智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0144 あみん  待つわ

筆者は昭和40年代中盤の生まれで(実は記事のどこかを探せば年齢がわかりますが…)、特に1980年代の楽曲は今でもよく耳にします♪
その1980年代初頭、柔らかさと切なさを兼ね備えた楽曲が大ヒットし、その年度のオリコン1位に輝いた作品がありました!
今でも多くの女性に歌われるそのナンバーを、今回記事にします!
あみん
『 待つわ 』 の紹介です♪
1982年発表のデビューシングルでした!
あみん:
■メンバーはこの2人(生年月日順、敬称略)
 ★岡村孝子(おかむら たかこ)
 ★加藤晴子(かとう はるこ)
■この “あみん” というユニット名は “さだまさし” さんの楽曲の歌詞の中から取ったものだそうです!
 ※ 楽曲は 『パンプキン・パイとシナモン・ティー』(1979年作)
 ※ 歌詞では 『安眠』 ← あみん、とのこと
■1970年代~1980年代を代表した音楽コンテスト
 『ヤマハポピュラーソングコンテスト』(通称:ポプコン)の第22回に、後にセカンドシングルとなる “琥珀色の想い出” で出場するも、本選(全国大会)には進めず…
■第23回ポプコン(1982年)に “待つわ” で本選出場
 見事グランプリを受賞しました!
■そのグランプリ受賞曲 “待つわ” は、1982年のオリコン1位のシングルとなりました!
■ただ2人が当時、現役大学生であり、実質の活動期間は翌1983年末までの短いものとなりました…
 (シングル4作品、アルバム2作品)
■その後 “岡村孝子” さんはソロ歌手への道を、
 “加藤晴子” さんは大学卒業後就職~結婚の道を歩みました!

 実は “あみん” は、メンバーがこういう道のりを歩んでいますが、解散とはなっていません!
 (あくまで “休止” ということです)

 さて、今回の “待つわ” ですけど、オリコンのトップ20の中には “松田聖子” さんや “近藤真彦” さんが人気絶頂の頃であり、後に大物となるニューミュージック系の人もひしめくチャートの中で、1982年の年間(シングル)1位となった作品でした!

 前年の1981年には “寺尾聰” さんの “ルビーの指輪” の大ヒット、翌1983年には “大川英策” さんや “細川たかし” さんの演歌勢がトップを占めた時期で、その中間に位置した1982年は、独特のランキングだったと言えるでしょう!

 “あみん” はご存知の人も多いことと思いますが、彼女達がグランプリを勝ち得た “ポプコン” 出身者の中では、その前後の受賞者に比べれば、ものすごく地味な印象があります!
 ※ 手前の受賞が “完全無欠のロックンローラー” の “アラジン”、その他にも後の “TOM★CAT” など、圧倒的に目立つタイプのキャラが多く輩出された場所だと思えるからです!

 良く表現すれば純粋、純朴!
 否定的な表現をすれば地味、垢抜けていないなどになるでしょうか…?
 しかしながら、時代が彼女達を受け入れ、それが大ヒットにつながりました!

 作詞・作曲を手がけたのは “岡村孝子” さんで、その後の彼女のソロ作につながる、繊細で(どちらかと言えば)控えめでいようとする女性像を表現した名作だと言えます!
 (もちろん彼女の楽曲すべてが、そういう作風ではありませんし、前向きな作品も多いです!)

 昭和の女性楽曲では、平成ではあまり見られないように思いますが、とにかく耐え忍び、自分の気持ちは外に向けて語らない、内省的な作品が多かったように思います!
 “石川ひとみ” さんが歌って大ヒットした “まちぶせ” などは、その代表例ではないでしょうか?

 しかし歌詞に注目すれば、そういう内省的な要素を含みながらも、言葉は案外、自己中心的な要素も感じられます…!

 この “待つわ” では恋愛が成就することは絶対に有り得ない夢の世界であると語っておきながら、想いを寄せる男性が、その彼と付き合っている相手に “振られる” まで “勝手に待つ” 女性なんですから…

 これは “まちぶせ” でも同じことが言えますが、やはり好意を寄せる男性が、他の女性と過ごしている時間(喫茶店での語らい)を見かけ、振り向かせて見せる! と豪語(笑)、しかも偶然を狙って帰り道を待つなど!

 時代なのでしょうけど、それを昔は “いじらしい・けなげ” ということで多くの聴衆は受け入れました!
 今ならどうでしょう…?
 少なくとも、相手の男性(あるいは女性)に少しでも気に入られているならば脈はあるんでしょうけど、普通は間違いなく “ストーカー扱い” をされるんでしょうね…?

 ですが間違いなくこの時代を象徴する名曲であり、年代を超えて多くの人に支持されていますし♪

 “あみん” はその活動において4枚のシングルリリースを行いましたが、編曲を手がけているのは “萩田光雄” さんで、彼の手がける作品はアコースティックの持ち味を巧みに配し、楽曲に温かみや柔らかさを与えることの達人だと思います!
 ※ “原田知世” さんの “天国にいちばん近い島” や “H2O” の “想い出がいっぱい” などは、彼のアレンジの典型ではないかと思います!

