智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0098 小泉今日子  なんてったってアイドル

アイドルという言葉は、現在ならば誰を意味するのでしょうか…?
音楽の方面ではアーティストという言葉が定着しましたが、かつてはアイドルと
いう言葉こそ、若々しいフレッシュで、人気者の意味合いがあったように思います!
ましてや、自ら宣言した意味では、これに勝るものは、いまだかつて無いかも…?
小泉今日子 さんで 『 なんてったってアイドル 』 の紹介です♪
1985 年発表 2006 年には再びCM楽曲として採用され耳にした人も多いと思います♪
小泉今日子さん
人気オーディション番組であった 『スター誕生!』 出身!
1982年に 『私の16才』 でデビュー、
その後数多くのヒット曲をリリース!
女優としても知られ、また、彼女がCM出演をした商品が売上増につながるなど、経済波及効果にまで影響を与える!

CMにおいてサビしか用意されていなかった楽曲が、視聴者の反応が良いことから、ひとつの楽曲として再構築され、リリースされたことも、話題になりました!
<楽曲 『見逃してくれよ!』 が、その作品!>

筆者は九州在住なので、このCMを見る機会はほとんどありませんでしたが、
『JR東日本』 の一連のCMで、彼女が大々的に起用されたことも、このエリアに居住される皆様には、印象が強かったのではないでしょうか?


さて、そういう部分だけでもアイドルの枠を超えて活躍する彼女ですが、今回紹介する楽曲
『なんてったってアイドル』 という作品は、日本の歌謡史において、どういう功績をもたらしたでしょうか?

それまでのアイドル、特に新人 ~ 一定の時期を経過するまで、自分が 『アイドル』 なんですよ! と言うことは絶対許されるものでは無かったし、それを言おうものなら、色々な圧力の関係から、芸能界での扱いが厳しくなっていたのが事実です…

しかし 『小泉今日子』 さんは、いろんな意味で、当時の常識を覆すことが好きだった人であり(?)、いきなり事務所の方針に反抗して髪をバッサリ切ったり(結果として、可愛いから許されたのでしょうけど…?)、またそのことが、彼女を大々的に起用して出版される予定であった雑誌において、路線変更まで行い、学ランを着せた元気良さをアピールするものへとなったことなど、それまでのアイドルは、皆様にとって愛される 『イエスマン』 でなければならなかったことを、ことごとく打ち破ってきた、女性の生き方支援に貢献した存在とも評されています!

そういう彼女に、これ以上の賛辞は無いだろう! と言わんばかりに製作されたであろう楽曲が、今回紹介する
『なんてったってアイドル』 ではないかと、今の時代になっても思う次第です♪

作曲は、それこそアイドル作品だけでも、どれだけの楽曲を手がけてきたのだろう? という大御所 『筒美京平』 さんです!
編曲は、これまた日本の音楽シーンでは、彼が手がけたものが、どれほどあるの? と言われる 『鷺巣詩郎』(さぎすしろう)さんで、アイドル楽曲を華やかにするのに貢献したひとりであることは、紛れもない事実だと思います!

では、作詞は誰なのか…?
アイドルはもちろん、あの 『美空ひばり』 さんの 『川の流れのように』 までも生み出した
『秋元康』 さんであり 『とんねるず』 や 『おニャン子クラブ』 で見せた軽快さをそのまま持ち込んだような作風は、特に当時の
『小泉今日子』 さんの戦略に、見事に調和したのではないか? と思えます!

先述していますが、アイドルの枠を壊すこと(?)を続けた彼女の、まさに 『アイドル崩壊』(笑) とまで感じさせる面白さは、完璧な作曲と、当時最先端のアレンジ(特に音色に関して! わざとらしく1980年代の手法を踏襲している点が、それを物語るかと思います♪)によって、ひとつ間違えば、単なるコミックソングになってしまう可能性があるにも関わらず、見事なまでのポップスとして、日本中を席巻したのです!!

また、この楽曲は、筆者が確認しているだけでも3バージョンのタイプがあり、
①純粋なシングルバージョン(ベストなどには、これが収録されてるはず)
②このシングルバージョンが、若干の追加をされたアルバムバージョン
 ※あえてアルバムバージョンとの記述は無いものの、声援などが追加!
③歌詞が全く違う<Another Version>の存在♪
があります♪

そして、この②と③が収録されたアルバムタイトルがまた、やってくれました!
その名も 『今日子の清く楽しく美しく』 で、アルバムとしては8作目にあたりますが、②のバージョンは、元々の①のシングルバージョンに、観客の声援(だと思います)を追加し、ライブっぽく仕上げられています!

