智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0022 唐沢美帆  Way to Love

なんか、ふっと、同じ日なのに、2 曲目を書くことを決めました
外は、降り続ける雨… 少し、感傷的になりそうな日です

人気を博したドラマ 『 ラブ ・ レボリューション 』 の挿入歌
唐沢美帆さん の曲で Way to Love を 今回紹介します♪
2001 年の 5 月、リリースでした♪
最初に♪
よく筆者の記事においては、ドラマやアニメの 『★★』 の主題歌や挿入歌、という記述で、楽曲を紹介しています
ですが、その作品自体を見てきたことが、ほとんどありません…
長い期間、夕方~翌朝にかけての勤務をしていた関係から、直接見ることも出来なくて、そこからでしょうか? 結構テレビを見ていない生活期間が長かったように思うのです
ただ、音楽というのは、聞く時間さえあれば、放映の時間帯などに関係なく、自分が楽しめるために、映像より好きなのかもしれないです!
音楽は、何かをしながらでも、耳が記憶してくれるジャンル
映像は、その表現の時間帯、その場所からは、動かず視聴をしたいジャンル
なので、筆者は音楽の利便性の部分も、好きなんだと思います

今後、時間をかけて、映像作品にも気持ちを向けられたら、と、思っています


今回紹介する 唐沢美帆 さんは 1983 年生まれの ( この記事の時点では ) 22 歳の、歌手であり、美しい女優さん♪

そして、紹介楽曲の Way to Love の時点では 17 歳の美少女でした☆☆

最初、そのドラマのことを全く知らずに、ジャケット写真だけで即!CDを購入してしまったのです(笑)
筆者は CD 購入の際、かなり事前の下調べをして、新譜は手にします
( 中古 CD の場合は、その反対に、一気に衝動買いをしています! )
ですが、この曲のジャケット写真は、たとえどんな歌であろうと、その美しい写真のためだけに購入しても損は無い! とまで思い込んで、購入したくらいです!

いざ、自宅でこの楽曲を聞き、可愛いルックスからは、ちょっと予想外の歌唱力で、ほんとに驚いたのです!
なので、この楽曲以前の作品も、すぐに聞きたくなりました!
今回の楽曲は、彼女の 3 作目にあたるものなのですが、それ以前の2作品、ならびに、それ以降の楽曲も手がけた作曲者の 『 島野 聡 』 さんの名前を見つけたとき、なんだか不思議とその歌唱力が理解出来た感じがしたのです!

※島野 聡さん
MISIA さんの初期楽曲を手がけ、韓国のトップアイドル 『 S ・ E ・ S 』 さんの楽曲を手がけるなど、歌唱力抜群のアーティストの作品にて、彼の名前をよく見かけていました!
なので 唐沢美帆 さんの楽曲を手がけたのも、彼女のその実力を見いだしていたからなのだろうと、筆者は思っていたものです♪

今回紹介している Way to Love は、もちろん大ヒットドラマにおけるタイアップなのですから、恋愛の世界観を切々と歌い上げていく内容なのですが、作詞を手がけたのも彼女自身であり、とても 17 歳の女の子が手がけたとは思えないくらい、大人の恋愛がモチーフになる感じがして、筆者は長きに渡り、愛聴する楽曲なのです♪
< 作詞 : 唐沢美帆  作曲 & 編曲 : Sin >

タイトルは、恋に落ちる女性の気持ちの経過を表現し、楽曲の最後を飾る言葉は…

最後の恋に落ちてく夜・・・

こんな言葉を、本当に自分が愛する相手に、言われてみたいものです!


楽曲の曲調は、ミディアム ・ バラードであり、その構成はどこか 宇多田ヒカル さんの名曲 『 First Love 』 を彷彿とさせる感じで、それが聞き手の琴線に触れたのだろうと思います♪

そして、高い歌唱力と何度も記述しましたが、それは 17 歳当時の彼女の等身大の姿を、ありのままに表現している感じがすることへの賛辞なのです♪

ボーカルの 『 テクニック 』 だけなら、彼女を凌駕する人は、多いかもしれないですが、心に溶け込んでくるかどうかという話は、また別のことであるし、微かに痛みを感じるようなその歌唱法といい、けなげな感じといい、ひたむきさ、とでも表現すると、文字ではわかりやすいのでしょうか…? そんな部分が、この楽曲の魅力を最大限のものにしたのではないかと、筆者は思っているのです!

筆者が結構こだわって、シングル CD を新譜なり、中古から集めるのは、たとえ表記がないにせよ、タイトル表題曲がアルバムに収録されるときに、その音楽のミックスバランスが変化していたり、タイトル楽曲ではない、ま、2 曲目とか言われる部分ですか、なかなかアルバムにまでは収録されない楽曲なのですが、実はその 2 曲目とか 3 曲目に収録されている中に、静かに名曲が隠れていることは多いです!

