智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0179 安良城 紅  Here alone

読者の皆様、唐突ですが、どんなジャンルの音楽、好きですか?
筆者は普段 (このブログを書くこともありますが) J-POP系が多いと思います!
たま~に、そのJ-POPサウンドの中にある <エスニック調> の作品ばかりをまとめて聞きます!
1980年代以降、ひとつのジャンルとして定着した <エスニック調> の作品から、今回は割と近年の楽曲などを!
安良城 紅 (あらしろ べに) さんで
『 Here alone 』 の紹介です♪
2004年発表
<米倉涼子> さんが主演し話題となった <松本清張> さん作品
『黒革の手帖』 エンディング曲でした♪
安良城 紅 (あらしろ べに) さん:
 恥ずかしい話ですが、筆者は最初、名前を読めませんでした…
 (ただの無知、とは言わないでくださいね…)

<略歴>

◆1986年3月生まれ (わ、若いですよね!)

◆アメリカ人の父と、沖縄出身の母親のもとに生まれる

◆小学6年生の頃に <カリフォルニア> から <日本> へ移住する
 (帰国子女さんですね、なんかカッコいいです!!)

◆2002年、全日本国民的美少女コンテスト 本選に進み、その後
 『美少女クラブ21』(今は 美少女クラブ31 だそうです!) のセンターボーカリストとなる

◆2004年 ソロとしてシングル <Harmony> にてデビューする

◆現在 <上智大学 比較文化学部> に在籍する才媛!

◆また所属が美人揃いの <オスカープロモーション> であり、彼女自身のハーフ美人という部分は、2005年に人気商品 <KOSE 『VISEE』> のCM出演・イメージソングを担当と、幅広い活躍を見せています!

◆2006年には
 NHK教育 『新感覚☆キーワードで英会話』 にレギュラー出演!
 (まさにネイティブな発音が出来るし、羨ましい限りです!)


 今回の 『Here alone』 ですが、作品そのもの(ドラマ)を見る機会は残念ながらありませんでした…
 しかし番宣 (つまり予告、です!) にて流れてくるこの曲を聞いたとき、すごく懐かしい感じがしたし、耳に残るサビフレーズで、数日以内に購入した記憶、あります!

 先述のように <帰国子女> であり <才媛> であり <美貌> まで兼ね備えた 『安良城 紅』 さんですが、最初このCDを探して何に驚いたのか?
 かぶりものとは思いますが、まさに彼女の名を表すかのごとく
 『真っ赤な髪っっっ!!!!』 の写真で (わざわざ文字色、使ってみました♪) 胸元がものすごく大きな <蝶> をあしらった衣装で、インパクト 大でした!

 最近話題の歌手だとどうでしょう?
 今回の 『安良城 紅』 さんとはアメリカンスクール時代からの盟友である人気シンガー <Crystal Kay> (クリスタル・ケイ) さんも、そして <NANA> の大ヒットで一躍脚光を集めた美人シンガー <伊藤由奈> さんにも共通すること、ありますよね?
★どことなく日本語の歌詞までもが <英語> っぽく聞こえるところ!
 これは日本人が日本国内で体得することが難しい <英語> を幼少から学んでいる結果で、1980年代 現在も活躍中のベテラン男性アーティストの発音を、学者がこぞって
 『日本語と英語の発音の垣根は崩れつつある…』
 などと評論された時代を懐かしく思います(笑)

 今回の 『Here alone』 は、ここまで書くからって、全編が英語詞でも無いし、サビと展開部以外、ほとんど <日本語詞> の作品です!
 それでも発音の関係から、どことなく純粋国産J-POPという雰囲気、しない楽曲だと思います!

 冒頭に書いたようにこの作品は <エスニック調> のアレンジが施され、それもまた異国籍な雰囲気を漂わせ、懐かしい楽曲では1980年代の名作 『異邦人』 (歌唱:久保田 早紀さん) や、後に <渡辺 真知子> さん(主なヒットとして 『迷い道』 『かもめが翔んだ日』 他まさに多数!!) が発表した <メソポタミア・ダンス> (CM曲でした♪) 、はたまた <高橋 真梨子> さんの 『桃色吐息』 などで聞かれる独特な雰囲気を感じます!

 作詞は <JUSME> さんという人が手がけ、作曲・編曲を彼が手がけています!
 それは通好みのサウンドを生み出した伝説的バンド
 <MUTE BEAT>(ミュート・ビート) 出身で、その後
 <Ram Jam World>(ラム・ジャム・ワールド) を結成、プロデューサーとして、やはり圧倒的な実力と個性を発揮する <UA>(ウーア) の音楽性を一気に進化させた実力者
 <朝本博文>(あさもと ひろふみ) さんです!!

