智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0124 研ナオコ  夏をあきらめて

芸能界には、まさにマルチな活躍をされる存在の人は多く、本職は何だろう…? と思えるくらい、あらゆるジャンルで多彩な活躍をされるのを見かけます!
今回の大ベテランは、CMやバラエティー(それは司会者なども含めます)にて存在を知る人も多いと思いますが、筆者にとっては一流の <ボーカリスト> としての存在の部分が昭和の時代から現在も続く認識となっています!
研ナオコ さんで
『 夏をあきらめて 』 の紹介です♪
1982年発表 原曲は <サザンオールスターズ> によるものです♪
研ナオコさん:
■1953(昭和28)年7月7日生まれ 静岡県(現在の)伊豆市出身
■1965(昭和40)年 地元放送局の <のど自慢大会> に合格
■1967(昭和42)年 同じく <のど自慢大会> にて準優勝
 ※ 幼くして歌唱力が高かったことを裏付ける内容だと思います!

■1970(昭和45)年 歌手を目指し状況
■1971(昭和46)年 「大都会のやさぐれ女」 にてデビュー
■デビュー後、所属事務所を <田辺エージェンシー> に移し活動
 ※ 日本を代表する芸能プロダクションのひとつであり、これが縁となる出来事として、ブレイクする以前の <THE ALFEE> が彼女のバックバンドだった時代があります! これはあの <高見沢> さんもよく語ることです!

■1972(昭和47)年 今もなお人気ドラマとして語られるTBSの 「時間ですよ」 に出演など、その後の彼女の <映像での活躍> を予見させる活動が、すでにこの当時より開始されていることは、ベテランならではの芸歴の長さを感じさせます!

■1975(昭和50)年 「愚図」(ぐず) がヒット♪
 (作詞:阿木曜子 作曲:宇崎竜童)
 この楽曲で <FNS音楽祭・最優秀歌謡音楽賞> を受賞!
 実力派とされながら(歌手としては)不遇の時代を過ごした彼女のヒット曲であり、賞レース受賞という輝かしい作品になりました! ベスト盤などにも収録されていますし、現在でも聞くことは容易です♪

■1976(昭和51)年 「あばよ」 がヒット♪
 (作詞・作曲:中島みゆき)
 筆者はこの 「あばよ」 から <研ナオコ> さんの楽曲を聞くことになり、特によく記憶していますし、現在も好きな楽曲のひとつです!
 この年は
 ★ NHK紅白歌合戦に初出場
 ★ 日本歌謡大賞で放送音楽賞を受賞
 ★ FNS歌謡祭で優秀歌唱賞を受賞
 など、特に彼女が望んだであろう、歌手としての側面が大きく飛躍した時期だと筆者は思います♪

■1978(昭和53)年 「かもめはかもめ」 がヒット♪
 (作詞・作曲:中島みゆき)
 ★ 日本歌謡大賞放送音楽賞を受賞
 ★ レコード大賞金賞を受賞
 ★ NHK紅白歌合戦に出場

■1982(昭和57)年 「夏をあきらめて」 がヒット♪
 (作詞・作曲:桑田佳祐)
 ★ 日本レコード大賞金賞
 ★ 日本有線大賞有線音楽賞
 ★ 全日本有線放送大賞優秀スター賞 などを受賞

■1983(昭和58)年 「泣かせて」 がヒット♪
 (作詞・作曲:小椋 佳)
 ★ 古賀政男記念音楽大賞優秀賞
 ★ NHK紅白歌合戦に出場

■1985(昭和60)年 <田原俊彦> さんとのデュエットソング
 「夏ざかりほの字組」 がヒット♪
 (ユニット名は <TOSHI&NAOKO> と、そのままわかりやすいものです!)

■その後も有名楽曲を多数リリース!
 皆様ご存知のように、特にテレビでの活躍は司会者、バラエティー番組などで御覧になるでしょうし、コミカルなCMでの活躍など多彩なものがあります!


 今回メインで紹介する 「夏をあきらめて」 ですが、途中記述をしたように1982年の作品であり、あの <桑田佳祐> さん作品 <サザンオールスターズ> のアルバム収録曲となります!
 (アルバム <NUDE MAN> に最初に収録されました)

 実は筆者はこの 「夏をあきらめて」 の発表当時は知らなかったことなんですが、先に <研ナオコ> さんのシングルリリースがあって、作者である(そしてバンドである) <サザンオールスターズ> の方に、後からセルフカバーされたのだろうという思いがありました!
 (筆者がサザンバージョンにて 「夏をあきらめて」 を聞いたのが1983年以降だったからだと思います…)

 よくよく調べてみれば、サザンが発表したのが1982年7月のことで <研ナオコ> さんがシングルリリースをしたのが1982年9月と、後ろであったことがわかり、別アーティストに提供された楽曲の発表順としては珍しい印象がありました!

 筆者にとって今回の 「夏をあきらめて」 が特に印象的だったのは <研ナオコ> さんの歌唱力の高さを感じると同時に、当時はまだ <コミック系バンド> としても評されていた(と思えます) <サザン:桑田さん> が、提供楽曲としてこれだけの高いクオリティーの作品を書き上げたことにこそあるような気がするんです!

