智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0121 V.A.  ああ人生に涙あり

このブログ始まって以来の珍事、ですが…
アーティスト名をひとり、あるいはひと組に限定出来ない楽曲が登場します!!
今回は暦の上で <敬老の日> ということもあり、ご年配である方にとっても馴染みの深い楽曲にて記事にしますが、これだけ国民に愛されてシリーズ化している時代劇も、他には無いだろうという思いから選曲してみました!
長寿シリーズ番組 <水戸黄門> より
『 ああ人生に涙あり 』 (主題歌) の紹介です♪
なお第一部放映を最初の登場と数えたら 1969年発表ということになります♪
ちなみに…
<V.A.> (Various Artists:バリアス・アーティスト) というのは、様々なアーティストによる、ということの略語として認知されています!
 最初にお断りしておきますが、今回の記事においては
① フリー百科事典である <Wikipedia>(ウィキペディア) を相当参考にさせてもらいました!
② 2006年9月現在での <公式ページ> の方からも参考にさせてもらいました!
③ その他、多くのネット上での参考ヵ所から調べていることを伝えておきます!

■まずは、テレビ版で皆様におなじみの <水戸黄門> についての記述の方から!

 ★現在放映されている <水戸黄門> 以前のシリーズとして、月曜19:30~20:00放映枠として(つまり30分番組だったのです!) <ブラザー劇場> と呼ばれる時代があり、そこでは1964年~1965年に放映されたものが存在するそうです!
 ※ もちろん筆者は生まれていません
 ※ 主役を演じたのは <月形龍之介> さんという人で、主に映画の世界で名を馳せたことが知られています!
 ※ また、その <月形龍之介> さん主演にて、東映の映画版 <水戸黄門> が上映されたのは、1957年(昭和32年) ということですから驚きです!
 ※ なお、この <ブラザー劇場> 版にて主題歌だったのは、現在広く知られる <ああ人生に涙あり> ではなく、なんと日本を代表する歌手である 故 <三波春夫> さんによるもので、検索では曲名は <母恋笠> のようです!
 (公式ページより! 番組名としては、その公式ページによれば <水戸黄門旅日記(TBS連続テレビ映画> という記述があります! 1964年(昭和39年) の楽曲となり、テレビ放映と重なることから、信憑性は高いと思われます!)

■現在広く知られる <水戸黄門> は月曜20:00~20:54の放映枠で <ナショナル劇場> として、第一部である1969年(昭和44年)開始から、2006年(平成18年)9月現在放映されている、第三十六部に及ぶまで長寿番組として知られる時代劇であり、2003年には放映1000回を達成しています!

■またこの1000回記念放映(2003年12月15日)では異例の3時間スペシャルにて製作されました!

■余談として、1978年(昭和53年)には、テレビと全く同じキャスト・スタッフによる <映画版 水戸黄門> が製作されたそうです!


 今回この記事を読み、主題歌のタイトルを知った人も多いと思いますが、筆者は長くカラオケ店での業務に関わったことから、よく題名を尋ねられたことがきっかけで、目次本(早見本)から調べることが多かったんです!
 (ちなみに本を開いて早い場所に掲載されています!)

 筆者にとってのこの <ああ人生に涙あり> は、親父が <水戸黄門> ファンであることから、幼くして見ていた時代劇でもあり、また聞き慣れた楽曲であることが影響し、歌詞を見ることなく1番は歌えます♪

 ですが一番驚きなのは、普通これだけの長寿番組ならば、一度くらいは主題歌の変更もあって良さそうな気もしますが、開始以来ずっと同じであるということではないでしょうか?
 それだけでも見事だという気がします!

 皆様もご存知のこととは思いますが、基本的にこの主題歌 <ああ人生に涙あり> を歌うのは <助さん・格さん役> の人であり、俳優が歌うテーマ曲の代表とも言えると思います!
 筆者が知る限りでは、今では主演俳優の歌唱って当たり前になってしまった感がありますが、かつては映画時代の名残りから、主演俳優による歌唱として <石原裕次郎> さんや <渡哲也> さん、はたまた <美空ひばり> さんという <主役> によるものを思い浮かべますが、ここでは <水戸黄門> 役が歌うのではなく、主役級の <サブキャラクター> が歌っているところに、大きな意味があるように思えるのです!
 こういう大物俳優が、今までに歌唱しています!
 (放映順で、歌詞の1番~2番を受け持った順にて記述しますし、また、複数の放映部数にまたがり担当した人に関しては、最初の登場にて記述します!)
 ★杉良太郎さん  ★横内正さん
 ★里見浩太朗さん  ★大和田伸也さん
 ★伊吹吾郎さん  ★あおい輝彦さん
 ★原田龍二さん  ★合田雅吏さん

