智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0141 平松愛理  Single is Best!?

筆者は30うん年、独身生活を送っておりますが…
(い、色々あるんですよ(>_<) 淋しいですけど…)
最近 某ドラマを見ながら、男ってなんか情けない生き物なのかもなぁ…などと思うこともあるんですが、改めて “ひとり” な自分ってなんだろ? と、今夜はふと思ったり!……??
(秋だからでしょうか? などと言い訳…)
ひとり = シングル という筆者のこじ付けから選択した楽曲です!
平松愛理 さんで
『 Single is Best!? 』 の紹介です♪
1993年発表 筆者には思い入れのある楽曲のひとつです♪
平松愛理(えり)さん:
■本名は “平松絵里(えり)” さん(一文字違いです)
 兵庫県神戸市須磨区の出身です
 (出身地に関して、後述することがあります)
■ソロデビュー以前には、4人組ユニットにてボーカルをとっていた時期もありました!(1987年)
■ソロとしては1989年に
 シングル“青春のアルバム” アルバム“TREASURE”
 この同日発売にてデビューしています!
■1990年にリリースされた “月のランプ” と “素敵なルネッサンス” あたりで認知度がグンと増し、特に女性リスナーをつかんだ時期だったと思います!
 ※ 共に“ウッチャンナンチャンの 誰かがやらねば!”エンディングとして採用されたことが大きく影響しています!
■またこの2曲が収録されたサードアルバム “MY DEAR” がヒットしたことで、その後シングルリリースされることとなった “部屋とYシャツと私” が注目され、彼女の代表曲となりました!
■その後もドラマ主題歌やCM曲など話題の作品をリリース♪
 彼女の大人びた都会的なセンスとルックスで人気を博しました!
■しかし “子宮内膜症”、そして “乳がん” と大病を患い、一時期は活動を停止せざるを得なくなりました…
■この体験を後に書籍として出版、他にも雑誌や新聞にエッセイを寄せています
 ※ 新聞等のエッセイは、多岐に渡る内容です(闘病記に限らないです)
■また、冒頭に記述しているように “神戸市須磨区” 出身の彼女ですが、ご存知のように1995年1月17日の “阪神・淡路大震災” が実家を襲い、その災害を風化させることの無いように! との願いからチャリティーコンサートを1997年より実施!
 “KOBE MEETING” なるそのコンサートは収益金の寄付という形で1月17日に神戸で実施されます!
 ※ これは公式ホームページにも記述があります!
■また、自らの作品以外にも、多数提供楽曲があり、その幅広い音楽性は高く評価されています!


 今回紹介する “Single is Best!?” は、公式ページによると “横浜銀行CFイメージソング” らしいですが、筆者は九州在住でそれは知りませんでした…

 実はシングルリリースが1993年3月のことですが、筆者がこの曲を手にしたのは翌4月のことでした!
 先述しているヒットアルバム “MY DEAR” 以降筆者は彼女のファンになり、多数作品を所有していますが、今回の “Single is Best!?” が4月発売のアルバムに収録されるとの事前予告があったので、そこまで待とう! などと思い、アルバムで最初に耳にしました!

 実はそのアルバム、彼女の最初のベスト盤であり、アルバムタイトルですが
 “Single is Best” というものでした!
 ここまで読んであ、あれ? と思った読者様もいることでしょうね!
 シングルタイトル、そのままじゃないって?

 よ~く見てほしいんですが、楽曲単独では “!?” が含まれ、アルバムタイトルには含まれていません!
 それについては、今からちょっと触れることにしておきましょう!

 楽曲のタイトルの方 “Single is Best!?” に込められた意味は、歌詞全文を文末リンクから御覧いただきたいですが、結局孤独になってしまう女性の悲哀、そこに同時に込められている強がりという部分も感じます!
 (発売時期ですが、折りしもバブル崩壊期に重なるようです… 筆者の感想ですけど…)
 なのでここでは “Single is”(ひとり) って “Best!?”(ほんとにいいですか?)の意味合いが強くなります…

 対してアルバムタイトルの方では、ベストアルバムということもあり
 “Single is”(シングル楽曲) は “Best”(ベストですよ♪) な意味があるかと思えます♪

 このアルバムでは、デビューからの4作品は別アレンジとして収録(表記では “Remix'93” とありますが、かなり異なったバージョンとなっています)、そして先述している “月のランプ” と “素敵なルネッサンス” ではアルバム “MY DEAR” の方とは若干異なるミックスでの “Remix'93” にて収録されています!

 また大ヒットした “部屋とYシャツと私” では、特に表記は無いものの、ラストの音の伸ばし方が異なるなど、それまでのアルバム購入者に対してもサービスを込めたものとなっています!

