智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0195 鬼束ちひろ  いい日旅立ち・西へ

前回記事の文末に 「次回記事も旅情編」 だと宣言しておきましたが、その方針にて今回も楽曲など!

いろんな音楽CDを所持し、その論述を我がブログで行っていますが、ふと思いました!
カバー楽曲って、すっごく好きな筆者は、オリジナルとカバーの比較をします!
ただ、多くの場合はアレンジ違いで終わること、それだけだと思うんですけど…?
今回は、ある意味、とんでもないカバー作品なのかもしれません!
 (注意:名作の意味での <とんでもない> であり、あまり例を見ないカバーの形ということで、本文も書きます!)
鬼束ちひろ さんで
『 いい日旅立ち・西へ 』 の紹介です!
2003年発表
オリジナルは語るまでもないですが <山口百恵> さんにより大ヒットした 『 いい日旅立ち 』 です!
 ※共にJR (以前は日本国有鉄道) のCM曲である共通点などがあり、それも踏まえて記事では紹介します!
鬼束(おにつか)ちひろ さん:
 一応筆者の過去記事でも紹介しているので、そちらも時間があれば御覧下さい!
 (過去記事)
 → 0038 鬼束ちひろ  月光(2006年6月4日記事)

<略歴>
◆2000年2月に、シングル <シャイン> にてメジャーデビュー!
 ※後に高い評価をされる楽曲ですが、デビューの頃には、ほとんど売れなかった楽曲なのでした…
◆2000年8月、彼女を代表する楽曲ともなった <月光> が大ヒット!
 テレビドラマ主題歌としてヒット、それ以上に、高い音楽性に注目が集まり、真正面を見据えて歌う彼女のプロモクリップの独創性にも評価が集まり大ブレイク!
◆その後もヒット楽曲を多数世に送り出しますが、体調に異変をきたしたり、活動歴の中では、彼女なりの苦悩も多かったと思われます
◆2004年にシングル <育つ雑草> をリリースしていますが、いきなりの路線変更、そしてそれ以後のシングル・アルバムリリースが行われなかった状況で、ファンならずとも、彼女の今後を心配した人は多く存在したと思います
◆2007年3月現在の一部報道では、久々活動再開の様子 (準備期間) であり、近々彼女の独創的な音楽を聞けるだろうという期待があり、筆者も楽しみに待っているところです!


楽曲 『 いい日旅立ち 』 そのものの補足リンクなど
 → いい日旅立ち Wikipedia (フリー百科事典)
 ※パソコン環境より御覧ください!

 このリンク (Wikipedia) ですけど、元々 <山口百恵> さんがヒットさせたオリジナルバージョンについての記述です!
 しかし驚くべきことに、楽曲名である 『 いい日旅立ち 』 の中に、実はふたつの会社名が隠れていることなど、歴史的事実の記述もあるので、音楽を離れた部分でも、皆様の発見があるかと思います!



 さて筆者の記述などをこのあたりで!
 先述しているように、今回の 『 いい日旅立ち・西へ 』 は <鬼束ちひろ> さんによって、2003年に発表された <JRのCMソング> となりました!
 このCMの主旨ですが <JR西日本 DISCOVER WESTキャンペーン> なるもので、CDの帯にわざわざ企業としての目的が印字されているんです!
 (ここまで書くのが珍しいのでは? と思えるくらい、丁寧なものです!)
 そのラスト部分を引用しますが
「西日本への旅の素晴らしさをアピールすることを目的とした」
 こう、はっきり明記されているんです!
 キーワードとして
 <瀬戸内海> <下関> <厳島> などを紹介していますが、なんかこれを読みながら 「しゅ、修学旅行コースに重なっていませんかぁ?」 と思いましたが (笑)

 筆者は九州在住なんで、日本列島を東西で分断すれば、西日本エリアに属しますが、それでもJRの分割では <JR九州> を利用するユーザーで、CMキャンペーンのエリアでは、関西以降九州入り口までが対象になっていることは間違いないです!
 (下関が含まれると、関門海峡・関門橋をすぐイメージするんですよね!)


 さて、そういうJRのCM系はここまでにして、冒頭で触れているように、今回の <いい日旅立ち・西へ> なる楽曲!
 いったい何が、普通のカバーと異なる部分なのか?
 ここを取り上げてみようと思います!

 筆者は様々なカバー楽曲が好きで、このブログの中でも、いくつか紹介してきた過去がありますが、洋楽カバー楽曲以外って、普通、リズムとかキーが異なっても、基本的に同じメロディー、同じ歌詞でカバーされるはずです!

