智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0151 SHAZNA  Melty Love

アーティストやバンドで活動されるプロの中には、集中的に活動を行い、しかし解散や休止などを選ぶ人も少なくありません…
そんな中、2006年に再び活動を再開したグループがあります!
衝撃のメジャーデビューを果たし、さらに芸能面でも話題になり、この記事のアップの時点では新たな話題も提供してくれたボーカリストを筆頭に、これからの再開がどういう方向性になるかを、ちょっと期待している人々を今回紹介することにします!
SHAZNA (シャズナ) で
『 Melty Love 』 の紹介です♪
なお楽曲発表年次ですが、メジャーデビューしてリリースされた <1997> 年をここでは取り上げることにします!
SHAZNA(シャズナ):
 彼らのメジャーデビューは、ある意味強烈な印象がありました!
 筆者はこのメジャーデビュー以降しか知りませんが、かつて一緒に仕事してた部下のアルバイトの娘などは熱狂的なファンであり、その娘からインディーズ時代の作品などを借り、聞いてた記憶があります!

■メンバーはこの3名です(敬称略・順不同)
 ★IZAM(イザム):ボーカル
 ★AOI(アオイ):ギター
 ★NIE(ニー):ベース
■インディーズ時代より人気を博し、1997年に今回紹介する “Melty Love/Raspberry Time” にてメジャーデビュー
 (元々インディーズ時代の楽曲でした)
■その後立て続けにヒット作をリリース!
 セカンドシングルは(あえてこういう表記をしますが)1980年代初頭のテクノ歌謡の代表曲とも言える
 “一風堂” の “すみれSeptember Love” をカバー!
 なお原曲に関しては、筆者の過去記事で紹介済みです!
 ※ 0125 一風堂  すみれSeptember Love
■やはり1980年代を代表するポップユニット “カルチャークラブ” (イギリスのユニット:ボーカリストである “ボーイ・ジョージ” の中性的なルックス・ファッションなど) を彷彿させる奇抜さと、それでいて軽快な(というか軽いタッチの)音楽性で、特に若い女の子のファンを一気に獲得し、人気を博しました!
 またこぼれ話としては “SHAZNA” がヒットしたおかげで “カルチャークラブ” の過去作品が注目され、このとき企画されたベスト盤などが結構ヒットしたことなども懐かしい話ですが(笑)
■2000年に活動停止するまでの2年4ヶ月くらいの間にグループとして12作品のシングルを発表、さらにボーカル “IZAM” さんのソロ作品もこの時期にリリースされるなど、精力的に活動を行っていました!
■2006年に再び活動を再開!
 グループ全盛時には “IZAM” さんの女装ファッションが話題でしたが、この再開においてはその女装を封印、極めて男性らしいファッションにて公式サイト等でも写真が掲載されています!


 では筆者にとって、何が衝撃的だったのか…?
 まずは “IZAM” さんのメイク&ファッションでしたね!
 ヴィジュアルバンド系の人のメイクは、さほど違和感無く(?)見ることが出来る筆者ですが、彼ら以前の、そして現在も脈々と続くヴィジュアルと言われるジャンルの皆様方は
 ① X-JAPAN に代表されるであろう、男性であることをメインにしながら、派手さと妖艶さを両立するスタイル
 ② かつての MALICE MIZER(マリスミゼル)のような、どこか中世の西洋を感じさせるようなスタイル
 ③ メイクは派手であっても、黒色ファッション(特に皮系でしょうか)を基本に、ハードロック系を踏襲したであろう音楽性などのスタイル
<注意>:あくまで筆者が勝手に思っているヴィジュアルの定義であり、純然たるこの分野のファン様には色々不満の点もあるかと思いますがお許し願いたいと思います!

 という、かなりおおまかな区別をしましたが “SHAZNA” はこの上記三点には含まれなかったところが個性的だったように思います!
 自らがカバーしたバンド “一風堂” は “すみれ~” こそテクノポップな作風でしたが基本はロックバンドであり、パンクのムーブメントも内包し幅広い音楽性を有しました!

 “SHAZNA” の音楽はロックというにはおそらく軽く、しかし歌謡曲と呼ぶにはバンドらしさもあり、一概にジャンルを限定出来ない不思議な感じがしました!
 これが筆者が最初彼らに感じた衝撃でした!

