智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0173 globe  DEPARTURES

1996年の1月1日…ですが!
この曲の発表は、このグループ(ユニットとすべきか?)にとって、ファン以外のリスナーにとっても、冬の、そしてJ-POPというカテゴリーの中で、今後長い歳月 <定番> と呼べる作品になる金字塔的楽曲になったと思えるものです!
10年ひと昔という表現がありますが、過去ではない現在もなお、多くのリスナーに愛される、グループとしての、そして作者である <彼> の代表的名曲!
globe で 『 DEPARTURES 』 の紹介です♪
冒頭記述のように1996年1月1日発表(というか発売!)
JR東日本「JR Ski Ski」CMソングとして爆発的ヒットに輝いた楽曲です!
globe :
 ご存知 <小室哲哉・MARC・KEIKO> による3人グループ(またはユニット) であり、特に1990年代中期以降、彼らの音楽に夢中になったファン層というのは、常に変わりゆく音楽性をこよなく愛し、今もなお熱烈な支持を持つことかと思います!
 通常このブログでは、アーティストの略歴紹介を行いますが(マイナーなアーティストなどの場合、特に熱心に書きますが!)、今回あえて、そこは省略しようと思います!
 何故ならファンサイトや “Wikipedia” などを御覧いただけると、筆者のつたない説明より、もっと彼らについて理解してもらえると思いますし!


 “小室哲哉” さんは、もう説明の必要が無いくらい、1990年代以降現在まで数々の大ヒットを世に送り出した敏腕プロデューサーでありミュージシャンですが、何故他の関連アーティストと “globe” に違いがあったのか?
 一番の要因ですが、もちろん “TM-NETWORK(後の“TMN”)” 時代からも、多数楽曲提供を行い、その後 “trf・篠原涼子・安室奈美恵” さんらの数々のヒット楽曲を世に送り出すこととなりましたが、TV出演などで共演することはあっても、彼自らが所属したグループって存在しなかった!
 それが “globe” では御大 “小室哲哉” 本人が参加してことに、大きな意味があったように思えてなりません!

 “globe” はまさに世の中全体が <小室サウンド・小室マジック> と社会現象になっていた1995年に結成され、デビュー曲 “Feel Like dance” で華々しくシーンに登場し、だけどシングルジャケットでは、あえてメンバー写真を掲載することもなく、どこか匿名性を持たせたイメージ戦略で <大きなものをアピール> することに成功しました!

 音楽のデジタル化が一層加速した1990年代のシーンにおいて “小室さん” が1980年代以降試行錯誤したすべてのものが最良の形で発表・製作出来る環境が整い、ファンの皆様には申し訳無い説明になってしまいますが、彼自身が在籍した “TM-NETWORK” でさえ逃れられなかった <J-POPと販路の制約> という部分から一気に飛躍し、多彩な音楽性を一気に開花させ、また海外の手法をそのまま日本で採用するといった斬新さもあって、彼の生み出すサウンドは日本国内のみならず、特にアジア圏では支持を集めました!

 ファーストの “Feel Like dance” では “TM-NETWORK” 時代を感じる歯切れ良いデジタルビート、セカンドの “Joy to the love (globe)” では彼が当時日本に大流行していた(させたかもしれない!)ジャングルビートを機軸に、同楽曲がCMとして起用された “トヨタ サイノス” のイメージにマッチした目新しさを!
 (この “サイノス” という車ですが、少なくとも筆者には、それまでの “トヨタ車” ってイメージに思えない外見やコンパクトさがあって、その意味では斬新でしたね!)
 そしてサードシングル “SWEET PAIN” では、ちょっと聞く分には “小室サウンドの定番” 的な音でありつつ、若干まっすぐなビートではなくて、ヒネリある跳ね方をさせるなど、ヒット曲でありながら実験的要素を感じる内容となりました!

 そして本題の “DEPARTURES” へと続くわけですが…!
 このシングルで初めてメンバーの顔写真が掲載され(もちろん各メディアにおいて、メンバーの顔はわかっていましたが) “globe” がそれまで覆面性を有していたものが、一気に前面に公開・お披露目された新章の開始! という側面があったように思います!

