智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0159 宇多田ヒカル  Automatic

1998年12月9日
その後の日本の音楽シーンを完全に手中にするきっかけとなる楽曲が発表されました!!
当時15歳の少女は、楽曲発表当時メディアに出演していなかったこともあり(というか知られていなかった…)、まさに神秘的な存在でした!
宇多田ヒカル さんで
“Automatic” の紹介です♪
宇多田ヒカルさん:
 今回の “Automatic” での衝撃的デビュー以降、日本の音楽史に燦然と輝く歌姫ですが、このデビューとされた時点よりも前に、いくつかの作品を発表しています!
 ※ そのあたりは是非 “Wikipedia” などで御覧いただきたいと思います!

 彼女が邦楽アーティストとして作品を発表する “東芝EMI” さんの戦略だったのか、彼女の父で敏腕プロデューサーでもある “宇多田照實”(てるざね) さんの戦略だったのかは不明ですが、
 『必要以上の事前発表をしなかった』 ことが、結果として “宇多田ヒカル” さんの存在を神秘的なものにしたと筆者は思っています!
 ※ かつて1993年の “YMO 再生”(期間限定 再結成)の際に、各メディアに対し、徹底的に秘密主義を貫き、ファンの飢餓感を煽ったいきさつがある東芝らしいな、と思ったものです! (その意味ではSONYさんとかavexさんは対極だという気がしますが♪)

 筆者にとっての “Automatic” への思い出ですが、めったなことではラジオを聞かなくなっていた時期で、それなのに友人の車の中でたまたま聞いたFMでのオンエアがきっかけで、その日にCDショップ巡りをさせたことが懐かしいエピソードです(笑)
 先述しているように、この発表当時は彼女のテレビ露出など皆無で、巷で流れてくる音を聞くしか無かったし、偶然耳にした “Automatic” を聞いたときに
 『なんて洗練されたヒット路線なんだろう♪』 と直感しました♪
 その後情報が明らかになるにつれ、彼女自身は若干15歳であり、しかも彼女自身の作詞・作曲であるなど、その当時全盛であった “プロデューサーサウンド” とは明らかに違う才能を、アーティスト本人に感じたものです!
 ※ 当時だと “小室哲哉・小林武史・伊秩弘将(いじち ひろまさ:特にSPEEDのプロデュースなどで知られます)” さんなどのプロデュースワークは冴え渡り、彼ら3人が手がけた当時の楽曲だけで、いったいどれだけのCDの売上枚数があるんだろう? と思える快挙でした!

 “Automatic” を最初に聞き、一番驚いたことですが、
 ★メロディーは複雑じゃないのに、譜割りが斬新だった♪
  歌詞の文字の “切れる位置” が、明らかにそれまでの普通のヒット曲とは異なっていたように思います!
  (その意味では “ミスチル” の楽曲など画期的だと思えます!)
  これは洋楽的な言葉の埋め込み方でしょうし、音符ひとつに対して一文字の発音を余儀なくされていた邦楽とは、根本的に何かが違ったように思えたところが新鮮でした♪
 ★若干15歳にして “跳ねるビート” の歌唱が抜群に上手かった!
  外人(…ありきたりな表現ですみません)だと若年層でも体得しているビート感でしょうけど、日本人では表現が難しい分野だという気がします…
  しかし彼女は、最初からこのビートを歌いこなしたんです!
  “Automatic” のビート感(リズムの打ち込み)など、ほとんど真似したんじゃないかい? って曲も、その後いくつか発表されたことは、懐かしい話ですが!
 ★まさに “ラジオ(特にFM)で映える音処理” だったこと♪
  今でこそネット配信など主流になりつつありますが、やはり当時もそれ以前も、先端の音楽を配信していたのはラジオだったと思います!
  そのラジオというメディアで、これだけ映えるサウンドを構築したエンジニアの力量を、今更ながら見事だと感じています♪
 ※宇多田作品に欠かせなかった超一流エンジニアですが “Goh Hotoda”(ゴウ・ホトダ)さんで、洋楽アーティストのエンジニアとして名高い彼ですが、日本人アーティストの作品では “坂本龍一” さんのソロ作品とか “再生 YMO” などの音を聞いてもらえれば、その圧巻のテクニックが堪能出来ます♪

 こういった部分をまず最初に感じたものです!
 その後CDを手にして(1998年の12月10日、筆者は8cmシングルで入手しました♪)、アレンジャーの名前を見て、思わず納得しましたね、そのセンスの良さを!
 主たるアレンジを担当したのは “氷室京介” さんのサウンドに欠かせない存在でもあり、また、1980年代以降抜群のJ-POP系楽曲で独特のサウンドを構築してきた “西平 彰(にしひら あきら)” さんで、ロックのみならず多彩なアレンジセンスを有する彼の才能が如何なく発揮された素晴らしい “お仕事の見本” と言える作品だと思います♪
 (西平さんは元々、あの “吉田 健” さんと共に “沢田研二” さんのバックを務めた “EXIOTICS”(エキゾティクス) のメンバーであり、キーボーディストとしての高い実力を誇る存在でもありました!)
 同時に “additional arranged”(補足アレンジ) として表記されているのは、やはり “宇多田ヒカル” さんのライブでもバンドの頭脳として大活躍したキーボーディスト “河野 圭(かわの けい)” さんで(楽曲 “First Love” や “COLORS” などのアレンジは秀逸っ!!)、こういう皆様方が参加したからこそ、素晴らしい楽曲になったんだと筆者は思っています♪

