智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0134 薬師丸ひろ子  セーラー服と機関銃

2006年の秋シーズンにあたるドラマは、筆者にとっても久々注目作品が多く、そのひとつに美少女 “長澤まさみ” さんによるバージョンでドラマ化がされ、タイトルから懐かしく思える世代からも、きっと見られるだろうな! というものがあります!
(ドラマを普段見ない筆者でさえ、興味ある作品です!)
そこで、オリジナルバージョンであった <映画> の方から主題歌を書こうと思いました!
薬師丸ひろ子 さんで
『 セーラー服と機関銃 』 の紹介です♪
1981年発表 同名映画主題歌として大ヒットしました♪

※ 10月16日追加情報を本文に記述しました!
薬師丸(やくしまる)ひろ子 さん:
■本名は(2006年10月現在)薬師丸博子さん
 (読み方は同じ)
 1964年生まれで、数多くの映画で有名な女優さん!
■1978年に映画デビュー (野性の証明)
 以降、彼女のデビューのきっかけとなった <角川作品> に多数出演
 (角川書店により刊行される作品を映画化したことで話題になったのは、社会的にも有名なことでしょうし、詳しい部分はWikipediaなり、他の検索より御覧いただければ、と思います)
■次々と出演映画がヒットする中で、今回の “セーラー服と機関銃” では初々しさの残る彼女が超一流の脇役により支えられる形で大ヒット!
■この主題歌も彼女が歌い(デビュー曲となります)、映画公開前のリリースであったにも関わらず、早くから話題となり、映画が公開されると同時に大ヒットし、長い年月皆様に愛される名曲として知られています♪
 (シングルリリースは1981年の11月、映画の公開は12月)
■その歌手デビュー以降、多くの楽曲を発表、ライブアルバムまでリリースされるほどの真剣な取り組みは高く評価をされ、彼女の真っ直ぐな感じのする声も、年度を重ねるごとに深みあるものになり、歌手としても高い人気を誇ります!
■基本的に “映画女優” としての側面の強い彼女ですが、ご存知のようにテレビ出演も多く、中でもCMでの出演を多くの皆様は記憶されているかと思います!

 今回記事にしようと思ったのは、もちろん “長澤まさみ” さん主演によるテレビドラマ化があったのは言うまでもないことですが、筆者としては “薬師丸ひろ子” さんによるオリジナル楽曲の印象が強く、今も大好きな楽曲であり、改めてオリジナルを聞くことで、この2006年秋に発表される “星 泉” さんバージョンとの聞き比べも出来るかな♪ という単純な気持ちから思いついたものです!

 “薬師丸ひろ子” さんによる “セーラー服と機関銃” は1981年に発表されましたが、今聞いてみると、1980年代初期な感じがします♪

 楽曲の作曲者でもある “来生(きすぎ)たかお” さんも、自ら “夢の途中” なる <同一メロディー、一部歌詞違い> のバージョンにて発表していますが、彼の代表曲のひとつとして知られるほどヒットしています!
 ※ 歌詞の違いは、文末リンクの方で見比べていただければ!

 何故楽曲としての “セーラー服と機関銃” がこれだけヒットしたのか? という部分では、メディア戦略の部分に長けていた売り込み方があったのは事実としても(映画による話題性、原作による刊行物そのものが大ヒットしていたこと)、単なる新人(に近い)女優による楽曲ではなく、音楽的に素晴らしいものがあったからだと筆者は思っています!

 この “セーラー服と機関銃” の作者は
 作詞 “来生えつこ” さん (来生たかお さんの実姉)
 作曲 “来生たかお” さん
 となりますが、馴染みやすいメロディーラインは、同時に哀愁を帯びた感じのもので、日本人が好みそうな旋律だと思いますし、極端に音域が上下しないのに、平たさを感じてしまうこともなく、メリハリのついたラインであったことからも、好印象があったのだという気がします!

 編曲を手がけているのは “星 勝” さんで、元々ミュージシャン出身の作曲家、編曲家であり、彼が手がける作品ではバンド作品であれ、その他の作品であれ、どこか温もりを感じるものが多いように感じます!
 ※ “星 勝” さんの読み名ですが、<ほし かつ> さんで表記されることもあれば <ほし まさる> さんで表記されることもあります

 この “セーラー服と機関銃” は “薬師丸” さんも “来生” さんも(二人のバージョンとも)先述の “星 勝” さんによるアレンジで、洒落たニューミュージックの側面が強く、少なくとも同時期のアイドル楽曲とは異なるものだったように思います!