 ところがこの <いい日旅立ち・西へ> なる作品…
◆メロディーは同じ!
◆歌詞がまるで違う!!!!!
 といった、非常に珍しいパターンの楽曲なのです♪

 筆者による過去記事の中で、特に歌詞が変貌を遂げた楽曲では、こういうものを紹介しています!
<筆者の記事>
 0004 中谷美紀  クロニック・ラヴ (2006年5月4日記事)

 これ、オリジナルが 故 <岡田有希子> さんの <WONDER TRIP LOVER> が最初で、さらに作曲者である <坂本龍一> さんがセルフカバーを行った <Ballet Mecanique>(バレエ・メカニック) という作品になり、さらに <中谷美紀> さんが <クロニック・ラヴ> としてヒットさせた経緯があります!

 ですが、これら3作品では、すべて作詞を手がけた人物が別人で、基本のメロディーだけを使ってアレンジ違いとなっている為、どことなく理解出来る気がします!

 では、今回の <いい日旅立ち・西へ> では、いったい何が違うのか?

 元々の <いい日旅立ち> って、作者が誰ですか? と聞かれたら、たぶん多くの皆様はご存知だと思いますが、あの <谷村新司> さんの作詞・作曲のものです!
 彼自身によるセルフカバーも、大人の魅力溢れる作風で、かなり好印象です!

 ならば <鬼束ちひろ> さんが歌う <いい日旅立ち・西へ> の作詞を手がけているのは誰でしょうか?

 実はオリジナルの作者である <谷村新司> さん本人が、わざわざCMの意図に沿って、新たに書き下ろした歌詞なんです!

 ちなみに Wikipediaによる <いい日旅立ち・西へ> の解説によると、元々の <いい日旅立ち> は、北へ向かう旅を、そして今回の <いい日旅立ち・西へ> では、読んで字の如く、西へ向かう旅をテーマにしているとのこと!


(筆者の余談)
 北に対極するのは、南じゃないのかな? と思いつつ、日本の地形を考えると、やはり西なのでしょうね…?


 それ故、この <いい日旅立ち・西へ> では、歌詞全体がCMめいているというか、これを聞きつつ列車の旅をすれば、旅情満点だろうな♪ と思える、さすが御大 <谷村新司> さんのセンスを感じる次第で!
 編曲を手がけているのは <羽毛田丈史> さんで <鬼束ちひろ> さんの一連のヒット曲、例えば <月光> などで聞かれたアコースティックな感じを大切にしたもので、今作もクラシカルな要素を盛り込んだ、どことなく癒しを感じる内容になっています!

 筆者はかつて、幼少時代ですけど、何故か鉄道写真を撮影しまくっていた時期があり、それは今でも眺めることがありますが、今の暮らしの通勤手段が 「電車」 メインということもあり、時間にして、片道20分くらい? の乗車時間の中で、ふと列車にまつわる楽曲を、無意識に連想することがあるんです!
 その中でも <いい日旅立ち> や <いい日旅立ち・西へ> を思い浮かべることが多いのは、おそらくこの歌詞があるからだと思います!

 『日本のどこかに 私を待ってる人がいる』

 …筆者のことを待っててくれる誰かがいるとは、付き合ってる彼女がいるわけでもありませんし (正直なところであり、否定しませんが!) 日々の実生活上からは、思えない状況ですけど、こうしてブログなどを立ち上げ、交流してくださる皆様、そして読者様がいる状況で、見もしない、会ったことも無い <誰か> が、日々訪れてくださることを、カウンターやアクセス解析から知り、遠い未来かもしれませんが、いつか実際に会うことなどあればいいな♪ と思うし、もしかしたら、知らず知らずのうちに、自分が暮らすエリアですれ違っている誰かが、読者様なのかもしれないし!
 ふとそういうことをイメージしながら、この内容を書きつつ <いい日旅立ち・西へ> を聞いています♪

 また、これだけの名曲なので、当然というか、カバーバージョンも存在します!
 とはいえ、オリジナルの <いい日旅立ち> のカバーですけど♪

 2007年発表された <中森明菜> さんの、ここしばらく真剣にリリースを続けてきた <歌姫シリーズ> の総決算的アルバム
 <歌姫ベスト ~25th Anniversary Selection~> の中にも収録され、さすが <中森明菜 ここにアリ♪> というべき、高いレベルの楽曲になっていて、これも皆様、必聴のバージョンだと思っています!

