智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0188 Little Kiss A.S.A.P.

2007年2月14日
皆様にとってのバレンタインデー、いかがお過ごしでしょうか…?
筆者は今年も一人きりで過ごしていますし、何ら人生に関係無い日、でありますが!
 (ほ、ほっといてくれ…というのは、毎年の叫び、かも?)
おそらく巷では <国生さゆり> さんの <バレンタイン・キッス> を題材にするブログや、彼女のこの曲を楽しんでいる人、多いと思います♪
筆者はどこか世間ズレしてるとこがあり、世間の皆様がきっとこうするだろう! と思えることから絶対に従わない性格を持ち合わせている為、あえて別の楽曲を選ぶことにしました♪
 (だからいつまでも一人、なんだろうか…?)
Little Kiss なる二人組によるこの作品!
『A.S.A.P.』 の紹介です♪
 ※ これが誰なのかは、記事の続きを読んでくださいね♪
1997年発表
この曲のプロモーションは当時話題になりました!
そしてCM楽曲として <銀座ジュエリーマキ ラプソアモイメージソング> となり、頻繁に流れていました!
Little Kiss:
 このメンバーを即座に回答出来る人って、この当時をリアルタイムに過ごした人、ですね (笑)
 それぞれ超有名な芸能人であり、この記事を読んで、
 『え、えぇ~? この2人のユニット、なの~?』
 という反応をする皆様は、是非この曲のCDを探していただきたい、です!
<メンバー:生年月日順、敬称略>
◆石橋貴明(ご存知、とんねるずのタカさんです!)
◆工藤静香(セブンティーンクラブ~おニャン子クラブ~ソロへと、華麗な芸能キャリアを持つ実力派!)

 何故この両名によるユニットになったのか?
 この部分は長年人気を誇ったこの番組がきっかけでした!
→ <とんねるずの生でダラダラいかせて!!>
 (通称は <生ダラ> でしたね!)

 元々幅広い交流を行う両名にとって、企画段階から意気投合したことかと思われますが、実はこの番組、様々なコラボ楽曲を発表するものとして、その意味でも画期的だったように思います!
 代表例は、こういうものです!
★浪漫-Roman-
 (憲三郎&ジョージ山本)
 あの <北島三郎> さんプロデュースという、演歌界の実際の世界でも、めったに実現しないであろう企画を成功させ、なおかつ紅白に出演していることを考えると、コラボ、恐るべし! ということになりますね!

★Freedom
 (ANDY's)
 石橋貴明さん・定岡正二さん・デビット伊東さんという超異色メンバーのバンドでしたが、これまたあの <佐野元春> さんプロデュースという豪華な内容で、テレビに基本的に関わらない孤高のロッカーが参加していることも、今考えたら、なんかすごいと思います!

 そして今回の <Little Kiss> による <A.S.A.P.> となりますが、この楽曲に関して言えば、まさにメンバー両名にとって長年に渡る交流が続いてきた盟友、
 <秋元 康> さんの作詞 兼 プロデュースにより実現を果たしています!

 <工藤静香> さんの音楽的センスが高いことや、定評ある歌唱力、これはもう話すまでも無い事実ですが、対する <石橋> さんって、本体である <とんねるず> 時代の作品では、特にシングル楽曲に限定するなら、ユニットそのものの特性から、一部真面目な楽曲も存在するとはいえ、基本的にエンターテイメントにこだわった <笑える・楽しめる・コミック的> な楽曲が多かった人だと思います!

 それではこの <A.S.A.P.> という楽曲、どういう内容だったのでしょうか?

 先述していますが、作詞はあの <秋元 康> さんによるものです!
 作曲・編曲には、特に <工藤静香> さんの多数のヒット楽曲を作り上げた名プロデューサー <後藤次利> さんが起用され、極めて高い楽曲性を発揮させました!

 1997年時点ではすでに <石橋さん・工藤さん> 両名とも抜群の人気、そして実力を有する著名人であり、かつ大人な魅力も備えていましたし、この楽曲は、その両名が
 『大人の恋愛』 という部分に、徹底的にこだわって作られたことが伺える内容となりました!!

