智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0013 高橋洋子  魂のルフラン

今回は、前回記事に引き続きの紹介です
新世紀エヴァンゲリオン 劇場版より
高橋洋子さんの 魂のルフランです♪
1997年の発表です♪
リンクに対するお断り
前回記事 にも記述しましたが、複雑な流通事情や所属の関係から、アニメの紹介リンクより試聴 ( 新世紀エヴァンゲリオンのPR部分の視聴 ) が可能になっています
そのため、そちらのHPにおいて、無料視聴出来る部分は限定されますので、くれぐれも有料部分への立ち入りは、個人の責任においてお願いします!!

OCN BANDAI CHANNEL 様 ←こちらよりどうぞ
このHPを開いていただき、画面上部左側にある
『 魂のルフラン スペシャルプロモーション映像 』 から視聴出来ます!
※Windows Media Player : 1Mでの環境です
※前回記事と同じリンク先・同じ画面です!

様々なお断り、ならびに記述に関する事柄は、前回記事の中に触れてありますので、お時間ありましたら、そちらも御覧ください
前回記事 : 0012 高橋洋子 残酷な天使のテーゼ


今回の楽曲も、大ヒットアニメ 新世紀エヴァンゲリオン ( 劇場版 ) からのものになります♪

この 魂のルフラン は、その楽曲のレベルの高さから、一つの音楽として、アニメファンならずとも好まれた人は多かったと思いますし。高橋洋子さん自身も、この楽曲でのテレビ出演を果たしていたように記憶します♪

そのスリリングな曲調・J-POPの見本のような作風・そして、楽曲そのものに含まれた、プロらしいアレンジや音色が、多くのリスナーのとって、素敵な曲に聞こえたと思います!

アニメそのものに関しては、あれだけ社会現象になったにも関わらず、筆者は一度も見たことがありません…
(エヴァファンの皆様、本当に申し訳ありません)
ですが、純粋に高橋洋子さんのファンであり、また、楽曲のファンである筆者なので、その部分に関しての記述をしていきたいと思います

この 魂のルフラン も、残酷な天使のテーゼ 同様に、数々のヴァージョンが存在します
オリジナルは、紹介したように 1997 年のもので、この年は、それこそエヴァが社会現象していましたし、 魂のルフラン もヒットしました♪

今回は、そのオリジナルと共に、筆者が好むもう一つのヴァージョンの紹介をします

オリジナルヴァージョンは、高橋洋子さんが当時所属していたレコード会社様とは異なる キングレコード様 より発売されました
これは、アニメに関する版権の問題からだと思います

作詞が 及川眠子さん、作曲が 大森俊之さん( 編曲ならびに演奏も担当されています ) で、楽曲のクオリティーの高さが、単にアニメソングとがでは表現出来ないもので、いまなお鮮烈な印象を受けます

どこか浮遊感のある音色の使いこなし、曲の要所を占めるエレクトリック・ギターの存在感、ブレイクやエンディングにおけるハーモニーライン、そのどれもが印象的です♪
大森氏の非凡なセンスの結実だと筆者は思うのです!

このオリジナルも、とても素晴らしいのですが、そのミックス違いのヴァージョンもまた、劣らぬ素晴らしいものです!

同 1997 年に出されたアルバム
~refrain~ The songs were inspired by "EVANGELION"
こちらにそのアナザーが収録されています
Tablis Mix と名付けられていますが、最初普通に流していた時点では気付きませんでした
しかしながら、先程記述したブレイク部分やエンディングなど、様々な部分に手を加えられ、その他のミックスも、聞けば聞くほど細工をしてあり、その完成度がとても高く感じました♪♪

リミックス楽曲は、その昔、12インチミックスなどと呼ばれていた時代には、ただ長さだけを競い、楽曲に全く関係無さそうな効果音を収録していたり、無理矢理つなげてしまったものが多く存在し、あまり期待をしていませんでした…

しかし、このリミックスは、久々喜んでしまいました(^^♪

発表から相当な年月を経過しましたが、今なおPCのデータに君臨し、この記事を書くときもBGMとして、オリジナルも Tablis Mix も流れています♪

エヴァファン様の中でも論議があることかと思うのですが…?
残酷な天使のテーゼ と 魂のルフラン
どちらがエヴァンゲリオンらしさを感じますか?

