智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0009 宇多田ヒカル  For You

今回は誰もが知るところである存在!
宇多田ヒカルさんの For You を紹介します♪
2000年発表になります
まず、公式HPは下記よりどうぞ(所属レコード会社様)
ここ ←クリックしてください


HPでは、FLASH版 と HTML版 の入り口があります
御覧になる環境により、選んでいただきたいです
試聴楽曲ですが、場合により2つの選択肢がありました
今回の For You も、画面内の Discographyセクションからだと
Singleから入る場合と、Albumから入る場合では、使えるプラグインプレイヤーの種類が増減していたようですので、お好み・環境に合わせていただけたら!と思います
①Windows Media Player
②real player

では、曲の紹介を♪

宇多田ヒカルさん
前人未踏の800万枚セールスを誇った衝撃のデビューアルバムから、早6年が経過するのですが、その存在は、誰にも代え難いものであることは、言うまでもないと思います
衝撃のデビューから社会現象、本人の大病… そして結婚
彼女が動くたびに、その全てが話題になります

2000年発表のこの曲は、前作 (相当な話題作になりました! Wait&See~リスク) から、わずか2ヶ月くらいの間隔でリリースされたものでした
快進撃に向かい続ける彼女の、ある意味意欲作なのか、それとも苦悩なのか…? という思いで、この For You を聴いていました
(そう思った理由は後述します)

今回はあえて、彼女のプロフィールその他に関しての記述はしません!
(公式ページから御覧ください)

前回の記事 0008 一青窈さんのハナミズキ の中で、時間、ということについて記述をしました

今回の For You では、人との関わりについて思うことを雑記してみることにします

前作にあたる Wait&See では、そのプロモーションクリップを御覧になった人ならわかると思うのですが、近未来都市を思わせるハイテクな乗り物にまたがる彼女のシーンなどを思い出していただけるかという感じがあります

その余韻、冷めやらないうちに発表された今回の For You なのですが、皆様の耳・感覚には、どのような楽曲として印象がありますか…?

俺にはなんだか…
宇多田さんの叫び、悲痛、訴え、のように聞こえた歌でした
(俺にはそう聞こえただけです! 宇多田さん本人は意識していないことかもしれません…)

For You と名付けられた歌は、世界中で、そして日本でも、数々の名曲があることかと思います
そしてそのほとんどはきっと、あなたのために!! という気持ちを込め、おそらくは愛の表現だったり、感謝だったり、比較的プラスに向かうメッセージではないかと予想します

ですが、決してマイナスのベクトルに向かっているとは言いませんけど、この宇多田ヒカルさんの For You では、曲調のクールさもあるのでしょうけど、どこか刹那で、孤独的な世界観で作り上げられた自分への回帰・内省、という感じをすごく受けたのです

※歌詞抜粋
 誰かの為じゃなく
 自分の為にだけ
 優しくなれたらいいのに
 一人じゃ孤独を感じられない
 だから For You…
 強くなれるように
 いつか届くように
 君にも同じ孤独をあげたい
 だから I sing this song for you


俺は、一人の時間が多く、その一人きりの孤独を感じて暮らしてます
なので、このブログも、その脱却から作ったような気がしています

ですが、この歌詞で表現されるもの
君 (あなた:二人称) に対して、自分 (わたし:一人称) は、同じ 『孤独』 をあげたい…

すごく考えさせられました
そして、絶頂期にある宇多田さんは、その仕事の中で、プライベートの中で、それこそ想像もつかないくらいの多くの人間と関わりながら暮らしていることは、容易に推察出来ます

でも…
その関係する人々の中で宇多田さんは、きっと言えない孤独を誰よりも感じ、抱えていたのかな…
そう思ったのです

楽曲としてリリースすれば、その思いから遠ざかることが出来たのだろうか…? とか、繰り返し自らに言い聞かせる為の呪文だったのだろうか…?
聞きながら、そんな邪推をしていました
注意:あくまで個人的にそんな感じがしただけです!!
    宇多田さんが意図していたとか、そう発表されたわけではないです!


時に宇多田さんは、歌詞に込めた意外な事実を明らかにすることあります
有名な話では、SAKURAドロップスの歌詞の一部分で、パンチ、の表現の箇所がありますが、ヒントを得たのは、大ヒット漫画の 『はじめの一歩』 からなのだそうです!
スタジオにかなりの数の漫画を持ち込むそうで、その製作の際、はまっていたのが、同漫画だったことを語っていました

For You を製作されたときの宇多田さんの心境なりコメントを俺は知らないまま、今回主観(というか、個人的な思い)から書きました
でも、この記事を御覧になる皆様が、先述の歌詞から何を思い、何を感じてくださるか…?