 また後にアルバムでは表記されたギタリストで(8cmシングルでは表記がありませんが…)、この “Automatic” の打ち込み主体のサウンドに人間味を持たせた超ベテランが “今 剛”(こん つよし) さん!
 楽曲の基本部分では、ほんとに控えめな音しか聞こえてきませんが(しかし、それがあるからこそ、冴え渡った楽曲になっているんですが!)、ラスト部分でのソロなど、まさしく彼だから生み出すフレーズだという気がしますし、出来れば皆様にはあの奇跡の売上を誇ったアルバム “First Love” に収録されたアルバムバージョンで “Automatic” を聞いてもらいたいですね♪
 (エンディングも長めになっているんですよね、シングルより♪)
 実はDVD “Utada Hikaru in BudoKan 2004 ヒカルの5” の中では “宇多田ヒカル” さんと “今 剛” さん、共演を果たしているので、御覧になった人も多いことかと思います♪

 さて!
 周辺の人物のことをメインで書き綴っていますが(このブログではよくあることです!)、当の “宇多田ヒカル” さんに関しても少々触れておきましょう!
 ライブDVDなどを御覧になった皆様だと、すぐにわかることなんですけど、普通これだけ高音域も含まれる楽曲の場合、ライブでは音程を下げて演奏されるものですが(実際、彼女の楽曲では “COLORS” のヒットの際、体調などの問題もあったんでしょうけど、CDより半音下げてのテレビ出演となっていました…)、この “Automatic” に関しては逆で、なんと半音上げて演奏されました!
 詳しい事情は知りませんが、もしかしたら楽曲発表の1998年時点よりも、彼女自身が明らかにボーカリストとして成長し、音域に絶対的自信を深めたのか、半音上げという行動に出たんじゃないか? という気がするんです!
 筆者個人としては、元々のCDの音階(キー)の方が哀愁あって好みですけど、音楽に貪欲で、常に進化を続ける彼女自身が行う表現を、最大限受け入れて聞こう♪ と思えることもまた事実です!

 あ!
 書きながら思い出したことがあります!
 読者の皆様の多くはきっと “Automatic” のプロモクリップを断片的にでも見かけたことがあるかと思います!
 あのプロモクリップを、そっくりそのまんま再現した人、記憶にあるでしょうか…?
 “オセロ” の “中島知子” さんが人気番組であった “笑う犬の生活” の中でセットもそっくりそのまま同じものを借りてギャグパロディーにしちゃった映像を見たとき、久々爆笑した記憶があります♪
 (ちなみに1999年、同番組には “宇多田ヒカル” さんがゲスト出演し、話題になったことも懐かしい話ですが!)

 いずれにせよ、この “Automatic” があったからこそ、現在の “宇多田ヒカル” さんがあると言えるほどの名曲であり、どうしても発売された日付に重ねて書きたかったんです!
 懐かしいと言うより、今も新鮮に聞けるあたり、さすがの楽曲だという気がします♪

今回のリンク先
Automatic Uta-Net  (歌詞掲載部分)

 ※ あえて試聴サイトなど記述しませんが、彼女の公式サイトでは、間違いなく聞ける楽曲です♪
 

コメント

宇多田ヒカルさんの初期モノ(VHS・CD・DVD)を所持してたりします。
歌詞の切る位置は斬新でしたよね~。当時のワイドショーでも、そのことで取り上げられてましたし。
PVのあの屈んで歌う姿が印象的です。あれって、実際に天井が低いからああなったって言ってませんでしたっけ?
ふと今年買ったCD、眺めてたんだけど、シングルで(今年発表された)全作品を買ったのは、彼女のだけ、です!
話題作 “ぼくはくま” も絵本付きなど買ってしまった!
(しかもまだ未開封だったりする! 聞けよ、俺!?)

歌詞の切れる位置は、確かにワイドショーなどでも語られてたね!
それとPV!
あれは天井の高さだそうです!
だからこそ、オセロの中島さんが再現したときには
『天井が下がってくる(笑)』 という悲惨な映像になっていたんだよね!
しかし宇多田さんを女性っぽいなぁと思えたのはWait & See以降で、それまでは、どこにでもいそうな子にしか見えなかった…
綺麗になったもんだと、シングルの写真見ながら実感しますねぇ!
AutomaticのPVの終わりなんて、今じゃ考えられないくらいダサい感じするのは、俺だけの感想…?
(スタッフも、まさかここまで偉大になるなど、当時予想しなかったのかもしれない…)
今や夫となった彼とつきあっていた頃の曲でした。
言いましたっけ?うちってネットで(細かく言うとチャットで)知り合ったので、その頃遠距離で、電話とネットが主な交流手段だったんですが、この曲がね、ほんとにびっくりするくらい当時の状況と酷似していて^^
「チカチカしてる文字」がまさにメッセンジャーのオンライン表示だったりね(笑)。
電話に指輪にコンピュータースクリーン、ああ懐かし~い。
宇多田さんって、早くからパソオタ(というよりは、早くからユーザーだった! と言うべきか?)だったこともあり、世間的には彼女が描いたイラストなどの方が先に認知され広まりましたが、歌詞にももちろん、自分の感じた『実生活』なるものを描いたのではないか? と思える曲でもありますね!

俺の場合ですが、PCに関しては、まだ一年に満たないヒヨっ子ですから(クリスマスにて一周年!)、そして携帯メールなども、誰よりも遅かったですね、開始したのは…
(電話で文字入力するなんて、バカ…? など思ってた…)
しかし結果として、一旦導入したら、誰よりも多用するのが俺の習性らしく(← まるで他人事!)、俺の交遊録・恋愛歴なども、メールでの出会いなど多々ありました!
その意味でも、時代を象徴する楽曲なんでしょうね、これは!
この曲~Wait & Seeで見せた近未来までが、俺の感じる宇多田さんのハイテク第一章の時期かな! という気がします!

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。