筆者は先程も触れましたが、作品そのものを実際に見ていないため、音楽だけで ( それも、あくまで筆者の独断で ) 評価するならば 魂のルフラン に軍配を上げたい気持ちがあります♪

もちろん 残酷な天使のテーゼ も、素晴らしい曲だと思います

アニメテーマとして採用された楽曲なのですが…
そのことを抜きにして考えても、どちらも素晴らしい楽曲だと、筆者は思っています!

この 魂のルフラン は、音質を向上させた( とされる ) 最新ミックス盤が、近日発売されるとのことなので ( 2006年5月現在 ) 興味を持たれた人は、そちらもチェックされることをオススメします♪

高橋洋子さんが歌う、それ以外の楽曲の中にも、名曲がたくさんありますので、それは今後紹介したいと予定しています!

追伸
前回記事にも書きましたが、とあるイベントの実施期間なので、それを応援するつもりで選んだ楽曲になりました!
参加される皆様の健闘を祈りたいです!

コメント

ひとつの曲にこれだけのことが書けるなんて・・・(驚愕)
さ、この2曲が来て、明日はなんでしょうか♪
わくわく^^
ありがとうございますっ(^^♪
でも…
ひなたさんの、あの映像紹介には、かないませんよ、うちは!
単に、要点をまとめられないだけなんですが(-_-;)
(記事は長いとすごそうな錯覚起こします)
たまたま記述していますが、アノ話題を後方支援(笑)してみましたが、いかがなものでしょうか?
個人的に今回の2曲は、どうしても取り上げたかった楽曲で、そのタイミングをいつにするか?
それが、運よく重なった為に、今の時期になったのです!
明日は、反対に迷っていますよ…
エヴァを3連続にするか、いっそ全く違うものを書くのか…?
候補のCDを積み上げ、迷っていますよ(^_^;)
ですが、一応3日の開催予定なので、それに照準をあわせて、イメージに沿う楽曲を選びたいと思います!
日付が変わる頃合をメドに、更新しますので、お楽しみに(^^♪
また、写真、期待しています♪
あの モノクロ画は 昨夜撮ったものです
普段の 何も 作っていない自然体で
携帯をカシャッ☆なので普段着です。
それが 少女のように 見えたとのコメ見て驚いちゃいました。アンドかなり嬉しいです。モノクロ変換にしてよかったのかもww
髪が黒くなるでしょ。そのせいも あるかもしれませんね!ありがとうございました。
あえて意識しないこと♪
それは時として、すごくナチュラルな自分を映し出す♪
被写体にもよるところが大きいですけどね(^^♪
素敵な一瞬を切り取った写真だと思います!
色彩もまた、とてもいい感じでしたよ♪
きっと、多くの人が、そう思うことでしょうね!
素敵な写真にコメント
感謝しています!
ライムさん!重ね重ね、おめでとうございます!
私も エヴァンゲリオン見たことありません(・・;)
でもでも この曲は知っています*^^
懐かしいです~♪
智さんの紹介される曲は、
ジャンル様々 年代様々・・
素敵なビックリ箱みたいです☆
音楽を愛するからこそ 身近だからこそ
偏りというものが存在しないのでしょうね。
音楽知識もなく コメント残すのも
すこし相当恐縮な思いなのですが(´`;)
やっぱりこれからも・・
智さんのセレクトを楽しみに
そしていろいろなことを発見しに
この場所にお邪魔させて頂きたいと
そう思っています*^^
俺は当時の勤務の状況から、それ以降映像を殆ど見ていません
ジャンル問わず、見てないですね(-_-;)…
ですが、音楽は、目を閉じていても聞けたから、記憶されました!
映像は、どんなに目がつらくても見続けないといけないし…
偏りがあるとしたら、邦楽中心♪ 女性が基本♪ そして、ヒットの有無ではなく、あくまで自分の好み!!
いずれ書きますが、実売枚数だけで、好みを曲げたくないですしね(^_^;)
多忙な中、こうして言葉をかけていただけることが嬉しいです(^^♪
なので、時間が許す折に、眺めていただけたら、それでいいですよ!
時にコメントなど書かずにいられない(笑)ような心境になったら、遠慮なく書いてくださいね(^^♪
繭優さん
いつもありがとう(^^♪
  • 05月 13 2006
    • 2006/05/13(土) 01:32:53
    • [ 編集 ]
    • URL
