智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0172 種ともこ  謹賀新年

皆様、明けましておめでとうございます(*^_^*)
新年早々、開始の記事なんですが、よくクリスマスソングなどは、皆様数多く聞くでしょうし♪
また <お正月> ってことになると、童謡・愛唱歌や学校教科書などで目にすること、多いと思います!
しかしいわゆる “J-POP” 系の作品で真正面からタイトルごと 『謹賀新年』 って曲があることをご存知でしょうか?
今回はまさにその直球勝負的 楽曲などを!
種ともこ さんで
『 謹賀新年 』 の紹介です♪
1989年発表 これは彼女のアルバム “O-HA-YO”(オ・ハ・ヨ) に収録された作品で、シングルリリースは行われていないと思います!
種(たね)ともこ さん:
 筆者のブログでは、過去記事の中で彼女の簡単な紹介をしています!
<過去記事>
 ★ 0123 種ともこ  笑顔で愛してる (2006年9月23日の記事)
  同楽曲は人気声優 『國府田(こうだ) マリ子』 さんによってカバーされました♪
  なお “種ともこ” さんのアルバムセールスの中では、同曲収録の “うれしいひとこと” が当時オリコン5位になるなど、好セールスを記録したはずです!

 ★ 0168 渡辺満里奈  パノラマでMerry Chirstmas (2006年12月23日の記事)
  この作品ですが “種ともこ” さんは作曲者・作詞者・コーラスを手がけたことを紹介しています!

◆略歴(過去記事と、ほぼ同じ内容で!)
・1984年に <CBS・ソニーオーディション '84> にて優秀賞受賞
・1985年にシングル <You're The One> にてデビュー
 デビュー当初からマルチな才能を発揮し、作詞・作曲はもちろんのこと、卓越した <コーラスアレンジ> を自らこなす存在であった
・今回の記事楽曲 『謹賀新年』 を含む5作品目のアルバム (オリジナルとしては4作品目にあたる) “O-HA-YO”(オ・ハ・ヨ) では、現代では当たり前! だけど当時は男性でも中々使いこなせなかった
 <マッキントッシュ(まぁ、Mac、です、これは!) & シンセサイザー> などによる <プリプロ作業> (実際のレコーディング前に行う打ち込み作業などのことだと思ってください!) を女性ながらに行い、意欲的な作品を構築しました!
・その後自らの作品発表と並行して、ジャンルの異なるアーティストへの楽曲提供も積極的に行うなど、単なるボーカリストとしての音楽活動では無い部分も注目され、現在もプロとして活躍中♪

 略歴部分だけでも、興味持った読者様もいることでしょうね♪
 元々ソングライティングの部分に優れる “種ともこ” さんですが、ボーカリストとしても特にコーラスワークには定評があり、自らアレンジしたコーラス部分というのは、実に彼女らしい音域の使い方で、これは多くのミュージシャン志望の人にこそ、是非参考にしてもらいたいですね!

 さて今回の 『謹賀新年』 ♪
 最初この曲名をアルバム買って見かけたときに
 <な、なんてわかりやすいタイトルなんだぁ~!>
 そう筆者は思いました!

 先ほど触れていますが、自らデジタル機材やコンピューターを使いこなす彼女の感性は、どことなく <理系少女> ってイメージがあり、数学とか強そうな感じで、完全文系の筆者などは 『近寄りがたい高学歴才媛』 的な存在に思いつつ、彼女の作品を聞いてたものです!

 (余談)
 なんか学校の中にもいませんでしたか?
 すっごく勉強とか出来て、会話だってインテリっぽい印象ある女の子!
 そういう子に限って、根暗なイメージも無く、見かけまで可愛かったりするんで、何も取り得のない自分が、余計情けなくなっちゃった学生時代の淡い恋… みたいな(笑)

 そうなんですよね、今回の “種ともこ” さんは独特の可愛さがあって(美形だし、可愛いですよ♪)、しかも才能あるっていうんで、筆者のまわりでも、何故かインテリ系の女の子などがよく好んで聞いてたような気がします!

 ですが、そのインテリジェンスの部分、それは彼女が文学部哲学科出身ということに裏付けられるもので、どことなく知的な要素を音楽にも持ち込んだような気がするんです!