そして強烈なのは③で、一部アレンジを変更した上で(もちろんミックスも違います♪)、歌詞はさらに変更され(書けないのが残念です…)、デビューからの一連の出来事を自虐コミックのように仕上げ、さらに、未来には、こんなこともやってのけるわよ(笑)という宣言まで含まれていて(これが実際にあったのかどうかは、詳細として知りませんが…?)、楽曲タイトルこそ 『なんてったってアイドル』 ですが、本音としては 『アイドルへの幻想はしないでね♪』 という伝達事項みたいな内容であり、精一杯、彼女自身からのアンチテーゼが含まれてて、それがまた、抜群に面白いんですよね♪

今回、この楽曲を紹介するに至ったのは、筆者と交流ある音楽ブログ様にて、普段からアイドル関係の話でお互いに盛り上がり、また、最近は、こういう 『アイドル』 って呼ばれる存在の人、いるかなぁ…? と話すことが多く、それを参考にしたのもあります!

また、今回紹介する中に記述したアルバム
『今日子の清く楽しく美しく』 を、この③のバージョンを聞きたいという 『理由だけ』 で、筆者はわざわざ購入してきました(笑)
かつてLPレコードでは、聞いたこともあり、カセットにも収録して、とにかくよく聞いたものですが、どうしても懐かしくなって、見つけ出して購入しましたっ!!
面白い楽曲は、大好きなんですよ、ほんとに♪
(そういう作品を集めたオリジナルMDが、どれだけあることか…)

また、思い出すきっかけになったのは、もちろん2006年の自動車のCMでの採用であったことは、言うまでもありませんが、思わず画面を振り返ってしまうくらいに、今もなお名曲であり、原曲を知る年代にとっては、それだけでも商品の購買意欲につながるのではないかと思い、そういう面白さも含めて、今回は記事にしました!

2006/08/05 追記項目
相互リンク先であるブログ 『 selfishness 』 (管理者:はるりん様)
2006/08/04付記事にて 小泉今日子さんの楽曲
『 HEART BREAKER 』 を紹介されていますので、併せて御覧いただければ幸いです!
(THE ALFEE の 『高見沢俊彦』 さんの作詞・作曲による作品です!)


今回のリンク先
なんてったってアイドル  うたまっぷ  ( 歌詞掲載部分 )
もちろん正規のバージョンの歌詞です♪
アナザーバージョンに関しては、検索より探していただければ掲載している先があるかもしれません♪
両方を見比べていただければ、いかにアナザーバージョンがすごいのか、ご理解いただけると思います♪

SUBARU-STELLA  ( 楽曲採用の自動車CM編 )
このCMですが、なんとWEB限定バージョンもある熱の入れようです!!
また、楽曲のみならず、ナレーションも 『小泉今日子』 さんです♪
そのあたりを楽しんでいただければ♪ と思います!!

コメント

  • 08月 04 2006
    • 2006/08/04(金) 02:32:34
    • [ 編集 ]
    • URL
    • うさぎ #3ZGY0QjM
最近はちょっとTVに出始めると
自分のことを「アイドルです」って
堂々と言う人増えましたよね~。
どうも納得いかず「?」という感じなのですが・・・ (´Д`∩

「川の流れのように」の作詞が秋元康さんなのが
かなりビックリでした!
ちょっとした豆知識になるでしょ(笑)
実はそうなんです! 『川の流れのように』 は秋元さんですよ♪
ちなみに作曲を手がけたのは 『すみれSEPTEMBER LOVE』 で有名な一風堂
のキーボーディストであった、そしてドラマ 『ケイゾク』 の音楽も担当した
『見岳 章』 さんなのです!!
当時、なんでこの組み合せなのだろう…? というのが、下馬評としてありましたが
結果として、晩年の代表曲となり、そして 『美空ひばり』 さん自身が、意外と
積極的に、ニューミュージック系の作者による楽曲を歌っていることは、よくよく
探してみれば、相当数の楽曲で確認出来るんですよ!
来生たかおさん作曲で坂本龍一さん編曲の楽曲とかまであるんですから♪
よく考えてみたら 『美空ひばり』 さんこそ、昭和を代表する超一流のアイドル
スターでしたし、この先の時代にも、この偉大なスターを越えるアイドルなんて、
登場することは無いと思いますけどね!

