智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0103 BONNIE PINK  A Perfect Sky

このブログでも、夏楽曲を紹介し続けていますが、2006年を代表する夏楽曲のひとつとして、この歌は絶対に外せないであろう作品を、今回は紹介することにします!
CMの映像に思わず目が釘付けになった人も多いと思いますし、また、この楽曲のプロモクリップを見て、ファンになった人も多いかもしれません!
BONNIE PINK ( ボニーピンク ) さんで
『 A Perfect Sky 』 の紹介です♪
2006 年発表 資生堂 『 ANESSA 』 CM曲です♪
BONNIE PINK(ボニーピンク)さん:
★1995年にアルバム <Blue Jam> にてデビュー
 (シングルリリースは、それから後のこと)
★プロデューサー <トーレ・ヨハンソン> が関わる作品群で注目を集める
※スウェーディッシュサウンドと呼ばれ注目をされますが、<トーレ・ヨハンソン>が関わった音楽としては <原田知世> さんや <カーディガンズ> などが有名です!

★その後CMソングやアニメエンディング楽曲等をリリース
★1998年にアルバム <evil and flowers> をリリースし、その後都米、これが彼女のその後の音楽性に大きな影響を与えたと言われています
★それ以降も数々の作品をリリース
★2006年は精力的に活動!
 (10周年と重なる為、様々な企画もあるみたいです!)
①シングル <LOVE IS BUBBLE> をリリース
 これは話題作 <嫌われ松子の一生> テーマソングで、映画には彼女も出演しています!
②シングル <A Perfect Sky> をリリース
 もちろん言わずと知れた <資生堂 ANESSA> CMソングであり、出演している <蛯原友里> さんの映像と共に、春先以降世間の注目を集めている大ヒットナンバーです♪
 初回限定盤では、その <蛯原友里> さんの後ろ姿が採用され、通常盤では <BONNIE PINK> さんの美しいルックスが堪能出来るようになっています!!
③<BONNIE PINK> さん自身もオススメとして認知しているベストアルバム
 <Every Single Day -Complete BONNIE PINK (1995-2006)->がリリースされ、もちろんCMの大ヒットがあったことから、このアルバムもヒットを続けています!
④全国ツアー <BONNIE PINK TOUR 2006> が、彼女の出身である京都より行われます
⑤初の単行本 <My life's in the bag ~出会いと思い出をカバンに詰めて~>も刊行され、注目を集めています!

 さて、大ヒットして注目されている <A Perfect Sky>
 この楽曲は、多くの音楽ブログでも紹介されていて、筆者もお気に入りなので、いつ記事にしようか? と思っていましたが、先日2006/08/10に、彼女が出演した <Yahoo!ライブトーク> があって、それを見てから書こう♪ などという怠慢さで、今まで待っていました(笑)
 結果として、待ってて良かった♪ な感じで、彼女自身がこの楽曲についても語ってくださった部分があり、参考になりました!

 CMの放映は2006年春先~であり、大人気の <蛯原友里> さんが出演されてることもあり、楽曲への問い合わせも殺到し、元々作品のクオリティーの高さから人気のあった <BONNIE PINK> さんが、今まで以上に脚光を浴びる結果につながりましたが、楽曲製作にまつわる話がありました!

 元々の依頼は2005年の時点であり、まさに <夏っ!> な感じのする内容ですが、楽曲を製作したのは2005年12月だとのこと…!
 彼女の楽曲製作で意外だったのは、曲が先に、とか、作詞が先に、では無く、同時に作り上げていくスタイルだそうで、依頼を受けた時点では、CM部分になるヵ所を機軸に製作していただければ! だったそうですが、彼女はそれをあえてせずに、一曲として完成することを念頭に作るそうで、この楽曲は、今まででも難航した… との発言を残しています!

 今回の <A Perfect Sky> とは少々かけ離れますが、先述の映画出演 (嫌われ松子の一生) に関しても、たまたま10周年の年次に重なっただけで、撮影が2005年、依頼は2004年だったそうです!
 それ以外に関しては <Yahoo!ライブトーク> を見た人だけの楽しみだったということにしましょう♪

 筆者がこの <A Perfect Sky> を最初に聞いた感じですが、
 『う、うわぁ、これがCM楽曲なんだぁ♪』 というキャッチーさを感じましたし、これはヒットするぞぉ! という印象がありました!!
 それこそ 『サビ』 の部分だけでもリピートさせて聴きたい♪ と思えるものだったし、実際に楽曲としてリリースされたものを聞けば、見事な作品でしたし!