 ただし皆様にお断りですが、楽曲が難解だったとか、意味不明な音楽性ってことは一切ありません!
 非常にわかりやすい女の子の恋愛観であったり、美しい景色からイメージされた楽曲など、それはJ-POPとして必要なものだと思えますし、誰が聞いても、スンナリ受け入れられるものだということは、ここで宣言しておきます!

 この 『謹賀新年』 という曲ですが、想いを寄せる人に年賀状を送るっていう内容で、そこに冬のお正月のワンシーンが同時に描かれている、すごくのどかな楽曲です♪
 イントロなんて、まさに 『和のテイスト』 (笑) っていう感じですが、どう皆様に伝えるといいでしょうか?
 かつての <NHK みんなのうた> などをイメージしてもらえるとわかりやすいと思いますが(最近はのどか、というより、あの番組もJ-POP寄りかなぁ? って楽曲が増えたように思いますが…?)、子供向け音楽っぽさがあって、家族団らんで聞きましょう♪ って感じの、童謡とまでは言いませんが、そういうのどかさがあります♪

 歌詞ですが、想いを寄せる相手(たぶん女の子でしょう、その相手さんって!)に、直接的ではなく、年賀状の隅々まで見れば、愛の告白などわかるようになってるんでしょうね!
 ですが結局、その相手には想いは届かなかった… という悲哀もあって、いつもと何も変わらない正月の(あるいは冬休みかも?)生活の中で、かすかな心の痛みや、その相手が見てくれるかな? 年賀状?? という期待に膨らむ時間を描いた内容で、なんか自分の学生時代なんかを思い出します(苦笑)…

 年賀状を書かなくなり、早数年という暮らしの筆者ですが、学生時代の方が、社会人の今よりも、真面目に相手ごとに内容考えて書いてたし、年賀状を出す相手というのも、女の子の友達多くて (け、決して自慢ではありません! 所属した部などが音楽関係なんで、必然的に女の子ばかりになってしまっていた! ということです!) それぞれ工夫を凝らして書いてたなぁ♪ っていう、遠い昔の日々のこと!

 “種ともこ” さんの楽曲の多くは、人間描写に優れていて、この 『謹賀新年』 でも音楽を聞くだけで、目の前でその主人公が浮かび上がってくるんです!
 しかも誰に向けて発せられたメッセージ性では無く、ほんと単純に歌の中に、主人公が存在して、その主人公の行動・考え方なんかが語られる(歌われる)というタイプの楽曲も多々あり、この 『謹賀新年』 などは、そのお手本的楽曲かもしれません!

 肝心の音楽面ですが、先述のような <のどかさ> がありますが、作詞・作曲・コーラスアレンジは “種ともこ” さんが行い、楽曲全体の編曲では “種ともこ” さんと “松本晃彦(あきひこ)” さんの名前があります!
 この “松本晃彦” さんですが、絶対皆さん、彼の音楽を知らないとは言わせませんよ(笑)
 あの <踊る大捜査線> の音楽を担当した人で、CMでは <ZERO CROWN>(トヨタ クラウン) などの緊迫感溢れるオーケストレーションなどを得意とし、他にも著名アーティストへの楽曲提供やアレンジで名を馳せるベテランであり、きっと彼の音楽を皆様、耳にしていると思いますので♪

 しかしその <松本晃彦> さんを擁しているのに、この 『謹賀新年』 って、どこまでものどかな作風で、現在の彼の音楽に夢中になっているリスナー、あるいはクリエイターさんにとって、なんか意外な音楽性を知るとビックリするはずです!

 筆者はたまたま高校時代から “種ともこ” さんのファンで、多数作品を所有しますが、まさかこんなタイトルの楽曲があるとは、読者の皆様も、多くの音楽ファンも知らないのでは?
 そういう思いがあって、まさに元旦 1月1日に相応しい楽曲として、2007年最初に選んだ楽曲となりました!