 その他にも <徳永英明> さんや <I WiSH> によるバージョン、さらにオリジナルの作者である <谷村新司> さんバージョンもありますので、皆様、是非すべて聞き比べてください♪


 いつか旅でも、ゆっくり出来る生活などを!
 そう思うんですけど、同時に考えることもあるんです!

 思い出したくない人も、きっと多いと思うんですが…
 時に列車って、あれだけの過密ダイヤのもと、どれだけ高速輸送を行うか?
 それだけが主眼になってしまっているようにも思います…

 車だと、たった一人定員オーバーするだけで、交通違反の対象となるくせ、列車などって、乗車率200パーセントなどと、平気でニュースで語られる…
 どっか、矛盾してないの?
 年末年始、それとか来るべきゴールデンウィークなども、おそらくこの話題は必須だと思うんですけど、今一度、国民の皆様にも、もっとのんびりする気持ちを持ちましょう! ってこと、そして安全に、命があってこその人生なんですよね? という再確認などを、この記事から考えてもらえると、運行する側の会社のモラル、そして乗車する側の、一つ覚えの団体行動など、見直すきっかけになれば、楽曲を紹介しつつ、問題提起になるような気がしています!

 より良い運行を!
 そしてこの先、いい乗車が出来ますように!
 列車の乗客のひとりとして、思う次第です!


今回のリンク先
いい日旅立ち・西へ  Uta-Net  (歌詞掲載部分)
いい日旅立ち  Uta-Net  (歌詞掲載部分)

 どれくらい歌詞が異なるのか、両方とも読み比べてもらうとわかりますので!

コメント

今晩は!
卒業ソングですね・・・というより卒業をイメージさせる曲?
ディスカバージャパンですね~。
っていうか、智さん、撮り鉄でいらっしゃったんですか!?私も10年位前に地元の大手私鉄から「関東の名車」と言われる車両が引退するときに撮り鉄してましたよ♪
「いい日~」を卒業シリーズとして記事にしようかなと思って調べてたら、「日旅」「日立」のことを初めて知りました。そういえば地元の電車にも日立製があったな~と思った私はやっぱり「準・鉄ちゃん」かな(笑)。。。

そうそう、妻はちひろさんの「西へ」の方が好きでCDを持ってるみたいです。
これさぁ、作者の谷村さんも語っていますが、俺も思うのね、
『こんな明るくない曲、なんで卒業式なのさ?』 って (笑)
なので、世間の皆様が、おそらく自然に紹介するであろう卒業関連楽曲など、絶対に 『紹介しない!』 が3月のコンセプトなのです!
…まぁ、こんだけ更新が出来ない状況では、予定も何もあったもんじゃないけどさ?

鉄道写真ですけど、俺が関西在住の頃、叔父の家がブルトレなど多数停車する駅の近くで、喜んで撮影しまくっていたんですよ!
ちなみに叔父の親父さんが、国鉄職員OBだったから、撮影には当時の国鉄職員さんが、かなり協力してくれたことが懐かしいです!

九州ってエリアですが、私鉄をあまり見かけないですよ?
福岡以外の場所では??
 (福岡には、あの西鉄がありますからね!)
関西にいた頃は、阪急、阪神、南海、近鉄など、私鉄もたくさん見れたから嬉しかったけどねぇ…♪

オリジナルの <いい日旅立ち> だと、絶対どこでも紹介されるだろ (笑) と思って、俺はこちらを選ぶことにしました!
折りしも <鬼束ちひろ> さんが今年、シーンに復帰しそうな勢いがあるので、彼女にエールを贈る意味でも書きました!
※彼女が九州出身のアーティストだから、という気持ちもあるの!

奥方も所有するんですね、これを♪
何故かこのシングルだけが、悪名高きCCCDなのは何故でしょうか…?

(追伸)
うちの更新ですが、ほんとはなんと、新規追加のリンク先様などもアップする予定なんですが、色々と間に合わない状況ですねぇ…
今回は、音楽ブロガーさんの新規参入なので、仲良くしてくださいませ!
  • 03月 19 2007
    • 2007/03/19(月) 21:34:59
    • [ 編集 ]
    • URL
    • ひなた@エロひな! #whKRIAGo
ちひろさんって歌い方(振り付け??)が独特でしたよね~。

