智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0112 広末涼子  summer sunset

夏が少しずつ終わりに向かうのを、早朝などに感じるようになりました!
前回の記事においても、夏楽曲をいつまで書けばいいのだろう? ということに触れましたが、もうしばらく続くと思います!
今回は、夏休みが終わりそうな今の時期に似合う<タイトル>だと思って選曲しています!
広末涼子 さんで 『 summer sunset 』 の紹介です♪
1998年発表 本人出演CMソングでした♪
広末涼子さん:
今回は<歌手>の部分に関しての紹介を基本にします
■1994年<第一回 クレアラシル「ぴかぴかフェイスコンテスト」>にてグランプリを獲得
■1995年にCMデビュー、その後ドラマデビュー
■1997年4月<MajiでKoiする5秒前>(竹内まりやさんのプロデュース)にて歌手デビュー♪
 その後も有名作家の手による楽曲に恵まれる!
■2000年までにシングル7作品、2002年までに自己名義でのアルバム(映像とセットになる企画版を含む)を7作品、サウンドトラックの中で、役名にて歌われたものが1作品(5曲を受け持つ)リリースされました!

 今回紹介する<summer sunset>は、彼女のシングルの4作目にあたる作品で、冒頭で触れましたが、彼女が出演して人気だった<三ツ矢ホワイトソーダCMソング>でもあり、同時に<TBS「王様のブランチ」エンディングテーマ>という、同一曲ダブルタイアップという豪華さでした!

 有名作家の手による、と書きましたが、どれくらい豪華だったのかを少々触れておくことにしましょう!
(シングル楽曲において! 敬称略・発表順)
①MajiでKoiする5秒前<竹内まりや>
②大スキ!<岡本真夜>
③風のプリズム<原由子>
④summer sunset<広瀬香美>
⑤ジーンズ<作詞・相田毅 作曲・朝本浩文>
⑥明日へ<岡本真夜>
⑦果実<mikiko:作詞 菊池達也:作曲 CHiBUN:編曲>
※特に指示なき楽曲は、記述のアーティストによる作詞・作曲

 シングルでもこうですが、これがアルバムになると…
 <古内東子><椎名林檎><真心ブラザーズの桜井氏><かの香織><奥居香><高浪敬太郎><篠原ともえ><村上てつや><島野聡>という、ちょっと簡単に集まってくれないだろうな… なメンバーが集結しています!!

 今回の<summer sunset>は、先述していますが<広瀬香美>さんの作品であり、人気絶頂の<広末涼子>さんが、すごく可愛さを発揮したCMの映像と共に支持を集めた作品だという印象があります!
 CDシングルのジャケット写真での<海辺のバックショット>は、彼女のファンならずとも、その可愛さを実感するであろう、まさにベストショットな仕上がりになっています!

 楽曲の方ですが、よ~く考えてほしいことがあります!
 <広瀬香美>さんと言えば、速いビートからバラードまで、圧巻のハイトーンボイスも織り交ぜながら歌唱する女性ボーカリストの実力派として、そして優れたソングライターとしても有名な人です!

 今回の<summer sunset>は、そんな彼女が作り上げた作品としては、例外的と言えば失礼かもしれませんが、音域を狭く作った、それでいてストーリーもキチンと展開する内容に仕上がっていて、こちらのブログの女性読者さんなら、数回聞けば、まず間違いなく歌えるかと思います♪
 (広瀬香美さん本人の歌は、相当上手くないと無理っぽいので…)

 全体的な印象としては、良い意味での<アイドル歌謡>というとこでしょうか♪
 分類としてはJ-POPなんでしょうけど、どこか懐かしい昭和的な印象あって、アイドルのあるべき音楽の姿のような気がして、その部分でも<広瀬香美>さんの才能を、高く評価していいと思います!

 歌詞は、文末リンクより御覧いただきたいですが、ものすごく褒めて評価するなら、まさに青春であり、ですが筆者の年齢にて、改めて読めば、どこか恥ずかしくなってしまいそうな内容なんですよ!
 こういうことを思う青春時代が、自分にもあったならよかったのかな…などという、そんなセンチさも含まれています!
 また、これは歌詞の一部分ですけど…
 <キッスしよう> ← キスしよう、では無い
 <ついて行っちゃう> ← ついて行く、では無い
 <幸せになっちゃおう> ← ………(笑)
 これをアイドル街道まっしぐらの(当時の)彼女が<アイドル声>で歌うんですから、特に彼女の大ファンの人にとっては、なんとも言えない快感だったに違いありません!

 では<広瀬香美>さんの作風だけが、この楽曲の魅力になったのか?

