智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0157 SHOW-YA  限界LOVERS

最近再び脚光を集めつつある “ガールズバンド” ♪
特に1980年代~1990年代には、メンバー全員が女性というバンドが多く活躍し、個性ある女性ボーカリストがメインの “ガールズロック” まで含めると、J-POPのジャンルの一部として固定したような気がします!
その中から、圧巻のテクニックと迫力を兼ね備える女性バンドの代表格を、今回は書こうと思います!
SHOW-YA (ショーヤ) で
『 限界LOVERS 』 の紹介です♪
1989年発表 CMソングとして注目された曲です!
SHOW-YA (ショーヤ):
■女性5人組によるバンド!
 (以下のメンバー紹介は生年月日順、敬称略)
 ★中村美紀:リーダー、キーボード
 ★五十嵐美貴:ギター
 ★寺田恵子:ボーカル
 ★仙波さとみ:ベース
 ★角田美喜:ドラム
■1982年、コンテスト(レディース部門)で最優秀グランプリを受賞
■1985年に “素敵にダンシング” にてデビュー!
 (12インチ アナログシングル盤)
■1987年には “NAONのYAON”(ナオン(女) の 野音)という(ネーミングはベタ過ぎますが…) “女性ロッカー” ばかりを集めたコンサートを実施!
 (これは好評で、その後も実施されました♪)
■1988年にはアメリカのおけるライブを実施!
 また同年、日墨(メキシコ)修好100周年に “国賓” として招かれ、ライブを行うなど、海外での活動も精力的に!
■1989年、今回紹介する “限界LOVERS” や “私は嵐” などがヒット!
 同時期の女性バンドとして人気を博していた “PRINCESS PRINCESS”(通称:プリプリ)が、どちらかと言えばポップ寄りの “ガールズ”サウンドを発表する中 “SHOW-YA” の音楽は、そこらの男性バンド、真っ青の “ハードロック・レディースバンド” というべきサウンドで、世間一般の流行歌ファンからも、ハードロックファンからも支持され、その後の女性バンドに影響を与えたグループのひとつだと思います!
■また同1989年、モスクワにて行われたコンサートにも日本代表として参加、さらに活動の幅が国際化します!
■その人気の中、バンドの看板でもあったボーカリスト “寺田恵子” さんが1991年に脱退…
 (この部分までが、第一期としての “SHOW-YA” になります)

■その後新ボーカリストとして “ステファニー・ボージャス” さんを迎え、第二期 “SHOW-YA” がスタートします!
 この “ステファニー・ボージャス” さんですが、意外なところで活躍していた人で、大人気アニメ “うる星やつら” にて、いくつかの作品を歌っていたことがあります!
 (なお、名義としては “ステファニー” となっています)
 ・Rock The Planet(テレビ版 オープニング)
 ・エヴリデイ(テレビ版 エンディング)
 ・Born To Be Free
  (劇場版“うる星やつら3 リメンバー・マイ・ラヴ”オープニング)
 ・Remember My Love (同上 劇場版 エンディング) など
■彼女が加入した1991年、現在の世界情勢では、到底考えられませんが、なんと “北朝鮮” に国賓として招かれ、万寿台芸術劇場なる場所で2日間、コンサートを行ったそうです!
■その “ステファニー” さんも後に脱退、3人目のボーカリストとして “Yoshino” さんが加入!
 (彼女の参加時期について、そして彼女自身のことを、筆者はまるで知りません… どなたかこの記事を御覧の読者様で、詳しいことを教えてくださる方がいらっしゃいましたら、ありがたく思います!)
■しかしバンドは1998年に解散します…
 この解散以降ですが、それぞれロックのフィールドで活躍、そのあたりは、後日改めて紹介します!

■2005年、バンドデビューから20年目ということもあり、初代ボーカリストの “寺田恵子” さんの呼びかけもあり、嬉しいことに “SHOW-YA” が第一期メンバー、そのままの5人で再結成!して “SHOW-YA大復活祭” をNHKホールで行い、大成功させました!