 “薬師丸” さんバージョンでは、特にギターを複数用いたアレンジを感じることが出来て、それは同じく1981年に大ヒットしたこの曲を思い出します!
 (筆者の過去記事)
 0069 寺尾 聰  ルビーの指輪

 また “来生たかお” さんによる “夢の途中” では “薬師丸” さんのものとはキーの違いもあり(男性だから当然ですけど)テンポも若干ゆったりしたものになっていますが、まさしくニューミュージックらしさを感じるもので、大人の雰囲気満点! という作風だと思えます!

 ニューミュージックの延長にあるものがJ-POPだとする考え方もあるかもしれませんが、筆者としては、やはり1970年代から1980年代におけるニューミュージックというジャンルは、J-POPの一部かもしれませんが、別に存在するものだという気がするんです!
 アイドル楽曲でも無ければ、大衆歌謡でも無いでしょうし、独特の音楽文化だと思います!

 2006年秋 “星 泉” さんバージョン(これは “長澤まさみ” さん歌唱による、劇中の役名による)のリリースがされますが、軽く試聴した感じでは、J-POP的な印象があります!
 アレンジによる違いかもしれませんが(このバージョンのアレンジは“モーニング娘。” や “森高千里” さんの楽曲でも有名な “前嶋康明” さんによるものです)、やはり現代風というか、シンセサイザーなどを駆使し、生演奏っぽさのような部分は感じられないソリッドな印象があります!

 ただ、そのことがマイナス面だとは思いませんし、音楽は時代により正当な進化をすべきだと思うのも事実で、この “星 泉” さんバージョン は “長澤まさみ” さんの人気と共に、多くの皆様に聞かれる楽曲だという気がします!

 筆者としては、この最新バージョンで興味を持ち、オリジナルを聞きたい♪ と思ってもらえたら、それは嬉しいことですし、また、リアルタイムで原曲を知る世代の皆様には、懐かしさと同時に、この最新バージョンとの聞き比べもしてもらえれば♪ という思いがあります!

 いずれにせよ、名曲がいつまでも進化を続けながら、多くの皆様に聞き続けられることを嬉しく思いますし、是非この記事を読む、特に若年層の方々にこそ、オリジナルの楽曲や映像作品を楽しんでもらえたらな、と思っています!
 “薬師丸ひろ子” さんのバージョンでは、やはり真っ直ぐな印象のする声の魅力もありますし、同じ真っ直ぐな印象でも “長澤まさみ” さんの声とは違う魅力があるので、聞き比べてほしいところです♪


今回のリンク先
薬師丸ひろこ(セーラー服と機関銃) Uta-Net
夢の途中(来生たかお) Uta-Net
 これは同じ楽曲の(タイトルこそ違いますが)歌詞の違いを眺めていいただければ、と思い、2曲を用意した <歌詞掲載部分> となります

星泉 Official Site  (所属レコード会社様)
 これはもちろん “長澤まさみ” さん演じる “星 泉” さんによるCD紹介サイトなのですが、楽曲の試聴と同時に、クリップの視聴部分も用意されています♪
 (クリップ視聴はWindows Media Playerです)
 この楽曲での音楽番組出演は無いだろうと言われているので、初回限定盤に用意されるDVD付きCDは、ファンなら必ず押さえておきたいところでしょうね♪
 (サイト内 Release をクリックすることで試聴、視聴が可能です)

※期間限定情報!!
 なんと最新バージョンである “星 泉” さん(長澤まさみ さん)バージョンのフルサイズ動画!
 Yahoo!動画にて無料公開中とのことです♪
 このURLをクリック(^^♪ ↓ ↓
 ★ http://streaming.yahoo.co.jp/p/y/mic/10070/
(注意)
① 2006年11月9日(木曜日)までの放映予定だそうです!
② この視聴はWindows Media Playerにて可能です!
  (詳しい説明はリンク先にて確認ください!)

