智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0118 渡辺満里奈  マリーナの夏

アーティストには、あるいは芸能人という職業にいる人物は、果たして年齢を重ねるのだろうか? と思えるほど、いつまでも若さを保つ人種のように思いますが(笑)
今回のアーティスト、芸能界在籍期間を見て、改めてビックリしました!
渡辺満里奈 さんで
『 マリーナの夏 』 の紹介です♪
1987年発表 彼女の代表曲のひとつです♪
渡辺満里奈 (まりな) さん:
■1980年代の伝説的アイドルグループである <おニャン子クラブ> の出身!
■1986年 3月に <会員番号 36番> としてデビュー!
 ということで、なんと芸能生活20年を経過していますが、そう見えない、思えない可愛さと綺麗さがある、素晴らしい女性だと思います!
■この1986年にリリースされたデビューシングル <深呼吸して> は、あの <後藤真希> さんのソロデビュー曲である <愛のバカやろう> が2001年に登場するまで 『オリコン初登場1位最年少記録』 を守っていたそうです!
 ※ Wikipedia フリー百科事典に記述あり
■その後も音楽のリリースは <おニャン子クラブ> 出身者としては、おそらく <工藤静香> さんに次ぐであろう作品数を残し、時代によって様々な音楽性を発揮♪
■アイドル出身の枠にとらわれず、様々な分野で活躍、一週間のうち、何かしら <渡辺満里奈> さんは出演しているように思います!

 
 今回紹介する <マリーナの夏> は、彼女の3作目のシングル作品で、夏の海辺での淡い恋を振り返りながら、またその海に来てみたという、少女らしさあふれる、一級品のアイドル楽曲として、彼女の作品の中ではヒットしたナンバーです♪

 文末に歌詞についてリンクを用意しますが、その歌詞の内容とは、乙女らしい純粋な恋心に満ちていて、思わず共感してしまう世界観です!

 主人公の女の子は、一年前にボートハウスを訪れ、そこにいる (というか、いた) 男性を思い出し、再び訪れてみるのですが、それはあくまで、淡い片想いであり、それでも自分の記憶を辿りながら、その場所で懐かしむ…♪

 筆者の大切な <音楽ブログ交流先> である
 < めぐ > さん ( ブログ名 : Colorful Days ) による <マリーナの夏> の感想は、思わず納得というか、彼女の素晴らしい切り口で、こう表現されています!
 ★ 気の長い歌なんですよねぇ
 ★ 「 片想い12ヶ月 」 という長い時間を経て!
  ※ <めぐ> さんによって書かれた記事は こちら よりどうぞ♪
 
 そうなんですよね(笑)
 この曲での歌詞は、一年前という表現をしていません!
 あくまで <12ヶ月前> なのです!

 ですが、ずっと片想いしながら、ボートハウスでめぐり合った男性 (相当、素敵な人なんでしょうね!) のことが大切で、再びその場所に訪れる、そのけなげさは、なんか歌詞を見ながら、楽曲発表当時16歳である <渡辺満里奈> さんの可愛さと重ねて聞けるものがありました♪

 この <マリーナの夏> は、彼女の名前に掛け合わせて付けられたタイトルだ! と言われていたように思いますが、真偽の程はどうだったのでしょうか?
 どなたか存じる方がいらっしゃれば、伺いたいものです!
 ※ ちなみに名前である <満里奈> は芸名ではなく、本名です!(敬称略)

 楽曲はこういうメンバーで作られました!
★ 作詞は <おニャン子クラブ> 関連の作品では有名な < 秋元 康 > さん!
★ 作曲は <渡辺満里奈> さんをはじめ <南野陽子>・<中村由真>・<伊藤智恵理>さんなどを手がけ、最近ではあの <KAT-TUN> も手がけているベテラン <岸 正之> さん!
★ 編曲ならびに今回紹介している <マリーナの夏> が最初に収録されたセカンドアルバム <EVERGREEN>(1987年 作品) にてキーボードを担当したのは <山川 恵津子> さんです!
 なおこのアルバムでは全曲、アレンジ兼キーボーディストとして活躍されています!

 <山川 恵津子> さんは <フェリス女学院大学音楽部 声楽科> 出身という才媛であり、コーラス・作曲家・編曲家というマルチな才能を発揮!
 なかでも1986年に <小泉今日子> さんの <100%男女交際> の編曲で <レコード大賞 編曲賞> を受賞するなど、そのキャリアは長く華麗なものがあります!
 ※ <山川 恵津子> さんの公式ページより

 <渡辺満里奈> さんの楽曲では、他の <おニャン子クラブ> メンバーとは相当異なる作家陣が集結し、多彩な音楽性を発揮したように思います!

 というのも、他のメンバーにおいての作家は <作詞 秋元 康> さんで <作曲 (そして編曲などで) 後藤 次利> さんのタッグ、あるいは <セーラー服を脱がさないで> などで知られる作曲家・編曲家である <佐藤 準> さん等が関わることが多く、しかし <渡辺満里奈> さんの楽曲においては、特にシングルとして見た場合に、作詞こそ <秋元 康> さんを見かけるものの、アーティスト系の作家がほとんどを占め、それが独特の個性につながったような印象が筆者の中にあるんです!

