智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0160 松任谷由実  リフレインが叫んでる

このブログの読者の皆様、何歳くらいの人が多いのでしょうか…?
今回の楽曲ですが、1988年11月発表の作品で、18年前にもなるんですけど、そんな感覚しないんですよ、筆者には…
しかもレコードデビューから、なんと34年を経過した今も一流の現役アーティストという、まさに日本音楽史の大御所と言っても過言ではないでしょうね!
松任谷由実 さんで
『 リフレインが叫んでる 』 の紹介です♪
超有名楽曲だと思いますが、実はシングルリリースされていない楽曲!
アルバム “Delight Slight Light KISS” の収録曲のひとつでした!
松任谷由実さん:通称ユーミン
★名キーボーディストであり、御主人でもある “松任谷正隆” さんと結婚する以前は “荒井由実” さんとしてデビュー!
 数々の名曲を生み出していますが、歌手デビューよりも先に、実は作曲家としてデビューを果たしています!
 (歌手デビューが1972年、作曲家デビューが1971年)
★その後も “ニューミュージック” の女王的存在として君臨し、数々のヒット曲を生み出しますが、彼女自身の “松任谷由実” 名義とは別に “呉田軽穂”(くれた かるほ)名義にて多数楽曲提供を行い、それらの曲も大ヒットしています!
★彼女の代表曲のひとつでもある “守ってあげたい” が1981年にヒットし、それ以後のアルバムが長きに渡りオリコン1位を獲得!
★ただ意外にも、初のミリオンセラーアルバムに輝いたのが、今回紹介する “リフレインが叫んでる” を収録した “Delight Slight Light KISS” であり、それ以後(同アルバムを含め)8作品連続ミリオンセラーに輝く快挙を成し遂げています!

 これだけ偉大なアーティストを書くときには、プロフィールを書くだけで記事が埋まってしまうので、軽くこのあたりだけを今回記述しますが、いろいろ調べてみると、案外知らないことばかりなんだなぁ…と、自分が情けなくなるくらいに、大物ぶりが実感出来ます!

 筆者のこのブログも、この楽曲で160曲目の紹介となりますが、ユーミン作品を書いていたつもりで書いていなかったことに気づきましたが、筆者と主に交流する音楽ブロガーさんの中でも、実は案外記述されてなく、唯一たくさん書かれているブログがこちらにあるので紹介しておきます!
 ※ ブログ “CANCELの好きな♪” (管理者:CANCELさん
 ※ CANCELさんの紹介楽曲(掲載順に)
   ●September Blue Moon
   ●最後の春休み
   ●たとえあなたが去っていっても
   ●まぶしい草野球
   ●ホライズンを追いかけて~L'aventure au desert
   ●恋人がサンタクロース
   ●メトロポリスの片隅で

 筆者が最初にこの “リフレイン~” を聞いたときに感じたのは、なんてクリアなサウンドなんだろう! ということでした!
 そしてあの独特の出だし(歌詞)に釘付けでした♪
 “松任谷由実” さんのレコード・CDを所有しない人でも、この曲の出だしの歌詞だけは、きっと多くの皆様が知ることかと思います!

 数ある失恋ソングの中で、こんなに力強い楽曲なのに悲しくなる作品など、他にあるでしょうか?
 そう思えるくらい、自分の経験とも重ねて、長年愛聴する楽曲になっています!
 (歌詞全文は、文末リンクより御覧ください!)

 そしてクリアなサウンド、ということを書きました!
 “松任谷由実” さんに限らず、ニューミュージック系のアーティスト、特に自作自演系の皆様方(揃って大物なんですが)は、自らが驚愕に値するくらいの作曲家・作詞家・編曲家であり(特に男性の場合は、素晴らしい演奏者であることも多いです!)、ボーカリストという人が多く、誰かに楽曲を与えられて、それを歌入れして(録音して)ハイ! おしまい!! の状況ではなく、サウンドに対する姿勢も並々ならぬものがあり、中でも “松任谷由実” さんの描き出したサウンドは、1980年代~1990年代に向かう “デジタル機材の使いこなし” の面では、日本屈指の作品群と言えるはずです!