 これに関しては、デビューから多くの<広末>作品をアレンジしてきた人物の存在を無視出来ません!

 それは<藤井丈司>(ふじいたけし)さんです!
 彼は元々<坂本龍一>氏のいた事務所にて勤務していたマシンオペレーターの一人で、彼がマニュピレイター(シンセサイザーの音作り他)やプロデューサーなどとして関わってきたのは…
 <坂本龍一><サザンオールスターズ><小林武史>さんをはじめとする数々のレコーディングセッションなどに参加、今回紹介している<広末涼子>さんの作品でも、数多くの有名作家陣が参加していながら、彼が編曲を手がけたことから、ポップにまとめていくことに成功しているように思います!

 さて…
 この豪華な顔ぶれなのですが<広末涼子>さんは、近年でも多く見られる<女優 兼 歌手>の部分では、どういう位置付けだったのでしょうか?
 単純な比較を出来ませんが、歌手としての比重には、あまり意識を持っていなかったのではないか? という印象が、筆者の中にはあります!
 その理由としては、どんな作家が参加しようとも、全部が<広末ワールド>で片付けられてしまったような気がするんです…

 普通ならば、自分らしさという点において、それは高く評価をされるところでしょうけど、歌手活動が数年間あった割には、歌手として成長したのだろうか? という印象があるからです!

 ある音楽評論雑誌では、こういう記事を見かけたことがありました!
 「誰も彼女に真剣に音楽をさせようという気は無くて、ネームバリューを先行させただけの感があります… 例えばしばらくは★★さんに任せっきりにするとか、そういう方法もあったのかもしれない…」的な内容でした!

 これに関しては、同意する部分もあるのですが、筆者としては、これだけ特徴あるアーティストが勢ぞろいしたにも関わらず、その作家の個性が見えてこない感じがしますし、もしこれを他の作曲家が手がけていたとしても<誰々が作ったよ!>と言われたら、なんか信じてしまいそうな気がするんです…
 だからこそ、何もかもが<広末ワールド>になってしまっているところに、音楽の可能性として、物足りなく思う部分もあるんです!
 普通だったら、作者が少々難しめの楽曲などを提供し、それに向かって歌手は最大限の努力をしながら、自分の歌にしていくのでしょうけど、彼女に与えられた楽曲は、全部彼女がこなせる範囲にて、制約を受けながら作られたのではないか? と錯覚するような印象が否めないんです!

 しかしながら、作家の皆様方は、それを忠実にこなし、アイドル楽曲のあり方を、再び平成の時代に再現し、しかもそれは、自らがセルフカバーしている場合を除けば、極めてプロらしい仕事をしている証でもあるように思えます!

 そういう部分を感じていただくのも、音楽の聞き方のひとつだと思いますし、もちろん<アイドル歌謡>としては、ものすごい出来映えになっているので、機会があれば、楽しんで聞いていただきたい楽曲のひとつです♪

今回のリンク先
summer sunset うたまっぷ  (歌詞掲載部分)

コメント

  • 08月 29 2006
    • 2006/08/29(火) 20:13:23
    • [ 編集 ]
    • URL
    • めぐ #9L.cY0cg
CANCELさんのところで広末見たと思ったら、おやここでも♪
彼女の歌は、喉が開いてなくても歌える歌ということで(笑)、実はまっさきに歌う歌。だから夫に十八番だと思われているんだろうなぁ><
智さんが言うように、音域の狭さがその歌いやすさなんですよね。
でも好きです☆
確かに、どの曲も「広末」なんですが、岡本真夜がアルバムの中でセルフカバーしたりしていると何故かそれは「岡本真夜」になるんですよねぇ。同じ曲なのに不思議♪
でも、歌手としての部分には重点をおいていなかったであろうことは、当時も感じましたし、今もやっぱり思います。
しかし金かかってるなぁ・・・
ほんと、嫌らしい言い方をするとこうなりますね。
彼女を世に送り出すためのアルバム・・・
楽曲・・・どれをとっても豪華絢爛・・・
最近仕事をしていていつもそう思うのです。
このCD一枚制作するのにどれだけの人の
汗や涙がしみ込んでいるのだろうって・・・
ここ数年音楽というか、CDや音源はすごく簡単に
手にすることが簡単になりました。
その反面、簡単になりすぎたのか・・・
どうも、使い捨てに近いような
気がしないでもないのです。
やはり隠れた名曲を、紹介するって、
大変な作業だとは思いますが、楽曲は、
たくさんの人に聞かれて愛されて・・・
それが本来の姿ですよね。
埋もれることのないようにする事も大切ですよね。