 もちろん <桑田佳祐> さんは、現在では日本を代表する稀代の作家としての印象が強いですが、筆者の年代としてリアルタイムに <ザ・ベストテン> などの影響を受けている世代としては、どうしても初期サザンのインパクトは強烈なものがあり、それとかぶさってしまうことが多いのです(笑)

 だからこそこの 「夏をあきらめて」 は、現在のサザンを知る世代にこそ聞いてほしい初期の名曲のひとつであり、または <研ナオコ> さんをマルチタレントとして、だけど歌手としての活躍部分をほとんど知らない読者の皆様に、是非聞いてほしい名曲のひとつとして、紹介しておきたくなったんです!

 略歴にて紹介している数々のヒット曲の作者を見ていただければ、日本を代表する音楽家の参加が目立ちますが、その作者が自らセルフカバーしている名曲でもあり、比較ではありませんが、聞き比べしていただくのもまた楽しい聞き方でしょうし、優れた作品は、優れたアーティストにより、さらに価値が高まることを感じ取ってもらえれば! という思いがあるんです!

 1970年代~1980年代には <ニューミュージック> というジャンルは確立し、2000年代の現在もなお、その時代の名曲の数々は世代を越えて聞かれますが、筆者が <楽曲紹介ブログ> をしている仲間のところで、口癖のように残す言葉があるんです!
 『楽曲は当時のままの音が、そのまま残されていますが、聞き手である我々は年齢を重ね、リアルタイムで聞いたはずの当時から成長し、現在再び聞き込むことで、感じ取るものは、また別のものが加わってくるはずだ』、ということを!

 当時感じていたこと…
 まだ学生だったり幼い自分が大人の気持ちではなく、ただ興味があったり好きだったかもしれない楽曲…
 現在感じること…
 それなりに色んな経験を重ねながら、人生の時間も増やし、歌詞に込められた深い部分を感じたり、音色ひとつにしても、レコード~カセット~CDへとメディアは進化して、細部まで聞き取れるようになったことから、また新たな発見も出来ますし、そうやって音楽は自分の中で <進化> していいんじゃないかと、筆者はいつも思っています♪

 <桑田佳祐> さんが真正面から書き上げた名作!
 <研ナオコ> さんが実力を発揮した名曲!
 その両面から、当時を懐かしんで聞いていただくのもいいですし、またはリアルタイムに聞いていない世代にとっては、これから発見する何かがあればと思い、秋を感じる今、紹介することにしました♪

今回のリンク先
夏をあきらめて Uta-Net  (歌詞掲載部分)

 なお、ここでは紹介していませんが <研ナオコ> さんの公式サイトでは、彼女の歴史を楽しく読むことが出来ます!
 そして <サザンオールスターズ> のサイトでは <サザンバージョン> による 「夏をあきらめて」 の試聴(これに限らず、膨大な量の試聴が出来ますっ!!)や歌詞の掲載などがあり、ものすごく充実した時間を過ごせるかと思います!

コメント

研ナオコさんって言ったら、カックラキンを思い出します~。
ウィキで見ましたが、デビュー前の職業にビックリ!!あと、ちびっこのど自慢で不合格になった理由が凄いですね。
曲でいうと、この「夏をあきらめて」(サザンとごっちゃになってるかも)と「あばよ」、「夏ざかり ほの字組」が研さんのイメージとして記憶されてます。
Wiki~のが真実かどうか怪しいところとして、公式サイトにはその記述は無いのね…?
(だけどエレベーターガールをしてたことは、かつて彼女自身が番組で語っておりました!)
よ~く時代を振り返ってほしいとこですが、8時だよ~にしても、カックラキンにしても、よくもまぁ、あんだけコントに芸能人を巻き込んだものだという気がしませんかぁ?
(それを考えれば、最近のJ-POP関連さんって、活躍の場はトークしか無いような気がしてならない…)
楽曲で有名なのは、やはりその3曲だという気がしますが、俺は個人的に聞くことも多かったので、今回記事にしてみました!

えと、夕子さん家のブログ(あのアイドル圧巻の資料的ブログさん)にて、9月の楽曲がいくつかまとめて商会されていましたよね!
ああいう切り込み方もいいだろうなぁ♪ とふと思ってしまった♪
最近ねぇ、楽曲を選ぶって何だろなぁ…って気持ちが強くなって、選曲がはかどらないんだよねぇ…
なので、反応はどうであれ、自分なりに書こうという気持ちがあるし、不定期はこのまま継続しようと思ってます!
(100曲越えたとこから、ずっと迷いっぱなしだけどね…)
  • 09月 26 2006
    • 2006/09/26(火) 00:05:43
    • [ 編集 ]
    • URL
    • うさぎ #3ZGY0QjM
研ナオコさんといえばバラエティーのイメージが強いです。
歌っている姿を見た記憶がほとんどないんですよ~。
これはちょっともったいないですね。
歌手として輝かしい経歴の持ち主のようですし♪
アルフィーがバックだったなんて豪華~☆
アルフィーがバックだったのは、記事にも書きましたが事務所の関係からですね!
そして普通のロックバンドと彼らの違いは、ドラムやキーボードがいる編成では無いので(あくまでギタリスト&ベーシストですから)、それが可能だったのかもしれませんね!
ただ、なんかそれも時代を感じますね…
こういう下積みの時代があり、自ら表舞台に立っていくのは、昔は定番だったような気がしますが(安全地帯しかり、B'zの松本さんしかり、ですよね!)、近年では財力にモノを言わせて、自分よりも目上や先輩であるミュージシャンをバックに歌うなんてことが基本になってて、俺のように30代後半などの世代にとっては、歌手本人をあんまり評価出来ずに、ただひたすらバックミュージシャンを見てしまうきっかけを作ってしまいますね…
(ある種の音楽バブルなのかもしれませんが…)