 また、上記の俳優陣は、歌詞の1番と2番を担当してきた方々ですが、唯一例外となったシリーズがあるので、そちらを以下に紹介します!
 それは <水戸黄門> 役を <石坂浩二> さんが担当した第二十九部~三十部、そして <里見浩太朗> さんが担当した第三十一部~三十二部において、なんとこの3名が主題歌を担当しています!
 ★橋幸夫さん  ★舟木一夫さん  ★西郷輝彦さん

 しかもその3名は <石坂浩二> さんのシリーズにおいて、週代わりで担当していて (里見浩太朗さん時代は少々不明の点もあります…)、しかも歌詞は1番と3番が歌われました!

 歌詞サイトにて検索をすると、皆様馴染みの1番、2番、そして先ほど紹介した3番までを見ることが出来て、筆者も知らなかったのですが、最初から3番までだという印象がありました!

 しかし今回調べた中で、驚きの事実が判明しました!

 この主題歌集となるCD、その名もズバリ <水戸黄門> (2005年発表の、なんと2枚組み!) にて、幻とされる歌詞の <4番> が発表されていて、しかもこの2枚組みの1枚目は、13トラックが歌詞あり、残り2トラックがカラオケであるものの、なんとそのすべてが <ああ人生に涙あり> ばかりという、某J-POPアーティストのリミックスマキシシングルも比べ物にならない(?)豪華さを誇り、歴代主題歌を一気に聞ける素晴らしい内容になっています!
 (なんか、すっごく欲しくなったCDです♪ なんといっても、15回連続で同じ曲が繰り返されるのですから! なお、2枚目に収録されている曲なども御覧になる場合には、レコード会社公式なり、Amazonなどで確認下さい!)

 こちらを訪問する読者の皆様にとって、この <ああ人生に涙あり> は、どういう印象があるでしょうか?
 筆者にとっては、ものすごく馴染みもあり、そして歌詞に励まされてきた思いがあります!
 何しろ出だしで人生を噛み締めることが出来るのですから!
 (歌詞は文末リンクより御覧ください!)

 こういう人生の応援歌は、J-POPよりも演歌・歌謡曲から見いだすことが最短でしょうし、日本の心という気がします!
 同じ印象で筆者にとって応援歌の代表と言えば <水前寺清子> さんの <三百六十五歩のマーチ> があり、年齢層を問わず認知されている楽曲ではないかと思います!

 そして楽曲紹介ブログとして、筆者が思うことですが、楽曲の演奏部分に関して少々付記します!

 筆者が一番印象に残るバージョンでは <里見浩太朗さん・横内正さん> の二人によるもので、現在放映されているバージョンに比べて、とてつもない重厚さがあるように思います!
 音を文字にして表現することは、すごく難しいことですが、筆者が幼い頃から感じていた音で表現するなら、あのイントロ部分の音…
 『カッ、カッ、カッ、カッ、カッ、 ドシャーン♪』
 こういう感じが、なんとも言えず魅力的なんですよねぇ♪
 日頃J-POPを基調に記事を更新していますが、こういうジャンルは、実はすごく好きだったりします♪
 そういうときに、自分は日本人なんだなぁ♪ という気が強くなります!

 家族に祖父・祖母がいらっしゃる人は、日頃以上に敬っていただきたいですし、若々しく過ごしておられる高年齢の方にとっても、家族を、そして今まで頑張ってきた日々を再認識する日であってほしいと思います!
 また、若年層の読者にとっても、歌詞を読むことで、自分の人生、山あり谷ありの中で、だけど頑張っていることを胸に、これからを歩んでほしいと思います!

 筆者の個人的感情としては、ここ近年、谷間の人生を過ごしていますが、自分なりに努力を人一倍こなして、普通の皆様に追いつかなければならないな! という思いがあります!
 なので筆者自身にとっても、改めて気合を入れるべく選んだ楽曲でもありました!

今回のリンク先
水戸黄門 Wikipedia  (フリー百科事典)
 まさに圧巻のデータ量です!

