智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 久々の雑談 → 筆者と携帯電話、という機材

たまには、音楽 (楽曲記事) から離れたところで、コラムではありませんが、筆者の思ったことなど書こうと思いました!
ということで、今回は携帯電話について!
■筆者と携帯電話の、最初の出会い
 まず、筆者が一番最初に <携帯電話> を所有したのは、いつのことなのか?
 それは <1997年 1月15日> でした!
 よくもまぁ、日付まで覚えているな? と思った人!
 筆者は案外、こうした日付など、手帳に書かなくても記憶してます (笑)

 そもそも皆様は、何がきっかけで、携帯電話を持とうと思ったのでしょうか?
 筆者の場合は <必然> でした!

 実は手前の 1月13日深夜 (というか、日付は変わって 1月14日のAMのことです!) に、今も乗り続ける <スーパーカブ号> ← かれこれ15年くらい、乗ってるものだと思います : こいつが深夜の帰宅の際、ご丁寧にパンクしてくれまして… (泣)
 筆者はこの当時、夕方から深夜~翌朝の勤務時間であり (アルコールも扱う飲食業務に従事しておりました!) 真夜中の冬の帰宅に、突然パンクですもん…
 今でこそ、携帯電話なんぞ、小学生までもが所有する機材でありますが、当時だとまだ、ビジネスマンでさえ <ポケベル> が主流じゃなかったでしょうか?
 それで、家族に連絡を取るにも、パンクした地点が、自宅まで2km、反対方向にある公衆電話までが2kmくらいの地点で (ど~せ、田舎暮らしですよ、筆者は…) 結局、寒空の中、単車を押して帰るしか、方法がなかったんですよね…
 接客業にいたこともあって 『これじゃ、真夜中の連絡に、どうにも不便じゃん…』 と奮起して、電気店に向かったんですよ!
 これが、筆者と携帯電話の、最初の接点でした!


■筆者が所有する (所有した) 携帯電話の機種遍歴
 皆様が愛用する機種メーカーって、どこですか?
 筆者の場合は <NTT DoCoMo> を10年以上利用してて、最初に手にしたのが <三菱電機> 製の機種だった為、その後ずっと <D> シリーズを使うことになりました!
 ということで、どういう型番を利用してきたかを書こうと思います!
1:D101 (色はブラックグレー系でしょうか?)
 まだ <mova> ですね! 当然 <iモード> などという、現在の主流など、規格すら存在せず、純粋に電話機でした!
 テンキー部分が隠れる <フリップタイプ> でしたね!
 ちなみにCMキャラクターだったのは <坂本龍一> 氏で、彼がキャラクターだったからこそ、選んでみた! という、原始的な理由がありますが (笑)

2:D203 (これもブラックグレー系だったと思います)
 これまた <mova> でした!
 同じくフリップタイプのものでしたが、筆者はフリップタイプの形状、すごく扱いやすかったように思います!
 仕事柄、携帯本体を胸ポケットに入れてる感じで、余計なキーに触れることなく、他社ストレートタイプより便利だったし!
 ちなみにこの機種は、弟のお下がりをもらい、変更手数料しか支払っていない為、相当安上がりでした!

3:D207 (いきなり、パール系ホワイトでしたね!)
 これもフリップタイプの機種ですが、カラーリングの綺麗さがありました!
 プラスティック素材がきれいというか、光の当たり加減で、ちょっと色が変化するんですよね!
 この機種を入手する際、今では考えられないかと思うのですが、機種変更なのに、色々販売店のサービスが重なって、本体価格が 1,500円 もかからなかったことを思い出します!
 かなり扱いやすかった機種で、機能的にも優れていて、この機種を見た、当時の勤務先の社長さんが 『これ、高いのか?』 などと、訳のわからないことをのたうちまわり、挙句、同じ機種を買うとしたら 『10万くらいあれば買えるのか?』 などと、正気の沙汰とは思えない発言をしていたことを、今でも鮮烈に記憶してますね!
 考えてもみてくださいよ?
 筆者にたいした給与も支払っていないくせに、携帯本体だけに 10万円 も支払えるか? って話ですよね…?
 このとき思いましたよ…
 金銭感覚の異なる人を、相手にしてはいけない、と (笑)

4:D503i (シルバー系のカラーですね!)
 筆者初の、iモード対応機種となりました!
 (それでもまだ、movaですよ! FOMAではありません!)
 この機種が、おそらく筆者最大の <携帯回線利用料> を払った機種かと思います (笑えない…)
 iモードサイトの利用はもちろんですが、当時、中距離恋愛 (遠距離とまでは言いませんが!) の相手がいて、通話に意味も無いくらい、費用をかけてたことを思い出します!
 筆者も相手も、普段絶対に会えないもんだから、ただの <電話魔> になってて、一ヵ月に60時間 (!!) くらいの通話をして、二人で毎月、合計金額が 8~9万円くらい支払っていたでしょうか…?
 (その当時のおかげで、ポイントが随分貯まったことは、おまけですけどね!)