 この発言は、ファンの人には非常に失礼だと思いますが、この 『サビ』 の部分を除けば、歌詞の部分というよりは、メロディーに載せられた言葉だという印象があります…
 もちろん秀逸な歌詞なんですが、彼女の楽曲は、邦楽というより洋楽に近い手応えがあるので、メロディー:音符 を構築する中にある言葉という印象があるんです!

 かつてある音楽雑誌で、邦楽における英語詞の意味は? みたいな記事があり、発音まで含めた記述であり、そのライターは、ある女性アーティスト以外のことを酷評してて、どなたか意見のある人は? という問いかけをしてましたが…
 ここにキチンと自分の意思を伝えた唯一のアーティストこそ <BONNIE PINK> さんであり、それがきっかけで、それまで聞いていた彼女の音楽を、より深く聞くようになったきっかけになったのです!

 音楽の中で、日本語と英語が同居することは、ほんとは難しいことで、これから先の時代でも、それはずっと語られる課題になるかと思いますが、彼女は真剣に自分の楽曲の中で英語を織り込みながら、自分の意思で表現することを構築し、それがずっと続いている真剣な部分があって、そこに共感しているんです! 筆者は!

 ならば、手前の発言は何なの? と言われそうですが、この楽曲を聞いたときの感想として、特に <サビ> を除いた部分では、日本語の方が、洋楽のように聞かれるメロディー主眼の流れ方をしてて、音符に対する言葉の割り当てだから、日本語としての文節の区切り方とは異なって聞こえるヵ所があるんです!
 画一的にしか音楽を作れない人は、そのジレンマに悩んでしまうのですが、彼女はそういう次元を超えて、音楽としての譜割りの方に慣れ親しんでいるのか、文字で見る歌詞:言葉と、譜面での割り付けられ方が旧来の音楽家の概念と違っていて、その部分がまた、違和感ない見事な感性で、そちらの評価を再認識していただきたく、こういう記述をしました!

 文末リンクには、歌詞を御覧いただけるヵ所も用意しますが、まずは歌詞全体を御覧いただきたいと思います!
 それから楽曲を聞いていただければ、筆者が伝えたいニュアンスが理解していただけるかと思います!

 楽曲(演奏部分)に関しては、どこか懐かしさを感じさせるようなシンプルさと、それでいて、現代の音楽事情を反映したビート感とか音色が際立ってて、比較的少な目の音数でまとめられている点が評価出来ます!
 音楽とは、音を詰め込めばいいものではなく、必要なヵ所に必要な分だけ! というバランスが大事で、この楽曲では、そうした部分も見事だと思えます♪

 また、この楽曲では、彼女の美しさを堪能出来るプロモクリップが製作されていますが、是非御覧いただきたいです!!
 アーティストを越えて、彼女自身がモデルのような美しさであり、このクリップを見て、女性としてファンになる層がいても不思議ではありませんから!

 夏も日付を数えるうちに過ぎ去ってしまいますが、まだ残っている 『夏』 を、この曲と共に過ごしていただければ、嬉しく思います♪

今回のリンク先
A Perfect Sky うたまっぷ  (歌詞掲載部分)



期間限定リンク先
BONNIE PINK 期間限定スペシャル・サイト  (所属レコード会社)
 10周年記念サイトです♪

Yahoo!動画-音楽- BONNIE PINK SPECIAL  (Yahoo!コンテンツ)
 2006/09/30 までの限定期間、どなたでも無料で彼女のプロモクリップの視聴が出来ます!
 しかもなんと、フルサイズバージョン × 12曲!!
 これは皆様、お急ぎ下さいっ!!
 もちろん今回の <A Perfect Sky> もあります♪

資生堂 アネッサ  (資生堂 様)
 言わずと知れたCMを御覧になれます!
 <蛯原友里> さんの美しさで迎えてくれるページ構成で、CMにまつわる秘話などもありましたが、ものすごく凝った作りのページであり、マウスポインターを移動させることで、各コンテンツを見ることが出来、その際 <蛯原友里> さんの見える部分が移動していく作りで必見です!

コメント

もう、10年もなるんだ・・・
彼女がデビューしたころおっ!
このシンガーすごいなって思っていたんだ・・・
Heaven's Kitchenを聞いたときの衝撃は
今も忘れない・・・その当時力一杯流行っていた
女性R&Bシンガーの中でも、ちょっと今までの
それとは、ひと味違いそれは、トーレ氏の
プロデュースによるモノもあるとは思っていましたが、
それ以上に彼女の表現力が魅力でした。
どことなく、陰のありそうな声に魅了されましたね。

この夏のブレイクもなかなかのものです。
この夏は、仕事で、企業納涼会の仕事を何件か
行ってきました。
そこでゲストで出演する女性シンガー全員といって
イイほど、この曲を歌っていました。
会場はもう大盛り上がり・・・
この楽曲、今年一番の夏唄かもしれないですね。
…師匠の方の記事を読んでコメントしてきたあとでの、この返事コメントなので、明るく振舞えませんが、それは何卒ご理解願いたいところです