 筆者が音楽仲間と今回の 『Here alone』 の曲調を伝える場合、口癖のように言うのが
 『エスノ・中近東・アラブ系』 でこんな感じ♪ と(笑)
 (この 『こんな感じ』 って、絶対に仲間内でしか通用しないと思いますが、そういう雰囲気だと思ってください♪)

 ここまで書いて、ふと思ったんですが…
 <米倉涼子> さん主演で、しかもあの <松本清張> さん作品で、何故にエスニック…?
 と感じたものです、聞いた当時!

 しかし再び2007年にはシリーズ作 (だと思います) として
 <米倉涼子> さん主演・そして <松本清張> さん原作によるドラマ
 <わるいやつら> の主題歌を 『安良城 紅』 さんが担当します♪
★楽曲タイトルは <Luna>
★発売予定は <2007年2月28日>
 まだ楽曲を耳にしていませんが、その曲もエスニックなんでしょうか…?
 また聞いてみたら、記事になるかもしれません!


 『安良城 紅』 さんに関して、実は筆者のこのブログ、過去記事の中で少しだけ紹介しています!
 それは2006年6月28日のこの曲
 ● 0063 BaBe (ベイブ) Give Me Up
 にて触れています! 何故か?

 実は 『安良城 紅』 さんの今まで発表されたアルバム2枚で、この <Give Me Up> をカバーしてて、ファーストアルバム <Beni> の通常盤 ボーナストラックとして、さらにセカンドアルバム <Girl 2 Lady> でも(これは CD+DVD 仕様も通常の CD だけのものも) 再び <Give Me Up> が人気の高さから再収録された経緯があります!

 『安良城 紅』 さんの英語力の高さは、先述の番組
 <新感覚☆キーワードで英会話> で御覧になった人だとわかるはずです!
 (NHK教育って、結構あなどれない番組多くて、特に語学なんて今や次女揃いです!)

 だからアルバムでもその実力が発揮され、英語部分の完成度は、最近のJ-POPアーティストの中でも極めて高いと言えます!

 ただそれは同時に <日本語が日本語として聞こえない> 場合もあって、すごく歌唱力のある彼女だからこそ、今後取り組んでほしい課題だと思っています!

 なお彼女の魅力、所属する <avex> の人気番組
 <Channel a> の中の <Beni TV> なるコーナーで (現在も続いているのでしょうか? そのコーナー?) 案外お茶目な部分を見ること出来ます♪

 歌唱力もあって、英語力も抜群で、おまけに美麗な彼女ですが、これからの活動で、今よりもっと注目されると、筆者個人は喜びます!

今回のリンク先
Here alone  Uta-Net  (歌詞掲載部分)

※公式サイトに直接リンク記述、行いませんが、是非皆様も彼女のページ、眺めてほしいですね♪

コメント

ここで反応したの意外ですか?智さん(笑)。

この曲は妻が当時気に入って、アルバム「Beni」を購入しました!
「こーるまいねーむ」って始まる前の前奏がいいですね。
今、妻に安良城 紅さんのことを聞いたら、Crystal Kayのクラスメイトということを知っていたし、海軍の軍艦上で卒業式もやったらしいね、などと芸能界に疎い普段の妻と思えないような発言を頂戴しました!
なんかね、奥さんの方が現代的だというのは、過去記事などからも知ってたけど、ここまで制覇してると思わなかった(笑)

今回ね、何を書くか全然決めてなかったの…
(次の記事をAM1:00に更新するんで、それ読めばわかると思います!)
目の前にあったCDが、そのまま記事になったの(笑)

だけど彼女のシングル、結構所有していますが、この曲があの歌いだしと言い、少し怪しげな雰囲気と言い、すごく好きなんですよ!

反対に俺がこういう曲を紹介するのも、意外でしょ、なんか(笑)
って、自分で書いてて懐かしい。。。

いえ、そんなに意外じゃないですよ?智さんってジャンルが広いし!!
で、「Beni」の「Give Me Up」聴いてみようと思ったらナント!収録されてないじゃないですか。通常版のみだったなんて~(泣)。
DVD無ければ、かえって魅力と思わない…
通常盤の方が収録曲も多いときあるし、初回の意味って何でしょう?

セカンドでは、記事に記述しているように両方のタイプに収録されてるし、今度お暇があれば是非!
ちなみに <BaBe> バージョンにもいくつか種類あって、たぶん俺、ほとんど持ってると思います!
俺のアイドルの一人 (一組) だったからね♪

次記事へ、もしコメント残してもらうことがあるなら、あまりにも体調悪いから、今日の夜返事しますね!

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。