智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0175 Every Little Thing  Time goes by

2007年開始早々のうちの記事になるタイトル (つまり楽曲名) ですが、なんか横文字連発って感じですね、並べてみると (-_-;)…
ただし今回の楽曲は <ひとつ手前に紹介しているもの> と、内容を関連付けるつもりで選んでおります!
今回の記事は、今から紹介するこのユニットにとって(2007年1月3日時点で)シングル最高セールスを記録していますが、その高い音楽性と親しみやすさの両面から、特に女性の愛唱歌のひとつとして知られる名曲だと思います!
Every Little Thing
『 Time goes by 』 の紹介です♪
1998年発表
ドラマ <甘い結婚> 主題歌として広く知られることになりました!
Every Little Thing (エヴリ・リトル・シング):
 これ以後のバンド名(ユニット名)では、通称である <ELT> の記述を行います!

■略歴
◆1996年にシングル <Feel My Heart> にてデビュー!
 まだそれほどブレイクに至っていないものの、筆者はこの時点ですでにシングルを購入しています!

◆結成当時のメンバーはこの3名
 (生年月日順:敬称略)
 ★伊藤 一朗 (ギター・作曲・編曲など)
 ★五十嵐 充 (作詞・作曲・編曲・サウンドプロデュース・キーボード・当時のリーダー)
 ★持田 香織 (ヴォーカル・作詞など)

◆サードシングル <Dear My Friend> でブレイク!
 好セールスを記録します!
 こぼれ話ですが、この曲の製作時 <持田 香織> さんの体調が思わしくなくレコーディングが難航、その前後の楽曲に比べて若干鼻声というか詰まった声に聞こえるのはそのせい、です!
 (筆者個人は大好きな曲で、このプロモの持田さん、すごく好きです♪)

◆その後 <ELT> の楽曲がヒットすると同時に <持田 香織> さんの元々の美形も手伝って本人の <CM出演回数> や <女性雑誌掲載> も増えて、若い女性にとって憧れの存在へとなります!
 ご存知の読者様も多いと思いますが、彼女は元々 <子役 ~ アイドル出身> なので、美形という部分はある意味当然なのかもしれませんね♪

◆そしてシングル8作目となる今回記事の <Time goes by> が大ヒット!!
 同楽曲収録のセカンドアルバム <Time to Destination> は300万枚を越える大ヒットを記録しています!
 意外にもオリコン1位になれなかった楽曲でもありますが…
 (競合する楽曲が売れると、首位を獲得出来ないこともあります… ですが結果的に大ヒットしている作品って案外多いです!)

◆快進撃を続けた <ELT> ですが、プロデュースに専念する理由から <ELTの頭脳> とまで言われた <五十嵐 充> さんが2000年に脱退し、残りの <伊藤 一朗> さん & <持田 香織> さんによる2名で活動を継続!
 なお脱退後の <五十嵐 充> さんが手がけた特に有名なアーティストは、ひとつ手前の記事にて紹介していますが <day after tomorrow> などがあります!
(過去記事)
 0174 day after tomorrow  My faith
  (2007年1月2日の記事)

◆人気番組 <あいのり> 主題歌としてシングル <fragile> が大ヒット!
 2名体制で幾多の試練のあった <ELT> ですが真骨頂ここにあり! という健在ぶりをアピール!

◆その後も長崎県で <X'mas Acoustic Live at 浦上天主堂~愛の謳~> を行うなど、J-POPアーティストとして様々な活躍を見せ、現在に至る

 ということで、先述 <■略歴> でも触れていますが、今回の <Time goes by> は <ELT 3名時代> の最大のヒット曲であり、また楽曲が発表された1998年の <オリコン年間カラオケチャート1位> に輝くなど、2007年現在では市場として沈みがちな (というか頭打ち状態の) カラオケ市場においても、すごい人気を誇りました!

 この <Time goes by> 以前の <ELT> の音楽は、アルバム収録楽曲を除けば、基本的にavex系が得意とする <電子系・ダンス系> の要素の強いデジタル基調の音楽性でした!
 そのジャンルは若年層には浸透しますが、それより年齢層が高くなると、あまりに画一的に聞こえるのか認知度においてフリになることもあります…

 しかしこの <Time goes by> では電子的でありながら現代風の <ミディアムバラード> としての作風となり、ドラマの効果があっとはいえ、幅広い年代層に聞かれることとなり、その結果大ヒットしたと言う気がします!

