智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0100 爆風スランプ  Runner

このブログも、走り続けてきて、今回が 『100曲目』 の紹介になります!
筆者はインドア文化系を自認してて 『走る』 のは大の苦手ですが…
ただ、一度何かを始めれば、そこに向かって走り続けているように思います!
今回の楽曲を最初に聞いたとき、人生の応援歌のように感じました!
それは今も変わることなく、愛聴するナンバーになっています!
爆風スランプ で 『 Runner 』 の紹介です♪
1988 年発表 彼らの数あるヒット曲の中でも、良く知られる楽曲です♪
爆風スランプ:
元々は、二つのまったく別のバンドに所属していたメンバー同士が集結して結成されたグループ!
1981年のバンドコンテストで最優秀グランプリを受賞した
『爆風銃』(バップガン)
ここから <ファンキー末吉> さん(ドラム)と
<江川ほーじん> さん(ベース)が、
同じコンテストで優秀グループ賞を受賞した
『スーパースランプ』
ここから <サンプラザ中野> さん(ボーカル)と
<パッパラー河合> さん(ギター)が作ったグループ!

1984年にメジャーデビューしますが、当初はあまりに過激なパフォーマンスと面白すぎる歌詞のおかげで
『コミックバンド』 として認識され、演奏の実力などより、そうしたイメージが先行していったのは、仕方のない部分であったと思えます…
客席に消火器をばら撒いたり、スイカを投げたり、花火を頭の上に置いたり口にくわえたり、さらにはセットを壊したりと、それは <とんねるず> や <電撃ネットワーク> の音楽版という印象でしょうか(笑)

また、ほぼ変わらない年代に、彼らが所属した <ソニーグループ> のアーティストに
<聖飢魔II> と <米米クラブ> がいて、この3つのグループを
『ソニー三大色物バンド』 などと呼ばれた時代があったことは、当時を過ごした読者にとっては、ちょっと懐かしい話かもしれませんが♪
(しかし3バンドに共通するのは、非常に高い演奏能力を有することですが!)


こうしてパフォーマンスが目立った 『爆風スランプ』 ですが、元々楽器担当メンバーは、高い実力を備えていたので、演奏面においては、その後プロになったミュージシャンにも多大な影響を与えたのも事実で、
『チョッパーベース』(弦を叩く・弾くような奏法)を機軸に、そしてリズムにおける部分としての
『ファンク』 を浸透させた功績は、今も語られるところになっています!

また、楽曲としても名バラードとして認知される
『大きな玉ねぎの下で~はるかなる想い』 や 『愛がいそいでる』 があったり、音楽性としても実に幅広い作品を生み出してきたことも、彼らの実力の一端であるといえるでしょう!

また 『大きな玉ねぎの下で~はるかなる想い』 の 『玉ねぎ』 については、これは広く知られることなのですが
『日本武道館』 の屋根の 『擬宝珠(ぎぼし)』 を比喩した表現だとされ、歌詞の内容としてのエピソードとしては
1985年の 『日本武道館』 公演を、満席に出来るはずは無いだろう…という思いから、
<(一緒にコンサートを見ようと)ペンフレンド(文通相手)を誘ったが来なかった子がいるから>
という 『言い訳の意味』 で作られたと言われているそうですが!

なお、爆風スランプの 『大きな玉ねぎの下で~はるかなる想い』 の方は、待ち合わせたはずの 『女の子』 と、結局逢えなかったという切ない歌になっていますが、このアンサーソングとして、逢えなかった女の子の気持ちから作られたバージョンがあります♪
それが 『YURIMARI』(ユリマリ) の
『初恋~はるかなる想い~』 であり、両想いであったにも関わらず、逢えなかった二人のそれぞれの想いを2つの楽曲から知ることが出来るようになっています!
※このブログでの過去記事
 0018 YURIMARI  初恋 ~はるかなる想い~
 こちらで紹介しています♪


では、ここから今回の楽曲 『Runner』 における前後の彼らについての記述をします!

当初 『コミックバンド』 的な認識をされた彼らにとっては、本人として、やりたいことをやっていた訳ですが、ビジネスとしての音楽を成立させるには、やはり 『枚数として売れること』 が前提にあり、そのために1986年にプロデューサーを迎え入れ、新たな音楽性を模索するのですが、創設メンバーであり、リズム隊の要であったベーシスト
<江川ほーじん> さんが方向性の違いから脱退を決意…

ドラムの <ファンキー末吉> さんが作曲し、ボーカルの <サンプラザ中野> さんがバンドを去ることを決意した <江川ほーじん> さんの姿と重ね合わせて生まれた詞こそ、今回紹介する
『Runner』 だとされています!