 今回の “リフレインが叫んでる” では、特にドラムの音が高音質ですけど、これはミュージシャンの生演奏ではありません!
 『シンクラヴィア(Synclavier)』と呼ばれる超高額機材を駆使して作られたもので、1988年当時、日本に数台くらいしか無いマシンでしたが(数千万円~、オプションによっては億の値段、しました!!!)、専任のオペレーターまで用意して、生み出された音です!
 ※ この 『シンクラヴィア(Synclavier)』 に関して、文末に別項を用意して、少々記述しようと思います!

 サウンド面では、こういうハイテク機材を導入していますが、他の部分でも、なんとも “ユーミン” らしい贅沢さだなぁ♪ と思える部分が多々あります!
 ギタリストなども、日本屈指のベテランがプレイしているにも関わらず、派手なソロがあるわけでもなく淡々と基本的なプレイに終始していますし、コーラスとして参加しているメンバーも、やはり日本屈指の皆様ですけど、歌詞としては “Hello~Good-Bye” というフレーズしか受け持っていません!

 “松任谷由実” さんという人は、何をやっても(表現しても)すべてが個性だという気がするんです!
 それは、多くの女性シンガーに見られるような “ハイトーンボイス” だけが売りみたいな面は全く無く(むしろ低めと言えるでしょう)、聞いただけで “あ、ユーミンの声だ!” とわかる独特の声も個性のひとつだと思います!
 そして、いかなる作風に変化しようとも、夏の曲だろうと冬の曲だろうと、明らかに “ユーミン” というブランドが形成されるあたりが、大物の所以だと思います!

 事実、この “リフレインが叫んでる” にしても、現代の機材を用いて、似た音を出すことなど容易なんでしょうけど、この1988年に、この歌詞で、このサウンドで、となれば、誰一人到達出来なかったはずです!

 “松任谷由実” さんは、先述しているように “松任谷正隆” さんと結婚しており、なおかつその結婚は1976年と早く(1972年のデビューから、わずか4年あまりでの結婚であり、結婚生活期間が、すでに30年ですからね!)、実生活では失恋など、そうそう経験しない立場のはずなのに(この期間にいっぱい失恋してたら、ワイドショーが放置しないでしょうし、ね?)、恋愛論を生み出すことに関して、まさしく天才だという気がするんです!

 デビュー早々、彼女の天才ぶりは発揮されましたが、こういうエピソードがあります!
 やはり日本音楽界では超ベテランで、後進の音楽家にも多大な影響を与え続けている “細野晴臣” さん(伝説のバンド “はっぴいえんど” ~ “YMOリーダー” などを歴任)がスタジオ作業をしているときに、かつて “ユーミン” が “荒井由実” 時代に所属したレコード会社社長さんより
 『これ(ユーミンの作品)でも聞いてごらんよ!』 と手渡されたことがあるそうです!
 (これは “細野” さん自らインタビューで回答しているものです!)
 ただ、この両名は(ユーミンと細野さん)、共演も果たしていますが♪

 この記事を書きながら、ずっと “リフレインが叫んでる” を繰り返し聞いていますが、いつ聞いても新鮮なんですよね♪
 歌詞には共感する部分があり、自分の恋愛史などと重ねて悲しくなることもありますが、音楽部分(要するに “音” そのものですね♪)に関して言えば、今なお楽器演奏者の憧れの音であり(筆者も一応、楽器弾きのはしくれですから…)、研究・分析に値する作品だという気持ちでいっぱいです♪
 今後も “松任谷由実” さんの楽曲は、幾度となく登場するかと思いますが、愛読いただきたいと思います!

