

 彼女達自身が、本文途中にも記述しているように、各々の道を歩んでいますし、聞き手である我々も、楽曲発表の2001年から既に6年が経過し、それなりに人生を積み重ねたと思います

 そして、生み出された楽曲そのものは、2001年のままの彼女達を、1枚のCDという記録メディアの中に閉じ込めたままなのかもしれません…

 だけど音楽って不思議なもので、聞き手が人生を重ねて成長すると、全く同じCDを再生しているに過ぎないはずなんですが、発見する <何か> は <新たなもの> になるし、発表当時に感じられなかったことにも気付くことなど、あるんです!
 まるで校庭に埋めた <タイムカプセル> を後年掘り起こした際に、懐かしさと同時に、成長した自分を振り返れるきっかけのように♪

 <桜並木道> の歌詞では
 『また元気で、この場所で会おうっ!!』 という前向きさがありますし、エンディング手前では、こういう歌詞も登場します!
⇒ 【迷ったら聞け!! 桜並木道】 って(笑)
 是非皆様も、そういう心がけにて、この曲などを知ってもらうと嬉しく思います♪
 (特に30代後半ともなってしまった筆者と交流のある、10代の現役学生諸君には、必ず聞いてほしい、かな♪)


今回のリンク先
桜並木道  Uta-Net  (歌詞掲載部分)

Whiteberry (Sony Music Online Japan 公式ページトップ)
 このブログをPC環境から御覧の皆様は (RealPlayer または WindowsMediaPlayerに対応しています) サイト内から今回の <桜並木道> 他、彼女達の元気溢れる楽曲を楽しめます!

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。