5:D504i (サファイアブラックとかいう、青が混ざったような色合いです! 実は現在も現役なのです!)
 この機種から、今では当たり前になってる <折りたたみ式 携帯> へと変化しました!
 最初、それまで使い慣れた <フリップ式> から大胆な変化で、操作性に戸惑ったことを記憶してますが…
 しかし携帯に限らず、機材とは慣れ次第で、どうにでも使いこなせるものになり、通算すれば、最も長く利用してる機種になります!

※筆者の自宅では、相変らず FOMAエリア に切り替わらず、その結果 <外ではFOMA・自宅ではmova> という <デュアルモード> 利用を行っている為です!

 古い機種ではありますが <語句変換> に優れていたことから、自分での単語登録など、行わなかったですねぇ!

6:D901i (筆者初の、ブルーによるカラーリング!)
 ここから先が、やっと <FOMA> でしょうか!
 今でもメイン機種ですが!!
 しかも最近の <Dの90xシリーズ> ではおなじみの <スライド式 開閉方法> を取ったものでした!
 手前に発表された <D900i> も、本当は欲しかったけど、諸事情で販売が、当初発表から大きくずれ込んでしまい、筆者の場合 <901i> まで待っておこうかな? と思い、それで手にしたのが <D901i> であり、以下の部分の操作性を感じてました!
★スライドタイプの本体は、現在のような開閉用 プッシュボタンが無くて、指でちょっと力を加えてあげればよかったし、その意味では便利でしょうか!
★カメラ内蔵携帯を初めて所持しましたが、簡単な操作で高画質だったことが嬉しかったですね!
 うちのブログ読者様との、個人的交流の中で、近所で見かけた写真などを送信したこともありますし、猫写真などを撮影、それを加工して、祝辞写真として届けたこともありました!
★マイナス面としては <FOMAが901iシリーズ> になった際、それまで三菱のお家芸であったはずの <ジャストシステム社製 ATOK> が何故か取り除かれ、メールを作成する際に、ここまで日本語変換、バカなの…? と思えるくらいに不思議なもので、探したい変換をずっと選び続けないといけない状況で、かなり単語登録を行わざるを得なかったことでしょうか…
★もうひとつのマイナス、それは本体の厚さでしょうか…?
 筆者の場合、手がごつめというか、大きめなので違和感なく操作出来ましたが、手の小さめな女の子ユーザーなどには、扱いにくいものだろう…? と思います!
 重量については、重ための機種だったと思いますが、それでもたしか <SH901i> (大人気機種ですけどね!) よりは軽かったと思います!

7:D903i (オータムゴールドとかいう綺麗な色彩だと思います!)
 一応、最新機種でしょうか!
 ちなみにこっちは、サブ回線の機種変更にて購入したものです!
 (筆者は携帯を、二回線持っています!)

 この機種の購入時、比較して悩んだのが <F903i High-Speed> でしたね…
 あの独特のルックスに興味があったし (サイバーチックで、カラーリングも中々オシャレ♪) 本体メモリーも大容量!
 …予算が不足して、却下しましたが (泣)