はい! 期間限定リンクです♪
 歌詞掲載サイトには、今回の 『謹賀新年』 などは紹介されるはずもないし、筆者がお正月特別企画ということで作成してみました♪
 (おおっぴらに紹介するのは、まずいことなんだけど…)
 この 『謹賀新年』 の歌詞ですが、是非御覧くださいね!
 なお短期間でこの部分は削除するので、御了承願います!
種ともこさん 謹賀新年 歌詞

コメント

  • 01月 01 2007
    • 2007/01/01(月) 23:25:39
    • [ 編集 ]
    • URL
    • あお #-
智さん
新年明けましておめでとうございます♪

今年も智さんらしく、智さんワールドを無理することなく
続けて行って下さい^^

今年もよろしくお願い致します☆
そうですね!
みんなにはコメントしているはずなのに、自分で頑張ってしまって、追い詰めてしまって、自分で束縛されてるかもしれない…
ブログもネットも…
もっと気楽に!
それが今年のスローガンだったりします(^^♪

智ワールドってものは、たぶん変化しないですよ(笑)
なんか吹っ切れたという、か?
気負いが無くなってきたかもしれない!
ただ、これはあおちゃんも語っていたと思うけど、最初期の記事など、いくら自分の不慣れと言っても、赤面どころの話じゃないねぇ~(泣)
最初の10個くらいは、もう一度書き直したいよぉぉぉぉ(>_<)゛゛
 (たぶん今年、修正発表しますよ、過去記事っ!!)

実は今、また次の記事を必死で書いてるとこ(笑)
懲りてないなぁ… とは言わないでぇ!
自分らしさ!
あおちゃんも俺も、そういう気持ちで今年を頑張りましょう♪
ことらこそ、よろしくお願いしますね(*^_^*)v
この楽曲だったのですね~♪
種ともこさんは 一番最初に拝見したとき
『のびのびとしていて ホワッとした可愛らしい女性、』
そういう印象があったのですが
・・そんなに素晴らしい才能をお持ちの方とは知りませんでした、、
でも 智さんも書かれおられるように
本当に柔らかで可愛らしい女の子というイメージ 
そして耳に入る曲も スッ・・と耳に触れる感じで。。
ここで智さんの解説を読ませて頂いて
・・それらは、種ともこさんの才能があってこそ
自然体な雰囲気として成せることなのだと 改めて感じました。

この 『謹賀新年』 は 初めて知る楽曲でありますが
詩を拝見しながら 男の子の 少しこころ落ち着かない様子
正月のおこたつと おみかんと ・・テレビ
そして 玄関先から年賀状を持って戻ってくるお母さんの姿 ・・
本当にのどかな日本のお正月風景が目に浮かんできますし
今は懐かしき自分の学生時代と 思い合わせておりました。
松本晃彦さんのお名前は存じなかったのですが
『・・そうなのですかっ??』 もう お驚きであります(・_・;)
重厚感 あるいは 迫力・緊迫した雰囲気を醸し出すサウンドを送り出す方が
日常のほのぼのした風景を思い描く楽曲に携わっておられるということ
『あの方が この曲に?!』 この驚きは 
智さんにここで教えて頂いて もう何度目でしょう^^;

今回は 題名を見て嬉しくなって 
そして 種ともこさんの素晴らしい才能を知り(&驚きました)
さらに 楽曲そのものに ほのぼのとして
最後にまた ・・驚きが待っておりました^^;

今年もまた 昨年同様に こうやって解説を拝見しながら
智さんから教えて頂く 新しい発見・驚きが沢山あることでしょうね。。

まだまだ年は始まったばかりでありますが
この先 智さんが紹介される楽曲、変わらずに楽しみにしております(*^-^*)
種姉さんを知らない人、結構多くって(泣)
だけどそれは俺のブログ!
なんとまた近日登場するんです~(^^♪
理由はまたその記事で♪

近年過去作品って、いろんなレコード会社さん、DVD化してくれますよね!
その中でも彼女が在籍する <SONY> って映像資料が豊富なので、実は過去に紹介している <笑顔で愛してる> が収録されたDVDがあります!
この映像などを御覧いただくと <種ともこ> さんがなんて可愛い女性なんだろう♪ と誰もが理解出来るはずです!

