智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0181 平松愛理  美し都 がんばろやWe love KOBE

1995年(平成7年)1月17日(火)午前5時46分52秒
…前日まで活気に溢れ、華やかだったその街は、一瞬で惨劇を迎え、日本国内のみならず全世界を震撼させました
生まれ育ちが関西の筆者にとって、地震直後のNHKの映像 (阪神高速道路 橋脚倒壊) が、現実として受け止められなかったことを思い出します

2007年1月17日 あれから12年
12年って、干支が一回りする程の歳月ですが、今なお震災の爪あとは、生活の中にも記憶の中にも刻み込まれていることかと思います

今回の楽曲が、果たしてどれだけのリスナーに聞かれたのか、筆者には想像出来ませんが、自らも被災地出身で、楽曲を発表することで、聞き手を、被災者を、懸命に励まそうとした作品があります!

平松愛理 (ひらまつ えり) さんで
『 美し都 』(うましみやこ) がんばろやWe love KOBE
の紹介です♪
震災同年である 1995年発表
以下、CDシングルに記されたことを抜粋引用します!
 (商品番号 PCDA-00720 発売元:ポニーキャニオン様)
このシングル盤の売り上げから発生するアーティストの印税及びレコード会社の利益はすべて義援金として被災地へ寄付されます

うちのブログ読者様で、もし今回この曲に興味を持ってくださる方がいるならば、記事全文を読まなくてもいいから、CDを購入して聞いてください!
平松愛理 (ひらまつ えり) さん:
●『部屋とYシャツと私』 などの大ヒットで知られる美しきシンガーソングライター!
 このブログでも過去記事があるので、以下 <略歴> 部分が重複しますが、今回は特に
 『阪神・淡路大震災』 に対する彼女の取り組み部分の紹介をします!

<略歴>
◆本名は “平松絵里(えり)” さん(一文字違いです)
 兵庫県神戸市須磨区の出身

◆ソロデビュー以前にグループ活動を行っていたことがある

◆1989年シングル <青春のアルバム> と アルバム <TREASURE> の同時発表にてソロデビュー

◆1990年、当時の人気番組
 『ウッチャンナンチャンの 誰かがやらねば!』 にて彼女の楽曲
 <月のランプ> や <素敵なルネッサンス> がエンディングテーマとなり、一気に認知度が高まりました!

◆この2曲と、後に彼女の代表曲として多くの人が知ることになる
 <部屋とYシャツと私> を収録したアルバム
 <MY DEAR> がヒット!!
 これ以降、女性が憧れる女性という美しさ・知的さを備えたアーティストとして、彼女は一気に人気を得ます!

◆しかし順風満帆に思えた彼女をその後
 <子宮内膜症> や <乳がん> が襲い、活動停止を余儀なくされました…

◆それらを乗り越え、今も彼女は女性として、母として、アーティストとして真剣に頑張っています!


 彼女の年譜として <デビュー期> ~ <成長期>(音楽性 向上期) ~ <絶頂期> ~ <停滞期>(闘病生活による) ~ <活動再開期> と大別するならば、今回紹介する楽曲
 『美し都 がんばろやWe love KOBE』 は、彼女の <絶頂期> にリリースした作品と言えるはずです!

 シングル作品として16枚目のリリースで、3枚目~7枚目までのアルバム・途中に発表されたベストアルバム <Single is Best> などが好セールスだったことを考えると、そう思えるリリース時期の作品だという気がします!

 彼女に限らず、実際に被災された皆様方、さらに直接被災しないまでも精神的に打撃を受けた皆様は、相当いらっしゃると思います…
 1990年代以降、この <阪神・淡路大震災> に限らず地震が頻発し、さらに台風被害なども拡大の一途を辿り、自然災害の恐怖を感じることが増えてしまったように思います…
 しかも1995年は <地下鉄サリン事件> など、それまでの日本国家が想定しない出来事もあり、時代が急転直下した分岐点のような気もします…

 そこから12年経過した2007年1月17日
 筆者に出来るのは、出来事を風化させないために、こうして書くことくらいですが、文面の続きとして、この楽曲について、そして <平松愛理> さんの今までずっと継続している取り組みに関して触れることにします!

