智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0206 島谷ひとみ  春待人

前記事にて女王 <松任谷由実> さんの <春よ、来い> を紹介していますが、そもそも 「春」 を待っている人のことを、どう表現すればいいのだろう? という素朴な疑問が筆者の中にありました…
この疑問を、ものすごくシンプルな楽曲名にて発表してくれた作品がコレですね (笑)
島谷ひとみ さんで 『 春待人 』 の紹介です♪
 ※<島谷ひとみ>さんは、このブログ4度目の登場です!
2006年3月の発表
同年の <第3回全日本大学女子選抜駅伝> テーマソングであり、同時に <music.jp> CMソングでもありました!
島谷ひとみ さん:
●冒頭で紹介しているように、当ブログでは4度目の登場になり、プロフ部分が重複する為、こちらの過去記事から御覧下さい!
0005 島谷ひとみ  パピヨン~papillon~ (2006年5月5日記事)
・常にブログ訪問検索のトップ20位内に輝く、彼女のカバーの名曲のひとつ♪
0165 島谷ひとみ  亜麻色の髪の乙女 (2006年12月17日記事)
・まさに彼女を代表する、そして日本のポップスの名作として長年愛される作品!
 この楽曲以降、彼女のファンになった人、きっと多いでしょうね♪
0183 島谷ひとみ  Perseus-ペルセウス- (2007年1月25日記事)
・彼女にしてはダンサブルな音だと思いますし、同曲のライブ映像を見ましたが、非常にビート感溢れるノリは心地よいです♪

 筆者が考える <島谷ひとみ> さんという人は
★美人である!!
 先述の <亜麻色の髪の乙女> がヒットした折、彼女が出演するCMが大量オンエアされ、彼女の美しい <髪> に魅力を感じたのは、男性ファンより、むしろ女性ファンではなかったか? と振り返ります!
★ファッショナブルである!
 今回取り上げている <春待人> での衣装なども、彼女だから似合うものだと思えます!
 「和」 のテイストが似合う女性って、たくさんいそうで、実は案外いないんじゃないか…? というのが筆者の持論で、その意味ではかつて <中森明菜> さんが <DESIRE> の衣装で魅せたカッコ良さを踏襲したように思えました!
★ボーカリストとしての、高い資質がある!
 これは誰もが納得すると思いますが、彼女のヒット作品には <カバー楽曲> が他の人より多く感じられたはずです!
 (実際は、そう極端に多い訳でもありませんが…)
 <カバー楽曲> って、オリジナルバージョンよりも質が低下すると、そんなの誰も聞きたく無いし、ましてや楽曲提供の作者が、許可してくれないと思います…
 彼女はオリジナルに匹敵する、あるいはリスナーによっては、オリジナルを凌駕したのでは♪ と思えるくらいに、高い資質で歌いこなします!
 また、過去記事でも触れていますが <広瀬香美> さん提供の <赤い砂漠の伝説> など、難易度の高い楽曲でありますが、しっかりと自分の歌にしています!


 <島谷ひとみ> さんの楽曲が、いつしか通常のJ-POPの範囲から、クラシックやその他のジャンルと組み合わせたものへと変化するようになり、デビュー当初から持ち合わせていた <アジア的要素> のみならず、多彩な音楽性を発揮するようになったことから、リスナーの年代層が、他J-POPアーティストに比べて、比較的高いような印象があります!

※1:
 普通J-POPのリスナーだと、主に10代~30代前半が予想されます!
 中でも10代後半~20代中盤くらいが、CD購入層ではないでしょうか?
 しかし後述する音楽性により、彼女のファン層は、さらに上の30代後半~40代くらいまで、違和感なく受け入れられるものだと思います!
※2:
 クラシックとの融合などを図る彼女の最近の作品は、80年代以降流行した言葉でもありますが <crossover:クロスオーバー> として表現され、単一ジャンルにとどまらない音楽性を有します!
 それこそが、リスナーの幅広い年代層を取り込む大きな要素になっていると思います!

