智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0002:YeLLOW Generation   LOST Generation

今回選ばせてもらったのはYeLLOW Generation(イエロージェネレーション)の、LOST Generation(ロストジェネレーション)という楽曲です♪
2002年度の作品:デビュー曲になります♪
YeLLOW Generation(通称:イエジェネ)は、キュートな女の子3人組のグループで、今回紹介するLOST Generationで、デビューを果たしました♪
(グループ名と、楽曲名が、混同しそうですみません)

この曲を最初に聞いたのは、有線でした!
元々、女性ボーカルが好きな俺は、なんとなく流れたこの曲を、最初はうわの空で聞きました
リクエストチャンネルの深夜の時間帯というのは、有線のオペレーターさんがいないため、一定時間が経過すると、再び同じ曲が聞ける(と言うか、流れる)のですが、その際、改めて歌詞に耳を傾けてみました
曲の作りは、アイドルグループを真剣に売り出そうという感じで、すごく作りこまれたものなのですが(でも、作曲者の『泉川そら』さんのセンスは、卓越したものがあります♪)、その歌詞がいきなり、心を打つものだったのです!! (その歌詞は後述します)

イエジェネのデビューアルバムやコンセプト・全曲の作詞を手がけたのは、放送作家として有名な『おちまさと』氏で、なにしろCDの帯に書かれた言葉からして、こうなのですから!!

※アルバム:CARPE DIEMより
 『全曲詞先言葉責め』  言葉「責め」…って、という感じですが…

詞先 → しせん、と言いますが、この記事を読まれた人は、責めはともかく、詞が先だから、それがどうしたの…? と、違和感を持つと思います
ですが、現在の音楽制作の主流は、あくまで分業制であり
『作曲』が先 → そのメロディーに『作詞』の言葉をあとから当てはめていく!! が基本になっています!!
例外はあるのですが、この方が、作曲された曲のレコーディングを先に済ませておくことが容易だからです!!
基本になる楽曲が先にあることで、大抵は仮のレコーディング → 修正作業 → デモテイクを渡す → 歌入れ → さらに周辺の音色やイメージの修正(これには、ボーカルの修正までも含みます) → 完成♪ (あくまで、単純に書いています! 本当はもっと複雑なのですが…) という流れになります

現在は、PCを中心に録音作業がほとんど完成するため、巨大なスタジオさえ必要は薄れ、安上がりな制作方法では、ボーカル以外の生演奏が一切無く、PCと電子楽器と、それらを操作するオペレーターさえいたら、1人で完結してしまう世界なのです!!
しかも、音程やリズムの狂いさえも、そうした機材で後から修正してしまうのですから、本当に上手なプレイヤーさんとか歌手が少なくなりつつあるのも、仕方ないことなのかもしれませんが…

詞先(しせん)の話から、レコーディング環境にまで話題が飛躍して申し訳ないのですが、今の音楽制作の便利さと、それがもたらしてしまう弊害の部分は、聞き手の皆様にも、考えていただきたかった部分ですので、あえて書かせてもらいました!!
この話題は、今後も触れることがあるかと思います

で! その『おちまさと』氏が書き上げた詞は、本当に素晴らしいもので、一番共感したのが、この部分なのでした!!

『君がいない世界なんて大嫌いなんだよ』

言葉を操る職業の成せる業なのでしょうけど、この単純かつ明快な言葉は、誰もが思いながらも、なかなか口にしないのではないかと思ったときに、胸にしみるものがありました♪

5分を超える曲の中で、様々な言葉の渦に引き込まれてしまう名曲♪
俺の中では、考えさせられた1曲となりました

なお、この曲のDVDでは、面白い試みがあり、先ほど記述した『詞先(しせん)』を題材に、音楽を全く聞かせず、言葉(作詞の一部分)だけを見て、しかも自費で映像を作れコンテスト!みたいな企画ありました!!
これはもう、見ていただかないとわからないですが、うわぁ!こんな凄い映像クリエイターさんがいたんだ! と思うほどの、秀逸な作品揃いなのです!!
マキシシングルなどでは、ヴァージョン違いの曲がたくさん収録されたものは多いです
しかし、DVDが丸ごと『該当する1曲だけ!』の映像違いヴァージョンというのを見たこと無かったため、斬新でした!
その補足:
①この曲ばかりが、ずっと収録されています
②一応、メーカーサイドが普通のプロモも作り、それは当然収録されています♪
③なお、同じコンセプトで、この後に発表された『北風と太陽』でも、その試みが行われています

皆様がもし、そのDVDを見つけることが出来たら、それは 『買い!』 だと思います♪

今回、相当長い記述になりましたが、知りうることや、思い入れを記述するのが、このブログの使命(笑)だと思っていますし、音楽の楽しみ方などを、ここに書いていけたらいいな♪ と考えています!