 <五十嵐 充> さんはプロデュースの能力に優れる人ですが、同時にシンプルかつ美しい、非常に <わかりやすいメロディー> を生み出すことが得意な人で、実際 <ELT> で彼が生み出した作品では、誰もが覚えやすい親しみやすさがあったように思います!
 またそれは、この当時周辺だと <小室哲哉> さんや <伊秩弘将> さん(SPEEDなどのプロデューサー) らの提供楽曲に比べると、そう音域も広くないというか、強烈な高音域でボーカリストに歌唱させるスタイルが流行していた中、メンバーの <持田 香織> さんの音域や声質を完全に掌握した上で、彼女が最高のボーカルを披露出来るように構築していた気がします!

 手前にあたる <デイアフ> の記事の部分でも書きましたが、メロディーラインはシンプルな (わかりやすい) ものだといえます!
 しかしそれが即 <楽曲自体もシンプル> なのか? と考えると、そう甘くないのも <五十嵐> さん流というべきでしょうか(笑)

 この <Time goes by> でも歌詞がある部分って、すごくわかりやすい作りになっていますが、2番終了後展開するとこがあって、ギターソロに突入する手前からの譜割りが、なんかわざと(?)変なリズムになり、普通の手拍子なんかしてると、あ、あららぁ~? って感じになっちゃう(笑)
 だけどその全部を譜面に書くと、問題無く4拍子のままだという♪
 <ELT> の楽曲では、案外そういう部分が多いので、皆様もCD聞いたりカラオケする場合は、ちょっとリズムも聞いてみましょう♪

 ちょっと手前で書きましたが <持田> さんってデタラメに音域が広いわけでもないですし、声質ですが、どこか曇った感じがあり、透き通った感じはありませんが、だけどすごく印象に残る声だと思うんですよね!
 近年の作品では、どこか甘さのある歌唱法に変化したような気もしますが (急性気管支炎にかかり、それが現在の歌唱法を余儀なくされているのでは? との説もあるようですね…) それでも聞くだけで <ELTの、持田さんの> ってわかるボーカルって、やはり彼女にしか出せない魅力でもあるはずです!
 個性が無いことが、音楽にとって一番不利な要因でしょうしね!

 3人時代と2人時代で作風が異なっていたり、歌唱法まで含めて変化のある <ELT> ですが、それでも結成から10年を越え、一線で活躍する姿というのは多くのファン・リスナーにとって、これからも応援したいと思う期間だったに違いありません!

 今後うちのブログでも2人体制になって以降の <ELT> 楽曲を紹介することもあるかと思いますが、デビュー曲から楽曲を購入していた <ELT> の今後には、期待したいですね♪

今回のリンク先
Time goes by  Uta-Net  (歌詞掲載部分)

コメント

ELTで一番(?)好きな曲です。
・・・と胸を張れるほど、ELTのこと詳しいわけではありませんけど、「Every Best Single+3」が手元にあるところをみると、day after tomorrowよりは自分の嗜好にHITしたみたいです(笑)。
先日のCDTVでしたっけ?歌ったのは「fragile」でしたよね。なんかちょっと声が苦しそうに感じたんですが、大丈夫かな?
個人的に、ですが上記のベスト以降はそんなに聴かなくなってしまいました。。。
そういう意見になるんじゃないか? と思ってこの曲を用意しようと予定してました!
まぁね、元々 <デイアフ> も2006年のうちに書こうと思ってたら間に合わなかったし、関連させるには連日の方がいいかな? って気持ちもあったの!

たぶん単独でアルバムを揃えていない皆様だと、購入なりレンタルで <~+3> で <ELT> 聞いた人が多かったんじゃないか? という思惑もあってね!

<デイアフ> が唯一気の毒だったのは、これは同時期の <倖田來未> ちゃんあたりも共通しますが、avex乱発期に重なってしまい、正当な評価を得られなかった気がしてね…
それと世の中の動きですが、ここ3~5年くらい?
ここらでCD売上 (出荷) そのものが停滞期になってしまい、それがリスナーにとっても <店頭でのオススメ> しか見ない状況を生み出してしまった…
この <第1期ELT> の頃だと、まだまだCDって媒体が音楽売上を牽引してたし、セールス面ではその産物だろうな! って気がしますね!