ああ人生に涙あり Uta-Net  (歌詞紹介部分)
 名曲の歌詞 1番~3番までの紹介部分となります!
 (すごく 4番を知りたくなります!)

コメント

おはようございます。
私。。。。。実は水戸黄門大好きなんです!
東野栄治?さんのが大好き!
あの「かっかっかっ」の笑いがいいです。
印籠の煙草入れ持ってますよん。あはは~;
この曲のタイトルを以前は知らなくて…
師ってからはカラオケでごくたまに歌いますね。

今はたまにスロットで黄門ちゃまで聞きますよん。笑
いつ書こうか? と思っていましたが、こういう日に重ねてみました!
俺は記事にするくらいですので、結構真面目に(?)見ていますが(再放送などを見てます!)、やはり<東野英治郎 >さんの印象が強いですし、俺は個人的に<西村晃>さん(2代目)のも好きですよ♪

中々みんなタイトルまでは知らない名曲なんですよねぇ~(>_<)
理由としては、曲名が番組に表示されないからだと思いますが!
(何故でしょうか、よくわからないのですが…)

印籠と言えば、今回調べてみましたが、ずっと長く使われてきたものは、和紙に漆を塗り上げたものだったそうですが、最近では本物の輪島塗のものが使われるようになり、高価なのだそうですよ!
(あれが出ないと、見てて楽しくないですもんねぇ♪)

あ、そう言えばスロットにありましたね!
やったことはありませんが(パチンコ引退してますんで…)、通りすがりであの音楽が流れると、思わず振り向いてしまいますね♪
昨日、再放送されたテレビで、徳川光圀さまは全国を旅したわけではないと言ってました(涙
この曲の出だしの歌詞は、分かってるつもりでも理解するにはまだ年齢を重ねないとダメなようです、私。。。
あと、東野英治郎さんというと、どうしても息子さんである、東野英心さんを思い浮かべてしまう~。英心さんといえば「父ちゃん情けなくて涙が出てくら~」のあばれはっちゃくですよね!
諸国漫遊をもし実現させたとして、ひとつの謎が思い当たりませんか?
いくら当時の徳川家が影響力があったとはいえ、代官様クラスならまだしも、一般庶民が印籠を出されただけで、水戸のご老公様ということがわかると思います?(笑)
また、将軍自らが <成敗っ!!> などとのたうち回ることだって、絶対にありえない(笑)
そんなの言う前に、無条件で切り捨ててたと思うしね!
あの某将軍様に関しては、あのシリーズ化の前に和歌山城も見ていますが(俺が、です)、今ではきっとドラマの影響から、いろんなことが追記されていそうで、それを見るのも楽しみではありますが!

出だしの歌詞ですが、これは人生の経験値のような気がしますし、20代でもこういう思いで生きてる人もいれば、60代でも理解出来ていない人は多いと思います!
本当の苦しみを経験しないことは、ある意味素晴らしいことであり、平和に暮らせていることの証でもあると、俺は思っています!
ただ俺は、楽(素晴らしいこと)と同時に苦(ある意味、地獄…?)の両方をそれとなく経験してきましたし、これからもそうだろうと思ってます…
ただ、この歌詞で感じられるように、絶対に苦だけで終わらせたくないので、頑張ろうという気があります!
<あばれはっちゃく>に関しては、俺はその時期を関西で過ごしたので、見ることは出来ましたが、九州では放映されなかった地域も多いのではないでしょうか…?
あの当時を見ることが出来たのは、幸運だったと思うし、よく両親からは <黄門様の息子さんだよ!> と聞かされ続けながら見た記憶があります(笑)
ああ人生に涙あり・・・曲を思い出すと・・・
最初のイントロの、あの「カーーッ!!」って部分、
テツandトモの顔芸を思い出しました(笑)
知ってますか?笑えます。

水戸黄門って老若男女おなじみですよね。
友達が、飛猿こと野村将希さんが好きで「あんなおとうさんがほしい!」と連発していたなぁ・・

曲名は意外と知りませんでした。
中学生の時は結構見てましたね!
特に最後の成敗のシーンや解決後のひと笑い・・
何故かというと、水戸黄門の放送時間が「HEY!×3」の前だったから(笑)あの頃は「HEY!×3」もダウンタウンも大好きで欠かさず見ていたので、見逃さないように少し前からそのチャンネルを見ていたのです。・・ま、テレビが好きだったってのもあります(^_^;
まさかこの曲で <テツトモ> の話題が出てくるとは?
お主、中々やりますな(^^♪
<野村将希さん>となれば、案外近代のような気がしますが(葵ちゃんの年代を考えれば、それは当然だ!)、なんと素晴らしい友人をお持ちで!
野村さんはすでにご存知と思いますが、育児の上でも有名な人で、見た目以上に人間味溢れる素晴らしい人なので、ファンになることは、その友達さん、見る目あるなぁって気がします!