 この 『美し都 がんばろやWe love KOBE』 ですが、作詞をあの <阿久 悠>(あく ゆう) さんが手がけています!
 <平松愛理> さんは、自ら作詞・作曲を手がける <シンガーソングライター> であり、基本的に他者が作詞・作曲に関わることは少ない人です!

 では何故、日本歌謡界の大御所であり、大ベテランの <阿久 悠> さんが参加することになったのか?

 実は <阿久 悠> さんもまた <兵庫県洲本市五色町鮎原> の出身であり、その縁から本来だと異色とも思える協力関係が実現しています!

 『美し都 がんばろやWe love KOBE』 のシングルには、こういうシール貼り付けがあります!
 ★がんばろや WE LOVE KOBE キャンペーンソング
  WE LOVE KOBE 元気復興委員会
 プロ野球 <オリックス> のユニフォーム 肩から袖にかかる部分) も、そういうメッセージがあるのを記憶する人は多いと思いますが、みんなが一致団結して、メッセージを発信することは、企業努力として良いことだと思っています!


 さて、肝心の楽曲説明ですが、先述のように作詞が <阿久 悠> さん、作曲が <平松愛理> さん、編曲を <清水信之> さんが手がけています!
 楽曲の説明を受けないまま、音楽だけを手渡されて聞いたとすれば、のどかな感じのする癒し系として受け止められる感じです!
 アコースティックな感じを大事にしてて、派手さなど一切ありませんし!

 ですが何度も繰り返して記述しているように <阪神・淡路大震災> に対するメッセージ・励ましの楽曲なので、それを理解して聞くと、歌詞の意味は、また別の印象、あるんです!

 文才も無く、語彙力も無い筆者が、もしも自分で被災を経験し、それを歌詞にしようとすると、やたら強がった応援ソングに仕上げるか、あるいは被災の経験をたくさん詰め込んだマイナス的思考にて言葉を増やす内容になってしまいそうです…
 ですが、何故 <阿久 悠> さんが稀代の作詞家なのか?
 それを文末リンクの歌詞から感じてほしいです!

 この歌詞では、震災被害を受ける前の美しい <神戸の街並み・神戸への思い出> を胸に秘めて、絶対にその美しさをまた経験しましょう! という内容が、優しく温かく語りかけられる作りになっているんです!
 きっと <阿久 悠> さんにしてみれば、何らかの人災だったら、責める矛先も風刺の意味もあって込めるんでしょうけど、これって <天災> であり、誰が、何が悪いわけじゃなくて、みんなで頑張りましょうね! という気持ちが強かったからこそ書けた内容だという気が伝わってくるんです!
 その歌詞を <平松愛理> さんが温かいメロディーセンスで仕上げ、誰を恨むこと無く、つつみ込むような印象にしていることが、楽曲を語る上で必要なことじゃないかと筆者は考えています!

 この 『美し都 がんばろやWe love KOBE』 では <阿久 悠> さんの参加だけでも豪華なんですが、コーラスを受け持った超人気アーティストも書かない訳にはいきません!!
 ★大江千里さん (大阪出身)
 ★岡村孝子さん (愛知出身)
 ★沢田知可子さん (埼玉出身)

 この3人は、まだニューミュージック系の皆様だから、なんとなく交流関係、把握出来ると思います!
 ですが、まさかこの超大物が、メインボーカルを受け持たずコーラスだけの参加をしてるとは、読者の誰もが目を疑うことかと思います!
 その超大物、とは…? な、な、なんと
 ★島倉千代子さん (東京出身)
 いまや50年以上の芸歴を誇る、日本歌謡界・演歌界の大物、大ベテランであり、レコーディング楽曲は2,000曲を超えると言われ、普通だと若手アーティストなんかが近寄れない存在のはずなんですが <島倉千代子> さんの気さくな人間性を、この曲からも感じることが出来たのは貴重でした!