※こんなコメントすっから、経済指標みたいな検索からうちにたどり着いてしまう読者、いるんだろうな…

で、あなたのおっしゃる <fragile> (CDTV放映版) ですが、これ、Wikiでも取り上げられてます!
現在ツアーなんだとか? <ELT> は!
その中で強行出演させた結果なの? みたいな論調でしたね…
なんかね、業界総出の悪循環が伝わるね、そういう部分からも…
年末年始のカウントダウンを生で行うことに、どれだけの意味があるんだろう? って昔から思ってた!
まぁね、それを録画でやっちゃえ! なんて安易なことは言いませんが、例えばNHKで放映された <寺尾 聰> さんの番組のように、もっと音楽番組の構成の方法ってあると思うの!
少なくとも今は <持田> さんが健康でいらっしゃることを祈るばかり、です!
歌唱法なり見た目のイメチェンをするのって、新しいファンを獲得するかもしれないけど、それまでのスタイルが好きだったファンを失うことにもなりかねないですね。
あ、その寺尾 聡さんのTV番組、観ようと思ってたのに忘れてた。。。
何より音楽性が変化するのって、アーティストにしても賭けなんだろうけど!
例えばこれがルックス面とかだと ヴィジュアル → 脱ヴィジュアル などの成功例があるけど、音楽性とか歌唱法って、直接音楽の評価になっちゃうんで、吉凶がはっきりしますね…

あ、寺尾 聰さんですが、俺の場合、番組そのものを知らなかったの(泣)
何故見られたのか? 録画出来たのか?

お袋が 『今日NHKは注目!!』 って教えてくれた(笑)
俺の音楽の好みは熟知してるからね、お袋♪
  • 01月 04 2007
    • 2007/01/04(木) 01:55:00
    • [ 編集 ]
    • URL
    • delta #-
あけましておめでとうございます。deltaです。

イメージにあった楽曲、PV制作が出来るようになったのはボーカルの持田さんの歌唱法が変わってからだと思います。5曲目からいきなり全部裏声でかわいく歌い始めたんでものすごくビックリしました。最近はポリープのせいか調子が悪いようなので休まれた方がいいのかもしれません。

この曲はDメロまで展開しTMオタクの五十嵐もやるなぁって当時思いました。最近気づいたのですが伊藤さんギターがうまいですね。

この曲が発売された頃私は子供のパソコン教室をやってて完全にバブってました。ファミレスやお好み焼き屋貸し切りは当たり前で小室状態でしたね。今年はネットでレコード、CD等コレクションを100万品陳列予定です。

そうですねぇ、ある頃を境にELTの音って激変したような気がしますね!
avexって小室さんは例外だとしても、スタジオ環境ってどうだったんでしょ?
SSL + 3348 あたりじゃないかと思える音なんですが気のせいでしょうか…?
かつてPSY・Sの松浦氏あたりが日本でも例を見ない先進の技術で楽曲製作を行い、その後ジャングルスマイルなどが、スタジオよりも先にProTools導入したり!
(案外avexサイドの方が遅かったような気もしますが…)

持田さん、なんか心配ですね(>_<)
アーティストって、時期的な休養、絶対必要だと思うんですが…

五十嵐さんですが、やはり影響モロに受けました (笑) って感じが素敵♪
世代的には坂本系になりそうなはずなんだけど…?
伊藤さんのギターですが、これには裏話ありましたね(笑)
一緒にやってるサポートさんが、なんかの音楽番組で (言わなきゃいいのに) 最近上手くなったよね♪ って…
ですが本当のプロって、プロになって以降の方が絶対的に演奏量が増えるし、技術向上するのは当然なんですけどね!
(たま~にプロになって以降の方が下手になる人もいますが…)

やはりdeltaさん、只者じゃないと思ってましたが、バブリー期を経験してますね(笑)
うちでパソコン教室 初心者編っていうのを行ってくれませんか? このド素人な俺の代わりに?????????????????
XPユーザーが、あまりにもトラブル続きなんですよ、俺の周辺ブロガーさん(泣)
CDも是非、最近の楽曲じゃなくて、懐かしい一品を見れると嬉しいですが♪
  • 01月 04 2007
    • 2007/01/04(木) 23:07:25
    • [ 編集 ]
    • URL
    • うさぎ #3ZGY0QjM
<オリコン年間カラオケチャート1位>ですかっ!!
世の中のどれくらいの人がこの曲をうたったんでしょうね~?
うさぎは最近すっかりカラオケに行かなくなっちゃいましたが・・・。
余談ですが、うさぎはいっくんのキャラ、けっこう好きですw
発売が2月と早かったことも幸いしたのかも!
最近の傾向としては、ジャニーズなどの例外あるものの、発売時期によって、年間ランキングで得する人、損する人が、くっきり分かれてしまったように思えてならない…
いかに <オリオン> が指標になっているか?
それは良いことばかりでも無いでしょうけど、我々一般リスナーって、やはりあらゆるデータベースから発表される <数字という指標> が、特にこうしたJ-POPなどの分野では、意味ある数字になっちゃうところに期待するし、わかりやすい <競争原理> のような気がします!