 この楽曲が生まれるきっかけにもなった番組 <生ダラ> って、当時御覧になっていたであろう読者様だと、すぐに名物コーナーが思い浮かぶほど、バラエティー性の強い内容だし、後年 <野猿> などで真面目に音楽に取り組むこととなった <石橋> さんではありましたが、もしかしたら <とんねるず> 的な路線を踏襲するのでは? と噂されたことを払拭するかの如く、どこまでも <アダルト:大人> なイメージを二人で表現することに成功しました!!

 歌詞もすごく大人の恋愛って内容だし (文末リンクから御覧頂きたいです!) 、楽曲のメロディーもアレンジも、大人好みの内容になっていると思います♪

 この <大人イメージ> という部分ですが、以下に記述する内容が大きいと、筆者は思っています!

◆<後藤次利> さんの圧巻のプレイ!
 名プロデューサーとして名高い彼ですが、元々は超一流のベース・プレイヤーでもあります!
 彼が手がけてきた多くのヒット曲の中では、いわゆる <打ち込み> のベースやリズムなども聞けますが、楽曲によっては、彼の天下一品のベースプレイを堪能出来ます!
 もちろん今回の <A.S.A.P.> の中でも彼の
 『うねりまくるビート感』 が発揮され、しかも贅沢なプレイとして
 ●彼の生プレイは、実はAメロに相当する部分しか使わなかったこと!
 ●それ以外の部分は、強烈な音色によるシンセベースを使ったこと!
 などは特筆すべき部分だと思います!
 彼くらい、日本を代表するベースプレイヤーならば、わざわざシンセなんかを使うこと無く、全曲で生演奏をすれば済みますが、楽曲の中で、いかにふさわしいプレイがあるのか? アレンジがあるのか? という部分を追求すると、これが自分の仕事ですよ! と言わんばかりの緻密さを誇り、それが結果として、楽曲全体を高めている訳ですし、まさにプロの仕事、です!!

◆コーラスアレンジだけは、このベテランに依頼していること!!
 その人はズバリ <坪倉唯子> (つぼくら ゆいこ)さんっ!!!
 彼女の名を見ただけで、声がイメージ出来る人は、相当マニアックなリスナーだと思いますが、実は多くの皆様がきっと、彼女の意外な姿をご記憶していることだと思います!!
 それはあの <ちびまる子ちゃん> の初代エンディングテーマとしてミリオンヒットにまで輝いた名曲
 <おどるポンポコリン> 他、多数の大ヒット曲を生み出した <B.B.クイーンズ> のフロントメンバーとして、奇抜なファッションで歌っていたのが彼女なんです♪
 しかし実は、元々超一流のソロシンガーとして、または <B'z> や <吉田拓郎> さん、さらには <中島みゆき> さんや <渡辺美里> さんらのバックコーラスを務めるなど、長いキャリアと高い表現力から、業界でも名の知られる存在なのです!
 彼女自身のソロ楽曲でも <ジュテーム> (テレビ朝日系ドラマ「ジェラシー」 主題歌) などが大ヒットしている実力派、です!
 その彼女が、この <A.S.A.P.> でコーラスアレンジを担当、彼女自身も参加しているそのコーラスパートは、ゴージャスかつパワフル! なものであり、楽曲全体を引き締めています♪

◆リズム全体が、ものすごくカッコいい!!
 これはもちろん、先述している <後藤次利> さんのセンスによる部分が多勢を占めますが、それ以外にも集結している演奏メンバーの力量、そしてマニュピレイター (打ち込みのスペシャリスト) の才能の結実となったお手本だと思います!

◆メロディーラインは、案外シンプルであったこと!
 これ、案外見落とされる部分じゃないか? と思いますが…
 世の中には多数のデュエット・ソングが存在しますが、歌い手がとことんプロで、その人しか歌えない、という作品も、もちろん存在します!
 しかし <ヒットする:つまり売れる> 要素で大事なのは、やはり誰にでも親しめる、あるいはカラオケなどで真似して歌えることは不可欠で、基本となったメロディーの部分、案外誰でも挑戦出来るものに仕上がっています!
 (うまくハーモニーになるかどうかは、真似する人の音感によりますけど、ね?)
 この相反する内容としては、インスト部分 (要は演奏部分です!) って、コードネームを採譜するのがうんざりするくらい複雑で、各パートを譜面にする作業など、絶対に行いたく無い程、難しい、ですよ!