 ただしポップな感覚は次々リリースされた作品からも理解いただけるように、80年代洋楽の日本語化という印象もありましたし、2000年代に入って注目された80's(エイティーズ)サウンドを真っ先に取り入れていたことは先見の目があったという気もします♪

 この “Melty Love” は元々インディーズ時代の作品であり、ファンサイトなどでの記述によれば “Melty Case” なるアルバムで最初に収録されたようで(このときのバージョンとしてファーストレコーディングとの表記がありました)、その後 “Promise Eve” なるアルバムでセカンドレコーディングとして、さらにインディーズ時代にビデオとして発表され、そしてメジャーデビューに際しシングルリリース~ビデオリリースと、様々な形で発表されました!

 実は筆者の手元にあるのは、このメジャーデビューバージョンですが、えらくこだわりのあるジャケット写真を採用した初回盤・8cmシングルで、メンバー各々がアップ撮影されたピンナップ風のもので、それが折りたためる形で作られています!

 またその後の作品でも初回盤やアルバムなどの装丁は非常に凝っており、ヴィジュアルというか <パッケージング> においてはファンサービス満点だったような気がします!

 こういう試みは現在でこそ当たり前のような気もしますが、当時でも別添写真集があるくらいがCDの最大限のサービスに過ぎなかったであろう分野を、早くからこだわったあたり、その後の参考になったことかという気がします!

 肝心の音楽面ですが、インディーズ時代のバージョンが現在手元に無いので、聞き比べが出来ない状態ですが、ものすごくテクニックがあったというには若干疑問も残りますが(というのは当時 X-JAPAN や LUNA SEA などの超 実力派プレイヤーが存在し、彼らと比べてみれば、という話です…)、それでもアレンジやプロデュースを手がけた皆様方の手腕もあり、どこまでもポップにまとめられた感じがします!

 音楽とは不思議なもので、例えばかつてのアイドル作品などでは、裏方に徹する人々は超一流を配したところで、肝心のボーカルは果たしてどこまで一流なんだろう…? ということも多かったように思います!
 ですがリスナーやファンにしてみれば、それはどうでもいいことであり、どれだけ本人を好きでいられるか? の部分が重要なことだという気がしますし、実際80年代~90年代アイドルに関しては <歌唱力勝負のアイドル> なり <ルックス勝負のアイドル> なり、はたまた <バラエティーセンスのあるアイドル> など、多種多様なニーズがあったように思いますが、最近って誰がアイドルなんでしょうね? 音楽界では?
 圧倒的に <ジャニーズ系> の強さが光りますが、女性だったら誰だろう…といつも考え込んでしまいます…

 “SHAZNA” のファン層を考えた場合に、おそらく彼らに演奏面でのハイレベルなテクニックなどを期待した人は少ないでしょうし、それよりは、いかにポップな作風であるか? また “IZAM” さんを中心とし、どれだけルックス面で勝負出来るか? というのが最大のセールスポイントだったように筆者には思えます!

 特に女性と間違われるほどのルックスを誇る “IZAM” さんのセンスたるや、実際の <女の子> がお手本にしたことを振り返ると、それだけでも価値あることだという気がしませんか?
 実際の彼の身長は高く、それなのにプロモクリップなどでは映像だけ眺めると、女の子より女の子っぽい雰囲気などかもし出していましたし、こういう分野の音楽やファッションがあってもいいと筆者は素直に思います!

 ワイルドだけが売りにはならないことは、美形バンドなどの台頭でも明らかにわかることであり、これからの “SHAZNA” の活動再開などを見た新しい世代が、ポップなバンドや音楽などを目指してくれると面白いだろうな♪ という気もします!

 なおこの活動再開において “SHAZNA” を強力にサポートするベテランが参加し、ものすごく興味があります!
 それは超一流ドラマーである “そうる透” さんであり、パワフルなドラミングでは知る人ぞ知る大御所ですが、その彼がこの再開において全面的に強力していることから、それまでのポップ一辺倒だった彼らのサウンドがどうなるのか?
 予定として2007年には久々のシングルリリースがあるらしく、注目したいところです♪


今回のリンク先
Melty Love Uta-Net  (歌詞掲載部分)

 なおこの部分では直接記述しませんが、先述しているベテランドラマーである “そうる透” さんによる公式ページ内にあるブログや “SHAZNA” の公式ページの方で様々な情報を見ることが出来ます!
 懐かしく思うファンの皆様は、これからの彼らの活動など御覧いただければ! と思います!