コメント

と機関銃にスケバン刑事、あと三谷氏出演の航空会社に使われたアノ曲の替え歌・・・見事に80年代してますよね、最近。
なんて、他人事のように言ってますが、何を隠そう、私もです~♪
  • 10月 16 2006
    • 2006/10/16(月) 00:01:51
    • [ 編集 ]
    • URL
    • 繭優mayu #1fN/OmPY
角川映画、一時期はよく耳にしましたし
角川文庫から出版される様々な小説も よく読んでおりました^^
映画はテレビかビデオか ・・で かなり前に見たのですが
薬師丸ひろ子さんの 清純で真っ直ぐな瞳がとても印象的でしたし
もう セーラー服が本当によくお似合いでした!
歌、何度か聴いたことがありますが 
そうなんですよね 智さんがおっしゃるように 
とても真っ直ぐで ・・こう 一生懸命に歌われている姿が 
まるで目に浮かぶような そういう印象を受けました。
今回特に思ったことは 『星 勝』 さんのアレンジ ・・
編曲・アレンジを加えると そんなにも違ってくるのですね、、。
音楽に触れるとき 編曲・アレンジの言葉は
必ず目につくといっても過言ではないのですが
改めて 『そんな風に違ってきて ・・であの曲調になったんだ、、』
とじみじみ読ませて頂きました。
そして2006年バージョンはまだ聞いておりませんが、
智さんの説明を受け、それを頭にいれつつ
楽しみに拝聴したいと思いました^^ 
80年代回帰は、俺が記事にもしてるけど、ブリグリのボーカリストの川瀬さんが真っ先に反応して、そしてこれは記事にしていないけど、井上陽水さんなどは過去楽曲を見事にセルフカバーしたアルバムも発表し大ヒット、槇原さんもListenToTheMusicを1と2とリリース、こういうところが口火になったでしょうし、最近加速しているネット配信楽曲の部分では、まるごとDLしても1000円そこらでアルバムが聞けるようになり、全体として名曲を耳に出来る機会が増えたんじゃないかな? と俺は思っています!
はるりん氏が自らの記事だっけ? それか誰かのコメントにだっけ?
書いていたような気がしますが “青春歌年鑑” シリーズっは、俺も最近になり、やっとコレクションが始まり、同時にデータとして入力しているので、このデータは近日、申し出があった人に提供しようと思っています♪
(楽曲紹介ブロガーは、素材があってこその継続になるからね!)
一番新しいカバーとしては、ダイハツのCMかな?
爆風のRunnerがハードロックの洋楽カバーになっていますね!
(俺は100曲目にて原曲を紹介しておりますが!)

こういう流れは好ましいことで、きっとうちらと変わらない、あるいは少々年上のプロデューサーやディレクターが、こういうカバーを出せばどう? と指南しているかもしれない!
楽曲紹介に身を置く我々は、多くのブログで見られるアフィリエイトには参加してないからこそ、新曲紹介に特化する必要は無いんだし、好きな音楽、何かを感じた音楽を紹介出来ればいいんじゃないか♪ という気がしますよ!
メディア戦略ということでは、当時角川作品は優れたコピーライターなども巻き込み、80年代文化を築き上げた感があります!
映画と小説(というか、出版全体! アニメも充実させましたしね!)、そして音楽♪
この成功があったからこそ、90年代、2000年代とメディアミックスの布石へつながったような気がするんです!

実はこの記事をアップする際、TBS系の地元ローカルTV局にて、薬師丸さんの映画を放送してくれて、思わず録画しながら見ていた俺ですけど、薬師丸さんって、可愛いですよね!
だけど渡瀬恒彦さんなど助演したベテランの魅力を同時に感じる作品で、まだ初々しい彼女をスターにしたように思えますね!

繭優さんは、いつも細部まで記事を読んでくれるので嬉しくなりますが、俺がアレンジャーなどを紹介するのは、日本の音楽事情へのアンチテーゼの意味も込めています!
編曲により、楽曲は様々な顔を持つにも関わらず、アレンジに対する著作権(特に印税)というのは、日本では確立していないんですよね…
正当な <仕事> の評価を、もっとされるべきだし、編曲者の仕事としては、それこそ楽曲を一望している唯一の人間のような気がするんです!
実際、鼻歌でしか作曲出来ない人間には著作権料が永遠に支払われ、それなのに音楽のプロ中のプロには、その仕事の際にしか対価が支払われないなんてバカげてます!
そして歌詞紹介サイトなんかでも、せめてオリジナルバージョンに関する編曲者表記くらいはしてもいいと思う!