最近は、うさぎさんがおっしゃるように、ちょっと露出度がアップすれば、アイドルを
自分を宣言してみる子、増えましたが、俺の意識の中では、ジャニーズ関係を
除けば、純粋アイドル系なんて、今の時代いるかなぁ… って感じありますよ!
誰もが知るからこそアイドルで、一部の人間しか知らない存在なんて、アイドルでは
ないというのが、定説だと思うんですよね!
だから、ネットアイドルとかいう区分で、特定のジャンル分けをされていたら、それは
素直に認めますが、あんた、どういうつもり? って感じの子、増えすぎました!
それも時代なんでしょうけどね…
細分化されすぎてる今の時代が、もっとシンプルだったらいいのに(笑)
こう思う時点で、俺はすでに 『おっさん』 なんでしょうねぇ(-_-;)
小泉今日子さん。。。。だぁりんが大好きなんです!(o゚Д゚)ノダーッ!
でも、最近はキツイって言うけど。。。。。ヾ(;´▽`A汗汗・・・
だぁりんの最初で最後のアイドルなんだそうです。
そういうこと知るとやきもちやいてしまうおかんです。
「なんてってアイドル」は当時びっくりしました。
なんて凄いタイトル!って。。。。。。
でも、ノリのいい曲で今もたまにカラオケしちゃいますよん。(*´∀`*)

昨日のコメント、ちょっと反省中。。。
あ!Kyon2のEP盤も少しだけ持ってますよ~♪
この曲は持ってないですけどね。
87年のアルバム「Hippies」も持ってましたが、訳が分からず数回聴いただけで、あとは行方不明。。。

それとこの曲、初めての就職先での歓迎会で歌わされた苦い思い出が~!!
Kyon2って、小柄なのにグラマラスですよね~♪

追記:勝手にリンク&トラバしちゃいました!
誰にしも、アイドルという存在はいるので、おかんさん、安心していいですよ!
ちなみに俺の場合は、おくまで音楽を主眼においてきた人生だったから、いわゆる
アイドルさんではなく、ミュージシャンとかアレンジャーとか、相当マニアックな方に
偏っていると思いますよ(笑)
まさにこの当時の彼女は、小柄であり、子顔であり、そして、良くも悪くも目立つ
顔立ちだったように思いますよ!
そして1980年代アイドルのファン層として、純正アイドルファンさん、ヤンキー系の
ファン、そして、今で言われるとこのヲタク系のファンになるかと思いますが、彼女のファン層としては、どちらかと言えばヤンキー系の層が多かったように思えます!
ただし女性ファンさんは、彼女のライフスタイルやファッション感覚、そして斬新とも
言える発言の数々から支持を集めたことを考えれば、時代を象徴したようにも感じる
部分があって、それが結果として、現在まで長い期間、ファンを維持しているのでは
ないかと思われます!
俺も最初、タイトルに驚き、歌詞に驚き、それまでの彼女の楽曲にあんまり興味が
無かったのが、あまりの面白さに聞いてみよう♪ という気になりましたし!
これ以降の彼女の楽曲が、それまでのアイドルの枠組みを壊しながら、J-POPの
発展につながったことを考えたら、貴重な一曲だと思いますよ(*^_^*)
はるりんさんへの返事の前に、昨夜実際にあったトラバについて…
なんか2曲分同時に、トラバあったんで 『真夜中に誰????』 って思いながら
承認前の作業として、一応チェックしたら、ホストサーバーがUK……??
で、そこにアクセスしても、変な外人さんの女性(色気ある美人さんではあったけど)
の写真が数枚あるだけで、しかも記事が無いのね? そのブログ?
だから、気が向いたらまた送信してくださるだろうということで、心置きなく削除を
しときました(笑)
過去に送られてきたトラバでは、えっちぃ感じなんだけど、腹の底から笑わせて
もらえるブログがあって、それはトラバ承認はしなかったけど、お気に入りには、
実は残してあるんですよねぇ♪
(画像コラージュと文章が、とても20代女性とは思えません! これは必見です!)