今回のリンク先
リフレインが叫んでる Uta-Net  (歌詞掲載部分)
 ※ 試聴に関しては、是非公式サイトを訪問いただきたいです!
   まさにミュージシャン・アーティストの理想のサイトの形のひとつと言える圧巻の場所で、現在発売されているCDの “すべての楽曲試聴” が可能です!
   (現在所属する “東芝EMI” 様の公式サイト)

文中に登場した 『シンクラヴィア(Synclavier)』 について
 キーボードオタクに属する人だと、まさに憧れになる機材と言えるモンスターマシンで、価格もさることながら(数千万円~億の値段です!)、1980年代当時としては圧巻の高音質を誇ったマシンでした!
 日本で有名になったのは、1989年に “小室哲哉” 氏がソロ作品で多用し、それが専門雑誌記事などに掲載されたことから、民間人の目に触れるようになったことがきっかけだったように思いますが、それでも “インテリアズ ~ 後の “CAGNET” での活躍をした音楽プロデューサー “日向大介” さんの全面的な協力が無ければ “小室” 氏も使いこなせなかったであろう、そういう機材です!
 今ではパソコン主体 + ソフトなどで音楽制作が行われることは当然のことになりましたが、その先駆けになった代表的機材のひとつと言えます!

 読者の皆様が、この 『シンクラヴィア』 の音を記憶するとすれば、代表作品として、今回の “ユーミン” の作品群などがありますし、先ほど触れた “小室” 氏のソロアルバム “Digitalian is eating breakfast” などが挙げられます!
 また海外作品の代表では “マイケルジャクソン” の “BAD” などで(アルバム全体として)全面的に使われたことが印象的です!

 ただそれ以上に、もっと多用された分野があるんです!
 その圧巻の高音質に真っ先に注目し、多用したのはなんと “映画” の分野でした!
 とりわけハリウッド作品の多くで使われ、中でも “ジョージルーカス” 作品では多用されたものです!
 デジタル機材を積極的に採用することに長けたハリウッド映画界では、こうした超高級機材の使用も日常的に行われますが、実は日本製機材も多用され、皆様にあの上質な作品が提供されることに貢献しているんです!

 なお、製品の性質が全く異なりますが、プロの世界で絶大な支持をされた機材に “フェアライトCMI” というものがあります!
 ここでは “フェアライト” のことは書きませんが “シンクラヴィア” などもWikipediaなどから検索していただけると、すぐに情報が見つかります!
 こぼれ話ですけど、この “フェアライト” を使うか “シンクラヴィア” を使うかで意見が分裂し、バンド解散に至った海外の超有名グループもありました…(あえて伏せますが!)

コメント

智(とも)さん、こんばんわ♪♪♪

この曲が発売されていた頃、毎年冬に一枚オリジナルアルバムを発表していたユーミン。
そのせいか、冬になると必ずユーミンを聴きたくなります。
Delight Slight Light KISSは80年代後半を象徴する有名なアルバムですね。
もう・・・一曲目のイントロから胸が痛くなります。
純愛がテーマのアルバムだと聞いた事があります。

いつ聴いても、幾つになって聴いても、本当に本当に新鮮ですよね。

今冬も何度このアルバムを繰り返し聴くのだろう・・・♪♪♪
この記事書いて、誰が一番最初にコメントしてくれるんだろ? という予想をしてました!
CANCEL女史だと、俺は予想をしましたが、まさしく正解でした(^^♪
実は先日、2連続で更新してたでしょ、Yumingを!
あの時点で、この曲をアップしようと思っていたんですが、例のことで先送りになってしまい、結局この時点になってしまった…

夏楽曲も多い彼女ですが、俺の中では夏以外に聞きたい人!
みゆきさんを先に記事にして、いつYuming作品を書こうかな? と思っていましたが、最初に書くのは絶対これだ! と決めて、このブログを立ち上げていたんで(それは事実ですね!)、まさに今の季節だということになりました!