 ロックバンドには宿命とも言える “ボーカリスト” のチェンジなど、苦難を乗り越えながら、彼女達は再び立ち上がりました!

 さて、今回紹介する “SHOW-YA” ですが、リアルタイムに彼女達を聞いた皆様には説明の必要もないくらい、日本屈指の実力派ミュージシャンであり、女性とは思えないハードさとテクニックで、多くのロックファンを唸らせた存在です!

 この “限界LOVERS” は、1989年の “昭和シェル石油'89イメージソング” として大量オンエアされたことから、ヒットナンバーとなり、多くの音楽番組で彼女達の演奏を見る機会がありました!
 (このCMが “F-1” の放映時に特に流れていたのも、なんだか懐かしく思えます♪)

 また、1980年代~1990年代初頭と言えば、多くの女性ボーカリストが活躍し、ロック系では(敬称略、順不同)
 ・アンルイス  ・NOKKO(レベッカ)  ・浜田麻里
 ・杏子(バービーボーイズ)  ・渡辺美里
 ・奥居香(プリンセス・プリンセス)  ・渡瀬マキ(リンドバーグ)
 など、その後に名を馳せる皆様方が多く登場、活躍し、また、アイドル系と言われる歌手の皆様の中からも
 ・本田美奈子.(MINAKO With WILD CATS:ロックグループとして)
 などが、早くからロック音楽を取り入れるなど、女性の頑張りが目立った時期のように思います!

 こういう皆様方の中でも、特に “SHOW-YA” は全員女性メンバーでありながら、卓越した演奏能力を誇り、当時の音楽(楽器系、バンド系)雑誌では、大きく取り扱われていました!

 同時期の超人気バンド “プリプリ” のギタリスト “中山加奈子” さんと “五十嵐美貴” さんの対談では
 『(ハードなギター奏法のために)右手 親指の “爪” が削れてしまう』と意見が一致し、お互いの手の写真が掲載されるなど、彼女達に憧れ、バンドを目指す “女の子読者” に向けた記事もありました!

 “SHOW-YA” の魅力として、演奏能力が高いことは何度も文中に記述していますが、メンバーが女性であることを、もし知らされないまま、音だけを聞いたとしたら、きっと多くの皆様は
 “女性ボーカル & 男性メンバーのバンド” と思うかもしれません!
 そのくらい、迫力があって華麗なテクニックも披露された作品だと思いますし、スピード感と同時に、随所で抜群のキレを感じさせてくれます!
 (ダラダラした感じにならず、キレある演奏を表現することは、難しいことです!)

 ボーカルの “寺田恵子” さんのセクシー&ワイルドな印象を、きっと読者の多くは記憶することかと思います!
 楽曲はハードですが、自分は女性なんだよ♪ ということを意識付けるファッションセンスなどは、女性バンドを目指す皆様にとっても、可愛い系を目指すのか、ハード系を目指すのか? の指標になったと思います!

 作詞を手がけているのは “安藤芳彦” さんで(この曲以降、多くの楽曲で、作詞を受け持っています!)、作曲はメンバーである “寺田恵子、五十嵐美貴”さんの共作となっています!
 元々圧巻の実力派 “SHOW-YA” ですが、この疾走感溢れる楽曲を編曲しているのは、彼女達自身と、超ベテランミュージシャン・アレンジャー・プロデューサーである “笹路正徳”(ささじ まさのり)さんです!!