 日本の音楽界でチャリティーや義援を真剣に前面に出せるようになったのは <吉田拓郎さん・小田和正さん・泉谷しげる> さんらを筆頭に行われた 『日本をすくえ』 (大々的なチャリティー企画であり、テレビ朝日にて放映されました!) であり、この時いわゆる超ベテラン勢のメイン組と、それなりに世間で売れているものの、この大物メンバーから見れば、まだまだ若輩者という扱いで招かれた新人組でステージは構成され、この若年層アーティストの中に <平松愛理> さんは参加 (部屋とYシャツと私を歌うも、途中で間違えてしまい、お詫びをして再び演奏したと、過去に何かで読んだ記憶もあります)、それがきっと、この 『美し都 がんばろやWe love KOBE』 に反映されたかな、という印象が筆者にあります!
 なお、このライブ打ち上げにおいて、参加者の中で大御所のひとり <稲垣潤一> さんが若手ミュージシャンを一喝、それを <泉谷しげる> さんがなだめた、という話もあり、普段の <泉谷> さんの凶暴めいた (演技ではありますが!) 印象とは異なる優しさがあったり、音楽界の上下関係なるものを参加者は身をもって知ったと思われます!

 事実、それ以前の災害・天災でもボランティア活動などは一部の人の善意で行われていましたが、この <阪神・淡路大震災> 以降、ごく自然な行動として、日本国民に認知され、後に <内閣> が1月17日を <防災とボランティアの日> として定めています!

 <平松愛理> さんは、この震災後、ずっと1月17日を <KOBE MEETING> なるチャリティーライブで支援し、場所や構成に変化はあるものの、熱心に継続し、自身の闘病生活、公式的な休止期間もこの活動だけは中断することなく行い、2005年4月21日に神戸市より <神戸大使> 委嘱を受けています!

 音楽で行える支援・義援には限りもあるかと思われます…
 しかしひとりの個人アーティストが、ここまで継続的に同じ日に行うイベントとして今まで継続してきたのは、ただの決意だけでは無理だと思うし、会場に足を運ぶ参加者も同じ気持ちがある人だと思うし、行けないまでも賛同する皆様も、きっと同じ気持ちだと思います!

 筆者は直接募金を行っている訳でもありませんが、せめてその内容くらい書き記しておこうと思い、今回この曲を選びましたし、元々愛聴してきた <平松愛理> さんを称えようと思いました!

 本日 2007年1月17日 もまた <KOBE MEETING 2007> を行う <平松愛理> さんのコンサート、会場に足を運ぶ皆様にとって、最良の時間になることを望みますし、行けないまでも、そういうものが行われているんだ! ということを、せめてこのブログを読んだ人だけでも伝わればいいなぁ! という気持ちがあります!

今回のリンク先
美し都 がんばろやWe love KOBE  Uta-Net
 (歌詞掲載部分)


◆個人的な思い、などを
 筆者がブログを立ち上げ8ヶ月半あまり
 インターネットに関わるようになり9ヶ月少々が経過しました
 多くの皆様と関わるようになり、中にはこの <阪神・淡路大震災> を直接経験された人の話を聞くこともありました…
 (その彼女とは、個人的にメールも数多くやり取りを行いました)
 その時期、きっと一番たくさん会話をしていた大事な相手でしたが、ある頃を境に、ぷっつりと会話も交流も途絶えてしまいました…
 今日 1月17日をどう過ごして、震災をどう振り返っているのかな… と、ふと思いました
 今も元気でいてくれること
 それだけが、願いです

コメント

朝6時30分 
いつものように起床テレビをつけた・・・
横倒しになった、高架橋が、煙の中から見える・・・
同時に声を荒げたレポーターとヘリのエンジン音
一瞬何が起きたのか・・・何が起きているのか・・・
わからない・・・
一番最初に思ったことは、ロスアンジェルスで
地震発生?ハイウェイの横倒しの画像からそう連想した・・・
テレビをつけたまま洗顔・・・その間に聞こえてきた
レポーターの声で、今何が起きているのかが解りはじめた
キッチンで、慌てながらインスタントのコーヒー
で、パンを流し込む・・・
時間を確認して家を飛び出した・・・

いつもより、1時間早く行動を起こし出勤・・・
1月17日今日のスケジュールを確認する・・・
関西方面に向かっている器材はないか?
関西地区で行われるツアーはなかったか?