 一番最初に “筆者には思い入れのある楽曲のひとつ” と書きましたが、当時から今まで大ファンの彼女のアルバムの中でも、最初に聞いた場所が、とあるコンサートに向かった先でのことだったから、余計に印象が強くなったんです!
 そのコンサートに関しては、過去記事の中で触れています!
 音楽100の質問集 (音楽への関わり方 その四)
 これの質問 099 に記述しています!

 上司に借りたDiskman(CDウォークマンですね♪ 懐かしいです)に、出かける前に購入したこのアルバム “Single is Best” だけを入れて、ずっとフルリピートで聞いていたんですよね♪
 とてもよく晴れ渡った素晴らしい海沿いの景色の中、とても丁寧に作りこまれた新曲でもありましたし、そのときも “ひとりきり” で眺める海の景色を前にして 『“Single is”(ひとり) って “Best!?”(ほんとにいいですか?)』 の問いかけの中、今度来るときには大事に思える人と来よう! と決意したきっかけでもありました(笑)
 ※ 福岡ドームを訪れた人にはわかると思いますが、ドームのみならず、周りの景色が最高なんです!!

 そしてドームではありませんでしたが、その近隣を再び訪れたときには、寄り添ってくれる相手もいましたよ、ほんとに!
 それから現在! 再び “ひとり” の時期を長く過ごしていますが…

 と、個人的なことをつらつら書きましたが、ここは楽曲紹介ブログなので、そこにも触れておきます!

 サードアルバム以降 “平松愛理” さんの音楽性を大きく変えたのは、名アレンジャーである “清水信之” さんです!
 特に1980年代~1990年代のポップスにおいては、彼の手がけた楽曲は個性的で印象深いものが多く “渡辺美里” さんや “大江千里” さん、変わったところでは “小泉今日子” さんの “Good Morning-Call”(作詞:小泉今日子 作曲:小室哲哉 編曲:清水信之)などもあります!
 (小室さんが作っているにも関わらず、編曲が別人であり、しかも小室さんそっくりにアレンジされている変り種といえます!)

 この “Single is Best!?” でも、さらっと聞き流せば普通聞かれるであろうJ-POPの一曲みたいなものですが、約5分間の中に表現される(詰め込まれている)男女の時間の描写、これをシンセサイザーの効果音的要素で、作品に引き込まれるようなトリックを、2番の歌詞の部分や間奏にあたる部分などで(ブレイクも用いて)作り上げているあたり、彼らしいアレンジ能力だと思います!

 実際アルバム “MY DEAR” に収録されている楽曲などでも、楽曲タイトルをそのまま音色にしたんだよ! なイメージ作りも行っていて、たくさんの楽器を弾きこなせるマルチプレイヤーぶりが、そのままアレンジャーの資質であることを証明するような敏腕ぶりを発揮しています!

 ここでは多くを書きませんが “平松愛理” さんと “清水信之” さんは10年以上、夫婦生活を遂げましたが、現在ではそれぞれの道を歩んでおります…
 しかしながら、夫婦という形を終えたにせよ、今も交流が継続しているとの報道も見かけましたし、二人のタッグで数々の名曲が生まれたこと!
 そしてこれからも音楽的結びつきは続くものだと、筆者のみならず多くのファンが願っているのは間違いありません!

 “ひとり” すなわち “個人” を題材に、今回は選曲してみましたが、読者の皆様には是非歌詞を一読いただき、もし機会があれば、実際に聞いてもらいたい楽曲です!

今回のリンク先
平松愛理【Official Web Site】 (公式ホームページ)
Single is Best!? Uta-Net  (歌詞掲載部分)

コメント

そういえば行ったことがあります♪
かれこれ10年前ですが…><
まわりをぐる~っとまわって、有名人の手形に喜んでいた記憶があります。
大学の卒業旅行で訪れたので、当時もちろんSingleでしたが、まさかその2年後に結婚することになろうとは…予想どころか想像もできなかった。。
今は結婚してる身ですが、この生活も「最高♪」だと思ってますし、独身だったとしても同じように思ってる自信があります(笑)。
「その時に応じて、与えられた場所で楽しみを見つけることのできる人」というのは、中学時代の恩師に言われた言葉ですが、すべての出来事をプラスの方向に考えられるように教えてくれたのは、その先生なんですよね。
話がそれていきますが、シングルでもダブルでも、トリプルもクワドロプルも、最高♪だってことです☆
singleを否定するつもりもありませんが、やっぱり淋しいもんですよ、現状として…
ただしベタベタに一緒にいようという気はありませんし、もし誰かと恋愛が始まっても、この場所はそのまま続けていきたいな! と思っています!
(恋愛期間になったとしても、選曲には何ら影響しないことかと思いますよ、俺!)