 肝心の音楽ですが、純然たるバラードとは異質の内容ですけど、それでもミディアム・テンポの作品がここまで心地よく聞ける♪ ということを “小室さん” が提示したことの意味は大きかったように思えます!
 オリジナルテイクであるはずの “RADIO EDIT” (シングル 1曲目バージョン) では、いきなりボーカル登場というイントロ部分無しの構成で、比較的長めのイントロの楽曲も多く手がける彼にしては、ちょっと珍しいパターンだったように筆者は当時、感じたものです!
 その後発表されたアルバム “globe” (400万枚を越える、ベスト盤を除く単独アルバムとしては、2006年時点で売上歴代3位の名作!) の中で、楽曲構成を変えた別バージョンにて収録されるなど、やはり彼らしいミックス感覚とか構築能力を実感出来ましたが、個人的にはシングルバージョンが一番好きですね、今でも♪

 この “DEPARTURES” に限らず “小室作品” の多くで、実は聴感以上に(聞いた感じ以上に) <CDに記録されている “音圧”> という部分があって、それまでのシングル3作品に比較すると、アナログ機械泣かせの曲だったなぁ… という強烈な思い出があるんです!

 今でこそ多くの皆様はCD・MD・ポータブルオーディオなどで <デジタル機> を多用すると思いますが、何しろ10年も前だと、まだ <カセットテープ> への録音というのは、誰もが当たり前だったように思います!
 筆者はそれなりに音楽愛好家として、機材にも (無意味に) 投資してきましたが、案外高級機の部類にあたるカセットデッキを所有していますが、そのデッキでさえ “DEPARTURES” に含まれる <超低域の音圧> ってものを記録 (つまり録音ってことになります!) するのが限界あって、苦労しました…

 この “DEPARTURES” がきっかけとなって、それまでデジタルオーディオに否定的だった筆者も、仕方なくデジタル化を加速させたことが、今となっては懐かしく思えます!

 また普通に音楽という部分で考えれば、特に “TM-NETWORK” の熱烈なファンだとすぐに理解出来るでしょうけど、バラードないしそういう楽曲の場合、どちらかと言えば “木根さん” の方が得意な分野で “小室さん” の場合は、それ以外の方面に長けていたという印象、あるでしょうね♪
 (例外としては “渡辺美里” さんに提供のものなどは、案外 “DEPARTURES” を予感させる要素などあったように思えますが!)

 この “DEPARTURES” は、もちろんあのサビ聞くだけで “DEPARTURES” だなぁ~(^^♪ というインパクトがありますが、それよりも徹底的に繰り返される <Bメロ> の方が、楽曲全体を構成する大きな要素となった気がします!

 “小室さん” と言えば、今も昔も <J-POPなのに 超複雑なリズム構築をすること> が得意で、パっと聞いてる分には違和感ないけど、リズム部分だけを抜き出せば、恐ろしく高次元な(世間では マニアック という表現が相応しいかもしれない…)作りこみを行い、それが結果として今までになかった音楽性へとつながったはず、です!
 しかし “DEPARTURES” って全体を通して聞いても、そういうギミックの部分は少なく、純粋な <メロディーメイカー> としての “小室哲哉の手腕” を発揮した名曲で、彼の膨大なヒット楽曲の中でも際立つ作品と言えるはずです!

 ここまで “小室さん” のことばかりを書いてきましたが、やはり “globe” の魅力って、残る両名の存在、すごく大きいと思うんですよね!
 当時 <小室ファミリー> なる名言も残されましたが、その中でも “MARCさん・KEIKOさん” の存在って相当なもので、単に “小室さん自ら参加してる” という部分を越えて、その後のオリジナリティーを発揮したり、着実に進化を続ける二人を見てると、グループ(ユニット)として、それはものすごいことだなぁ! と思えてならない!
 中でも “KEIKOさん” のハイトーンボイスは、デジタル機材の硬質な音に負けることなく、自分の存在をしっかり主張してて、そのあたりも皆様に愛される音楽の理由だったかもしれませんね!

