智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0198 森高千里  NEW SEASON

久々の記事でありますが、本当はこの月末、一気に明るく書き進めようと思っていました
しかし、再び日本列島に地震の恐怖が押し寄せ、今もなお苦しんでいらっしゃる方がおられ、筆者が個人的に交流しているブログ管理者様も、近県に居住され、何から記事として書いていいのか悩み、それが更新出来なかった最大の理由となりました…

ただし、被災された皆様方にとっても、これからの <季節> が復興の時期になることを祈りたいですし、春先という、本来だと <新しく何かが動き出す> という部分、これをイメージして、今回は発表されて20年を経過する楽曲を、ひとつの応援歌として書くことに決めました!

森高千里 さんで 『 NEW SEASON 』 の紹介です♪
1987年のデビューシングル、この際 <EPシングルレコード> として発売された為、翌1988年に CDシングル として再発されました!
森高千里 (もりたか ちさと) さん:
◆1986年、あの <糸井重里> さんがキャッチコピーを書き上げた <ポカリスエット> のCMヒロインとして鮮烈なデビューを飾る!
 ※案外この歴史を知らない若いファンも多いのでしょうね…?
  筆者は当時、まだ垢抜けない彼女を見て <純朴な娘のデビューだ!> と思ったものです!
  芸能界って、先見の目があるというか、彼女クラスの逸材を既に発掘している訳ですし、すごい世界だと思います!

◆翌1987年、今回記事で紹介する 『 NEW SEASON 』 で歌手デビュー!
 冒頭で紹介しているように、当時はまだレコードの時代であり (大物アーティストでも、作品が最初からCD化され発売されることも珍しく、レコード・カセットのみでの発売というのは当たり前のことでした! CDとして発売される作品が、レコードより割高だったのも、理由の一つだと思いますが…) アナログシングル盤として発表されました!

◆その後、1988年にシングルCDとして再発表され、楽曲の発売順ではファーストシングルであるにも関わらず、CD化された順番が3番目という、ちょっと珍しいことになりました!
※ちなみに、以下楽曲の順番でシングルがリリースされています!
⇒NEW SEASON
 (アナログ:1987/05/25、CDシングル:1988/03/25)
⇒OVERHEAT. NIGHT
 (アナログ:1987/10/25、CDシングル:1988/03/25)
●実は <NEW SEASON> のCDシングル化において <NEW SEASON> が一曲目に、そして <OVERHEAT. NIGHT> が二曲目に収録された、両A面的な作品となっています!

⇒GET SMILE
 (ここからがCDシングルになり、1988/02/25発表)

◆それ以後の彼女ですが
 ●昭和を代表する伝説のアイドル <南沙織> さんのヒット曲 <17歳> を大胆にカバー!
  その際の <これぞ美脚っ!!> を強調したファッションは、近年で言われる <エロかわいい> などの範疇では語れない独創性を発揮、社会現象にもなりました!

 ●その一方で <雨> や <渡良瀬橋> などの音楽性も発揮!

 ●<私がオバさんになっても> に代表される <乙女心> 満開の歌詞など、クリエイターとしても非凡な才能を発揮し、元々 <楽器演奏者> とdしての経歴のある彼女の才能は、実際の楽器プレイでも発揮されるなど、それこそマルチに大活躍!

 ●俳優・歌手として活躍する <江口洋介> さんと結婚、その後も高い人気を誇り、母親となった現在も美しさは健在で、筆者としては、彼女自身の歌手活動にも期待しつつ、作家としての楽曲提供、そしてプロデュースなどにも期待したいです!

 この <NEW SEASON> は彼女のデビュー曲であり、一部音楽ファンからは注目されていたものの、先にCMからデビューしていた彼女への注目度は、音楽性よりも、違った方面で期待されてたのかな…? と当時を思い出しますが!

 ただ、筆者の場合、実に幸運な出来事が重なり、デビュー当初から今回の <NEW SEASON> なる楽曲が好きになりました!

<1> この <NEW SEASON> のプロモクリップを、デビュー直後から頻繁に放映するテレビ局が九州に存在し、そのおかげで今も大好きなサビ部分を早くから覚えることになり、大ブレイクを果たして以降の楽曲よりも、未だに <NEW SEASON> をこよなく愛する状況が生まれました!

<2> 実はCMデビューよりも前に、筆者は <森高千里> さんに会っていますっっ!!
 これはちょっとした自慢ですね(^^♪
 楽器奏者としても知られる彼女は、地元である熊本県のライブハウス(ホールというべきか?)に登場したことがあり、その場所に実は筆者も出演したことがあり、たまたまアマチュアバンドメンバーであった <森高千里> さんと同じ日にその場所にいたんですよね!
 もちろん <森高千里> さんは筆者のことなど 絶対に記憶してない ことは確信出来ますが、当時の筆者は中学末期~高校時代~大学生、社会人初期の頃、主にキーボードでしたが、その他にもベース、ドラム担当の <トラ> (呼ばれたらどこにでも参加する エキストラ奏者) として、九州のいろんな場所に連れられていく存在で (筆者を呼びつけるメンバーは皆、社会人で、先輩には逆らえない状況がすでに確立してましたね!) その過程の中、偶然にも <森高千里> さんがいる熊本での接近遭遇を果たした訳です!
 残念なことに、彼女が演奏するシーンは見れなかったけど、有名になる以前の芸能人に会っていることは、さすがに自慢したいですねぇ!


 余談が長くなりましたが、ファンの多くは <森高千里さんは、自作自演出来るシンガーソングライターだ!> というイメージが強いと思いますし、実際、特に彼女が書き上げる歌詞を好み、愛聴している女性ファンなど多いという気がします!