まだそのころはモバイル環境でのインターネット等
あまり普及していない時期
自分の分厚いシステム手帳だけが、今日の予定を知っているそんな時期だった。

ある、1ツアー関西地区で行われるコンサートに
器材とツアーメンバーとして3名参加している・・・
大阪サンケイホール Boy○?○em
朝9時までに出勤できるだろうか?
朝9時にホールが開くので、それまでに
なんとか、器材センターに到着したかったのだ・・・

自宅から器材センターへの行程がただですら長いのに
いつも以上に長く感じられた・・・

今でも鮮明に覚えている・・・
1995・1・17・

あの日から12年
世の中の人々の中では少しづつ薄れていく記憶・・・

しかし最近仕事で、その日直接被災された方と
知り合うことが出来た・・・

その方は当時はじまったばかりだった、
コミュニティFMで、72時間ノンストップで、神戸の街の中から状況を伝え続けたという、
ミュージシャンでありエンジニア兼レポーターの方
と知り合った・・・

昨年の8月31日東京地方でちょっとした地震があった
その方と一緒に作業をしていたのである。
彼の顔色は一瞬にして変わったのを覚えている・・・
それまで、雑談をしながら笑っていたのに・・・
彼が言った・・・
「もうたくさんだよ・・・地震なんて・・・」
それも、力無くたよりない声で・・・
その一言は、まるで、すべてを物語るようにも聞こえた。

その人のこころのなかに、刻まれた記憶・・・
12年経った今でも終わっていないのだろう・・・

見た目の復興は終わったかもしれない・・・
しかし人のこころのなかの復興は・・・
まだまだ先のことなのかもしれない・・・
「美し都」のシングルは廃盤となり、アルバムにも未収録であったことから長らく音源を新品で入手することができませんでしたが、2005年発売のコンピレーションアルバム「名曲発掘!ジュエル・バラッズ」に収録されてよみがえりました。これから聴きたい方にはこちらをお勧めします。
http://homepage3.nifty.com/ginnotake/jewelballads.html
やはり被災された人と一緒になる機会がありました…
震度1くらいの揺れでさえ、あたりを見渡すその様子に愕然としました…
でも、九州に暮らす自分にとって、地震の経験などあまり無く、それを実感するのは遠い未来なのかも… など思いました…

九州での被災という部分では、やはり異常と思える降雨とか台風、でしょうか…?
まだうちの家屋も、台風から完全に立ち直れてない状況だし、以前の降雨では、家の裏のがけ崩れにより、一瞬で床下浸水になったり (ああいうのってテレビの中だけの世界だと思っていましたが、浸水するときって20秒くらいで水没しました!)、そっちの恐怖はまだ覚えています!

阪神・淡路大震災ですが、元々関西で生まれ育った俺にとって、あれはショックでした…
あの倒壊した阪神高速の橋梁ですが、あそこは幼少時代、よく通行してた場所だったし、ポートピア博覧会にも出向いた記憶があったんで、まさにショック…
喉もと過ぎれば何とやら…? って日本国家は、他の被災地などでも思うことですが、何でも風化させることが大好きな報道姿勢など、果たして先進国なんだろうか…? 市民団体などの方が、何故、国より詳細なデータを持っているのか?
そういうことを改めて感じますね…
あれから12年
きっと何も終わっていないと思います
アルバムの存在、知りませんでした!
ということで、ページも拝見させてもらいました!
あの収録曲の中では、元々 <飯島真理> さんや <谷山浩子> さんが好きなこともあり、特に <眠り姫> などは今も愛聴しております♪

このアルバムに限らず、埋没させてはいけない名曲って、実はたくさんあるように思います!
版権の問題さえ解決すれば、もっと発表されるべき作品、たくさんありそうです!
日本の音楽界をダメにしてる要因のひとつは、絶対に不透明なJASRACの制度にあって、何故あれだけ、難しい言葉を並べまくる必要、あるのでしょうか…?
プロにとってもカバーなどが発表しやすい基盤整備をすべきだし、アマチュアにとっても、自由に参加出来るシステムを何故構築しない? と、常々疑問なんですよね…

過去楽曲に対するマスタリングの重要性とか、楽曲に対する再認識の部分なども、もっと会社を挙げて検討してくれるといいのに…?