とても素敵な曲なので、耳にする機会がありましたら、是非オススメしたいです♪
現在では、メンバー本人さんが、かなり意欲的に楽曲に取り組んでいる感があり、そして公式ページでは、彼女達のリアルな言葉も楽しめますので、是非御覧いただけたら! と思います
(3人とも可愛いので、男性にはさらにオススメですよ♪)

2006/05/04 追記
紹介している公式HPの中で、以下に記述する項目よりLOST Generation他、各発表曲を試聴できます♪
Windows Media Playerになりますが、各楽曲を選んでくださるようお願いします♪
ここ  ←から進んでください
なお、楽曲購入のセクションには、それぞれ個人の責任にて進むようお願いします

コメント

こうした切り口での記事もまた、自分らしさだと思っています!
自分のうろ覚えの知識しかないのですが、なるべく今の音楽が抱える現状だったり、枚数だけが単なる指標になってしまった昨今を振り返りながら、埋没させてはいけないと感じる音楽を、こうして伝えていけたらいいな♪という思いです
コメント記入は、どれだけ長文になってもいいと思うのです!
そこに込められる気持ちを、皆様で共有出来たら、それはまた素敵なことだと思うのです(*^_^*)
このブログでは、若年から高齢まで、そして、垣根を越えて様々な音楽を紹介したい、言わば隠れ家的な場所かもしれません!
お疲れの中、わざわざ立ち寄っていただけたことも感動ですし、そして、かけてくださる気持ちは、日々、癒しと温もりに溢れています!
いつも、感謝です!

慣れないなりにも、少しずつ前進するブログにしてみたいし、訪ねて来られる皆様にとって、休憩がてらに眺めていただけたら、それでいいですよ、ここは(^^♪

これからも、息抜きを兼ねてお越しくださることを希望します♪

追伸ですが、各種告知欄、及びお知らせの欄に書きましたことが、俺の一番重視したいところなのかもしれません
そして、リンクしていただいているCANCELさま(同郷でブログを運営されている、素晴らしい記事をお書きになる方です!)のところにも立ち寄ってくだされば、彼女が考えるあり方なり、俺が残してきた言葉を御覧いただけるかと思います(^^♪
落ち着ける場所にしていけたらいいですよ♪
ほんとにありがとうございます♪
ご祝辞ありがとうございます。
トップにて感謝の意を述べさせて頂きました。
不都合等ございましたら、
どうぞ遠慮なくおっしゃって下さいね*^^)
ご紹介いただき感謝です!
このブログに立ち寄ってくださる皆様が、繭優さんのブログにも立ち寄ってくださることを切望します!!
互いに感謝をしながら、自分の表現したい事柄を素直に語っていける場所!!
ブログがそういう場所になることを心から望みますし、交流の場が増えていくことをこれからも願いたいです!!
いつも本当に感謝しています!!
ありがとう♪
おちまさと氏にセンスには、脱帽です。
東京ローカル深夜番組のエンドロールで彼のクレジットを見てから・・・
番組の虜になるは、楽曲の虜にはなるは、
もう参りました。

以前、こんな番組を見たことがある。
もちろんおちまさと企画・・・
東京都庁前での、リレー形式の対談番組だった。
おとまさと→秋元康→青島幸夫
この順番で対談をしていく番組だった。
この3者の共通するところは、
一時代を作った・・・いや作っている
放送作家・・・それだけではなかった、
3人とも同じ学校の先輩後輩というつながりだ・・・
青島氏との都庁前の対談とは恐れ入った。
都知事時代の、あの、華々しい業績があるからこそ、今のお台場があるのだ・・・
彼の華々しい業績とは、動き出したら止まらないという公共事業のストップである。
あの博覧会を中止したいきさつなども青島氏は話していた。

こんな企画を立てた、おちまさと氏素晴らしいセンスの持ち主・・・脱帽です。
えと、おちさんのネームから、彼のページへリンク出来ますが御覧いただけましたか(笑)?
俺のブログでは単なる楽曲紹介ではつまらないので(?)、こうした裏技な情報を盛り込んでいくつもりですよ(笑)
その放映は、全てを見たわけではありませんが、微かに記憶にあります
そうですよね!てくまくさんの、おっしゃる通りなのですよね!
おちさんと言えば、そのマルチな才能が光りますが、今回の記事の中にあるDVDの中では、なんと彼がハンディーカム1台しか持たずに、イエジェネを撮影してしまった裏ヴァージョンまで収録されてしまってます!!
彼が直接撮影したものが公開されるだけでも、貴重かもしれないですよね!!
以上! 裏街道な我々2人のコメント合戦でした(^^♪

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。