智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0018 YURIMARI  初恋 ~はるかなる想い~

皆様は、彼女達を知っていますか…?
そして、この曲を知っていますか…?
今回は、すでに活動を停止している2人組ですが
YURIMARI ( ユリマリ ) の 初恋 ~はるかなる想い~ です♪
1999年度の作品になりますが、この曲に隠された歴史・秘密などを
紹介したいです! きっと、そうなのか! と感じることでしょう
今回、この楽曲を紹介する気持ちになったのは、自分自身の初恋などを思い出したからではないです(^_^;)
どちらかと考えれば、俺自身よりは、誰か他の皆様に、初恋! という言葉やフレーズを思い出していただけたら♪
そんな感じでした

この曲のことを、わずかでも御存知の人には…?
よくぞまぁ、こんだけマイナーな 『 初恋 』 を紹介して… という感じなのでしょうね…
多くの 『 初恋 』 を語った名曲は存在しますし、この曲にしなくてもいいじゃん… という指摘もあるかと思うのです
しかし、曲名紹介に書きました通り、この曲が生まれた背景や、この曲を遡ること、なんと 10 年前に、その原型は存在したのだということにも触れたくて、選びました!!
ここ ( 俺のブログ ) は、そんな場所なのですから!


では、紹介を♪
YURIMARI ( ユリマリ ) は、人気番組であった 『 ASAYAN(アサヤン) 』 よりデビューが具現化した、女の子2人組のユニットです!
筆者はその背景は知らなかったのですが、テレビなどで見かける彼女達は、なんか元気ある、可愛い感じに思ってました
というのも、筆者の住むエリアでは、ASAYAN の放映時刻は、多くの都市部とは異なり、全く予想もしない時間帯にシフトされ、おまけに他の番組が入ると、放送されないこともしばしばでした
なので、なんか途中からは、どーでもいい番組になってしまったのです
そのこともあり、彼女達のことを、詳しく知りませんでした!

なぜ彼女達を知ることになったのか…?
筆者は、CDショップと、レンタル店、中古ショップを巡ることが趣味です!
そして、レンタル店で、今回紹介する 『 初恋 ~はるかなる想い~ 』 を見つけ、聞いてみたのです
この楽曲以前にも、何枚かのシングルを発表してて、そこそこ知名度もあるようですよ? と、懇意のレンタル店も主任さんに教えてもらい、それで彼女達を知ったのです

とても繊細な歌詞の世界で、だけど、違和感はあったのです
それは、ボーカルが ( お世辞にも ) 上手とは思えないことが理由ではありませんでした
曲そのものは、素晴らしい出来で、歌詞も、そして音源の部分も、すごく筆者好みだったし、では何故、違和感を覚えたのか…?

文末には、楽曲を試聴出来るように、リンク先を記述しますが、作者の名前と、曲名のタイトルこそが、最大の違和感なのでした!!

もう一度、書きます!
この楽曲のタイトルは 『 初恋 ~はるかなる想い~ 』 です
1980 年代の音楽を好まれる皆様の中には、きっと筆者みたいに
「 あれ… この 『 ~はるかなる想い~ 』 という言葉って、どこかで…? 」
と思う人がいるのかもしれません

何故なら、その言葉を含む楽曲は、今回の楽曲から 10 年手前にバックすると、存在するからなのです!!

その曲の名前は…?
『 大きなたまねぎの下で ~はるかなる想い~ 』 、です!
1989 年の楽曲で、こちらは御存知の皆様も多いと思うのです♪
歌っていたのはもちろん…
『 BAKUFU-SLUMP ( 爆風スランプ ) 』 でした!!
ペンフレンドとの恋の行方を、切なく語った、淡く切ない初恋…
それまでは、どちらかと言えば、外見なりパフォーマンスでしか語られなかった彼らの、ある意味画期的な、甘いラヴソング…♪

その曲は知っているけど、今回の YURIMARI さんと、何の関係あるの?
こう思った人は多いと思います

『 初恋 ~はるかなる想い~ 』 : 1999 年の作品です
作詞 : サンプラザ中野さん 作曲 : パッパラー河合さん、です
爆風スランプが歌い、今なお有名なのは
『 大きなたまねぎの下で ~はるかなる想い~ 』 : 1989 年の作品です
作詞 : サンプラザ中野さん 作曲 : 嶋田陽一さんです

お気づきになりましたか…?