…まぁ、俺のブログに関しては、こういう <期間限定 わかりやすい記事> 以外にも、だ、誰なの? それ~?? って記事の方が多い(笑)
 (だからこそ俺のブログだという気がしますね♪)

カラオケ!
俺もたくさん誘われますが、しばらく行かなくてもいいやぁ…
理由として
・最近の歌など歌えない (単純に覚えていない…)
・仕事として10年ほど関わったんで、しばらくいいや… と…
・歌いたい人にまかせて、俺はどうせなら楽器弾いてる方がいいや(笑)
などがありますが、今年はさすがに断わりきれそうも無いんで、このブログを休んでも、行ってくるとい思います~♪

ちなみに伊藤さん!
まるで <ベジタリアン…? もしかして草食……??> と思えるほど、およそ現代人の殺伐とした感じが <無い> ことが、とても貴重だと思うし、俺も彼のような穏やかさなど、自分に備わればいいのに… と思ってしまいます!
  • 01月 06 2007
    • 2007/01/06(土) 06:12:10
    • [ 編集 ]
    • URL
    • delta #-
機材に詳しいですね。3348って48chのテープのヤツですか?あれからCDにするとき失敗すると悲惨な音になった記憶があります。素人の私はYAMAHA(30万ぐらいの)のヤツとDD1000でごそごそやってました。さっき小室さんの新譜を聞いたのですが洋楽そのものでしたね。まさかクレイジーボーンと組むとは思いませんでした。最近掃除や整理整頓に励んでいますが、今日はS50のジャンクが出てきました。



しかしDD1000ですかぁ~(^^♪ 懐かしい名前でございます!
思うんですよ、80年代~90年代の機材って、明らかに <カタログスペック> としては2000年代のものに及ぶはずもないのに、音が <生きてました> ね全体的に!

3348はおっしゃる通りSONYの業務用マルチの名作で、3324から劇的な変化をしたかわりに、値段も跳ね上がった機材でしたね(プロ用なんだから、素人にはとても入手出来るものではありませんしね、何しろテープのコストひとつにしても…)
オペレーターとマスタリングエンジニアの力量が問われる機材のひとつだという気がするんです、ああいう高級機材の場合!

山下達郎さんが近年まで3348ベースであれだけの名作を構築してきましたが、アフターを行えない体制になったのか、それでProToolsに移行せざるを得なくなった… というのを目にしたとき、自分にこだわりある人って、素晴らしいなぁ~♪ と思ったものです!

話が前後しますが、S-50は憧れの機材のひとつでしたが、まだ貧乏学生だった当時 (現在も貧乏には変わりありません…) とても買える値段ではありませんでした…
先日もコメントしていただきましたが、12bitでしたっけ、しかも上限30でありながら、あれだけ音楽的な音があったことを思うと♪
さらに90年代に突入すると、一気にローファイブームが到来し、2000年代では、わざわざ高音質マシンで <演算> を行いローファイ化しますよね…?
ですが本当のローファイを目指すならば、なるべく <当時のローファイマシン> を使う方が早いですよね(笑)
S/Nの関係とデータ保存の部分で、当時のマシンを現在のハイファイ機にそのまま接続しちゃうと (DX7なんかも、まさにそうだと思いますが) エイリアスの関係でノイズ除去に追われてしまうことは避けられませんが、こんなのも単純なことで、アナログミキサーの安いやつを軽く経由させて取り込むと、気にならなくなるんでしょうけどね、デジタル環境でも♪
ちなみに当時の憧れのマシンなので、実は巨大S-50写真を、今も自分の寝室に貼り付けてますよ(笑)

現在本当に貧民のひとりなんで、機材を購入すること出来ませんが、完動さえしてくれたら <D-50・S-50ないしS-550> って、今でも絶対欲しいんですよ~!
D-70は一応所有しますが、鍵盤全交換しないと使えない状況だし、最終段アウトがおかしくなっちゃって、それも修理しないと…
結局近年でもメインで弾く機会があるのは、01/Wproだという懐古主義なんですよね…
 (TrinityやTritonの鍵盤より、弾きやすいです! 個人的意見ですが!)

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。