しかしこの曲って元が素晴らしいので
どの方が歌っても、ひとそれぞれのいい味がでますよね♪
お久しぶりでございます!
さっき帰宅して、別作業をしてたんですよ、パソで!
で、俺のブログですけど、PCの前にさえ座っていれば、コメントがあると、すぐにツールバーに、その情報が表示されるようになってて、ん?誰だろう? などと思っていたら、ひなた女史だったという♪

歌い方に個性がある女性シンガーさんと言えば、今回の <鬼束ちひろ> さんや <Cocco> さん、他にも <一青窈> さんなどが代表でしょうか!
手振りがどこか極端というのか、あとは表情でしょうか (笑)

この曲は、やはり日本を代表する名曲のひとつだと思うし、これから先も、ずっと歌い継がれていくことでしょうね!
ただ、下手な人に、歌ってほしくない曲でもあり (それは、谷村さんサイドからも、百恵さんサイドからも、当然許可が下りないことでしょうけど!) 抜群の歌唱力を誇る人だからこそ、名曲の価値が上がると、俺は信じています♪
URLをクリックしたい衝動に駆られるお名前です。
我が家では「3対1」で私ひとりだけが男だし、PCはみんなの普段いる部屋に妻のPCと並んでるし。。。

何言ってるんだろう(笑)。
そうそう、手がヒラヒラと。独特な感じですね。
何故 <ひなた女史> が、数多くの読者のみならず、特に同性ブロガーさんの絶大なる支持をされているか?
それは実際訪問しないとわからないからさぁ(^^♪
ちなみに、我が家で名前を書かせてもらっている皆様方、特に <大人カテゴリー> にいらっしゃる皆様は、俺のような、こんなマイナーブログに、何故訪問してくださるか、わからないほどの人気の皆様だし、著名な皆様方だったりします!

ただ、皆様の意識の中には、音楽が好き♪ という、極めてわかりやすい理由が存在し、それで訪問をいただいてる、というのが本当のところでしょうね!

はるりんさん家、FTTHでしょ?
俺みたいに、アップもダウンも激遅状況じゃないんだし、サクサク画面遷移しながら、皆様のブログを楽しみましょう!
ちなみに俺の環境ですけど、はるりんさん家を開くだけでも、ロックしそうになるとき、あるもん、ブログ…
ただし!
FTTH ≠ 速度が速いの法則、案外皆様、知らないんだもんなぁ…
特にWindows XPでは、内部設定を変更しない限り、どんだけ回線が高速でも無意味であること、特にうちの読者様には、学んでほしいところですけどね!

さて、肝心のコメントに対する返事など書きましょうか (笑)
手の動きが独特なのって、きっと本人なりのリズムの取り方なんだと思います!
ちなみに俺の場合ですが、楽器を弾く場合だと、普通の皆様だと、おそらく
<1、2、3、4、> と数えると思うんですよね?
ですが、この数字の隙間にある <、> の部分を数える <裏打ち> の方のビートを取る為、演奏している際の <首の動き> などは、見ている観客からすると、ものすごく面白いそうです!
 (こっちは必死なのにさ?????)

(余談)
<ひなた女史> ですが、バンド経験者さんだよぉ~(^^♪
彼女のファンでさえ、案外知らない情報かも、です!
 (実は過去記事の中で紹介されていますが!)
  • 03月 20 2007
    • 2007/03/20(火) 10:33:44
    • [ 編集 ]
    • URL
    • amorecat #-
こんにちは☆amoです!!!
鬼束ちひろさん…amo大好き!!!Coccoさんも…
ウン。独特の世界観がある方は…音楽という世界でもステキです!!!
歌う姿はもっと魅力的ですよね…マネは無理な高度な世界ですw
ウーン。こういう歌を歌う方…歌い方…好きだなぁw

あ!!!先日ひなたさんに遊びに来ていただき
amoも今朝ご訪問+ご挨拶しきました!!!
…一緒のコラボ企画に参加してました…
…amoは始めての企画??コラボ??参加でしたが…
そうなんですよね…こちらでお名前拝見してましたモノネ…
こちらは素敵な方が多くて改めてビックリ+加えていただき感謝です。

実は先日メニエル病が再発したらしく難聴が進んでいて
飲み薬の服用が始まったのですが…
副作用的なものが辛くて…半泣きですw
少しでも早く慣れますように…

この曲は名曲ですよね…西へ…
と加えられている謎が解けましたw
amoは修学旅行で"九州"へ行きましたよ…
博多・大宰府・熊本・阿蘇・長崎・ハウステンボスetc
九州ってもの凄く暖かいイメージがあるのですが
最近はどうですか???お忙しいでしょうけど
お体大切に…ココロを込めて…amo
大変なさなかに訪問、ありがとうございます!