 これらの要素が絶妙に絡み合って、数あるデュエット・ソングの中でもクオリティーの高い楽曲に仕上がっている名曲だと思います♪

 ちなみに…
 筆者の場合ですけど、もちろんこれ、完璧に歌えます!
 (一応ですが、楽器弾きだし、とりあえず <絶対音感> はありますので!)
 それと <後藤次利> さんのベースに憧れてきた青春時代を過ごしていますし、この <A.S.A.P.> のベースラインは、生の部分もシンセの部分もコピーさせてもらいました!
 が…
 『一緒にデュエットしてくれる、相手の女性』 って、ずっといませんけど… (泣)
 紹介してて、なんかつらくなるのは、個人的事情ということで…!
 (そこまで落ち込んでいませんけどね!)
 恋愛の真っ只中という皆様にとっては、イチオシのバレンタイン楽曲だと思いますよ♪
 ※発売日ですが <1997年2月14日> ということもあり、ここからちょうど10年となることから、今回特に、選曲の候補として控えていた楽曲でもありました!
 ※タイトルの <A.S.A.P.> って <as soon as possible> の省略形なのかどうだか…?
  どなたかご存知の方は、是非教えていただきたいです!

今回のリンク先
A.S.A.P.  Uta-Net  (歌詞掲載部分)

コメント

  • 02月 15 2007
    • 2007/02/15(木) 14:47:14
    • [ 編集 ]
    • URL
    • amorecat #-
完璧じゃないけど…amoがデゥエットしますよォ…
あ…でもデゥエットって経験ないかも(笑)
amoはバレンタインに特別なオモイはあるものの
もの凄く頭痛がヒドクテ…今年のバレンタインはダウンしてました。
まぁでも、祝日でもないし…メリーチョコさんが始めてくださった…
2・8商戦の一つですから(笑)
女性なので分かりにくいですが…バレンタインって
男性にとってもやっぱり特別な??複雑な日なのかなぁ??

この楽曲…最初アレ??何だろう??って思ったのですが
始まりの部分はすぐに思い出せました!!!!
いつも楽しく懐かしい楽曲の紹介もありがとうございます!!!
2月も残り半分ですね…お体ご自愛下さい…amo



amoさんファンに殺されそうです、俺…
ですがいつかご一緒させていただきたいと思います♪

amoさんの記事も読ませてもらいましたが、アダルティーな内容でしたね♪
俺のバレンタインって、確かにチョコなどもらってた時代もありましたし、その他のモノをもらってたこともありましたが、ここ数年、たまたまこの日が女性に会わない日だったりして、ますます縁遠いイベントとなっております!
俺にはどうも、西洋のイベント系がまるであてはまらない奇特な存在になってて、クリスマスも一人でしょ? バレンタインも一人でしょ? ハロウィンなんて、何それ?状態だし、いつも…

だけど、それ以外の、世間の皆様の場合だと、ただの平日ってときに、たくさん思い出となる記録が生まれてますよ♪
…まぁですね、過ぎ去れば、過去の思い出として封印しなくちゃならないことばかりですけどね

この曲ですけど、最初のあの派手な音を聞くだけでは、イントロ当てクイズにも正解出来ないものだと思われますが、一度曲に突入すれば、すぐに思い出してくださる方って、多いはずでしょうし!
でも最近、皆読んで無いんだろな…
コメント欄を見てて、そういう気がしますね…

音楽っていっつも俺、皆に問いかけますが、どんだけ文章で書いたとしても、実際に聞かないと伝わらないジャンルなんだろな… と疲労を蓄積してます…
最近この傾向に疲れきってしまってますが、新たに訪問してくださった <YAMI> 様のようなコメントをいただけると、まだ続けてみようかな、と思える元気をもらえます!

懐かしさという点では、俺も若くないですし (笑) 慣れてる分野かもしれません!
かえって新曲レビューのような記事になると、もうついていけない年齢層になっちゃった、かな…?