そして、え、え~と…?
一体水戸黄門が何時の放送で、HEY!~って何時からだったの…?
月曜20時に、同時に放映されてたと思うんだが…?
前後して見られるなんて、ある意味羨ましい!
さすがに俺、水戸黄門を録画してみたことはありませんけど、HEY!~に関しては、今でも結構録画しながら見てますね!

曲名が中々わからないのは、他の返事コメントでも触れていますが、普通アニメとかドラマって、曲名出るでしょ!
あれが水戸黄門の場合には表記されてないと思います…
なので年配の人でも、案外知らない人は多いですよ!
俺はそうだなぁ、水戸黄門が1位で、暴れん坊将軍が2位という印象があります!
葵ちゃんが生まれていない時代には 大江戸捜査網 というのがあって、本編をほとんど記憶していませんが、テーマ曲がかっこよくて、それだけは記憶にありますね!
俺のJ-POPメインのブログの異端な楽曲紹介っ♪
読んでくれて嬉しいです(*^_^*)
  • 09月 19 2006
    • 2006/09/19(火) 02:07:49
    • [ 編集 ]
    • URL
    • うさぎ #3ZGY0QjM
水戸黄門をちゃんと見たことがなく
主題歌はサビだけなんとな~く・・・。
日本人なのにいけませんね。 (・ω・;)(;・ω・)
かなり有名な曲ですよね。
曲名をはじめて知りましたっ☆
V.A.という言葉もはじめて知りましたっ☆
うさぎさんがエヴァのDVD見ながら、テレビからは当たり前のように水戸黄門が流れていたら、そっちの方が驚きですって??

他の返事コメントにも書きましたが、実は楽曲タイトルって番組で表示されていないはずなんですよ…
普通は大々的に紹介されるでしょ、ましてやこれだけ長寿番組ならば!
(ドラマやアニメでは、それが売上貢献度数なんだから!)
ですが、よ~く考えてみれば、時代劇のテーマ曲を大ヒットさせようと思っているとも思えないですし、視聴者の基本的年齢層を考えれば、まだCDよりカセットとか買いそうですもんね♪
(演歌に世界では、今もなおシングル楽曲などはカセットの売上、いいですもん! カラオケがB面で、メインがA面などという区切りの良さが、そうさせているんだと思います!)

J-POP基調の俺のブログですけど、こういう楽曲紹介はアリだと思ってます♪
なお <V.A.> が普段使われるのって、コンピレーションCDなどの場合が多いんですよ!
一枚のCDに複数アーティストが参加してたら、誰がメインってことでもありませんしね!
今回は、後の分類を考えた場合に備え、あえて <V.A.> という表記をしました!
どのボーカリスト(の組み合わせ)がメインということでも無いでしょうし(笑)
  • 09月 19 2006
    • 2006/09/19(火) 21:03:15
    • [ 編集 ]
    • URL
    • ひなた #whKRIAGo
は、はじめて題名を知りました(爆
そしてそんな何番も続いてることも初めて知りました(爆)
実はちゃんと見たことがないんですよ・・・
なんか、時代劇とかって苦手で(汗)
でも、あの印籠は欲しくなっちゃいますよね(爆)
ひなたさん、なんか得意そうな気がしたけど(笑)?
曲名って、案外みんな知らないんですよね!
(だから、ここで紹介しておいた! と!)
テレビでも1番~2番というのは放映されています!
(我が家では平日に過去シリーズ再放送が流れているので、親父がいるときには、まず流れてきますね!)
で!
記事にも書きましたが、なんと4番まであったりします!
(これは俺も聞いてみたいぃぃぃぃ!!!)
時代劇、案外見ずじまいという人は多いと思います…
しかしこれが、続けて見れば、最近のど~でもいいドラマより、面白かったりするんですが♪
印籠、あれだけで皆が土下座するんだからスゴいと思いませんか?
(実際にあったのでしょうか? 徳川家の歴史には?)
今回の記事で興味を持ってもらえたら、年配さんとの会話も楽しめると思いますよぉ!

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。