<鬼束ちひろ> さんや <Cocco> さんに共通することって、どこか鬼気迫る部分も備えていることでしょうか…?
音楽性が、決して恐怖とか悲壮じゃないんですが、彼女達が歌唱するとき、パフォーマンスを行っているときって、もしかしたら <何かが降臨してるんじゃないか?> と思えるような表情だってり、視線だったり…!
音楽家ですから、ほんとはこれくらいの <独特の張り詰め方> などを感じられるといいのですが、例えば見かけ倒しのロックバンドなど、どんだけ自らを着飾ろうと、大げさにストーリー仕立てで語ろうと、普通の人なんでしょ? と悟られてしまうくらいの存在感でしか語られないんですよね…

その意味では、彼女達の方が、もしかしたらロックミュージシャンよりも、ワイルドでパワフルなのかもしれません!


今回amoさんは、初の参加でしたね!
俺は今回、皆様方にコメントを残せる状況ではありませんでしたが、あのコラボに参加されてた皆様、あるいは以前参加されていた皆様など、長く交流させてもらってます!

あまりの短期間に集中してコラボが開催されると、本来自分がファンであるブロガーさんが、参加することだけに集中してしまい、読者がおざなりになってしまいそうなので、こうして時折行われる状況だったら、皆様の交流も深まることだし、応援しようと思います!
 (頻繁に開始されるのは、あまり好ましく思えないのは、以前から変わらぬ思いなんですけどね?)

<ひなた女史> ですが、ブログ以上に人柄が良い人だと、俺は思っているんですよ、以前からずっと!
そして音楽に対する的確な意見を持っている人で、彼女の中にある芸術性を感じています!
ちなみに…
最近では見かけることもありませんが、彼女がかつて、自ら描いていたイラストなどは、まさに芸術作品だと思います!
 (デフォルメの始祖って感じ、しますもん(笑) 名作を多数発表してます!)

メニエル病ですが、やっかいなものですね…
もし俺が、自分でこの症状を抱えたら、思いっきりヤケでしょうね…
何の取り柄も無い俺の唯一の自慢が、聴力と聞き分けだと思ってますし!

それとですね、最近では回復しつつありますが、一時期、薬剤が全く効果無く、つらかったことを思い出しますね…
 (入院生活とか、正直戻りたくないですからね…)
amoさん、人間って、最後は体が資本で、健康が全てだと思いますので、どうか無理することなく、時間の許すときは、のんびりしてくださいね!

最後ですが、この歌詞にある <西> の意味、伝わったかと思います♪
そういう事情がありました!
 (Wikipedia などに詳しく紹介されています!)

最近うちの記事は、あえて (というか、わざと…?) 旅情編みたいな内容に統一していますが (理由は後日判明しますが!) amoさんがおっしゃっている九州まで含め、さらに旅情編の楽曲が続くんですよね (笑)
この旅情編のあとは、一気にモードが切り替わりますので、是非注目してくださいね♪
  • 03月 21 2007
    • 2007/03/21(水) 08:38:09
    • [ 編集 ]
    • URL
    • yuki #-
おひさしぶりです。

あたしも鬼束ちひろ好きだったです。
ただ、この曲は聴いたことがなくて、
「なんで今カバー?どこ行くちひろ」って思ったまま、
なんとなく離れてたのがほんとのとこ。

この記事読んだ今は、聞いてみたいなと思い始めました。
youtubeとかにないかな・・・ ←貧乏人
俺の自宅では、何気に <鬼束ちひろ> さんが流れていたりします!
その反対に、買ってみたけど、コピれば売ってしまうであろう、最近のヒットアーティスト (たぶん世間では、そうなのでしょうけど…) のアルバムが、全然聞かれることなく、封を切らないまま机の横で、ひっそり並んでいますが…

確約できませんが、記事にも触れたように、どうやら彼女は今年、久々に始動するようですね!
yukiちゃんが慣れ親しんだ頃の音楽性とは、異なるかもしれませんが、彼女らしさの <何かが感じられたら> それでいいように思いますし、期待したいところです!

ちなみに…
アンチ You-Tube 派閥にいる俺ですが(理由は後日でも紹介しますが!) yukiちゃんがこの曲を聞ける日までは、そう遠くないと思います!
俺、はっきり言って貧民ですけど、yukiちゃんの (今回のコメントでの) 協力、出来そうなので♪
 (その理由も、あとでお知らせしますね!)

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。