さて、コメントに関してですが、あえて事務所系に触れないようにしてるのは、我々、
あの年代を過ごしてきたからなんですって!
(Wプロ系とかSミュージックに関しては、誰が見てるかわかんないしねぇぇぇぇ!)
これだけでも、バレバレじゃんって感じはありますが(笑)
まぁ最近だとレコード会社 『a』 とか 『J事務所』 でしょうか?
はたまた 『Hプロ系』 とか…(笑)
まぁ我が家はこの先そういう話題が登場するとしたら 『KH歌合戦』 とか
『R大賞』 とか 『F☆☆歌謡祭』 くらいでしょうか(笑)

さて彼女ですが、シングル楽曲は、圧倒的に面白かったのですが、アルバム楽曲
に関しては、俺の中では 『…?』 な感じが多かったですよ?
それでも大物が随分参加しているように思いましたが♪
この時期を境に、しばらく彼女の楽曲はシングルのみを聞いて、それから1990年に
突入する頃に再び聞いてたように思います♪
(音楽としては満里奈さん、その子さん、BaBeなどに偏ってましたし♪)
俺はこれ、演奏させられたことを思い出しますよ!
地元のとある病院の宴会で、25人のナースがこれ、ド派手な衣装で歌うの…!
それはもう、圧巻でしたよ(^◇^)
最後の 『小柄なのに~』 の部分、彼女のお世話になった男性諸氏…
(以下、自粛の方向で♪)
実はさっきUPした「ハートブレイカー」、いつUPしようかと悩んでいたんですよ♪
なので、勝手に「コラボ記事」ってことで・・・♪
っていうかホント、他力本願な私。。。

あの・・・最後の1行がすご~く気になるんですけど♪
っていうか、だめですよ。しょっちゅうTVに出る方じゃ、TVに映る度に罪悪感で直視できな(以下自粛・・・
同時に、記事そのものも、加筆しておきました!
現在、大人ブログ界では、大人気コラボ企画発動中ですので、うちらもひっそりと
男コラボでもしましょう(笑)
他力本願が、いったい何のこと、だ…? と思ったんですが、読んで納得です♪
(それでもかつての俺のような紹介はしてないんだけど…?)

ん? 最後の一行…?
まぁ、俺が多くの交流先にて記述したコメントなどを読んでいただければ、俺の
『音楽以外』 での思想や経験など、わかってもらえますって(笑)
淋しき独身男性ですからねぇ(-_-;)
智さん、ありがとう!
発見しました!!!!!
これって衝撃的な曲でした!(ノω`*)アハッ
なんてったってアイドルですよ。
ノリもいいし、キョン2パワー炸裂って感じ!!!!!
今もCMソングで流れていますが、懐かしく…
踊りたくなるおかんでした。笑
何度も皆様への返事コメントとかアクセス解析の記事などで、俺が書いてることですけど、
『過去記事を、ただの <過去> にしたくない』 んですよね、正直な気持ちとして!
だから、いつでも過去に紹介した楽曲を見つけられるように自分でも (なるべく) 記憶しているし、画面左側では <邦楽 西暦別検索> が出来るようにカテゴリーを全記事まとめているし、画面右側からは <このブログ内検索> も可能にして、外部検索も同時に行えるようにしているんです♪

ほんと、衝撃的でしたよ、この曲!
Kyon2がいきなり髪をショートにしたとき、事務所サイドも真っ青になった歴史があったし (これは雑誌用撮影、直前にショートにした為、撮影コンセプトまで変更せざるを得なかった事実があるからです!) この曲にて衝撃の歌詞で、他の事務所サイドも <こういう売り込み方も出来るんだ!> って、今までの常識的な考え方を改める、歴史的転換点になったんですよ (笑)

この曲の近辺って、Kyon2が一番ワイルドというか、とんがってたような気がしますね♪
ですが後年 <優しい雨> や <My Sweet Home> 、さらには <あなたに会えてよかった> などを発表、この頃には彼女自身、ある意味遅かったというか 『本当の正統派』 になれたのかもしれませんし、大人になったのかもしれませんよね!

記事でも紹介しましたが、オリジナルとは全く歌詞が異なる
『アナザーバージョン』 っていうのもあります(^^♪
こっちはもっと過激になってます (笑)
この 『アナザー~』 の方を、おかんさんには聞かせてあげたいですねぇ~!

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。