こういう部分を情けなく思うので、このブログでは折々触れるようにしているんですよね!
繭優さんは、俺の真意を汲み取ってくれるから、すごくありがたいと思っています!

2006年バージョンは、この記事なりコメントの時点では、usenなどではフルバージョンを聞けますが、まだ発売されていないので、公式サイトにいおいて、部分的に試聴(わずかですが視聴も出来ます! クリップの!)があるので、是非聞いてもらいたいところですね♪
長澤さん、可愛いですから(^^♪
ちなみに!
長澤さんもまた、近年では珍しい、映画会社系事務所の所属であり、これも薬師丸さんなど当時と同じ系譜であることも、併せて返事としておきますね♪
(ちょっとしたマメ知識でございます!)
さっき↓のオフコースの書き込み。。。。。。
【誤字です!】\_(`・ω・)ハイ、ココネ、ココ!!
ごめんなさい!
読みにくいかも。。。。。。。ヾ(;´▽`A汗汗・・・
この映画、中学3年だったかなぁ~見に行きました。
でも嫌な思い出が。。。。。。。。。
映画館で痴漢にあたのでした。
当時は立ち見とか当たり前で、後ろのおやじに…
(ノ≧ω≦)ノ<嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌!!
こんな事しか書けなくてごめんなさい。
感じませんよ(^^♪
俺も自分のコメントで書き間違えなどあって、ふとした時に読み返して 『げ? なんだこりゃ?』 と思って修正することもあります!
なので、このコメント欄にある 『パスワード』 を是非活用してくださいね!
例えばabcdeと入れておくだけで(普通パスワードなんて、他の人がわざわざ調べ上げたりしないと思います、うちあたりのブログくらいなら!)、間違いに気付いた場合、自分だけが修正すること、出来ますよ!
※ 修正が終わったら、またパスワードは同じものを入力してくださいね♪

しかし、災難でしたね~(>_<)…
暗がりだからと、いたいけな少女に痴漢などするなんて、人間のクズですね(怒)
どうせなら、映画そのものに欲情するか、違うジャンルの映画館(当時は盛んでしたし)に行けっ!! って感じですよね!!
いろんなコメントがあっていいと思うんですよ、うちのブログ!
誹謗中傷以外なら大歓迎です(^◇^)
セーラー服と機関銃の歌が大好きで、歌詞の意味をあれこれ考えて記事にしました。今回、セーラー服と機関銃の歌詞をトラックバックしました。歌詞の意味の記事をリンクさせてありますので、気が向いたら読んでください。
そして初めまして、ですよね!
“ひよこ”さんの記事、まだ全てではありませんが、読ませてもらいました!
ひとつの楽曲を題材に、あれだけ偉人・先人の言葉に関連させられる書き方というのを、今まで読んだことが無かったので、新鮮な文体でありました!
トラックバックの方ですが、当方の記事に関連する事項であれば承認しますので、遠慮なく届けてくださいね♪
(このコメント時点において、まだそちらよりTB送信が行われていないのか、あるいはこちらのサーバー受信が追いついていないのか?(FC2のメインサーバーはアメリカに置かれているようですので…)受信確認後、承認処理をしておきます!)
いくつかに記事が分割され(というか継続的に)表記されているようですので、主となる部分からのTBだとありがたいです!

そしてまだ眺めた段階での印象でしかコメント出来ませんが、相当読書に長けていらっしゃる感じを受けました!
その中で、ふと思ったことがあります!
せっかく読書なり書籍に関する知識や見識をお持ちのようですので “ひよこ” さんの自己アピールになるような紹介部分、一ヵ所設置されてはどうだろう? と勝手ながら思った次第です!
管理者の人物像が、形式的な紹介であったにせよ、読者にとって伝わる部分があれば、これから継続して楽しめる場所になるかと思い、こういうことを書きました!
(うちは一応、画面左側(PCでの閲覧に限定されますが)において、自己紹介にジャンプする項目などカテゴライズしています!)
<楽曲紹介ブロガー>のはしくれとして “ひよこ” さんの今後の選曲の対象になる作品などあれば嬉しく思いますし、またリンク先として存在する楽曲紹介ブロガー様(画面右側に表記の『音楽ブログ』として記載している皆様方です♪)の記事も参考にしてくだされば、それまた嬉しく思います!
では、TB送信が行われた時点で、当方からもTBを予定します!

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。