智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0094 山下久美子  赤道小町ドキッ

日を追うごとに、夏らしさを感じるようになりました!
ということで、このブログも夏楽曲を紹介しているのですが、筆者にとっての
長い歳月、夏には欠かせない楽曲を、今回は記事にしようと思います!
筆者にとってのロック・アーティストの一人になるのは、ベテランの彼女です!
山下久美子 さんで 『 赤道小町ドキッ 』 の紹介です♪
1982 年発表 化粧品のCMソングとして、彼女の大ヒット曲になりました♪
山下久美子さん
1980年に 『バスルームから愛を込めて』 にてデビュー!
(シングル・アルバム 同名タイトルの同日リリースです!)
1982年に今回紹介する 『赤道小町ドキッ』 がCMソングとして大ヒット!!
彼女のライブパフォーマンスを評して 『総立ちの久美子』 の異名を持つ存在!
それ以前にもパワフルな女性ボーカリストはいましたが、彼女のパフォーマンスを社会現象とまで評した人がいたくらいです!

その後も次々にロックテイスト溢れる楽曲を発表、1980年代においては、当時のバンドキッズにとっても、衝撃を与えた女性アーティストとして、知られることになりました!
(あえてそのあたりの事情に関しては、ここでは略させていただきます)

デビューから20年にあたる2000年には、彼女を慕う、そして関わってきた多くのアーティストの参加によるセルフカバーベストになる
『THE HEARTS』 をリリース♪
それからも、大人らしさを感じさせつつ、楽曲に幅を持たせながら、ベテランのキャリアは継続中!!


今回紹介する 『赤道小町ドキッ』 がCMソングとして大ヒットしたことは、何度も記述することになるのですが、そのヒットの背景として、1980年代初頭の 『YMO』(イエロー・マジック・オーケストラ)の大ヒットがあり、ロックを機軸としている彼女の音楽性に、当時最先端のテクノの要素が加わり、その異色とも言えるコラボレーションが、見事に大成功した例としても知られ、その時代に 『YMO』 周辺の人間が関わった音楽を 『テクノ歌謡』 と評する人も多いのですが、この楽曲においては、歌謡ではなく、あくまで 『ロック』 としての印象が強い作風として仕上がっています!
そのあたりについて、今回は記述することにします♪

彼女よりは、やはり作家として関わった人物が、この楽曲を大きく左右したことかと思います!

作詞は 『松本 隆(たかし)』 さんで、作曲が 『細野晴臣(はるおみ)』 さんという、まさにこの当時以降から特に、日本の歌謡曲シーンに多大な影響を与えた組み合わせになるのですが、この両名はかつて、同じグループにて活動していた盟友であり、そのグループの影響を受けた世代が、今も音楽シーンに活躍していることを考えれば、どれだけ偉大だったか、想像出来るかと思います!

※そのグループは 『はっぴいえんど』 です!
 詳しいことは、ここでは触れませんが、メンバーはこの皆様です!
 細野晴臣
 大瀧詠一
 松本 隆
 鈴木 茂
 各々があまりにすごいメンバーですので、検索ですぐに偉大さが伝わることでしょう!

そして 『細野晴臣』 さんと言えば、世界的に有名になった
『YMO』(イエロー・マジック・オーケストラ) のリーダーであり、その彼が作曲を手がけ、同じくメンバーであった 『高橋幸宏』 さんがドラマーとして楽曲に参加しました!

これだけでも、当時の状況を考えれば、大きな話題になるのですが、さらに話題になった理由がありました!

編曲として、そして自らもギタリストとして参加したのは、やはり 『YMO』 のワールドツアーのギタリストでもあった超ベテランの
『大村憲司』 さんであり、このメンバーによるサウンドは、テクノポップを全面に押し出した作風になることは、それはもう当然の結果になるのですが、ロック・ボーカリストとして知られた 『山下久美子』 さんとのコラボにおいては、ポップでありながら、ただのテクノ歌謡にはならず、しっかり 『テクノ・ロック』 したのです♪

全体的に 『テクノ』 の要素が強いのに、何故その部分だけで表現されなかったのか…?