 しかし、いつから携帯電話って、ひと昔前のPCよりも、説明書を読むことが面倒な品物になったのでしょうか…?
 果たしてこれだけの機能を、携帯電話に持たせる意味など、あるのでしょうか?
 最新モデルでもありますし、これから使い方を覚えようと思いますが、この機種で感じたことなどを、ちょっとまとめてみます!
 (まだ所有して10日くらいなので、ほとんど使っていませんが!)
★薄い!!
 まぁ703iに比べたら、それでも厚みがありますが!
★画面がキレイ!
 サイズも大きくなってますね、901iに比べたら!
★側面の凹凸が、異常なくらい感じられない!
 うまい処理を行っていると思いますし、端子を隠す方法が見事だと思いました!
★micro SD(TM)カードを採用、スロットがかなり小型化されたこと!
 だけどこれは、メディアの値段を考えれば <mini SD> のままでもよかったような気がしますし…
 しかしながら、筆者は自宅近所のディスカウントストアで、驚異的な激安カードを見つけましたっ!!
 1GB の micro SD カードがなんとなんと!
 1,980円 (税込み) にて発見っ!!
 早速購入して、もしフォーマットさえ出来ない粗悪品だったら、いっそPCで利用してみようか? などと思っていたところ、キチンとフォーマットも出来ました!
★音楽ファイルの対応ですが <WMA> (Windows Media Audio) 対応になっていたことでしょうか!
 D902iでは (iSでしたっけ?) ジャストシステム社の <BEAT-JAM進化バージョン> までも付属し、筆者のPC ビルトインソフトよりも新しいバージョンで使える皆様のことを、羨ましく感じたものですが、ここでマイナス面も発生しましたね…
 今までの音楽ファイルを、コンバートする必要がある、というか、そのままでは利用出来ないみたいで、こういう上位互換性だけは、いつでも統一してほしいですけどね…
★まだ利用していませんが、カメラ部分が、さらに高性能化してて、320万画素でしたっけ?
 ちょっと昔のデジカメ単体機がかすんでしまうほどの画素数を誇り、動画では、手ブレ補正も行うらしく、今度 <猫撮影> に活用してみます!

※マイナスに思った部分は
→スライドオープンが、プッシュキーを押す必要があること!
 (901iSから先が、こうだったと思います!)
→本体が薄くなったが故に、901iなどに比べると、キーの沈み具合が同時に薄くなってしまい、操作感が、かなり違和感あること
→金属系パーツが少なくなって、高級感に多少欠けるかなって印象を持ちました

 とは言っても、高性能機種だと思いますし、これから慣れていきたいですね!
 余談ですが、予想される次期マシンでは <904i> が、現在の <903iの、正当な進化系> であり <905i> は、今だと <F903i> とか <N902> で採用となっている <High-Speed> 化の回線を利用出来そうだと、先日ネットニュースで見かけた為、メインの携帯は <905i> で機種変更をしようと思っています!
※FOMA → FOMAの場合って、機種変更というより、買い増しとか言うんでしたっけ?


■皆様が携帯の機種選びで重視する部分って、何でしょうか?
 筆者の場合、同じメーカーのシリーズを、とことん継続するってとこでしょうか!
 先述のように、筆者はたまたまですが <NTT DoCoMo の “Dシリーズ”> を継続しました!
 機種の形状も <ストレート・フリップ型> ⇒ <折りたたみ型> ⇒ <スライド型> と変化がありましたが、なんとか慣れるもんだな! と思いつつ!!
 (その中では D503i の操作性が好みでした!)

 そして総合的な部分ですけど、現在の FOMA において
 <富士通製 “Fシリーズ”> と中身が(構成が)ほぼ同じで、mova時代の純然たる <“Dシリーズ” の操作性・構成> から変化していたのを最初に操作したとき、すっごく違和感があったことを除けば、これも慣れれば問題無し! ってことになりました!

 ただ、文字入力の変換だけは、使い始めの頃に <…もしかして今度の携帯、バカ?> と思うくらいに、面倒だと感じましたね…
 “Dシリーズの良さ” って、絶対に <文字変換の精度の高さ> にあって、やはり今まで進化を繰り返してきた <“ジャストシステム社” の “ATOK”> を採用していたことに由来し、この高性能の部分が、何故か <D901i> では却下され、メール作成や名前・地名登録で不便すぎたことを思い出さずにはいられませんでした…

 その後逆転現象が起きて、基本的に <富士通開発部分> を踏襲した <三菱携帯> でしたが、最近では <三菱開発部分の良さ> を <富士通携帯> も採用!
 先ほど紹介している <ジャストシステム の ATOK> が <富士通携帯> にも採用され、ユーザーの声が反映された結果なのでは♪ と筆者は嬉しくなりました!