この 『Runner』 は、当時絶大な人気を誇った番組
『天才・たけしの元気が出るテレビ』 に使われ反響を呼び、また
『NHK』 での放映も重なり(当時の音楽番組や、発表年次の1988年のクリスマス特番、さらに紅白歌合戦出場)、瞬く間に大ヒットしましたが、その翌年1989年に、正式に <江川ほーじん> さんが脱退…

その大ヒットで、当然テレビ出演などが増えた 『爆風スランプ』 ですが、リズムの基本であるベーシスト不在のまま、その出演をしなければならず、結果、他の有名バンドから、サポートする形でベーシストが参加しながら、それを乗り越えたことは、当時の音楽番組を記憶する人には、懐かしい話だと思います!
ちなみにその代役を果たした人は、
 聖飢魔IIの <ゼノン石川> さん
 THE ALFEEの <桜井 賢> さん
 プリンセス・プリンセスの <渡辺敦子> さん
 男闘呼組(おとこぐみ)の <高橋一也> さん
 カシオペアの <向谷 実> さん (シンセベースで参加)
 TOPSの <和佐田 達彦> さん
などが挙げられます! (他にもいらっしゃるかもしれません)

当時の音楽番組は、現在主流の 『カラオケテイク』 に重ねてバンドが
『演奏をする真似』 だけではなく、実際の 『生演奏』 で公開されることが多く、これらの皆様方が参加される演奏は、もちろん
<江川ほーじん> さんのプレイスタイルとは異なり、その違いを楽しみに、番組を見ていた人も多かったと思いますが、バンドとして、その後を継続するには、正式なベーシストが決定しないと、どうにもならないので、結果として、上記のサポート参加メンバーの中から
『TOPSの <和佐田 達彦>』 さん、後に <バーベQ和佐田> さんと名乗りますが、彼が正式に 『爆風スランプ』 のベーシストとして参加することになりました!

それ以降、再びヒット曲を数多くリリースしますが、メンバーの休養~ソロ活動などの時期を過ごし、1999年に活動停止となりました…

ただし2004年には一夜限りの再結成ライブを、
2005年には二日間限定の再結成ライブを行い、2006年に、また何かしてくれないだろうか? と思うのは、筆者以外にも、多くのファンが待ち望んでいることかと思います!


歌詞は文末リンクから御覧いただけますが、去りゆく同士への想いを託した部分を重ねながら読んでいただけると、今まで目にしていた歌詞とは、また違った印象、あるかもしれません!

そして、この夏の季節に相応しい歌詞であり、また、人生を、生活を走る姿というものを、ストレートに表現してくれるこの楽曲は、世代を超えて支持される理由が、歌詞を目にするだけで、伝わるのではないでしょうか?

そういうことを考えながら、筆者自身の100曲の節目として、選曲しました!

今回のリンク先
Sony Music Online Japan 爆風スランプ  ( 楽曲試聴部分 )

Runner  うたまっぷ  ( 歌詞掲載部分 )

コメント

  • 08月 06 2006
    • 2006/08/06(日) 01:36:29
    • [ 編集 ]
    • URL
    • うさぎ #3ZGY0QjM
うさぎはチョッパーの上手い人を見ると
(*゚ー゚*)ポッとなってしまいます。
そして、YURIMARIの楽曲ですが・・・
そうだったんですね~!
またもや へぇぇ~っという感じです。
うさぎの中で満へぇ~ですよw
チョッパー(スラップ)に関しては、江川ほーじんさん、後藤次利さんをはじめ、特に
フュージョンの世界の皆様は圧巻のテクニックをお持ちなのですが、俺も自分で
練習したかったから、わざわざ2本もベース買ったという!
(到底、追いつけませんが… ちょっとしか出来ないんだもん…)
そして、いずれ記事にしますが 『青木智仁』 さんという、日本屈指のベーシストが
今年、若くして逝去されて、それがまたショックで、彼を称えられる楽曲を、今後
紹介しようという予定、控えております…!

YURIMARIですが、楽曲の大半をサンプラザ中野さんとパッパラー河合さんの両名
にて受け持ったことから、この楽曲につながる訳ですが、彼女達の楽曲の方は、
インスト部分も歌詞も、泣きたくなるくらい切ないのに、某 飲料水のCMソングと
して採用されてたことを考えれば、それまた不思議なんですよねぇ!
(サビ部分だけは、明るめのタッチになるんで、それが流れてました♪)

うちのブログでは、トラバ以外でも音楽ブログ同士で記事内リンクが出来たり、
また、紹介楽曲同士をリンクさせられたらいいなぁ♪ って感じを大事にしたくて
今回もそうした紹介をしましたが、表題楽曲以外から、皆様に何か伝えられること
あれば、それは嬉しいことだし、過去記事もまた、生きてくるかなって思っています
が、この手法は、他ならぬ 『うさぎさん』 から学んだものなんですよ(^^♪
素人なりに3ヶ月少々、自分でもブログをしてみて、先輩の皆様方から吸収した
ことを反映させられたら! って思いがありましたし、それをまた先輩方に気付いて
もらえた時に、あぁ、自分なりにブログ、進化させられたなぁ♪って、それもまた、
嬉しいことなんですよねぇ(*^_^*)
これからもそういうヒントを学びたいと思いますので、よろしくお願いします!!
valentine dinner recipes
Tell me, father?
↑ ↑
To the person whom I gave above comment

This site is described Japanese

I who am a manager ask to be able to have comment on having translated it if it is possible unfortunately to be lacking in English understanding!

In this site, it is described a song in Japan mainly by subjectivity of the writer

I will welcome you in future if I comment after you understood it!
But comment by a matter except criticism to an article is a site declining how many people

It welcomes you to have you visit this site in future after having had you understand the above!
With the thing which is inexperienced in English, please permit it that there is an unnatural point grammatically.
(It is rude, but comment itself please understand a thing equal to an object of deletion if it is the comment that is unrelated to this site.)

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。