俺がこのブログを行いながら基本にしていることは、わかりやすい楽曲にこだわらないこと、そしてあくまで俺自身が好きな曲かどうか?
という部分を重要視しています!
オリコン1位でも書きたくない楽曲など、遠慮なく外します!
自分が気ままに選べない音楽だったら、このブログも畳みますしね!
ただし、アルバム1枚を丸ごと紹介しない理由だってあるのです!
読者様の年齢層も幅広く、1枚に限定して記述を行ってしまうと、世代によって丸ごとわからない…などの事情もあって、中々踏み切れずにいるんです…
だから、気ままに選びつつ、しかし年齢層にも一応気を使いつつ選んでいるつもりです!
今後アルバムレビューなどは、時間と状況によって行ってみるかもしれません!

今回は見事に構築されたページも紹介していただき、本当にありがとうございます!
今後とも、こういう場所ではありますが、お時間許す折立ち寄っていただけるような場所にしようと思います!
震災の日 早朝にニュース画面から飛び込んだ映像
そして そこに付いているテロップ ・・
日本で起こった出来事 そしてまさに今も高速の道路が崩壊している
・・視界からの情報と頭の中の思考が一致するのに
あれ程時間がかかったことはありませんでした。
それは0コンマ何秒のことだったのでしょうが 
今尚 あの瞬間に感じた恐怖と慟哭、、決して忘れられるものではありません。。
・・
近年まれに見るあまりに大きすぎる災害に
その後 報道体勢・支援のあり方 大いに議論されることになったのは言うまでもなく
智さんも書かれておられますように 天災とうこと
だからこそ 全ての人たちが力を合わせるということ
様々な方面から ・・考えさせられました。
この17日 亡くなった尊き命に手を合わせると共に 
年数を問わずして 災害の復興にあたられておられる方々
また 心身共に震災の被害が今尚継続しておられる方々の
少しでもの負担が軽減されますことを祈念しております。

強い気持ちと忍耐 そして起こった出来事を風化させない努力
そして 平松愛理さんが歌われるに代表される 『人の想い 温かさ』
人間が持つ想いそしてその強さ ・・
震災が起こるたび そしてまた日々の生活の中でも
その重要性に気が付かされます。
記事の真意…?
きっと誰よりも伝わっていることかと思います!
感受性の強い人なので!

過去に俺の紹介した楽曲にコメントの中で書いてくれてたね…
普通の曲紹介では無くて、その時々に応じて、意味を持たせて書いてるっていう内容のものを!
うん…
今回もそういう選曲をしました!

チャートの上位陣を書くだけなら、真似すりゃいいんだから、言い方ひどいけど、バカでも書けると思います!
だけど、埋没させてはいけない音楽、埋没させてはいけない歴史や事象など、絶対にあると思っています!
うちの記事では、あくまで俺が気ままに選ぶ、というのが表題となっていますが、気ままどころか、カレンダーなど気にしながら、絶対に更新しなければならない! と決めて、他の用事も中止して書いてるとき、あります!
それは楽曲に対する敬意・アーティストに対する敬意・そしてその事象に関わった (今回の場合など、関わりたく無かったでしょうけど…) 皆様方に対する敬意のつもりで、いつも以上に慎重に選びました!

やっと日本でも、この15年くらいでしょうか…?
災害などに対して、アーティストも臆することなく、様々な形で貢献することを選んだようです!
それまでは、メディアとのしがらみなどで、行いたくても出来なかった事情もあったと聞きます…
<表現者>がやっと<表現>出来る時代になったかもしれない!
一般人とアーティストの違いって、やはり <感受性> の違いにあるように思えてなりません…

我々リスナーに出来ることは、その気持ちに報いるべく、聞くことしか無いような気もしますが、俺はそれを埋もれさせないように、書くことを選んでみました!

ほんとはね、1月17日って、著名人では <坂本龍一> 氏や <工藤夕貴> さんなどが誕生してて、そういう記事を書くことだって可能でした!
でも、1995年以降、俺の中でも時間、止まっているんですよね…
元 関西生まれ・関西育ちの人間としては…
現地で被災した皆様にとっても、きっとそうなんじゃないかって…

うちなんて、弱小ブログに過ぎませんが、この気持ちだけは今後も変わること、無いでしょうし、訪問してくださる読者の皆様にとって、音楽が何かを考えるきっかけになれば?
そう思って更新を続けようと思っています!

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。