 また、近年のアイドル系楽曲においては、ジャニーズ系がダントツの知名度で、一流作家陣が集結、アーティスト本人の参加や一流スタジオミュージシャンの参加などが考えられますが、特に1980年代の場合では、男女を問わず凄腕ミュージシャンがアルバム、シングルを問わず参加していて、今回の <マリーナの夏> 収録のアルバムにおいても、超一流ミュージシャンが勢ぞろいといった内容で、ボーカルを抜きにして、バックトラック (いわゆるカラオケ部分) だけを聞いたとしても、それだけで音楽として一流の出来映えである完成度を誇り、筆者としては時代の流れを感じます!

 近年ではパソコン、シンセサイザー類を機軸に、大半の作業が行われるので、良くも悪くも画一化されたサウンドが氾濫しているような印象がありますが、当時の音楽は、すごく人間味に溢れていたような気がします!

 またあえて付け加えるならば <渡辺満里奈> さんのボーカル、この部分は <ボーカリスト> としての英才教育を受けたわけでもないですし、一般的な感じがあるのですが、それを考慮しても、ものすごく見事な名曲になっていますし、この曲をもし <音大出身の声楽家> などが歌っていたとしたら、逆に爽やかさや初々しさの部分は絶対に表現出来ないだろうな… という思いがあります!

 この <マリーナの夏> は、1980年代を代表する楽曲のひとつだと、筆者は今も思っていますし、その淡い恋ごころの部分を好んで聞いています♪

 最後に余談ですけど、筆者は <渡辺満里奈> さんのファンであり、多くのCDも所有♪ 今後も楽曲紹介することかと思いますが!)
 1988年には彼女のコンサートにも出向き、直に握手してもらえたことが、今でも大事な思い出になっていますっ♪♪
 現役高校生だった <満里奈> さんの初々しさ & 可愛さといったら、なんとも素晴らしいものがありました!
 (筆者とほぼ同年齢であることもまた、ファンになるきっかけだったことは、ここだから話せる秘話でもありますが!)

今回のリンク先
Sony Music Online Japan 渡辺満里奈
 ここでは画面左に表示されているアルバム <ベスト・コレクション> などをクリックいただければ <マリーナの夏> 他、彼女の楽曲の試聴が出来ます♪
マリーナの夏 Uta-Net  (歌詞掲載部分)

 また、ここではリンク先として直接URL埋め込みはしませんが <渡辺満里奈> さん、作曲者の <岸 正之> さん、編曲者の <山川 恵津子> さんのそれぞれの公式ページは、検索していただき御覧いただければ、どちらも素晴らしい出来映えであることを付記しておきます!
 特に <岸 正之> さんのページにおいては、彼の音楽談義やマニアックな話題も読むことが出来て楽しい時間を過ごせます♪

コメント

こちらのほうが先でしたね!

めぐさんの記事にコメントしたのですが、満里奈さんには手を出さなかった・・・じゃなかった、レコードは買わなかったんですよね~。現在の趣味だったら購入しておかしくないんだけど、好みって変わるものなんですね~。
これは、めぐちゃん家で書いたと思いますが、その子さんと満里奈さんは俺の聖域だと思ってます♪
なんか今日、ちらっとテレビで見かけるだけでも満里奈さん、いくつもテレビ出てて、おニャン子出身で最多ではないかと思うんですよ、露出度に関しては!

ただ、80年代のその子さんにせよ、満里奈さんにせよ、音楽面でも楽しませてもらえたので、その意味も込めて書いたつもりです!

我が家でおニャン子出身者の記事は 工藤静香さん、河合その子さん、渡辺満里奈さんの3人ですね、今のところは!
おそらく今後追加されたとして、国生さゆりさんと城之内早苗さんかな? という気がします!
専門分野は、皆様にお任せしますよ(^^♪
知らないことまで、書けないんですよ、俺…
だけど知っていることは、負けずに書きたいですね!
これまた懐かしいですね。
おニャン子は私が18歳の時かなぁ~大ブレイクでした。
私はあんまり好きじゃなかったけど。。。。。A´ε`;)゚・゚
なんか素人すぎて、アイドルって感覚がなかったかも。
年齢を重ねても、この方は可愛いらしいですよね。
テレビを見て、ほんまにそう思います。
きっといい年の重ね方をしてるんdねしょうね。
女性にとっては、おニャン子に興味出るかどうかは別問題だったような気がするんですよね(笑)
ただ、あのメンバー構成だったので、誰か個人のファンに移行する場合はあったように思います!
(例)工藤静香さん、国生さゆりさん、他!
ほんと素人ってことがウリでしたね(笑)
ですがモー娘。以外には、同じ方法でデビューした団体って、メジャーになれなかったことを考えたら、のんびりした平和な良い時代だったのかもしれません!

満里奈さんって、ここまで連続して芸能界で活躍するとは(個人的にファンなのに)思っていませんでしたよ…?
ですが一番メディアに露出してまっすよね~♪
それはおかんさんがおっしゃる通りだと思いますよ!

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。