研ナオコさんは、あまりにもテレビスターとしての側面が目立ってしまうので(それくらい、超ベテランなのですが!)、歌手としての部分は目立ってないように思えますね…
(実際、歌番組に積極的に出演したようにも思えません!)
ですが著名作家の作品を、完全に自分の世界観で歌い上げる実力は、時代を超えて評価されてもいいと思います!
お時間ありましたら、是非その素晴らしい歌唱力、聞いてみてくださいね♪
  • 09月 26 2006
    • 2006/09/26(火) 00:33:33
    • [ 編集 ]
    • URL
    • あお #-
私は「あばよ」が好きでしたね^^
(歳ばれるな・・・プw)
泣かないで~泣かないで~♪
じゃなかったっけか・・・。
こんばんわんこヾヾ(*^▽^*)〃〃
凄く懐かしいです!
この曲。。。。。高校の頃よく聞きました。
なんかちょっと切なくて。。。。。。

泣かせて。。。。。
これもよかったな!
私はナオコさんの声が好きだったかなぁ~
小椋さんのもよかったけど、顔見てびっくりした!笑
こんなおじさんが。。。。。ゲッ!Σ(・ω・;|||
って当時は想いました。
<あばよ> はまさにそういう歌詞だったりしますが(笑)
http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=337 ← これが歌詞です♪
研ナオコさんの歌って、元気いいのも確かにありますが、聞かせる歌、多いと思うんですよねぇ!
中島みゆきさんが提供した楽曲としては、柏原芳恵さんとかも同系統だという気がしますね!
(工藤静香さんに関しては例外的かもしれないですね!)
なぜか <あばよ> は俺、小学生時代によく聞いてた(笑)
さぁて、あおさんと俺、さすがに俺が年上だと思いますが(プロフ写真、可愛いからですよ!)、それが果たして正解なのかどうか?
非常に気になって、長い夜になりそうです♪
追伸:
キリ番ゲッターのおいらには、あおさんfaceなんかをもらえたら嬉しいかもしれない♪
(ほんと、画面開いた瞬間、まさにジャストなのでした!)
最近皆様のところを中々訪問出来ずに申し訳ないです(>_<)
今回、久々に懐かしい系を用意しましたが、おかんさん、高校時代になるんですか、これ!
俺は小学生時代? ん?
この時は中学になってたかなぁ?
という思い出ですね!(たぶんそうです!)
この曲もそうですが <泣かせて> なんかも名曲ですよねぇ♪
<小椋 佳>さんと言えば、やはりあのルックスには最初驚く人は多いと思います!
(山下達郎さんなども、そうではないでしょうか?)
先日親子で24時間テレビなどに出演されましたが、アーティスト活動と並行しながら、本職である銀行員としての職務もこなした偉大な音楽家で、よくよく考えたら <シクラメンのかほり> なども <小椋 佳> さん作品ですねぇ!
聞かせる歌って、その時代に比べたら、我々自身が年齢を重ねたこともあるんでしょうけど、あんまり聞かなくなったような気がしますね…

今週ですけど、残り数日で9月に関係する曲をアップしようと思いまして、あの懐かしい曲、絶対に書きますので、また遊びにきてくださいね♪
楽しみにしていますね。ヾヾ(*^▽^*)〃〃

あ!書き込みありがとうございました!〈(_ _*)〉"ペコッ
私のとこってレス入れで文字数が決まっているらしく…(;´ρ`)
最後まで書ききるコトができませんでした。
書き足りないのは。。。。。。。
もし機会があって智さんがここで紹介してくれたら嬉しいなぁ~です。
では、またお邪魔しますね。
o(*・ー・)〇"ぐっ♪o(*・▽・)ノ"ばーい
ライブドアさんに限らず、大抵のブログでは文字数、制限かかりますよね…
(あと、非公開に出来るところもFC2やエキサイトブログさんですか? それくらいしか見かけたことが無いような?)

興味を持った音楽は、時間はかかるかもしれませんけど、自分の耳に、自分の意識にしっかり認知させてから書こうと思います!
(なのでいずれ、登場するかと思います!)
返事の方が遅くなってしまって、ほんとすみません(>_<)
今週には、たぶん我々世代の懐かしい楽曲、登場しますので♪

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。