智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0016 矢野顕子  自転車でおいで

このブログを御覧のみなさんは、日本発 世界適応の
アーティストは、どなたが思い浮かびますか…?
今回紹介するのは、デビュー以来、音楽の枠組みを
軽く飛び越えて、数多くの国内外のアーティストに
影響を与えてきた、日本発 → 世界レベルな彼女!!
矢野顕子さんの 自転車でおいで です♪
1987 年度の作品になります♪
今回の記事において、該当楽曲の試聴は残念ながらありません
ですが 矢野顕子さん の渾身の楽曲の一部は試聴出来ます!
そして、今回紹介する楽曲の作詞を手がけた 糸井重里 氏の
ホームページも紹介します!
下記 ~ リンクされますので、是非ご覧下さい(^^♪
矢野顕子 オフィシャル・ウェブサイト ( 現在の中心HPです! )
矢野顕子 オフィシャルホームページ ( 上記HP以前の情報あります )
ほぼ日刊イトイ新聞 ( 糸井重里さんのHPです! 幅広い内容です! )


今回紹介する 矢野顕子さん のことを、皆様はご存知ですか?
あまりご存知ない人でしたら、近作としては 花王 『 リセッシュ 』 のCM楽曲を聞いたことがあるかもしれないですね!
若干年齢を重ねた人なら、その昔大ヒットした 『 春咲小紅 』 をご存知かと思います
『 島唄 』 で有名な THE BOOM の 宮沢和史 さんとデュエットした 『 二人のハーモニー 』 をご存知の人もいるかもしれないですね!
坂本龍一さん や YMO が好きな人には、あえて説明は不要になります!

ほとんどご存知無い人には、かえって混乱を与えてしまいそうですが…

矢野顕子さん は 坂本龍一さん の、元の妻であった人で、1976 年のデビュー以来、その独自の歌い方や声! ( きっと聞いたら忘れないことでしょう! ) 、そしてピアノのスタイル、はたまた外見の個性から、独自の個性が際立つ、他に誰にも真似の出来ない 『 矢野顕子なジャンル! 』 を確立しています!

ピアノの実力は 坂本龍一さん 以上でしょうし、多くの著名の国内、そして海外ミュージシャンとのセッション ・ ジャズロックなどもこなす才能は、一人のピアニストとしても超一流です!
そのプレイの上に、独特の歌唱が加わる弾き語りのスタイルなので、コアなファンが多いことでも知られます!
( プロアーティストの中に彼女のファンが多いのです♪ )

矢野さん のコンサートで印象的なのは…?
ピアノ1台さえ用意してあったら、そこでコンサートします!という
『 出前コンサート 』 というものが画期的でした!
その他、ファンの人 ( 女性 ) のことを思いやり、子供連れでのコンサートの鑑賞を可能にし、 
『 託児所付き! 』 & 『 幼児の同伴可! 』 ( 一部実施出来なかった会場もありましたが ) 
といったことも、かなり早い時代から実施されてます!
今では当たり前になりつつあることでしょうけど、当時は画期的でした!
ほんとにどこでも? と思う皆様も多いことでしょうね…?
ですが筆者が 矢野さん のコンサートを見たのは
★★市 ●●公民館 みたいな場所でしたよ(^^♪
( 公民館を少し広くした●●会館という場所でした )

筆者が 矢野顕子さん のコンサートを見た日は、高校の模擬試験の実施日でしたが、なんだか逃すと一生見られないかも? な思いがあったので、1時間のみ試験して、ばっくれました(笑)
有名アーティストさんが、ほんとの田舎の公民館で、しかも真っ昼間から演奏してくださるなんて思っていなかったから、貴重なコンサートになりました!
冷房も何もないその会場で、MCの時のBGMは、蝉の音でしたよ?
ですが 矢野さん 本人はすごく楽しそうだったことを記憶しています♪

さて、有名な楽曲を多数送り出している彼女のこの楽曲を何故取り上げたのか?