歌詞を読んでもらうと、そこで俺が伝えたかったことが理解出来る書き方をしたつもりです!
なんか初々しいでしょ、この主人公さん!
かつて繭優さんには <矢野> さんの <自転車でおいで> をプレゼントしましたが、女性シンガーソングライターに共通するのは、人間性の描写が実に上手だということでしょうね♪
なんかね、俺がよく他のバンドメンバーなんかに音楽を紹介するときには、絶対こういう表現するけど
『景色が見える音楽』
これって大きな要素だと思います!
実際に音を聞くと、絶対俺が伝えたいことを理解してもらえそうな気がします!

それと <松本> さんに限らず、よく俺は他の楽曲紹介ブロガーにもコメントすることで
『人物から辿る音楽』
って聞き方を推奨してます!
例えば <久石 譲> さんなども映画のイメージが先行しちゃうと、宮崎作品や北野監督作品の音しか聞こえてこないし、思い浮かばない…
だけどかつて発表したソロ作品などは、坂本教授も驚くようなインダストリアル(機械)系な音楽発表があったり、昼ドラマ主題歌となったボーカル入り作品があったり、幅広く音楽を <知る> ことが出来ます!
うちのブログでは、普通のブログが歌手・グループを表層的に記述する以上に、こうして人物から音楽に興味を持ってほしくて、紹介することにしています!

誰もが知る楽曲の場合、主だったところを書けば納得してもらえますが、こういう楽曲の場合、どれだけ読者に伝わるか? を基準にするので、読み手によって、まどろっこしい文面に感じるだろうな… と思いつつ書くんです、いつも…
だけど繭優さんのように理解しようと努力してくれる読者がいると、またこうして書く意欲につながります!
 (だからマイナー楽曲が増える、と(笑) そればかりじゃないけど♪)

今年の課題ですが、昨年以上に人物紹介もしつつ、それと過去楽曲と <つながる> ことを、また第2ブログの存在意義でもある <みんなのブログがつながること> を念頭に進めていこうと思います♪

(追伸)
俺だけじゃなくて、もしかしたらIE6を使う誰もが、同じ現象を体験してるかも…
これ…
残念ながら年末年始などに、毎年のように起こる現象なんで、毎月第2水曜ってWindows Updateの日なんで、絶対に自動更新するように設定して、常に最新状態でPC、使いましょうね!
  • 01月 04 2007
    • 2007/01/04(木) 00:41:27
    • [ 編集 ]
    • URL
    • めぐ #abHJs7eY
年賀状…学生時代に比べたらだいぶ減りました。
それだけつきあいがなくなっていってるということなんで、ちょっと寂しい気もしますね。。
今は子供の写真を使って作りますが、宛名と文面はひとりひとり手書きで、その人のことを思い出しながら書いています。
減ったと言っても50枚、意外に年末の重労働なんですが、めったに会えない人たちのことを考える貴重な時間でもあります。本当は、会いに行けたら1番いいんですけど…。
ちなみに、私の年賀状は必ず「あけましておめでとう」です。「賀正」や「迎春」や、もちろん「謹賀新年」も不可(笑)。毎年年賀状をデザインする夫に「あけおめ」以外は認めないと豪語してます(理由はないです、好みです^^;)
俺はほんと、もう10年と言わないだろうなぁ…
年賀状って書いてない…
仕事柄、バイトが入れ替わり多かったんで、職場では相手に対し、そこまで気をつかわなくていいから! って感じでやり取りしなかったのが大きいなぁ…

俺に届く年賀状っていうのも、大抵子供さんの写真入り!
そういう幸せそうな感じを眺めるのが好きですね!
(ちなみにもらった相手だけには、必ず返事出しますが!)

手書きの要素、ほんと時代と共に減りつつありますが、人間性を感じる要素として、手書きって重要だと思います!
50枚だと大変だもんねぇ…
昔が懐かしいや!
両面苦心して手書きして、書き損じたときなど、ため息が絶叫か(苦笑)…

そうだねぇ、うちの交流先の <あおさん> と <amo> さんのブログで年賀状の話題ありますが、例えば 『明けましておめでとうございます』 の意味とかを考えながら伝えると、めぐちゃんの気持ちも、すごくわかるような気がしますね!
それぞれの言葉が持つ意味を理解し、そこに気持ちを込めること!
一枚の葉書にも、人間性感じますもんね、この時期って!

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。