 記事を読み懐かしく思った人も、今なお熱烈なファンの皆様も、この名曲を聞き入る冬であってほしいですね♪

今回のリンク先
DEPARTURES  Uta-Net  (歌詞掲載部分)

筆者による “小室哲哉” さん関連記事
 ★0045 華原朋美  tumblin' dice
 ★0054 小室哲哉  RUNNING TO HORIZON
 ★0074 宮沢りえ  ドリーム ラッシュ
 ★0088 安室奈美恵  I HAVE NEVER SEEN
 ★0156 鈴木あみ  all night long

コメント

  • 01月 02 2007
    • 2007/01/02(火) 00:04:54
    • [ 編集 ]
    • URL
    • うさぎ #3ZGY0QjM
明けましておめでとうございます。
今年もどうぞヨロシクですっ。 (*゚ー゚*)ノ

今日の智さんの更新ペースすごいですねっ。
かなり飛ばしていますね~☆

DEPARTURESが、そんなに前に発表された曲だなんて・・・
時が流れるのは本当に早いなぁ~と思いました。
やはり小室さんは日本を代表するメロディーメイカーですよね~♪
そうなんですよ、このハイペースっ!!
何か勘違いしているようです、自分…
でも、書けるときに書いておかないと、なんか絶対的に時間が足りなくなりそうなの、今月も最初から(泣)
なので常にキーを叩き続けて、連続作業を行っております!

新年の挨拶記事かな?
そこに書きましたが、やることたくさんありすぎて、何から書こうか思案中…
なので今夜は起きていられるうちに、たくさん何かを書くと思います!
ただ、もっと活躍させようと思ってた <タイマー送信機能> ですが、なんかね、読者の皆様方のコメントに返事するより先に、新規の記事が更新されちゃうと、それって俺の中にある <順番> ってものが崩れ去ってしまうんで、結局今まで通りの方法に戻ってしまいましたね!

先日 <絢香> さんの <三日月> は、彼女の誕生日にかこつけて記述しましたが、CDの発売年月日にかこつけて書くのも流儀かも、俺の(笑)
だからこそ必死で <DEPARTURES> を間に合わせました(笑)
 (記事投稿の時間が、それを物語っていますねぇ~!)

うん、もう10年選手の楽曲だったりしますよ!
人間の記憶なんて、こういうブログの場合、いかにあいまいなものかというのを、実際CDの裏表紙を見ながらとか、検索しながら感じてしまいますね…
うさぎさんにとっても、懐かしさと新しさの両方で聞ける楽曲のひとつだと思うし、是非この冬も聞いてみてくださいね♪
この曲、クリスマスにいいかな~と思ってアルバムを用意してたら、1月1日発売・・・。
まあ、冬の曲だからそのうちに、なんて考えてたら智さんが記事に♪
はやまらなくてよかった~(笑)。

高級機にあたるカセットデッキですか~。レコードやCDからの録音作業、懐かしいですね!
あ、私は使ってませんが、DATとか使ったりしました?

・・・PS:下の記事にある、おかんさんの「。。。。。。♪
」がナンノことか気になって仕方ありません・・・。
だからね、最初から元旦はこれをスタート楽曲にしてやろう(笑)と企んでいたんだが!
だけどね、<繭優さん> のブログとか <あおさん> のブログが、えらく丁寧な年始の挨拶になってるんで、だから俺も真面目な 『謹賀新年』 って曲にしたの!
そんで同日更新などを♪
 (めぐちゃんが “種ともこ” さんに興味を示してくれてたのも理由だが!)

誰が最初にこれ、書くだろうか? という不安あったけど、遠慮なく書かせてもらった!
実はglobeの8cmシングルなどは、あの連続リリースの際に応募して、非売品限定シングルGETするなど、量として結構所有してますよ俺!

デッキですが、今から16年前に定価で10万近かったから、それなりに高いと思いますよ!
 (さすがに ナカミチ などは 20万超えてたから買えなかった…)
このデッキだけど、大学時代唯一の高額商品で、このデッキとCDプレイヤーだけが、4年のバイト生活の中で手にすること出来た高額商品なのね!
あとは学費を自分で払ったからさぁ、何も残らなかった… CD以外は!

DATはね、メディアが高かったことも敬遠の理由だったけど、巻き戻しが遅いと感じたのも却下の理由!
それと後に10万くらいで買えるマシンもあったけど、安いものって音質に納得出来なかった!
さすがに20万以上するDATは高音質だと思ってたけど!
だから俺は迷わず1995年(1996年かも?)にHDR(ハードディスクレコーダー)買ったのね!
巻き戻しのストレス無いことが、デジタル最大の魅力だったの!
1/100秒以下を聴きながら作業する人種にとって、もう1分とか2分っていう待ち時間、反則なんでね…
だから今でもCDをPCに取り込んで、極力頭出しが高速化するように、楽曲の前後の無音部分を削るの!

あ…
<おかんさん>のねぇ…
是非ブログを直接見てみましょう(^^♪ おかんさんの♪
新年早々、ですから!

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。