その意味で、歌詞における人間の関わりから、書きました

このブログを訪ねてくださる人の多くが、色々な恋愛事情であったり、仕事や生活における人間関係などを日々感じながら、ある人はブログに、ある人はホームページにその記録や思いを書き記し、そしてそれらを持たない皆様も、このブログで閲覧してくださっていることなのだろうと思っています

たまたま俺は、ブログという表現方法を選びました

皆様にとって、こうした問題提起であったり、意見を書けたり、知りうる情報を書ける場所として、ブログを選びました

これからも、そうした場所として、このブログを書けたら!
そう、思っています

コメント

  • 05月 08 2006
    • 2006/05/08(月) 15:21:41
    • [ 編集 ]
    • URL
    • てくまく #jQdWKKZ6
大勢の人に囲まれた中での孤独感・・・
おそらくその感覚を感じたことのある人は少なくないだろう・・・

彼女はその感覚の中に、いたのだろう・・・
自分の思い通りにならない、もどかしさ・・・
Big hitを出し続けていくと言うプレッシャー・・・
そして、一流と言う名の血統・・・

彼女と同じ様な境遇のジャズプレイヤー
と仕事をともにしたとき、ふと、こんなことを、
本番終了後の酒の席で彼は呟くように、
店のカウンターで、自分に語りはじめた・・・

「俺には絶対失敗は許されないんだ、
もし仮に失敗したとしたら、そこで終わってしまう
やり直しはきかないんだ・・・
彼のこどもである以上、それはいつでも俺に
容赦なく重くのしかかってくる・・・
そう言う星のもとに生まれ、
その道を選んだのだから、仕方ないことだと
思うが、親父と言う存在は、いつでもどこでも
自分につきまとってくる、それを、恵まれていると
言う人もいるが・・・贅沢な悩みだという人もいるが・・・
それが今の自分を作っている
ひとつなのかもしれないが・・・
それを乗り越えるのは自分でしかない・・・
わかっていることではあるが、
時折、その重圧に潰されてしまいそうなんだ・・・」

彼の葛藤は、今でも続いているのだろうか・・・
最近は、親子での活動も、頻繁に行っているようだが、ミュージシャン同士の親子対決・・・
きっと終わることのない戦いなのだろう・・・

今回の記事を読みふとそんなことを思い出した。
  
  • 05月 08 2006
    • 2006/05/08(月) 16:51:54
    • [ 編集 ]
    • URL
    • yuki #DZuNPXnM
あたしも、発売当初はそんな感慨で聞いてた気がします。

今は、孤独って好きな人、大事な人がいるからこそ感じるものであって、
ただ一人で寂しい、ってのと違うと思うから、
あなたにとって大事な人になりたい、
ってことなのかなぁって、
そういう“前向きな孤独”なのかなって、
歌詞読み返して思いました。


聴くときによって、歌詞の意味も違ってきますねー。

これ、へたくそながらカラオケとかで歌いますよ(笑)。
そのあまりに有名なプレイヤーさんの苦悩を…
俺はあるギタリストの家系で、似たような記事を(会話を)読んだことがあります
(てくまく様の関わられたプレイヤーさんとは、おそらく異なるとは…思っていますが…)

ある専門雑誌の外人プレイヤーさん、その人は、いわゆる2世さんではないのですが、語っていたインタビュー記事を読み、すごく考えさせられたことがあるのです
芸術、とされるジャンルの中で、何故音楽は、アルバムを作成するだけでは、誰も納得をしてくれないのだろう…?
メディアに登場して、わざわざライブという形で演奏を披露しないといけないのだろう…?
CDという、スタジオで完成されるはずのパッケージングで語られないのは何故だろう…?

確かに納得してしまう、悲痛でした
音楽に限らず、リアルタイムに表現を要求されるジャンルの演劇や舞台関係(オペラやジャズ、クラシックとかもでしょうし、端的に言うなら、お笑いなどだってそうなのでしょうし…)では、逃れられない呪縛…
他の芸術と比較をしてはいけないのでしょうけど、厳しい世界だと思います
音楽のみに限って言うなら、昨今では録音機材や電子機器による『同期』は当然のものになりましたし、照明や映像までもがシンクロする、大掛かりなものになっていることかと思いますが、それでもトラブルを抱えてしまうと、見ている聴衆にとっては、単なるエラーであり、ミスとしか判断をされない…
てくまく様が書かれたプレイヤーさんは、それこそ生演奏主体なジャンルなのですから、その苦痛とプレッシャーは、計り知れないと思うのです
でも、選んだ職業であり、逃げることは出来ない…!

今回、宇多田さんに関しては、ほんとに主観中心での記事を書きました
それに反応してくださり、なおかつ、その記事にあまりに的確な反応をしてくださったてくまく様…!!
この記事を書けて、よかったと思います
そして、てくまく様の生きる世界の厳しさ
改めて、実感しました
こんにちは(^^♪ そして忙しい中の訪問、ありがとうございます!
そうですね!
yukiさんの解釈もまた、とても大切な『気持ち』なのだな! と、コメントを読みながら、孤独、という言葉の、そして意味を、改めて考えるきっかけになりました!!
前向きな孤独!
俺自身も、孤独をそう思えるようになりたいと、そんな気持ちで、このコメントを書いています

きっとこのブログ…
こういう主観の場所になる気もしています
ですが、多くの皆様の言葉や気持ちによって!
それにより、変われる自分・変わらない自分
そんなことを、書き綴りながら、考えていける場所であったらいいなぁ、と、思います

自分一人では、自分の殻から抜け出せることはないと思うんです
なので、こうして言葉をいただけることは、俺自身の変わるきっかけでもあるし、そして、コメントを書いてくださる人にとっても、意味のある時間なのではないか!
そう思いたいですね(^^♪

yukiさんが唄うFor You
聞いてみたいです♪

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。