 “笹路” さんと言えば、自らが卓越した音楽家・演奏者(キーボーディスト)でありながら、プロデュースワークにも冴えを見せ、以下のミュージシャンを軽く列挙するだけでも、その実力が皆様に伝わると思います!
 (順不同、敬称略)
 ・ユニコーン  ・プリンセスプリンセス
 ・スピッツ  ・パフィー  ・コブクロ
 ・ザ ブリリアントグリーン  ・ザ イエローモンキー など

 この超強力なアレンジャーとの共同作業にて、バンドの実力がメンバーの力量以上に発揮された楽曲だという気がします♪
 “笹路” さん自らの音楽では、ジャズなどが主となりますが、ロックバンドでのアレンジ・プロデュースにおいて、さすがのキャリアと的確な指導を行うことで、彼に関わったことのあるバンドメンバーの実力ごと、成長することを考えると、素晴らしい教育者でもあるように思います!

 2006年、にわかに女性ボーカリストによる、あるいは女性メンバーのみで構成されるバンドが脚光を集めてきましたが、これはいい傾向だと思います、筆者は!!
 ガールズロック、レディースロックが注目を集めるような時代、それは女性の主張や感情が、堂々と語られる音楽性のような気がしますし、男性が中心である “バンド社会” において、女性の主権が認められる音楽であるように思います!

 そういう女性バンドの先駆け、しかも超実力派の “SHOW-YA” のパワフルさ、そしてメッセージ、さらに演奏能力などを、皆様に聞いていただくきっかけになれば、嬉しく思います♪


今回のリンク先
限界LOVERS  Uta-Net  (歌詞掲載部分)

コメント

今、聴いてます!
当時、特に好きで聴いたわけではないけど、今でも耳に残っていたわけですから、相当あらゆるシーンで流されてたんでしょう。
そういえば、SHOW-YAが企画したという「NAONのYAON」というイベントに「MINAKO with WILDCATS」が出演したそうですが、どんなステージだったのか凄く気になります!
ああいう差し替えに対応すべく、第2の方では、ああいう紹介をしました♪

記事に書いたけど、折りしもバブルに向かう真っ最中!
よって現在のようなエコなる思想が、国家にも企業にも不足していたような気がします…
だからこそ、モータースポーツは現在より人気があり、莫大な費用をかけて、協賛した企業が大量宣伝に貢献し(その意味で、あの当時のフジテレビは、今より楽したんじゃないのかなぁ…? F-1の宣伝を、他の企業が行ってくれたんだから!)、様々な番組にて、楽曲が流れることになったような気がします!

そして彼女達が企画したイベントですが、まさに当時を彩るロックアーティスト、それを女性限定で出場者を決めたんだから、画期的だと思います!
どうなんでしょうね? 映像化されたのでしょうか、これは?
イベント名ごと検索すると、お宝映像などが残っているような気もしますが、国内の正規よりは、海外サーバーなどにアップされているかも? ですね!
こういうイベント、近年ではロックフェスなども同様ですが、同じ事務所、同じレーベルのアーティストが集合しないし、版権の管理、難しいと思うんですよね…
(その意味ではa-nationなど、他の会社のアーティストを招き入れるあたり、寛大だと思いますね♪)

ですが、テレビ出演がバンドとして少なかったはずだし、ファンとしては貴重な生演奏になったと思うし、是非検索から探し出していただければ、情報、ありそうです!
あたしは第一期はうっすらと覚えておりますが
(やっぱギャルバン歴史は勉強しましたし☆)
第2期、第3期はしらなかったぁぁ・・
しかもラムちゃんの歌?!歌えますよ、最初だけ(爆)
あの頃はほんとに月1でライブにも行ったり
自分でライブもしたり。。
懐かしいなぁ☆

ちなみにあたし、ZELDAが好きなんです。知ってますか?
リアルタイムではないのですが♪
プリプリなら、多くのブログで読めることでしょうね♪
ZONEなどになると、バンドなのかどうか(注意:我々世代にとっては、ですが…?)考えさせられそうな気がしました…
だったら、直球勝負で、この年代の最高峰のレベルを紹介しよう! と思った次第です!
なお、これだけ直球にした理由としては、ひなた女史がギターまで抱えてしまったことと(笑)、そして例の第2に参加している “はるりん” さんが、ちょうど本田美奈子. さん記事を書いていたし、重ねてみようと思いました!