はるりん氏のところでのコメントなどで、よく俺が書いてきたことですが
『楽曲はその年度のままでも、俺たち聞き手が進化するから、受け止め方は変化する』と!
(CANCEL女史のとこでも書いたと思います!)
音楽はそうあるべきで、ただ懐かしむだけが聞き方では無いと、俺は思っています!
再生装置とかPC環境が進化することで、より当時より高音質で聞けるようになり、そのことからも発見することがあるし(マニアックな所見ですね、それは!)、また、自分が実生活で経験してきたことを重ねながら聞けるようになることも、音楽の受け止め方に変化をもたらすでしょうし!

このアルバムそのものは、おっしゃるように恋愛が中心となった作品であり、その後の 『何もかもを詰め込みました』 的アルバムより、ずっと統一感があるように思います!
補足として、かいつまんだ説明がWikipediaにもあるんで、そのURLなどをここに紹介しておきます!
こちら → http://ja.wikipedia.org/wiki/Delight_Slight_Light_KISS

俺もリフレイン~はPCに取り込みまして、春先までは頻繁に聞くことになりそうです♪
春先には、やはり書きたい曲あるし(でも想像とは違うもの、書くはず(笑)! 大好きな曲ですけどね♪)、18年の歳月は、今も進化してることを、いつまでも耳に聞かせたいです♪
車で聞いてるCDがユーミンなのです!
もちろんこの曲も入ってますよぉ!
しかしこの歌を聴くと
自分が恋愛でどんなに幸せであっても
切ない気持ちになるところが
すげーとこですよね♪
ということで、想定外・予想外でございました(笑)
ですが女性にとってのYumingサウンド・歌詞というのは、絶対的なものがあるでしょうね♪
他にも竹内まりやさんなど、代表なんでしょうね!

記事にも書いておいたけど(わざと、というのは放置の方向で!)、実際のYumingの生活環境だったら、こんだけ “痛い” 失恋なんぞをするはずも無いと想われます!
ですが、聞くたびに “痛い” んですよねぇ~、これだけは…
(俺の場合、実体験が、こんなのばっかりだもん…)

でもひなたさんをはじめ、皆様方が羨ましいや!
『自分が恋愛でどんなに幸せであっても』

…今年もひとり侘しい年末年始を迎える俺へのあてつけとしては、最高のノロケというとこでしょうか(笑)
(↑ ↑ 慣れてるから、さほど淋しさを感じませんが!)

そうなんですよね!
Yuming作品では、最高の恋愛か最悪の恋愛か、極端だという気がしますね!
アルバム収録内容なども、起承転結に 『なっていない』 から恐るべし!
これが中島みゆきさんの場合だったなら… (あえて省略…)
この冬もまた、CANCEL女史をはじめ、多くのYuming中毒患者様が、浸ってくださることかと思います♪
(こんなコメント書く俺も、そうだったりしますが!)
素人?ですが友人と激安で購入、メンテして使っています。松任谷正隆さんアレンジのなごり雪のニューバージョンや松岡英明さんのアルバムでもそれとわかる音が使われています。いい音で録っても最後はCDになってしまうので音質は劣化しますが、やっぱり音質がちがいますね。ユーミンのベストなんか聞くと突然いい音に変わるのですぐにわかりますね。小室哲哉さんの方が音質が悪いのはプレスする直前であきらめたからでしょう。
羨ましい限りです!
個人的に高級機に触れることが出来たのはEmulatorⅡ & Ⅲ、PPG WAVE2.2 & 2.3くらいで、それ以前だとDX1(台数少ないから、まさに幻ですね♪)などで、超高級機というのは、実機さえ見たことが無いんで、ほんと羨ましいです!
最近のレコーディング環境では皆間違い無くPro-Toolsってとこでしょうけど、同時に24bit-192KHzってとこなんでしょうね、元の製作においては!
でも、そこに比較したところで “Synclavier” の音質の良さがケタ違いなのって、やはりA/D部分とD/A部分の違いだという気がしてなりません!
bit数の向上にて、なめらかさが増すと言っても、コンバーターに左右されるところが大きいですし、その後通過するアナログ部分の劣化が抑えられている状況だと、飛躍的にクリアな音、しますしね♪
FC2ブログに限らず、宅録系ブログなども増えつつあり、そういうところを眺めるのも好きなんですが、最近自分自身に時間の余裕が無く、そういう記事を見れなくなってきたのが残念ですけど、宅録にこだわる人などって、いかにこういう名機があるか? などを気にしてほしいですし、プロのエンジニアさんがどれだけ苦心して皆様に上質な音楽を届けているのか?
こういう気持ちで音楽を聞き、そして学ぶことを、ずっと繰り返してほしいと思いますね!
Pro-Tools登場以前というのは、世界レベルで考えてもPCM-3348 + SSLかNEVEあたりの卓が主流だったでしょうし、エンジニアの力量をまさに感じられた時代だという印象がありますね(笑)
今では誰もがPro-Toolsですけど、どアマチュアの俺などが語ることはプロの皆様に失礼とわかりつつも 『これ、ほんとにPro-Toolsなの…?』 と思える作品が増えてしまったことも、なんか淋しく思えること、多いですね…