爆風スランプ の方の歌詞は、ペンフレンドの相手の女の子を待ち続けて、逢えなかった 『 男の子 』 の立場から、悲しく淡い、初恋の経験を描きました
( この歌詞は、パッパラー河合さんの経験から生まれたとの説があります )

前フリが、思いっきり長いのですが、なんと今回の
『 初恋 ~はるかなる想い~ 』 の方は、それから 10 年の歳月を経て、その爆風スランプさんの方で描かれた男の子に対して、逢えなかった 『 女の子! 』
つまり、相手からの立場で描かれた作品なのです!!!
本当は、待ってくれている 『 男の子 』 に逢いたくてたまらない、ペンフレンドの 『 女の子 』 …
しかし、逢えなかったのです…

ペンフレンド ← それは、今では行われているのでしょうか…?
文通、ですよね!
現在では、パソコンや携帯電話の圧倒的な普及の背景もあり、電子メールが、その役割を果たしていますし、筆者もその技術の恩恵が無ければ、全国の離れた地域に暮らしていらっしゃる皆様との交流など、絶対に考えなかったのかもしれません
( 仕事においては別なのですが! )
ですが、文通って、封筒を選び、直筆で文字をしたため、何度も書き直しをして、そして投函する…
電子メールでは、少々間違いをしてしまっていても、誤って送信してしまったり、プレビューせずに送信してしまい、変な誤解を生んでしまったり…
そして、誰がどこで読んでも、同じフォントで同じフォーマットで閲覧しますし…
便利さの裏返しで、少し失われてしまった人間性はあるのかもしれないですね…
まぁ、その進化の過程で顔文字・絵文字・文字装飾・アスキー文字など、この世界ならではの表現方法があることもまた、事実なのですし♪
ただ、ふと、そんなことを考えました


話を恋愛や楽曲に戻しますね

恋愛には、必ず相手がいることは、言うまでも無いことです!
そして、すれ違いを感じる時…
相手の真意を確かめられないままに、恋が終わることがほとんど…
もっと、本音を聞きたかった…
相手は、どう思って、この別離を選んだのだろう…
いろんな思いはあると思います

ですので、今回記述した 2 つの楽曲を、並べて聞くことが可能なら、互いに伝えられなかった本音であったり、そして、愛した相手に対する想いなどを、男女それぞれの立場から、理解いただけるかと思うのです

文末には、試聴先のリンクを記述します
わずかな時間の試聴になるのですが、少しでも、今回の記事で伝えたかったことを、そこから補間していただけたら、嬉しく思います♪
そして、もしもフルサイズのヴァージョンで、今回の楽曲を聴いてみたい♪ と思われた方々は、現在ではきっと、シングルでの入手は難しいことかと思われますので、大手レンタル店において、彼女達のアルバムを見つけることが出来たら、それは叶うと思います!
( 以下のリンク先に、アルバムの紹介もあります♪ )
お暇と興味がありましたら、是非!

各、リンクの紹介です
YURIMARI(ユリマリ)の楽曲試聴
YURIMARI(ユリマリ)のプロフィール
YURIMARI(ユリマリ)の関する記事
爆風スランプの楽曲試聴
爆風スランプの公式ホームページ


※一部リンクには楽曲購入セクションがありますので、そちらへはあくまで、個人の責任にて立ち寄られますことをお願いします

コメント

人間だもの。機械じゃないから具合が悪い時だってあります。
どうか ゆっくり 休んでくださいね。
しんどくても 皆さんにメッセージをお伝えする智さんて 凄く優しい人なんだなって思いました。
お大事にね^-^ ライム
PS>お返事コメはいりません。
元気になったら 遊びにきてね!
あのおおきな・・・
のアンサーソングなのですね・・・
日本武道館・・・久しく行っていませんが・・・
てくまくにとっては今の自分にとっては、
とても大切な場所のひとつです。
プライベートでも、仕事的にも・・・
自分的には、
音楽世界遺産のひとつに掲げたい場所。

事実上、日本の音楽業界にとって、
とても大切な場所ですね。

この場所で、いくつのドラマが産まれたのかは、
はかりしれません・・・

ステージを見るもの
ステージに立つもの
ステージを支えるもの

それぞれの人たちに
それぞれのドラマが・・・



智さん、どうぞご自分の身体と
お気持ちを第一に考えて
ゆっくりとなさって下さい。
智さんご自身、
そしてこのブログの運営者としての智さん、
どちらをも考えたとき
『自分が快適』
それが何より大切なことであります。