    • うさぎ #L8AeYI2M
タイトルを聞いただけでうさぎの中には音楽が流れ出しますw
そして、同時にウキウキしますっ♪
うさぎは、残酷な天使のテーゼにエヴァを強く感じます。
あのオープニングの84カット90秒で構成されたエヴァの世界。
物語世界の謎と伏線、暗示が詰め込まれた名オープニング♪
エヴァファンさんなら、きっとそうですよね!
(俺は暗さと重さが好きな人種で…♪)
普通は、マイナーコード進行での楽曲は、暗く重たくなりがちなのですが、残酷な~ は、その巧みな作りから、前向きさを感じるものになっていますし♪
90secタイプですか!
さすがに通な貴重な意見です!
今回の視聴先では(記事トップです!)そのエヴァの映像が見れます!!
なので、わずかな時間ではありますが、御覧いただけたらありがたいですし、嬉しいです!
(リンク先調べることに生きがい感じてますし♪)
残酷な~ は、綾波レイを担当した『林原めぐみ』ヴァージョンにおいて、さらに快活な感じがしますので、そちらも是非!
またそちらに伺います(^^♪
  • 05月 14 2006
    • 2006/05/14(日) 00:20:47
    • [ 編集 ]
    • URL
    • うさぎ #L8AeYI2M
視聴先に飛んできました。
久しぶりに楽しみました♪
情報ありがとうございます。
  • 05月 14 2006
    • 2006/05/14(日) 02:43:21
    • [ 編集 ]
    • URL
    • amorecat #-
お久しぶりです。amoはクラシックに囲まれて育ったので印象のある曲と歌詞と題名が全然一致しなかったりしていますが…なぜかここに来ると不思議とamoのスキだった曲に出会えるので楽しみです☆ワタシにカエリナサイ…これは今のamoにも言えることでamoは常にamorecatに戻れるようにamorecatになりなさい…って感じです。上手くここで説明できませんが智様なら分かって下さるかな…分かって欲しいな。amoのトコにもまた遊びに来てくださいね。早く5月が過ぎて梅雨も終わって…でもそれまでは長いから楽しくて元気が出て明るいステキな曲があったら紹介してくださいね。
with Love & Kisses to U
御覧いただけて何よりです♪
一応なのですが、俺のブログは、可能な限り、そうした場所を織り交ぜながら、更新したいと思っています
なぜなら、俺がうろ覚えでしか表現出来ないことは、実際に体感していただくことが不可欠だと思うからです!
学生さんから、そして大人の皆様まで!
区別することなく遊んでいける場所を目指したいですし、そして、本来音楽なり映像が持つ素晴らしさを、ただ思いつくままに紹介していくこと!
それが、ここの基本ですから♪
俺はその本人さんの楽曲を紹介することだけしか出来ないし、勝手気ままに書くだけなので、アーティスト:芸術家が本来、こう思っているのかも! こう表現したかったのだろう! ということに、オマケしてるだけなのですよ(笑)
なので、PCからしか試聴など出来ないのですが、読者の皆様なりに、色々感じてくだされば、それでいいと思っています♪
いつも本当に、ありがとうございます!
日々移動の中で、疲労も重なる中の訪問、感謝しています!
まだ手探りで、このブログを続けているのですが…
ですが、amoさんの記憶に在る楽曲に重なり、光栄です!
紹介する楽曲が、amoさんの琴線に触れた理由は、いくつかあると思います
今回の楽曲ならびに、先日のクロニック・ラヴ
共通したことは、製作者サイドが、クラシックの領域を、それこそ習得されたからこそ生み出された楽曲だからと思っています
どちらにも共通するのは、ごくありがちなロックンロールのように、例えばキーAでのエレキギターのオープンの5度スケールのようなシンプルなものではなく、複雑なコードネームから管理される分散スケーリック、旋律の進行のみは、A~B~C(サビ部分)になっていても、基本コードに対するオブリトップなど、それはもう、弦楽にも通ずる感じで構築されているのですから、きっと知らず知らずのうちに、amoさんの中に吸収されていったのだと思います
意識しなくても、すっと溶け込んでくる楽曲は、必ずあると思うのです