それと “delta” さんがおっしゃることに関係しますが、マスタリングを軽視してるサウンドって、どれだけ高級機を使っていてもガッカリすること、ありますよね…
その反対の場合は、逆に嬉しいですが♪
機材の進化も同じで、かつてローランドが “S-550” の大ヒットした頃に、上限30KHz(しかもモノラルでしたね…)しか対応しなかったはずなのに、音楽性として多用され、その後いきなり音質がクリアになった “S-770” が登場し、だけどヒットしなかったことなどを振り返ると(値段がいきなり跳ね上がったのは、まずかったという気もしますが…)、音楽の深さを感じます!

“delta” さんのように、実際に高級機材を活用するような読者様がいることを、すごく嬉しく思いました!
ただ一般的にこのブログでは、こういうマニアック部分を日頃割愛した内容で記述しています!
読者様の年齢層も10代(先日確認したら、小学生読者さんがいて驚きました!)~50代の人まで幅広く、良くも悪くも、当たり障り無い程度の内容で書いています!
そのため、かなり物足りない内容に思われることかと思います…
ですが俺自身もマニアックなところ、ありますので、時折でも今後、読んでくださると嬉しいです!
不定期更新ですが、是非今後も立ち寄ってもらえるような場所にしようと思います!
ご指導の程、よろしくお願い致します!
編集を続けていくともう最後はレートとかそんなんじゃないですね。A/D変換がすべてですし、マスターを限界までエディットしてうまく音を削るかが勝負!ローランドのS-50など12bitでもあんなすばらしいサンプル音をメーカーが提供したおかけですごい売れましたからね。贅沢なDTMをみんなで共有している訳ですが50Aも喰うんで普段はMacと98ですね。そういえば小室哲哉さんはユーミンのリミックスをネットで配信するらしいです。
皆、広告に騙されているというか。戦略に騙されているというか…?
パソコンが得意なのって、所詮 “高速演算” に過ぎず、それが音質向上と比例するって考えは、抜けないようですね、残念ながら…
何故その昔、ハードウェア専用機 (単体モデル) が存在したのか?
しかもあんな信じられない値段で?
そして未だに超高級オーディオの世界でアナログが重んじられるのか…?
ちょっと考えれば理解出来そうな気がするんですが!
(俺がPC使うメリットって、ズバリ検索機能だけで、シンセなどはPCに繋げていません! 弾く方が早いし、HDRでタイミングずらすくらいで、そこそこのシーケンサーでもクロックをごまかせる(笑)ためです!)

しかし驚きました! 50A…(-_-;)
そこらの家庭の2世帯分くらいあるんですねぇ…
(でもあのタワーだったら、仕方無いでしょうね…)
それと初耳でした!
そういうリミックス出るんですね!
小室氏に関して、ちょっと心配というか気になったことがありますが、某著名占いの 『あの人』 の番組に出演の際、異常と思えるくらいの発汗で、健康状態ってどうなんでしょうね、今?
何かを加工する才能はあると思える人ですので、今後も頑張ってほしい気持ち、あります!
生み出す方面はともかく!
  • 今使う?