元々、演奏に参加したメンバーは 『テクノポップ』 の覇者として知られる一方で
『ロックミュージシャン』 としても知られた強者なのです!!

また、この楽曲がロックに成り得た最大の理由は、本来作曲家のみならず、アレンジャー・プロデューサーとして知られる 『細野晴臣』 さんが自らアレンジをすることなく、ギタリストである 『大村憲司』 さんに、完全に任せていたことにこそ、ロックテイスト溢れたテクノになったのだというのは、特に 『YMO』 ファンの間で認知されていることとなります♪

『YMO』 の大ヒットである 『ライディーン』 を彷彿とさせる、規則正しいリズムが全体のビートを占めるのですが、やはりギターが機軸を占めたことで、ロックのギターの王道とも言える 『リフ』 が、楽曲のイメージを決定付けているのは、ボーカリストである彼女には、慣れ親しんだ 『感覚』 に受け取れたのではないでしょうか?

この部分は 『もしもギターが全く無かったら…?』 とい感じで、ギターがあるからこそ、ポップであり、キャッチーな楽曲に仕上がったのだと、筆者のみならずとも、感じた人は多かったでしょうし、だからこそ
『YMO』 ファンにも 『大村憲司』 ファンにも、そして 『山下久美子』 ファンにも、さらには 『ヒット曲』 ファンにも、違和感なく受け入れられたのだと思います!


そしてこの楽曲では、あえて 『ロックボーカリスト』 の 『山下久美子』 というよりは
『キュートな山下久美子』 が際立っているように思います!

楽曲において、派手なシャウトなどがあるわけでもなく、比較的軽いタッチで歌いこなした部分は、純粋な彼女のファンは驚いたことかと思うのですが、それがまた、新たな魅力となり、特に1980年代~1990年代における彼女のボーカルスタイルの中でも、これを踏襲した感じのスタイルを聞くことにつながったと思えますし、貴重な一曲になったことだと推察されます♪

彼女の代表曲は、ヒット曲が多いことから、この一曲っ!! というのを選び出すことは、難しいと思います…
しかし、彼女自身も、この楽曲は自分の中で占める割合が大きいようで、冒頭に少しだけ紹介しましたが、彼女の20周年を記念して製作されたアルバム
『THE HEARTS』 においても、ラストトラックを飾る曲として収録されましたし、多くのファンサイトにおいても、上位に登場する楽曲になっています!

この 『THE HEARTS』 は、ため息が出るくらいに豪華なメンバーが参加しているのですが、このアルバムにおいてセルフカバーバージョンとして収録された際に、オリジナルの1982年バージョンにてドラムを担当した 『高橋幸宏』 さんが、楽曲のプロデュースを担当、さらにドラマーとして参加し、ギタリストには、数々のヒット曲で知られる 『高野 寛(ひろし)』 さんが参加、キーボーディストには 『ボ・ガンボス』 での活躍以降、ソロとしても数々の作品にその実力を発揮している 『KYON』 さんを迎え、まさに最新進化を遂げたバージョンとして、再び素晴らしいテイクとして甦っているのです!

ここで 『THE HEARTS』 における彼女のコメントがありますが
『目の前で彼(高橋幸宏)が緻密にドラムを叩く姿を見て感動を隠せなかった』 という、彼のファンにとっても嬉しい言葉が残されていて、オリジナルテイクに匹敵する、見事なサウンドを堪能することが出来ます♪

さらにこぼれ話なのですが、そのバージョンでギタリストとして参加している
『高野 寛(ひろし)』 さんですが、彼のソロ楽曲も、CMソングなどでヒットしているので、知る人は多いと思いますが、彼がデビューするきっかけになったオーディションを主催していた人物こそ 『高橋幸宏』 さんであり、また、何故彼がギタリストとして参加しているのか、この部分には、彼じゃなければならない理由が隠れていることかと思います!

『高野 寛』 さんがデビューする際、ソロ歌手としてより先に、ギタリストとして先にステージ経験をしているのですが、その際、ツインギタリストとして、サポートを果たしたベテランギタリストこそ、オリジナルテイクにてギターを担当した 『大村憲司』 さんであり、『高野 寛』 さんは、あまりにも偉大なギタリストを目の当たりにして、
『ギタリストになりたいと思ってたんですけど、憲司さんの演奏を観て、これは無理だと思いました』 と、後に語っています!