 ただ、今回の <NEW SEASON> では、まだ彼女自身の作詞は行われていません!

 作者ですが、以下の皆様方となります!
★作詞>HIRO(伊秩弘将:いぢち ひろまさ)さん
 後に <SPEED> を国民的アイドルに育て上げた敏腕プロデューサーですが、なんとこの <NEW SEASON> こそが、彼の作詞家デビュー作品なんです!
 ちなみに作曲家としてのデビューが <渡辺美里> さんの <It's Tough> で、両方の楽曲が1987年発表ということで、彼のキャリアも20年ということになりますね!

★作曲>斉藤英夫さん
 <森高千里> さんの作品には欠かせない作曲家・編曲家であり、同時にギタリストとしても高い評価をされる存在!
 1980年代以降の音楽制作では、プレイヤ 兼 アレンジャー 兼 プロデュースの一連の流れを一環して行う手法が当たり前になりましたが (1970年代までは、一部の例外を除き、歌手は歌手部分を、作詞家は作詞家の領域を、エンジニアはエンジニアの、という形の分業制が基本!) 彼もまた、そういう1980年代以降の手法を広めた存在として知られます!

★編曲>斉藤英夫さん
※説明は、先述部分と同じく、です!
 ただ、彼自身がギタリストでもあることから、ロックの要素を感じつつ (シンプルで骨太な8ビート、わかりやすいギターリフなど) サビで一気に展開するメロディーラインを大事にしてて、おそらくこの <NEW SEASON> を聞いたリスナーだと、そのポップさと、いつまでも耳に残るアレンジのカッコ良さは、忘れることの無い楽曲だと感じてもらえるはずです! 

 なので、デビュー曲にして、異常なくらい完成度が高く、それでいて、現在では大物プロデューサーとして名を馳せる両名の、まだまだ野心に燃えているというか、多少荒削りなフィーリングも感じられる音楽性こそが、まだ初々しい <森高千里> さんと見事に調和したんじゃないのかな? と筆者は感じ、1980年代を代表する
 <非アイドル! だけど脱アイドルを標榜するアイドル楽曲> のような位置付けで、ものすごく貴重な作品だと思って、今も愛聴しています!

 実は冒頭で紹介しているように、1987年にオリジナルが発表されましたが、その後ファーストアルバムでは <ロングバージョン> として別バージョンへと進化を果たしています!

 楽曲内では <森高千里> さん本人による <キーボード・ソロ> なども披露され、しっかり名前が表記されています!

 さらに <森高千里> さんの人気爆発以後に発表されたアルバム <森高ランド> では、先ほど触れている骨太でありつつポップというアレンジが、大胆にも <打ち込みによるテクノ系要素のあるバージョン> へと進化!
※これは大ヒット曲 <17歳> などと非常に良く似たドラムアレンジなどと比較してもらえれば、わかることです!

 また <森高ランド> でリアレンジされたバージョンでは、特にギターのカッティング・リフが楽曲全体で強調され、そのビート感が見事です♪
※こちらのアレンジ、サウンドプロデュースも <斉藤英夫> さんが手がけています!

 …普通有り得ない話かもしれませんが、なんと筆者はリアルタイムでプロモクリップを見ていた時期を除き、オリジナルバージョンを所有せず、ファーストアルバムのロングバージョンと <森高ランド> に収録された別アレンジバージョンしか所有しておりません (泣)
 この別アレンジバージョンは特にお気に入りなんですが、それでもオリジナル(シングル)バージョンが欲しくて探しているんですが、まだ入手してないですね…
 今年中には入手することになりそうですが、実は今回 <NEW SEASON> をブログ記事の候補にするにあたり、1ヶ月くらい手前から、帰宅時に何店も巡った挙句、かつて所有していたはずのアルバムを再入手するという、まわりくどいことを行いました…
※春先に紹介することだけは、最初から予定してた為、事前に入手すべく、探し回っておりました!

 歌詞の中では、主に若いっ! というのか、初々しい恋愛を振り返る内容なんですが、その中にある <新しい季節> なる歌詞部分が、サビメロディーにおいて効果的に聞こえるんですね、この楽曲!

 ただ、冒頭に触れているように、人それぞれ、新しい季節って、色んなことを思うはずなんですよね…

 だからこそ、多くの皆様にとっての <新しい季節:NEW SEASON> が、輝ける、頑張れる季節になってほしいですし、筆者にとっても何かが変わる <NEW SEASON> になればと思って、今回採用しました!

 筆者が所有するPCメーカーからのメール配信を受け取り読みましたが、その中には既にその企業が、被災地に向けた義援を行ったこと、そしてPCトラブルを最優先で受け付ける案内がありました
 自力でどうにか生活が出来るユーザーなどは、是非こうした部分を考慮してサポート問い合わせなどは控えて、被災された皆様方の方を優先させてあげよう! とか思うことも、支援のひとつではないかと筆者は思いますし、日本国民皆様が、同じ <春の季節> を温かい季節として迎えられるように、感じられるように!
 そう思いながら、今回は書きました


今回のリンク先
NEW SEASON  Uta-Net  (歌詞掲載部分)

GOOD-BYE SEASON  (2006/01/21紹介記事)
 セカンドシングルとなり、CDシングル化される際に、今回の <NEW SEASON> と同時収録されたこのナンバーですが、筆者の交流先 音楽ブログにおいて、紹介されている楽曲です!
 ●ブログ名:CANCELが好きな♪ 管理者:CANCELさん
 ※楽曲名クリックで、彼女が書いた記事へ直接リンクします!
  最近多忙の様子で、新規記事の更新が行われていないようですが、筆者がこのブログを立ち上げようと思ったのは、彼女のブログがあってこそです!
  また彼女らしい記事を読める日を、心待ちにしています!

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。