そうですね、俺も意外でしたが、早、そういう時間が過ぎ去っているんですよね…
このコメントを書くべく、PCに戻ってくる手前には、新・堂本兄弟を見てましたが、たまたまゲストが彼女でした!
ルックスの変遷も、改めて感じましたが、何より音楽が変化していることを痛感しました!
歌が 「Heaven's Kitchen」 だったからです!
今の時代に聞いてみて思ったことは、あの当時、早すぎた感性だったのかもしれない… って…
今の時代が、彼女の音楽を特殊なモノではなく、標準のモノだと受け入れられるところまで追いついた! という表現が向くかもしれないですね♪

同時期、原田知世さんの音楽も聞いてましたが、英・米のみの感性で語られてきた音楽に新風を感じましたし、それを違和感なく表現されてた<BONNIE PINK>さんの音楽性は、先駆者だったかもしれませんね!
最近また、俺なりに気になる存在のニューカマーもいて、いくつか記事にしましたが、どうもセールス的に10位内にいなければ、皆様の関心を集められないような気がして、このblogの今後というものに、疑問を感じていることは事実ですが…
しかし、それでも紹介していこうと思ってます!

作品として公開されているものに、正当な評価をしていきたいので、いつか残っていくことの手伝いなどを、この場所で出来ればいいな! と思っています!
  • 08月 14 2006
    • 2006/08/14(月) 22:01:21
    • [ 編集 ]
    • URL
    • ひなた #whKRIAGo
ひゃーー・・・もう10年選手なんですね。まだ新人さんのよーに感じる(爆)
いつブレイクすんのか!って思ってました。
何回も分岐点があったにもかかわらず
上手く波に乗れなかったよーな・・
今回のこの曲は、上手く波に乗れそうな感じ♪
がんばってほしいですよね。
あのルックスですもんねぇ、他のディーヴァと言われるアーティストより、その部分「だけでも」有利だと思いませんかぁ?
(なんて失礼な発言を(-_-;)でも、事実ですもん!)
新・堂本兄弟にて光一くんが、年齢の話題になったとき「うっわぁ~結構いってるんですねぇ~」と言ったときの彼女の引きつり方が、まぁ、何とも…
俺は守備範囲広すぎて、年下である彼女は、可愛く見えていますが♪

あ、あら、音楽の返事しなくちゃ!
今回がきっかけで、大ブレイクですよね!
それだけCMの効果が絶大だったというのもありますが、日本って、ある程度のポップさを出さないと、どれだけ真面目に音楽に取り組んでも受け入れられないってところが、彼女の場合、特に感じられたような気がします…
最近では少々、外れてしまうこともありますが、1980~1990年代とかって、化粧品のCM楽曲に採用されたら、そこから大ヒットにつながってて、今回はそのパターンの代表みたいですね♪
彼女の勢いは、確かな実力あってのものなので、これから先は、期待、大ですね!
最近、いや6月くらいからBONNIEPINKさん
好きになってしまって、今現在携帯の
着信音(個別的に)A Perfect Skyにしてます。
よく目覚ましや他のテレビでBONNIEPINKさんについてのやってたんですが、
ギターのコードを全部知らないため
自分でコードの場所を作っているみたいで
彼女にしか分からない楽譜に仕上がっているらしいですよ。
10周年ながら知られていない部分があるのですが、
このCMやアルバムなどを通していろんな人に
BONNIEPINKさんの曲聞いてくれたらとても嬉しいものです。
彼女の記事を書こうと思ったのは、翔さんや、俺の交流先さんで彼女の曲やアルバムが紹介されていたからですよ♪
また、先日ですがYahoo!の方で彼女のストリーミングトークもあり、ここだ! と思って書いたという(笑)
で、ギターのコードに関して、彼女独特のタブ譜なるものがあって、それを基にしているそうですよ!
タブ譜 = ギターやベースなどの弦に見立てた譜面であり、どこを押さえたら同じコードや音になりますよ! という、通常の五線譜とは異なるスコアですけど、俺も以前はバンドのメンバーのために書かされてたこと、ありました!
(俺は譜面使うの、大嫌いだから、自分では使わないけどねぇ!)
今回のベストが、初回盤、有り得ないような値段で取引をされてるようですが、もし持っていたら、大事に手元に置いておくべきですし、持っていないならば、定価を下回っているようならば、即、買いですよぉ♪

俺のこの記事にトラバかけてくれたら嬉しいなぁ(^^♪
かけてくれたら、翔さんの方にもトラバかけますので!

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。