 今回この <春待人> を取り上げた理由ですが、最初に記述しているように、このブログ全体を構成するにあたり、
⇒ 「春」 を待っている人のことを、どう表現すればいいのだろう?
 という素朴な疑問を感じつつ、日頃から気をつけていることを含めたつもりです!

 一応ではありますが、筆者が心がけていることって、やはり音楽紹介において、特に季節感や時事問題などを含めつつ、タイムリーな作品を取り上げよう! ということで、余程の例外が無ければ、春には春の、夏には夏の、という楽曲を紹介しているつもりです!
 うちは <日記では無い場所> だと割り切っていますが、それでも <音楽による季節紹介> も含めて進めているつもりです!

 その意味からも、この <春待人> は、実に春らしさを感じる楽曲だと思いましたし、楽曲面でも古風な音を織り交ぜつつ、歌詞も独特の表記が行われ、実際にその表記を 『読みながら聞く』 と、一層込められた意味が届くものだという気がします!
 (歌詞全文は、文末リンクより御覧下さい!)

 その歌詞ですが、何故か部分的に <カタカナ> が多用され、特にそれが <サビ部分> に集中していることから、文字として読むと、特に印象深くなるという気がします!
(例)
◇待ちわびて → 待チワビテ
◇夢見るほどに → 夢見ルホドニ  など

 以前このブログの過去記事では、古風な言葉を使う作品として
0037 RUI  月のしずく (2006年6月3日記事)
0205 松任谷由実  春よ、来い (2007年4月10日記事)
 などを紹介していますが (この2曲以外でも紹介しているかと思います!) この2曲では、カタカナを排し、徹底的に日本語の文字までもが古風に仕上がる (かの) ように、歌詞は漢字とひらがなにて表記されています!

 これに対し <春待人> では、特徴的なカタカナを用いることで、聞き手にとって、記憶の刷り込みとでも言うか、耳から聞こえてくる内容とは異なる印象を与えることに成功しているように思います!

 かつてある音楽記者が、某雑誌の中で執筆されていたことで、「カタカナ表記や数字による歌詞などは、言葉の記号化だ」との文面を思い出しました!
 実際、文字として認識されるのは、言葉の記号化のようにも見えます!
 (これは皆様が実際に、紙に記述して読み比べると理解出来ると思います!)
 ただ、あえてカタカナ表記にすることで、旧来の古典的製作法では終わらない新しさがあるように思えたし、サビ部分は強烈な印象として覚えられそうな効果があるように感じます!

 また、演奏面ですが、これは基本的に <一般的J-POP> のあり方を踏襲していると思いました!
 打ち込みを機軸に、時折「和を感じさせる音色」を配して、全体の音処理としては、CDでじっくり聞こうという仕上げではなくて、むしろテレビやラジオ、携帯オーディオなどで映える音のように思えました!

 途中で <クロスオーバー> などと書きましたが、この曲では <エレキギター> の演奏が際立っているように思いました!
 小気味良いカッティングの演奏方法が楽曲全体を盛り立て、派手なソロなど弾かずに、一音ごとが長く伸びるプレイに終始し、それが結果として曲全体を大人の雰囲気漂わせる、それでいて爽やかな印象を与えることに成功していると筆者は感じました!

 あと、何故 <松任谷由実> さんの <春よ、来い> のあとに、この <春待人> を紹介するに至ったのか?
 この <春待人> のサビメロディー、特に歌いだしにあたる部分、実に似ています(笑)
 まぁ、古典的音階を用いると、当然フレーズなど似ますが、ここまで音域の下がり方などが似てると、イジワルな筆者は、わざと2曲を並べて聞けるようにPC内などで配置するんですよね(笑)♪
 皆様もお暇があれば、是非聞き比べてみてくださいね♪
 
 もちろん <島谷ひとみ> さんの歌唱は、リリースを経るごとに益々上手さを進化させ、抜群の安定感を誇るものになっていますし、これから先の進化が、さらに期待出来ると思います♪

 この <春待人> を収録した6枚目のアルバム <PRIMA ROSA>(プリマロッサ) も購入しましたが、安心して聞ける内容だったことは嬉しかったですね!