※<FOMAシリーズ> では、共通ソフトを採用することで、他社携帯同士でありながら、操作性がほぼ一致する構成となり、以下の関連性があることは皆様、言わずともご存知だと思います!
 ★NEC製の “Nシリーズ” ⇔ 松下製の “Pシリーズ”
 (パナソニックの “P” だから、松下の “M” にならないんですね!)
 ★富士通製の “Fシリーズ” ⇔ 三菱製の “Dシリーズ”
 三菱の “D” ですが、なんで “M” じゃないの? と思う人は多いという気がしますが…
 これは他の商品を御覧頂ければわかることですが、三菱製品では <DIATONE>(ダイヤトーン) とか、自動車でも <DIAMANTE>(ディアマンテ) などがあるように、先頭に <DIA>(ダイヤ) が用いられること、あります!
 他にも <ダイヤモンド・シティー> など (こちらは “三菱商事” さんが関係してます) のネーミングが示しているように、社名に含まれる <菱 = ダイヤ> という意味合いから、携帯でも “三菱 = ダイヤ = <D>(DIAの先頭文字)” ということで <三菱 ≠ “M”> という事情があります!

 おっと、ここでは 『携帯電話に求めること』 でしたね?
 筆者は今回 <D903i> を購入して感じましたが、果たしてここまでの機能が必要なんだろうか? という印象ですねぇ…
 だったら何故 <703i> とか <902iS> を買わないの? と言われそうですね…
 それは単純に予算の部分もありましたし、使い慣れた <901i> の操作性の延長だと思ったからです!

 皆様、自分の携帯電話の性能を、果たしてどこまで利用しているのでしょうか?
 最近の携帯電話って、ほんと All-In-One になってて、今回の <D903i> だけでも、こういう機能が満載ですよね!
★音楽機能
★FMトランスミッター
 (保存してある音楽を電波で飛ばせる機能、です)
★GPS機能
★おサイフケータイ
★デコメ絵文字
★プッシュトーク
★国際電話機能
★320万画素カメラ
★データ通信機能
★PDFファイル
★フルブラウザ

 ここで筆者がもし利用するなら <音楽機能> と <FMトランスミッター> 部分でしょうか?
 まだ利用していませんが!! (…まだそこまで時間無し)

 ふと考えたんですよね!
 ひと昔前のPCより高性能じゃん? という印象です!
 何故作ってくれないのでしょうか?
 <90xi シリーズと 70xi シリーズの中間に位置する機種> などを?????
 超高性能 と シンプル の中間くらいのバランスを保ってくれると、筆者は嬉しいですが!

 あと、どうしても全携帯会社にお願いしたいことがあって!
●タフボディー 携帯!!
 この部分では <au> さんが名作を発表してましたが!
 最近では <F703i> なども防水携帯として人気の機種ですけど、例えば外出先で、ちょっとした雨天だからと、故障が嫌だから、携帯を利用出来ないなど、携帯性の利便を損なうようでは、携帯って意味さえ薄れるような気がしてなりません…
 全メーカーが、これを重視してくれると嬉しく思います!

●長持ちする電池
 これも開発、進められていると思いますが、ここでメーカーさんにお願いしたいのは、
 『今後発売される新機種だけに対応』 させても、意味無いんですよ!
 既存の携帯電話に対応させてこそ、意味があると思うんですよね!
 商売ですから、新機種を売って企業価値が上がるという理論は、間違いでもないと思いますが、これからの企業って、いかに不要な本体を作らずに、既存の高性能を長く使ってもらい、資源や環境に配慮出来るか?
 これは最優先して考えて欲しい部分です!

●本体に取り付けずとも、充電出来る電池
 筆者は先述している通り <DoCoMoユーザー> ですけど、他社携帯にはあるのでしょうか? この機能は?
 その昔ですが <D101> を利用していた頃は、充電スタンドに、予備の電池パックさえ所持していれば、その電池も充電出来るという画期的な機能がありました!

 これ、ウォークマンなどを利用していた人だと、簡単に理解出来るでしょうけど、別の充電用電池だけを充電アダプターにはめ込んで、コンセントに差し込めばよかったこと、思い出していただけるでしょうか?

 本体だけを、無意味なくらいの高性能にするもんだから、当然電池の消耗も加速、その一方で、予備の電池も持ち歩けない状況では、ほんとの進化だと思えません!
 本体を利用してても、予備電池を充電出来る環境も整えてほしいものです!


 音楽記事以外のことを長々書きましたが、生活に浸透した機材だからこそ、今回書いてみました!
 他社携帯ユーザーさんも、感じたことをコメントして下さると嬉しいです!

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。