コメント

  • 11月 10 2006
    • 2006/11/10(金) 22:44:10
    • [ 編集 ]
    • URL
    • ひなた #whKRIAGo
ほんとに、イザムさんは衝撃的でしたよねー!
女の子よりも綺麗でちょっと嫉妬しちゃったりw
最近、復活されたと聞いてたけど、またまたおめでたいことが!
吉岡美穂さんとご結婚されて、お子さんまで♪
よかったですよね☆
(なんか、音楽と関係ないコメントになっちゃいましたが・汗)
だからこの記事の冒頭を、よ~く御覧くださいませ(笑)
新たな話題も提供してくれたボーカリストを筆頭に
…などと俺は書いておりますが、何か(爆)?
ということで、この記事に関しては、まさしく時事ネタとなっております♪
楽曲系ブロガーが11月悩んじゃって(タイトルに11月とかNovemberって付く曲、あんまり知らないんだって…)、ここらで俺が、絶対にありえないだろう的な楽曲を選ぶことで、みんな気楽になるんじゃないの? って意味を込めた選曲でもありました!
IZAMさんに関してはあのプロモを見てしまったいた男性諸氏がおそらく何パーセントかは、同じ見栄えの世界に走ったことかと思われますが、その後 <ゴン> のCMとか出てませんでしたっけ?
ああいうおちゃめさもまた彼らしいでしょうし、ただし今回は長く幸せでいてもらえれば♪
と、実はあんまり年齢の変わらない俺などは思ってしまいます!
と、音楽にまるで関係ないコメントも書ける(?)俺でした♪
タイムリーなアーティストを♪
やっぱり最初にPV映像を観た時は女の子だと思いましたよねえ。。。ただし、その世界には走りませんでしたが♪
あ、11月の楽曲一発目は悩みませんでした。逆に早く11月にならないかなあ(笑)って思ってました!
ひなた女史へのコメントの返事がいいでしょ、俺の(笑)
いやね、いつ書こうかな? って思ってたバンドでもありました!
ただね、すみれ~を書いて直後だったら、あんまりだろ… と思い、この時期になってしまいました!
一応
①金曜だしぃ~♪
②検索に引っかかる訪問あるかなぁ~? など思ったり(笑)
③常連読者さんが案外更新してないんで、一般読者さんが訪問すること、あるかな? って気でこれは書きました!
なお、強調や打消しに関しては大ファンであるブログ(井上まきさんのところ)を参考に勉強中っだったりします(笑)
11月で書きたい楽曲候補はたくさんあるんだけどさ、歌詞、出て来ねぇぇぇぇぇ………
こういう嘆きから8曲すでに、ボツらせてしまいました…
あ、例の件ですが修正完了です!
詳しい内容はまた追って連絡しますね!
IZAMさん結婚されましたね!
おめでとうございます~(^0^)/
私、この曲は好きだったんですよん♪
有線で初めて聞いた時、なんていうか懐かしいようなポップでアイドル曲な感じが!
1回コンサート行ったんです。笑
その時、ニーさんが舞台から落ちて。。。。。。。。汗;
懐かしいです。
何も80年代だけじゃなくても、こういう曲は紹介出来るという!
(しかも持ってるんですよ、30ウン歳の俺が今もこれを!)
で、この結婚の話題もあったし、Melty~はいつ記事にしようかな? と思っていたし、ちょうどいい機会でした!
(一風堂のすみれ~のときに、実はSHAZNA再始動に関して触れているんです!)
Melty~立て続けにポップな楽曲をリリースしたから、俺も結構シングルは持ってて、聞いてたことを思い出します!
普通のロックバンドでもないし、その不思議なところがよかったと思います♪

そしておかんさん、まさかコンサート行ってたなんて!
しかも転落… (案外ステージの上では足場が見えなくなるんですよね!)
色々思い出してもらえるブログであることを、なんだか誇りに思いますよ♪
こういうジャンル選んでるから、いろんなコメントをもらいつつ、だけど読む人にとって懐かしい~♪ と思ってもらうか、知らないはずの新しい曲なんかを紹介して、興味を持ってもらうことが、日記じゃないブログとしての役目・意味かなって、いつも考えてるんですよ俺!
今日アップしたのは、再び懐かしい系で、そして予告ですが、日曜夕方の楽曲は、曲そのものは大ヒットした過去の作品ですが、まさしく2006年 最新の注目アーティストバージョンとして書きますよ♪

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。