※筆者の交流先ブログ “selfishness” (管理者:はるりん氏) において、この <PRIMA ROSA> の写真を御覧頂けますし、一作手前にあたるアルバム <Heart & Symphony> の収録楽曲 <kokoro> の記事紹介が行われています!

 2007年には、なんとあの <鈴木雅之> さんからの熱烈オファーにより実現した異色 (?) デュエット楽曲 <ふたりでいいじゃない> なども発表され、益々活躍の場が広がっている <島谷ひとみ> さんなので、今年も期待しています♪
※シングルとして発表。
 先述のアルバム <PRIMA ROSA> のCDのみ通常盤に、ボーナストラックとして収録済なので、興味を持たれた人は、是非チェックを!
 ただし…
 筆者も <はるりん氏> も初回限定の <CD+DVD> バージョンを購入しているにも関わらず、何故かこの曲、収録されてないんですよねぇ~ (泣)
 お願いしますよ、avexさ~ん (>_<)゛


今回のリンク先
春待人  Uta-Net  (歌詞掲載部分)

コメント

コメントしなきゃ、でしょう(笑)。

言い方変だけど、島谷さんの曲ってはずれがないですよね。
PRIMA ROSAでは「サイケデリック*フューチャー」が意外と好きだったりします。。。あとは「El Dorado」かな。PVは「Camellia -カメリア- 」と「PASIO~パッシオ」におめめがハートマークです。。。

TBもありがとうございます。
ね! わかりやすい展開だったでしょ!
こう来たら、次に数曲来るテーマは、おおよそ何かわかるでしょう!
(今の時期だと、間違いなくアレ、ですが!)

実はこのアルバム、まだ未開封だったりします (泣)
ちなみにここしばらくだと、以下のアルバムは、購入したまま聞いていません…
(買うだけで聞かないことがほとんどですよ、最近… おまけに全部初回盤だったりするのだが…)
・木村カエラの3rd
・中島美嘉の5th
・いきものがかりの1st
・YUIの2nd
・倖田來未の(いくつめ? これ?の)ベスト
・そしてこのアルバム、ですねぇ…
よって、まだDVDを鑑賞するに至っていませんが、今度じっくり見る予定です!

そうですよね、作りが1980年代っぽいというべきか?
ハズレ楽曲が無い、あるいは少ないことが貴重なアーティストだと思います!
俺のブログの信念ですけど、自分が嫌いな楽曲を書いた記憶がありませんし、どんだけ世間でヒットチャートにいても、興味の無いものまで紹介するくらい、商業めいたことをしたくないんですよ!

今回の <PRIMA ROSA> を完全に聞いた訳ではありませんが、彼女がギターを抱えている姿を見ながら、単なるクロスオーバーのジャンルよりは、もしかしたらロックな感じも漂わせる作風になったのだろうか? などと想像してたんですよね!
<サイケ~> のタイトルもあることから、それは余計感じたことなんですけどね (笑)

TBのやり取りなど、どれくらいぶりだろ?
それくらい、皆様方との関わりも、ここの更新も減っていますが、どうにも時間が取れないんですよね…
睡眠を削りながら、次回記事の概要と、皆様への例の送付などを作業していましたが、夏以降の予定も含め、真剣に検討してることがあるんですよね、実は!
その件は、また個人的に相談するかと思いますので、是非ご教授願います!
今年の夏~秋くらいに、それは行う予定なんですけど、基本形と場所が確保出来れば、俺のみならず、全員が相当便利なモノになると思うんですよ、それって!!
では、今晩はもうちょい作業して、また今日の勤務も頑張ろうと思います!
  • 04月 11 2007
    • 2007/04/11(水) 19:09:58
    • [ 編集 ]
    • URL
    • ゅき #IY7bLZJE
はじめまして^^「島谷ひとみ」で検索してこちらにたどり着きました。

読んでいてうなずける所がたくさんありました。
智さんのように上手く言えませんが、春待人ってとっても綺麗な曲ですよね♪
私も最近島谷さんの歌唱力や表現力が格段に上がっているように感じるので、
これからも期待したいと思っています!