手法は一聴すると普通のポピュラーでも、その内容はクラシックな要素を含む作品は(本当のプロが手がけたなら)存在していますし♪

私に還りなさい 記憶を辿り

これは、俺自身にも当てはまり、原点回帰など、amoさんがおっしゃりたいことの気持ちは、俺なりに理解したいと思いますし、amoさん自身が日頃より書き綴っている想いからも、受け止めています
過去に戻るのではなく、新しい自分の中に、本来の『原点』を宿すこと!
そう思えてなりません
少しずつ、自分自身も多忙になりつつあるため、以前ほどお邪魔出来ず申し訳なく思うこともありますが、どうかこれからも、立ち寄らせていただける場所であることを希望します
そして、俺のブログは、amoさんをはじめ、多くの皆様に少しでも何かを表現出来たら! そう思います♪
  • 05月 15 2006
    • 2006/05/15(月) 03:31:52
    • [ 編集 ]
    • URL
    • amorecat #-
amoがすきそうな曲の紹介のときは...ぜひamorecatを思い出してご一報いただければ幸いです。お互いが忘れずに心に居れる。
そんな関係で入れたら幸いです。心を込めて。amorecat
実はですね、昨夜2曲の新規をアップした時点で、もう全く思考をすることさえ出来ず、今朝方まで伏せていました…
申し訳ないです…
最初amoさんには話しましたが、俺はパソコンは、ほんとに初心者です
なので、なんとかここのブログは形になるつつあるのですが、それでもまだまだ、皆様から学びながら、細々と運営しています
記事の更新を自動で通知してくれるツールなんてあるのですか?と、懇意のブロガー様に尋ねたところ、そのツールはある!とのことでした!
それがこちらだそうです!
http://www.blogpeople.net/index.html
おそらくは、リンクなり、普段訪れるブログやHPを登録しておくと、記事の更新を知らせてくれますが、まだ俺のブログには埋め込んでいないですし、そちらへの新規登録は済ませていない状態です
ですが、教えてくださった人からは、難しくはないですよ! とのことでしたし、いずれ取り込みたいと予定しています
少々個人的に多忙になりつつあり、以前に比べると、伺う時間も減りつつありますが、こうしたツールを活用すれば、新規更新なども班別しますし、そして一応、今月は開始月間ですので、毎日曲紹介はします!
amoさんの時間の許す折には、立ち寄ってくださると嬉しいです♪
PCからのリンクは、なるべく埋め込みたいですし、そちらからも本人様の素敵な表現や価値観など、ご覧いただければ、俺のつたない文章では書ききれないものが、伝わるかと思います
これからも、どうか交流が続いていくことを願います

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。