今回紹介した Way to Love のシングルには、彼女が作詞を手がけた
『 冷たい雨 』 というものが収録されています!
当時 17 歳の彼女が、まるで 20 代の女性なの?
という程、大人な世界を詞に書き上げています!

現在では、彼女の作品はアルバムでお聞きになるのが最短入手経路だと思うのですが、もし、この記事を御覧の皆様の中で、彼女のシングルを所有されていたり、興味をお持ちになって、ふと中古 CD ショップなどで名前を見つけた場合には、オススメのアーティストだと思って手にしても、いいと思います!

今回の楽曲も含め、試聴 ・ プロフィールなどは公式ページより御覧ください♪

唐沢美帆 オフィシャル ウェブサイト


最後になりますが…
彼女の楽曲を再び思い出させてくれた、俺には恩人の 『 ライム 』 さんへ
今回の記事は、届けたいと思います!
貴女の記事を読み、今回、書くことを選びました
ささやかながら、今日の日に、、、贈り物です♪

コメント

先日は励ましコメントありがとうございました!
初対面のわたしに温かい言葉をかけてくれて
ほんとに嬉しかったです、ありがとう(^^)

智さんは音楽ブログなのですね。
わたしも音楽聴くのは好きなので楽しみに見ます♪

これからも宜しければ仲良くしてくださいっ。
そうなんです! 俺の部屋は、こんな場所だよ♪
ほんと、趣味の再現でしかないけどさ、いつでも立ち寄ってね♪
俺も、ゆいちゃんのとこには、必ず行きますね!
こちらこそ!
これからもよろしくお願いしますね(*^_^*)
いろんなジャンルのブロガーさんの集う場所です、ここは♪
それがまた、すごく心地いいんです!
  • 05月 20 2006
    • 2006/05/20(土) 01:39:23
    • [ 編集 ]
    • URL
    • ライム #xHucOE.I
恩人だなんて・・・私は ただ あたりまえの事をしてきただけで、それも許さ
れた時間しか持てない為、いつも こちらの方がお世話になってばかりなのです。
唐沢美帆ちゃんの記事の贈り物は大変に嬉しかったです。感謝して 頂戴致しま
すm(__)m。2001年リリースだったのですか!時の経過は なんて早いのでしょう
。17才の時に書かれたのですね!初めて 聞いた時 まさか本人が作詞したなんて
思えなかったんですよ。当然プロの方が!と思ってましたから。で本人が書いて
る事を知った時、この人凄い(◎-◎;)と驚きました。そうなんですよ!歌唱力の
ある歌い手さんは沢山いらっしゃるのですが、微かに痛みを感じるような歌唱法
って表現なさってますが、声で情景や心情を表現出来る人、その声が、大変に清
らかで 透き通る美しさ、にライムは魅了されてしまいました。ライムは幼い頃
からピアノを習い、音に関しては かなり
敏感で完璧な音感の歌手の声しか聞けないので美帆さんが大好きになりました。
イマイ ミキさんの若い頃の声に似ているとも思えます。彼女の声も大変爽やかで美しいのです
♪。智さんが美帆さんの聞いた事のない声を初めて聞いた時の驚きと歓喜してい
る感情が手に取るように理解でき微笑んでしまいました。彼女の名が 世間に知
れず埋もれてしまっているのは残念で もったいない気もします☆今日は、ステ
キな贈り物戴きまして本当にありがとうございましたm(__)m

本来は、来週の掲載を予定していました
ですが、今回の記事を読み、どうしても今週のうちの掲載にしたかったのです
先日、彼女の名前を見たときに、まさか身近に話している人の中から登場するとは思っていませんでした
なので、あの追記をしたわけですが、この曲に関しては、その歌詞が描く世界のように、いろんな思い出、あるのです
その部分は、あまりに個人的なことになってしまうため、このブログにおいては、割愛したのです
ですが、その時間の経過や人間模様を記述出来る場所が生まれたら、その折、触れたい話です!
今回、ライムさんに贈るために、この楽曲は選びましたし、この日付をもって、記述をしました
ここのブログでは、あくまで俺が選んで紹介をしますが、皆様にとっての素敵な楽曲であると同時に、俺にとって大切な人への記述の場所でもあります!
今までに掲載した楽曲の中には、もちろん、その思いを込めて記述した内容があります!
良き音楽にまつわる人間模様
そんなことを書いていける場所にしたいこと
これからも、それを続けていけたらと思います
そして、ライムさんにとっても、そういう場所であることを目指し、頑張っていきます!
ありがとうございます、ライムさん♪

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。