短いですが、この辺で失礼いたします^^
来週あたり、このブログで久々更新しようと思っていた記事ですけど <アクセス解析結果> なるものを書こうと予定しています!
これ、アフィリなどに特化したブログの場合は、クリックしてくれる客層を探すためのものだと思いますが、俺のブログや交流先ブログでの活用法って、
『どういうワードから、読者が訪問してくれているか?』
という、非常にわかりやすいものを書きます!

今回 <ゅき> さんが 『島谷ひとみ』 なるワードから、数ある音楽ブログの中より、うちを訪問してくれたことを光栄に思います♪

冒頭で紹介していますが、うちでは今回4度目の登場となる 『島谷ひとみ』 さん!
全部で200曲そこらの紹介の中で、4度の登場って、結構多いと思いますが、好きじゃないと書けないんですよ、正直な話…!
デビュー曲である <大阪の~> だけは所有しませんが、それでも2曲目になる <解放区> からずっと注目し、飽きっぽいことで知られる俺が、ずっと聞き続ける珍しいアーティストの一人なんですよね (笑)
記事の中でも触れていますが、最新ヒットアルバムなども、案外くまなく購入しているつもりですが (30代後半なんだから、ちっとは落ち着け、俺! というとこですが…) それでも飽きずに聞き続けるって、難しいんですよね…
その意味でも 『島谷ひとみ』 さんの音楽性は好きですね、ずっと!

つたない記事ではありますが <ゅき> さんにとって、何かを感じてもらえれば、それはすごく嬉しいです!
<春待人> は、最初テレビでしょうか、見かけたときに 「いい曲だなぁ~♪」 と思ったことで、よく覚えているんですよね!
音楽って、記憶に残らない作品が、この15年くらいで一気に増えてしまいましたが、彼女の歌って、記憶に残る作品が多く、これからもそういう作品が発表されることを期待してます!

<ゅき>さんのブログも少々読ませてもらいましたが、共通項がいくつかあって、
★犬がいること
★猫が可愛いと思えること
★世間のブランド志向に違和感を感じるあたり
こうした部分は、すごく共感しますね!
<ゅき>さんが俺の半分以下くらいの年齢の読者様でありますが、現在<ゅき>さん以下の年齢の読者様が二人いて、彼女達の言葉にも支えられています!
時々ではありますが、今後も 『島谷ひとみ』 さん関連は紹介する予定ですし、たまに覗いてくれるとありがたいです♪

今回の訪問、ほんとにありがとうございます!
今後も訪問していただけるように、少しずつ頑張って更新しますね、うちのブログ!
ペルセウスはカラオケでよく歌ってます。
では~♪
  • 04月 14 2007
    • 2007/04/14(土) 00:12:36
    • [ 編集 ]
    • URL
    • きらら #-
ペルセウスはカラオケに行ったら必ず歌う曲のひとつです。
それだけ書きたかった(笑)

では~ちゃお♪
1年近く続けてきて、そりゃあ、いろんなコメントを頂いておりますが…
こんだけ単純でわかりやすいコメント、そう見かけるもんじゃありません(笑)
ね♪ ペルセウス、いいっしょ(^^♪
俺はああいう、デジデジしているタイプの楽曲だと、基本的に <燃えます> ♪
 (だから <玉置成実> さんの曲など、年甲斐もなく聞いております♪)

あと、これは余談になりますが、今回新たにコメントを下さっている <ゅき> さん家、ですけど、是非ブログを訪問してみて♪
ブログタイトルがですね、今回の <春待人> 収録である <PRIMA ROSA> なんですよ♪

やっとこさ、まともな (?) 休みが取れそうなので、せっかく買った初回限定盤も聞けそうです♪
シンプルイズベストなコメント、サンキューです(*^_^*)

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。