俺も第二期、第三期に関しては、第二期を多少知るくらいで、第三期に関しては、申し訳ないくらいに知りません…
ですが第一期に関しては、よく聞きましたよ♪
あえて記事に関係ないと思い、省略しましたが、なんと作詞:秋元康さんなどという楽曲もあるんですよねぇ!

そして、検索ってすごいですよねぇ!
SHOW-YA と うる星やつら の関わりがあるなど、驚き以外の何物でもありませんが、こういう小ネタを皆様に興味を持っていただき、自分で何かを探してみようかな♪ と思っていただければ、このブログの役割として、正解なんですよね!

ひなた女史には、俺は話したことありますが、楽曲やアーティストを埋もれさせたくない思いが強いです!
それが、このブログなり、第2を立ち上げようと思った理由なので、皆様に音楽そのものに対する興味が生まれると、嬉しいんですよ、なんか♪

ZELDA、なんとまぁ懐かしい(^^♪
俺は先輩ん家で聞いてたから、リアルタイムでしたね♪
(この先輩の影響で、ZELDA、戸川純さん、PSY・Sにはまった学生時代を迎える訳です♪)
ジャンルは異なりますが、ZELDAを知るひなた女史には、ショコラータ(ボーカリスト:かの香織さんの個性が見事です♪)なども探していただけると、素晴らしい音楽を聞けますよ♪

…歌詞サイトに無い曲、そして公式サイトなどの情報量が少ない楽曲の掲載を、基本的に見送ることが多いので、ボツ曲、増えてますねぇ、最近も(泣)
何しろ自分が一番慣れ親しんだ楽曲を記事にしようとすると、歌詞の無いインストだったりするんで、記事にならないし、みんな読んでも、おそらくわからないだろな… という気がするんですよね…
結構選ぶことが大変ですが、これからも地味ぃ~に、頑張ろうと思います♪

それとこの場を借り、ひなたさんに伝えることが!
現在のブログに引越して、丸2年の経過、でいいんですよね?
(2004年11月13日より開始となってたと思いますが、記事を読むと11月18日に、ほぼ引越し完了した記述があるので、そこを基準に引越し2周年記念として、俺は認識しておりました♪)
多くのひなたさんファンが、案外(最初の記事としてインポートされたであろう)7月の時点においても、そして今回の11月時点においても、2周年ってことに触れてなかったように思い、改めてここで、祝辞として伝えたいと思います♪
こんばんわんこ。
これまた懐かしい。。。。。。
かっこよかったですよね!
競艇のイメージソング。。。歌ってましたよね?
違うかな。。。。。(´-ω・`)ん?
当然のことながら、学生の俺が彼女達がTV出演するのを見ていたくらいです!
つまり、俺や おかんさん よりも、人生でも先輩なんです、メンバーって!
しかも 現役ロッカー なんですよ、今もっ♪♪
こういうブログやってて、おかんさんや俺が耳にしてきた楽曲、そしてアーティストが、
①解散・引退・休止している
②病気療養中だったりする
 (それでも現役続行の人など、尊敬します!)
③これら①、②の理由から公式ページが無い場合、
 または歌詞サイトに掲載されていない…など
④残念ながら、闘病も叶わず、逝去されてしまうことなど…

こうした理由などで、書けない楽曲、人などあって、お蔵入りしてる作品もあります…
しかし、その意味からも、懐かしい♪ と同時に、皆様、是非聞いてみてくださいね♪ という楽曲、これからも紹介出来れば!
そう思いながら、選んでいるつもりです!

イメージソングの方ですが、公式サイトの中にはタイアップで紹介されてないんですよね(>_<)…
しかし、他のCM楽曲についての紹介も少ない場所だったし、きっとそうしたイメージソングに選ばれていたことと思います♪
(色々探しておきますね♪)

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。