最近、テンポよい、そしてビートに重心を置いた楽曲を紹介してきました
なので、このあたりで、少しゆったりして身を預けられるような音楽のことを書きたくなりました

この 自転車でおいで は、冒頭に書きましたが、あの 糸井重里さん が作詞を手がけました
矢野さん & 糸井さん での楽曲は印象的なものがいくつかあります

そして、デュエットの相手には、やはり 1980 年のデビューで、現在も人気を博し続けている
佐野元春 さんが選ばれています♪
佐野さんの公式HPは下記よりどうぞ!
佐野元春公式ウェブサイト
Sony Music Online Japan ( 佐野元春さんの部分 )

自転車を題材の楽曲も、多く存在しますし、筆者の自宅にも色々あります
ですが、車などを題材にしたものより多い感じがしませんでした
なので、便利なんですが、少しゆったり景色などを感じる乗り物 : 自転車
もう、ずっと乗っていないなぁ…
ふと、自転車かなぁ~♪と!  それから選んでみました!

また、この楽曲の独特の歌詞に関しては、下記リンクより御覧ください!

自転車でおいで うたまっぷ  ( 歌詞掲載部分 )

コメント

早朝よりのコメント、ありがとうございます!
いかがでしたか? そういう訳なのです!
別途送付事項の中には触れましたが、アップの時点で、限界だったのですよ…
ですので返信が遅くなり、ご迷惑・ご心配させてすみませんでしたm(__)m…
しかし、あなたのその脱力感を誘えたことは、逆によかったと思ってます♪
数日間の疲労の蓄積を伺っていたため、心配していました
そのため、少しばかり、その疲労をねぎらうべく ( ? ) 全く異なる2つの楽曲を用意しましたが、そう言ってもらえて感謝しています!
自身が表現されていることへの、ある意味 answer として選曲したことが、こうして喜んでいただけ、その TEXT を読み終えていらっしゃることもまた、記述した人間としては、救われるのです!
そして、これは、あなた様に限ったことではないのですが、以前、こう俺は話したかと思います
音楽が、ただ消費されている…
それが、淋しいし、悲しいです…
好む系統は誰しも違いますし、もちろんそれは良いことなのです♪
しかし、良い曲! の指標が、ただタイアップされたりチャートの何位だから、連続~~記録更新中と評価されるだけなら、そんなのは、聞きたくないです…
なので、世間では有名ではない楽曲が、この先も相当 ( 事実です! ) 登場します!
しかし、俺の中では、記憶に残るものこそ、名曲なので ( ときに迷曲? もありますが )、それを記事にしますし、ここに訪ねる皆様にとって、数文字だけでもいいから、気になる何かを書けたらいいな!
そう、思います
これからも、そうした answer なりで、紹介することがあるはずです
その時は、気軽に眺めてやってください♪
また、待ってますね(*^_^*)
この主人公は・・誰なのかな?
うんうん、とても気になります*^^
そして 窓越しに見ている風景かな、
それとも時々寝転んで・・?
詩から いろいろな光景が
様々目に浮かんできました。

角から4軒目 牛乳の空きびん・・
それを目印にお散歩してみたら、
ううん、目印がなくても
きっと行きたい場所に辿り着ける。
そんな気がしてきました^^
サイクリングとはいわずとも
普段の道から1つ外れて
少しゆっくりと風を感じながら
今度の日曜日は 自転車でお散歩しようかな*^^* 
すごく気になるのです、主人公が!
ほんと、誰なのだろ?
正直、俺にはよくわからない人間(あるいは…動物なの?)の関係ではあるんだけど、誰から見ている景色なのかで、意味はずいぶん変化すると思いますよ♪
いつも、同じ道を通っているのかもしれない
でも、きっと意識を持って、ふっと眺めたら、どこかの変化に気付くのかもしれませんよ(^^♪
車の中で、エアコンかけていたら、きっと感じられない自然の空気感♪
そんな雰囲気を、繭優さんの行動の中に(繭優さん自身が)感じてくださり、そして、ふっとこの歌のように、どこか見慣れた景色の中にも、目印感じたり、今までと違った視点で見える(かもしれない)景色などを、楽しいんでいただけたらいいなぁ(*^_^*)
また、こんな不思議な詞を、探しておきますよ!
俺は矢野さんの表現する世界には、大人の童謡っぽい、不思議な居心地を感じているんです
毎日多忙に追われ、なんか周りを感じられなくなりそうなとき…
そんなときこそ、聴いていますよ♪
繭優さんにも、そんな自分の癒しなり、気休めの音楽があればいいなぁ♪
そんなことを、この返事を書きながら、思いました!

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。