そういう 『高野 寛』 さんですが、彼のギタリストとしての才能は高く評価をされていて、事実 『坂本龍一』 さんのアルバムなどでも、抜群のプレイが残されていますが、その彼を以ってして、絶対に叶わないと言わしめた 『大村憲司』 さんのギターが、それだけ凄いのか!
文字にしているだけでも、この記事を読む読者の皆様に伝わればいいな♪ と思うのですが…

では何故、その 『大村憲司』 さんが、オリジナルメンバーとして、そのセルフカバーバージョンに参加していないのか?

1998年11月、49歳の若さで 『大村憲司』 さんは、この世を去りました…
彼の死によって 『大貫妙子』 さんなどは、予定していたコンサートツアーを一度白紙にした上で延期したいきさつなどもあるのです…

こうした事情があり 『大村憲司』 さん本人は、このセルフカバーに参加出来なかったのですが、ミュージシャンとして大きく成長した、そして 『大村憲司』 さんを敬愛し、さらに 『高橋幸宏』 さんにデビューのきっかけまで与えてもらった 『高野 寛』 さんが、代役というわけではなく、新たな2000年バージョンにおいて、意思を継承するかのような形で、ギタリストとして参加をしたのだと思えてなりません!

1982年の楽曲が、こうして2000年に、正当進化をし、再びリスナーの元に届けられたことは、当時のバージョンを知る筆者には、嬉しいことでしたし、ボーカリスト・アーティストとして、格段に円熟味を増した彼女の 『現在進行形』 を聞けたことにも、大きな意味がありました!

この記事を読み、懐かしいなぁ~♪ と思えた人も、あるいは、これから興味を持って聞いてみようかな~♪ という読者さまにも、自信をもって、両方のバージョンをおすすめ出来ますので、機会がありましたら、夏の一曲として、耳にしてもらえれば嬉しいです♪


今回のリンク先
赤道小町ドキッ  うたまっぷ  ( 歌詞紹介部分 )


追伸
ブログ 『葵のこと』 葵さん
今までお疲れ様でした!!
葵さんが決意を持ってブログを終了させることは、淋しい気持ちもあります…
ですが、これからも訪問してもらえれば嬉しいし、また新たにスタートすることがあれば、その時は伝えてくださいね!
葵さんを応援した皆様方にとっては 『小町』 のような存在だったのかなって♪
そういうことを思い、この楽曲を書くことを決めました♪
これからも葵さんに会えることを期待しつつ、受け取ってほしい曲です!
葵さんが自分らしくいてほしいから、記事の投稿の時間は、指定してみましたよ♪

コメント

これまた懐かしいですね~☆彡
これも流行ましたもんね。
総立ち。。。。。でしたよねぇ~♪
布袋さんと結婚したのには、びっくりしました。当時。。。。。。
ほんま懐かしいです。
こんなコメントしかできなくて.。。。。m(;ω;m)三(m;ω;)mゴメンネ
懐かしいでしょぉぉ!! 我々の年代には(笑)
そして、ここのブログでは、世間一般で言われる夏ソングとか冬ソング、そして、
アーティストは、他の楽曲紹介ブログよりは、少なくなると思います(^_^;)
他所で読めるであろう楽曲を、素直に紹介しないのが、この場所の特徴です(笑)

そうですよねぇ、あの話題は、音楽界の話題というよりは、芸能として当時大きく
扱われていましたしね!
それ以降の音楽性が、確実に変化したことも、懐かしい話ですよね!
ただ、公式サイトにおいても、その時代のことを触れていないようなので、あえて
今回は、あいまいな表現にしましたし、俺も記事にしませんでした!
(読者の中で、相当若い世代なら、知らないことなのでしょうし…)

彼女の曲の中では、俺は個人的にこれが一番好きで、2位から先が、ランキング
出来ないとこですよ(^_^;) 名曲が多いので!