プラス思考は日々考えていますが、向上心を自分で有するプラスと、必然に追われて迎えるプラスは、また別物だと思っていますね!
少なくとも今は、今よりプラスにするにはどうしたらいいか? ということを考えるようにしています!

追伸 その1
オリコン、時間帯によって完全に落ちちゃいます…
不安になったから、こっちのPC、色々と真夜中診断しましたが問題は無く、モデムもオールリセットかけて、部分的には配線も交換して実験しましたが一緒ですね…
会社としてあれだけのデータ量を扱う場所ですから、そういうところはどうにかしてくださいって感じ!
(オリコンの普通のページ遷移でさえ、ダウンしたんだもん…)
追伸 その2
ファイル(見本)を送信しています!
ああいう感じで近々、みんなの場所を一望出来るようにしたいんで(レイアウトはもちろん、全く別にしか更新出来ないFC2ですが)、めぐちゃんが見た感想などあれば、伝えてくださいませ♪
最速、来月あたりでも立ち上げたいと考えております!
  • 10月 28 2006
    • 2006/10/28(土) 00:09:00
    • [ 編集 ]
    • URL
    • 葵 #z7DFPkIw
この曲、大好きでCD持ってます。
この頃はシングルCDって8センチでしたよねーそういえば。
ああ、懐かしい・・・。
当時は小学生だったのですがこの曲が好きで、でも今になって歌詞を見ると、また違った思いで聴く事になります。小学生の頃はさすがに特にピンとはきてなかったはずです、プロポーズされて生まれ出る不安や迷いなんて。でも、今なら分かる。
「気付いてきたサンクチュアリ手放す覚悟わかってない」
まさに、そう。
それに女性は出産などでどうしても仕事から離れないといけない期間もあるから、不安が出て当たり前だと思うんです。男女平等とかなんだかんだいっても家事に占める女性の割合って現実すごく大きいから自分の時間って減るし・・もう自分だけの都合で生きていい人生じゃなくなるんだもん。←それは男性も一緒ですよね(^^;でも結婚ってその不安要素を踏まえても一緒になりたいからするんだろうなぁ。

アルバムとシングルタイトルの違い、知りませんでした。
智さんの解釈をうけて「なるほど!」と思った!
今の私は「Single is Best」です(笑)
思わずコメントのタイトル、URLのとこに入力しなかったかい(笑)?
そうですね、シングルは当時は8cmでしたよね!
俺は結構アルバムで彼女を所有してて、今になればシングルの方が欲しいなぁ~って気になりますね!
(カップリングの限定曲もあるからね!)
そっかぁ、小学生かぁ、俺は社会人真っ只中でしたね、このときは!

よくね、他の楽曲紹介ブロガーさんのとこでもコメントするときに書いてくることなんですが、楽曲そのものって、CDに記憶されてる信号って、しょせん0か1かの数値にしか過ぎないけど、しかも発表された年次からそのまま変わることは無いよね…
だけど聞き手である我々って、間違いなく成長するんですよ!
だから、葵ちゃんが当時感じ得なかったこと、今になってわかるというのは、そういうことなんじゃないか、という気がします!
俺もそうだもん! 今の年齢だからこそ、わかることがありますから!

女性の方が、まだまだ家事などでの負担は大きいと思うし、こと、出産ということになれば、男性には一生経験出来ないからね…
不安になる部分だってあるし、ナーバスになるのは避けられないと思います!
また、そういう不安も感じないような図太さ、と言えば聞こえもいいですが、あまりにも鈍感で母胎を大事にしない人って、どうなの? って言いたくなりますし…

結婚は墓場だという意見もあるようですが、俺は今まで独身を続けてきて、せめて夢見たいじゃない(笑)
残り、どれだけ人生があるのかわからないけど、死ぬまでひとりというのは、さすがに淋しいからね…

アルバムとシングルのタイトルの違いって、案外知られていないんじゃないのかなぁ?
こういうちょっとしたこと書くのが趣味だからさ(笑)
葵ちゃん、まだまだ若いんだから、singleを謳歌してくださいな♪
焦ると、ろくなことないって!
(と、勝手に仲間を増やしたりする俺…)

追伸:
何か新しい場所は開設したのでしょうか?
もし立ち上げたら、伝えてくださいねぇ(^◇^)期待してます!
そして俺のブログですけど、一応来月もコンセプトは秋を基準に、切なさ系など交えて書く予定です!
(今月の残り記事は、何かしら毎日更新しますんで、また読んでくださいな!)

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。