 最近のヒットチャートですが、アコースティックを掲げながらも、レコーディングそのものがデジタル化し、やたらと音圧を上げ、低域などを膨らませたサウンドに満ちてしまいました…
 (逆にそれだけ、環境は進化したことの裏返しなんですけど!)
 ですが、心温まるサウンドが多かったのは1970年代や1980年代の初期あたりだったように思います!

 このブログの読者様の年齢層を把握していませんが、昭和40年代の世代の人には、この温かみを直接経験してもらっていると思います!
 (昭和50年代の人で、かろうじて幼少期かな? という気がします)
 懐かしさもありますが、同時に現代の音楽事情と比べながら聞いてもらいたい作品のひとつで、そして “岡村孝子” さんのルーツであった “あみん” の楽曲に興味を持っていただければ、それは嬉しく思います!


今回のリンク先
待つわ Uta-Net  (歌詞掲載部分)

筆者による関連記事
 ★ 0032 岡村孝子  Good-Day~思い出に変わるならば~
 ★ 0047 石川ひとみ  まちぶせ

交流先ブログによる関連記事
 ★ はぐれそうな天使(岡村孝子)
   ブログ “Colorful Days”(管理者:めぐ)さん

コメント

「ポピュラーソングコンテスト」が関わる記事をよく目にしますね!・・・あ、私か?

私も昭和40年代中盤の生まれですよ~♪
「待つわ」も、石川ひとみさんの「まちぶせ」も好きですね~。
所謂、『花の82年組』ですね。私のところも今回は82年組アイドルの代表!のかたを記事にしてます!
すべては“青春歌年鑑”のせいという話も…(笑)
1980~1990年までの、続・青春~まで合わせて33枚のCDをこぴ…、い、いや、バックアップするのって大変だったもん、俺(悲)
(MP3化ではなく、CD丸ごと <ふくしゃ…> したから、まぁ時間のかかったのなんのって…)
1枚だけ、元のCDが800MBとか表示されるやつがあって(いくらなんでもエラーだろ? と思ったけど、どんなソフト使っても800MB表示されちゃって…)諦めて一曲だけはPCにWAVファイルで、それ以外はCD化しております!
ちなみになんと!
全部Excelにて楽曲管理シートも作っておりますが何か?
(メールしてあげようか? こないだみたいにwebとして見られるように?)

実はこれ、めぐちゃんの記事見たから選んだ、というね(笑)
もちろんポプコンがらみで八神さんの記事を見てたというのも理由だったりしますが!

過去記事書くための便利サイト、まさに圧巻のデータ量の場所も見つけたので、それはこっそり連絡しますんで!
(はるりん氏の今回の記事なども、そちらで探せばデータがわかりますよ!)
追伸 その1
例の場所を準備しつつも、中々はかどっていませんが、最速、来月のどこかから開始出来ればいいな! と予定しております!
追伸 その2
うちの画面、よ~く見ていただければ、カテゴライズが変貌しております!
画面 左側ですけど、めぐちゃんの真似などして、紹介楽曲(邦楽限定ですが)を、年度別で区分させてみました!
クリックして試してみてね(^^♪
(おっそろしく、時間がかかってしまったよ…140曲以上の修正作業だったから…)
おはようございます。
お邪魔はしてるんですが。。。。。。
なかなか書き込みできていませんでした。

この曲は私が中学生の頃かなぁ~
懐かしいです。

おかんさんの更新状況は、こちらでは把握出来るものを用意して、気づいてはいるんですが、最近まるで(多方面で)コメントを残せなくなってしまってます…
しかし11月のどこか区切りのいいところで、皆様方gへのコメント、訪問再開をしようと思っております!
まだ発表はしていませんが、ある計画があって、それがまだ完成してないんですよ、俺の方で…
それが完成したら、おかんさんがもっと音楽記事を楽しみに眺められるようになるかと思うので、もう少々待っててくださいね!

“あみん”を今回書こうと思ったのは、やはり音楽ブログをしている “めぐ”さんの記事を読んだからです(笑)
“岡村孝子”さんを紹介する記事でしたが、あみんの片割れなので…と書いてあったから、だったら俺が紹介しておこっか? くらいの軽い気持ちがありました…♪

最近の俺ですが、完全に1980年代楽曲に囲まれて記事を選ぼうとするようになってきました!
もちろん1990年代も書こうと思いますが、11月はおそらく、1980年代楽曲、多く読めると思いますので、今後も是非よろしくお願いしますね♪
  • 10月 29 2006
    • 2006/10/29(日) 21:10:00
    • [ 編集 ]
    • URL
    • あお #-
懐かしいw
これカラオケの十八番でしたね♪
友達とハモって私は低音担当でした☆
J-POPメインのブログのはずなんですが、同時に昭和をこよなく愛する男が記事を書けば、こういう年代は当たり前♪
(たぶん来月も、こういう年代が続出する月間になりますよ!)
まだここでは紹介しませんが、来月は俺の中でのある意味、サービス記事月間であり、自分の年代中心に構成しますよ(笑)

女性ふたりが揃うと、カラオケ定番楽曲となりますね、これ!
楽曲にもよりますが、少なくとも “待つわ” に関しては低域のハモリの方が難しい楽曲だと思いますし、上手な人が担当するんですよ、それは♪
“あお”ちゃんとカラオケ、してみたいかも(^^♪
(かれこれ2年くらい、してないや、カラオケ…)

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。