九州は今晩、久々に寒さを感じていますが、それでも2月と思えない暑さを感じたり、地球そのものがおかしくなってることだけは、紛れも無い事実のようですね…

amoさんこそ、過酷な最近の体調面となっておりますが、どうか無理せず、安静してお過ごしくださいね!
  • 02月 19 2007
    • 2007/02/19(月) 20:53:34
    • [ 編集 ]
    • URL
    • 繭優mayu #1fN/OmPY
秋元康さん、後藤次利さんと言いますと
石橋貴明さんとも工藤静香さんとも近しい感じが致します、
智さんの解説を読めば尚のこと
まさにこの『A.S.A.P.』 その素晴らしきゴールデンコンビにより
大人の恋愛をアダルティーに醸し出し 生み出されたのだと納得です。
そして ・・坪倉唯子さん
お名前が出てこなかった、、あの方なのですね!!
(B.Bクイーンズ、男性の方が織田さんと知ったことがあまりに強烈でした(-_-;*))
『・・すごいんだなぁ、、』 もうこの一言に尽きます。
編曲 アレンジ コーラス 演奏 ・・
智さんがこの場所で伝えて下さらなければ
う~ん ・・やはり知らずに過ごしていたことばかりです。
表に出ない部分が大きいと よく『陰で支える、』そう表現されることもありますが
素晴らしい方々が携わってこそ さすがの名曲が生まれているということ
・・それを思いますと 全ての方が主役なのですね。
そして それを包含しながら ・・曲が歌いまた聴かれ続ける。。
1つの楽曲、見方が本当に変わります。

ちなみに。。
amoさんと一緒に デュエットさせて下さい♪
でも歌ったことが無いので ・・その際には 歌い方、教えて下さい^^;スミマセン
うちらって、記事の管理者であると同時に、相手先に訪問する際は、ひとりの読者、ですよね!
コメントも、ブログ本体も、文字の羅列がメインなんでしょうけど、こうして <書き手:コメンテーター> の個性を感じるとき、俺自身が個人的にきつくても、選んだ楽曲が評価されることを嬉しく思います!

この曲は、当初番組で企画的に紹介されてるときに、こんだけリアルな大人ソングになるとは、俺は予想出来ませんでした!
言い方、ひどいですけど、ただの売れ筋で終わっちゃいそうな予感があったんですよね…
ですが、出来上がったCDを買ってみて、それが間違いであったことに気づきましたね!

<秋元・後藤ペア> によるJ-POPの進化では、俺にとってこの曲と並ぶ作品として、過去に紹介していますが 「ポケベルが鳴らなくて」 などは、これから先の時代も、ずっと聞き続ける名曲になると思っていますね♪
どうしても知名度から 「おニャン子クラブ」 関連などで紹介される両名ですけど、日本音楽史に燦然と輝く名曲を多数生み出していますし、そういう部分に注目して紹介しないといけないでしょ? って気持ち、いつもあるんです!
 (他所で読める内容は、他所にお願いすれば事足りますし!)

それと 「坪倉」 さんに関しては、やはり <縁の下の力持ち> 的な紹介になることが多いと思うんですよね、B.B.クイーンズの活動以外では…!
実は彼女に限らず、そういう立場のアーティストって多く、参加楽曲やライブが数百曲、数千曲を数えているだろうに、自らがメインストリームにいない場合は、あくまでメインの人しか評価されていない場合、など…

だけど、実際にそういうアーティストの評価を誰が行っているのか?
と考えた場合、実は 「彼達・彼女達」 に参加してもらっている 「メインのアーティスト」 こそが一番実感してるんじゃないか? と俺は思っていますよ♪

数ある芸術表現の分野ですけど、以前返事コメントで書いたでしょうか、俺?
例えば絵画とか書道などって、ソロワークのような分野だと思います!
<音楽> って、ソロアーティストは例外だとしても、多くの人が関わるからこそ、総合芸術なんじゃないでしょうか?
こう思っているから、いつも俺の書き方は、他所で見られる内容と異なってしまうんでしょうけど、ね (笑)
だから <繭優さんのブログ> だって、撮影者と被写体がいて、ひとつの形となってると思うんですが、いかがでしょうか♪

先日ですけど <amo> さんへの返事コメントでも紹介している <YAMI> さんという読者様に訪問いただき、いつも俺が提唱している <編曲家:アレンジャー> さんのことまで気にかけてくださるコメントをいただき、このブログスタイルを崩さず継続してよかったなぁ! と感じているところなんです!

(追伸)
<amo> さんとのデュエット、女性二人でのデュエットも楽しみというか、そっちを先に実現してもらいたいですねぇ♪
その後ろで、俺はピアノでも弾きますか (笑) ♪♪

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。