そういえば、これらの楽曲と同じ様な
コンセプトで作られた有名な曲があります。

オードリー・ヘプバーンが、劇中で歌う
ムーン・リバーがそれです。
この曲を作るのに作曲家のヘンリー・マンシーニがひどく苦労したそうです。
それは、オードリーは声が、1オクターブ弱しか
出すことが出来ず、その中で、曲を作ったといわれています。
いつの時代も、アイドル?に歌わせるって、たいへんなんですね・・・

長文にて失礼しました。

追記

そろそろ、そんな時期ですよね・・・
べたですが・・・
おげんきですかぁ・・・
なぁんて言葉で連想する楽曲。

CANCELさん家でも、広末でしたね!
ですが、はるりん氏が<まりや>さん関係が多かったので、かぶせないようにしようと思いつつも、実は8月になった時点で、月末には登場させようかと予定してたのは、ほんとのことだよ!

のどが開いてなくても歌える → カラオケでは、最初の頃合ということになるよね!
ですが、歌詞がどれも強烈じゃないですか? 広末さんのって?
シーンを選びそうですよねぇ、普通ならば?
(今はパパ中心に聞かせていることを信じますが♪)

岡本真夜さんがセルフカバーするのって、全部彼女らしくなると思いませんか??
中山美穂さんにせよ、石井聖子さんにせよ、全部岡本真夜な世界になるんで、それは突出した個性だと思いますよ♪

歌手としての比重に関しては、うちのブログでも幾度か登場している<柴咲コウ>さんや<中谷美紀>さんに比べれば、という思いがあって、さらに1980年代の<角川3人娘>などに比べたって、どう考えてもその印象が拭えないんですよ、俺には…
とかいいつつ、限定の広末作品を持ってることや、シングルはほとんど揃っているんだから不思議ですよね(笑)
音楽って、そういうもんですって♪
師匠の記事の作業をしていれば、特に今回の内容は、同調するとこがあったと思うんですよね!
1980年代には、言わずと知れた<音楽バブリー第一期>が存在し、某3人組or4人組女性グループに30億とか40億かけて、そこから夕ニャン時代へと突入してますし、そして1990年代中期以降は、言わずとしれた、あのブームがあったのですから!
ですが、レコード会社の協力体制を考えれば不思議で、なんでワーナーのアーティストに東芝とか徳間、ビクターなどからこれだけ参加してきたのか、理解に苦しむんですが…(笑)
まぁ、広末さんの戦略の中には、ファミリー入りなどっていうことは、考えてなかったでしょうから、こうなったのかもしれませんし、それにしても意外なのは<藤井丈司>さんのアレンジ参加で、それだけは一貫してましたしね♪

ムーンリバーに関しては、かつてそういう番組を見たことありますが、世界共通で、著名人に楽曲をあてがうことって、難しいのでしょうね(笑)
ヘンリーマンシーニ氏や、バートバカラック氏の音楽などは、現在の洋楽しか知らない世代にこそ聞かせてあげたいですし、こうした時代を知らずに通だとか思ってるのだとしたら、勘違い甚だしいので、せめて1960年代くらいからの音楽でも聞いてくださいね! って感じですね!

追記になる部分ですが…
どこまで夏楽曲を書こうかと思っていましたが、秋分の日までは大丈夫じゃないかな(笑)という気がするので、ちょっとは続くと思いますよ!
来月は、日本国内のみならず、注目される出来事も控えておりますので!
出遅れました~。
CANCELさんの記事に今、書いてきたところですが広末さんが出演されているCMの紹介です~。

http://www.keio.co.jp/joy/cm/top_fla.html

15秒版と30秒版の両方が見られます!
これは、うちのエリアでは見られないんですよねぇ…
ネットがあると、その意味では便利ですよね(^^♪
ですが、九州限定でも、面白いのがありますよ!
某 有名コンビが売れる以前に出演している自動車学校のCMとか、大活躍中の某 長身芸人さんの宣伝するパチンコ店CMとかね、ローカルならではっていうのは多いんですよね!
ただ、心境としては、東日本エリアのCMをたくさん見たいんだけどねぇ…
NTTとかJRなんかも、全然違うしね…
だけど、JR九州のCMは、全国JRグループの中でも名曲揃いだと思うし、中でもこのブログの初回で紹介している<池田綾子>さんの曲などは、名曲ゆえに放映延長になっているのですから♪

ちなみに!
広末さん出演の某飲料のCMも、あれってシリーズ化されてて、サイトの方では楽しめましたよ!

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。