私も最近また慌しい日々で
ゆっくりとコメントを残せずにおります(ごめんなさいTT)
どうぞ ゆっくりと静養されて
お身体 ご自愛下さい。
  • 05月 16 2006
    • 2006/05/16(火) 12:40:57
    • [ 編集 ]
    • URL
    • うさぎ #L8AeYI2M
体調不良とのこと大丈夫でしょうか?
ブログ更新のことは何も気にすることないと思いますよ^^
あ、脚は分けるほど長くないですからっw
記事と関係のないコメントになってしまいました^^;
日中、訪問しましたが、わかっていただけました…?
さすがに、その展開は…正解者は出なかったことでしょうねぇ(笑)
アレは… 反則ですって(^_^;)
ですが、さすがだと思いました!
ライムさんのとこは、ビックリ玉手箱ですもん!
ほんと、頭が下がります!
数々巡ってきたブログのはずなのですが、アレは、初めて見るパターンではなかったかと思えたのですが、ライム姉さんは、いかがでしたか?
個人的には、お嬢様が反対に大人ファッションをされている姿も、拝見してみたくなりますね!
我が家は皆、男性家系ゆえに、母親が男性化してきたことは、ライムさんのとこでも書きましたが、母親と娘さんに共通する何かがあるというのは、なんだか羨ましいのです!
息子の場合は、何かが違うでしょうからねぇ…
また、お時間が許す折には、遊びに来てください!
先日書いた 『 K/M 』 さんの、あの曲も、近々更新しますので♪
そうなのですよ、他の記事でも触れましたが(先般の明菜さんなどですが)、こうした隠れ楽曲を掘り起こしてくることも、俺の使命だと思っていまして(笑)
YURIMARIの二人を、当時のバラエティーでしか御覧になっていない人がいるとしたら、せめてこの楽曲を取り上げることで 『歌手』 だったんだよ♪ と知らせたかったのです!
俺の手元には、シングルもアルバムもあります!
マニアですよね、それが有ることが(笑)
アノ場所から歴史が生まれ、今もなお、憧れの舞台!
行ったことさえないのですが、音源として残された作品を聴くだけで、その光景が浮かびそうな場所ですし!
てくまく様のお時間、許すことがあるならば、そのYURIMARI版を、試聴くだされば、なるほどぉ♪ と伝わるはずです!
俺の中では、2曲揃えて、初めて1曲の世界かな、そう思えるのです
なんとか夜半には、復調の兆しが見えています
まだ、本調子には、遠いようですが…?
いつも忙しい最中に、お見えいただけるだけでも感謝しています!
自宅での作業においては、別画面で試聴先などを開いてみたら、なんとなくではありますが、簡易ジュークボックスみたいに使えるかもしれないですね!
お暇の時にはゆっくりと、多忙の時には足早に!
いつでも24時間開店中のこちらのブログ(笑)
息抜きしていただけるよう、頑張ります!!
俺を中心に、深夜族の皆様が、読者に多いと思ったのです
その際、記事の追加や変更が重ならないと、あまりに巡回を繰り返すだけになりそうで…
俺自身が、そうしたことに淋しさを感じたので、なんとか更新したい・そしてお詫びしておきたい…
そんな思いから、あのコメントを書いた次第です!
このコメント記入時には、まだ復調まではしていませんが、なんとか記事も間に合いますので、アップ致します!!
ですが…
うさぎさんの、脚
長さ、分けてくださいよぉ~♪
  • 05月 17 2006
    • 2006/05/17(水) 01:52:33
    • [ 編集 ]
    • URL
    • うさぎ #L8AeYI2M
体調どうしても悪いようなら
お医者さんに行ってくださいね☆
脚、これ以上短くなると大変ですw
まだ、完全体ではないですが、ずいぶん回復しました!
何しろ熱が…??
ですが、頑張りますよ、ここの場所は(^^♪
うさぎさん…
いったいどこが…?
俺の足見たら、同情しますって!
あ… なるほどね、って!
体調も整わない中、そうしたことが重なってしまったことが残念でなりません…
万人に好印象を与えることなど、絶対無理なことは、頭では理解していても、それを突きつけられたら悲劇ですよね…
あれが、単独の発言なら、貴女もきっと深く悩まず済んだことなのでしょうね
負の同調を、まるで表現者に対して投げつけるかのような形が、俺にも許せないですし、そして、情けなく思いました
今朝…
つたないながらも、貴女の心情の代弁として、書かせてもらいました
貴女ほど流暢に言語を使えないですし、情けないのですが、あの場所で貴女に伝える気持ちを、同じformatで表現することもまた、必要なことだったのかな…? と、自分自身思ったのです
今日ないし今晩、貴女は帰宅出来るのでしょうか…?
もしこの場所を閲覧出来るのなら ( くれぐれも無理をしないでくださいね! )、少しばかりではありますが、貴女にささやかな恩返しをしたいと思っています
どうか、深く悩まずいてほしいです
そして、この場所が、ほんの少しでも、気晴らしになればと、そう、思っています

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。