  • 10月 27 2007
    • 2007/10/27(土) 00:34:50
    • [ 編集 ]
    • URL
    • ヘイデン #OwNErK2c
こんばんは。

「リフレインが叫んでる」。名曲ですね。「♪どうして どうして 僕たちは~」を聴くたびに車(ミラージュ)のCMが浮かぶんです。幼稚園の頃ですかね~。車が好きだったんです。前のベストアルバム「Neue Musik」を買った時に当時タイトルを知らなくて、調べたらこの曲でした。しかも1988年。そんなに前かぁ~、と。他のミラージュのCMにも使われた「WANDERERS」「満月のフォーチュン」は聴いたことあります。印象は残ってる。

そして、シンクラビア(Synclavier)。「Neue Musik」って、過去の曲に参加ミュージシャンのクレジットがありますよね。その「リフレイン~」にも"Drums: Synclavier D.A.S.(※)"や"Synclavier Programming"と表示してあるのを見ていて、"Synclavier"と"Synthesizer"の違いって何?と思って、検索をしたんです。そしたら、パソコンのディスプレイやらデカイキーボードやら、パソコンのサーバーっぽいものもあるやら。すげぇ~なと。お金では絶対無理ですし。でも、この曲のドラムは綺麗ですね。それ以降、詞よりも参加ミュージシャンを見てます。ギターは松原さんとユーミンのサポートをしている市川祥治さんです。
5年くらい前、松任谷正隆さんが音楽雑誌のインタビューで、「NEW ENGLAND Digital Synclavierの音は嫌いですね。(中略)中でもLOVE WARSを録り直したいです。」と仰ってました。あの、ピコピコ音のやつ(カウントから始まる曲)ですね。

1年前にスティーヴィー・ワンダーがPVでSynclavierを弾きながら歌ってましたね。

※D.A.S.=Digital Audio Systemの略だと思います。

今でも、使う人はいるんですかね?
“ヘイデン” 様。

コメントありがとうございます!

この手の超高級ワークステーションとして。
シンクラヴィアとフェアライトは、時代を担ったと思います。

シンクラヴィアって。
音楽の現場はもちろん。
最も多用されたのは、ハリウッドの映画製作環境だったことを思うに。
MAの環境だと、時間軸管理が、当時としては容易だったのかもしれないですね。
当時として、驚愕のS/N比を誇り。
統合されたシステム環境ゆえ、金銭的にゆとりのある方々には、重宝したんでしょうね…。

かたや、フェアライト。
こちらもまた1千万円を越えるシステム構成だと…
超一流どころのお金持ちしか、買えなかったでしょうね(笑)
しかしこちらは、むしろ音楽的な発想の機器であり。
シンクラヴィアよりは、敷居が低かったことが想像出来ます。

デジタル音楽黎明期は、いかに周波数だけを向上させるか?
とか、高音質アナログパーツを用いていたか?
という、スペック上だけの競争に向かっていたと思います。
しかし実際は、周波数だけを競うだけで。
ビットレートの重要性と組み合わせた考え方。
これはその後登場する機器まで、待たされることになりましたよね。

今回の【リフレイン~】のように。
クリア+音圧+独特のアタック感を重視する楽曲であれば。
シンクラヴィアの優位性って。
相当のものであることは、今なお感じますね!
(フェアライトだと、この質感にならないと思いますし)
ただ、当時のデジタル機器の宿命で。
デジタルノイズが生じることは、仕方無い事情だったと思います。
(松任谷正隆 氏の発言は、楽器としての音質に不満だ、というところなのでしょうね)

今なおシンクラヴィアは、映像の世界では、利用用途があるものと思われます。

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。