コメントは、各々が思ったことを、思った通りに書いてくださることが一番で、それが
個性だと思うんですよ!
おかんさんのコメントは好きですよ(*^_^*)
これからも地道に細々と、ここは続けて行きますので、よろしくお願いします♪
こんにちは!
分割夏休みの1回目、4連休初日のはるりんです!
懐かしいですね~、って当時小学5年の私は違う方向に興味が向かってましたが、この曲はいやでも(いやじゃありませんが)耳に残ってます!
それにしても、私のブログでも以前取り上げましたが、「バスルーム」を題材にした曲って多いんですね!
そして上記の智さんのコメント「他所で読めるであろう楽曲を、素直に紹介しないのが~」って部分。私のところはそれ以上です(笑
夏休みを、こんな場所で過ごすともったいないよ? 家族孝行しとこうよぉ(笑)
この曲の当時は、散々夏に 『聞かされた』 (?) 感じがしますが、意外な
事実としては、発売は春ですよ??
てっきり真夏の発売とばかり思っていましたが、昔は何でもアリですよね(^◇^)
そのため、現在の音楽事情では、タイアップの交渉事情からお蔵入りになっている
楽曲が、相当な数、存在すると思われます…
バスルームが題材になった背景としては、よほどのお金持ちさんか、高級ホテルを
利用しない限り、洋風建築のユニットバスなどが少なかったからだと思います!
ですので、現在当たり前になっている建築様式からは、そういう語句が省かれる
傾向にあるのではないか? そういう気がしてなりません!
個人宅の 『お風呂』 って感じ、ないですよね、バスルームって響きは♪
だから1970年代~1980年代、特に使われた言葉ではなかったかと!

他所で読める楽曲を素直に紹介しない理由は、誰もが一斉に書く楽曲って、多分
俺が訪問したって、面白くないだろうなぁ~って気持ちがありますし、また、読める
楽曲だったとしても、ここでは皆様と全く違った切り口から紹介しようとする姿勢、
崩したくないんですよね(笑)
だから記事を書くのが、時間かかってしまうんですが…(-_-;)

あと、特徴としては、男性楽曲が少ないですよね、俺ん家って(>_<)
ですが、新規の記事は、誰もが知るであろう、デュエット楽曲にしよっかなぁ♪
と、画策しておりまして! (たぶん、初のデュエット曲かも、我が家では!)
そろそろ例のことが近づいていますので、サービス時期かなって(笑)
来週、夏目ナナがこの曲のカヴァーでシングルを出すのに合わせたのかな?と思ったのですが、そうでもないらしい?
とはいえ私も、来週発売分のコメントを書いてて知ったくらいなので、AVクィーンだってことぐらいしか知らないんですけどね☆
え、えーぶい、なんて言葉が登場するとはぁぁぁぁ???????
そうなんだぁ、彼女、カバーするんですねぇ!
確かに有名みたいですね、彼女は!
専門誌のみならず、一般週刊誌への掲載、そして女性誌では、付録DVDに出演
していらっしゃるそうで!
この世界から音楽界で注目されてるのは 『蒼井そら』 さんでしたっけ?
積極的にライブ活動もしているマルチタレントさんですよね、たしか!
転身が難しいとされる中で、タレント活動もしっかり出来る存在の人って、やはり
本人の努力と知名度でしょうし、生半可なグラドルさんなんかと比べたら、相当
自分を高める努力をしていらっしゃると思います!
また、そうした皆様がエッセイとかブログをしているのを、かつて見たことがあります
が、自然体というのか、よく冷静に世の中や人物を観察していますし、そして自分の
感情を伝えることが上手というのでしょうか? なんか読んでて素直にうなずいて
しまう記事もありますよ!
いずれにせよ、名曲がカバーされていくことは良いことだと思うし、俺が新規で掲載
する、なんとこのブログ始まって以来の 『デュエット楽曲』 も、思わぬカバーが
あり、そういう部分を読んで欲しいかなって、予定しております♪
わざわざ実家からありがとうございます、めぐさん(^^♪
ほ、ほったらかしてる訳じゃないですよお。
既に私の実家に娘たち、行ってるもので。。。
あ、めぐさん!実家からなんですか?
私の実家にはPCなんてものがないので、1日行っただけで禁断症状が(笑
めぐさんの言葉で、智さんが壊れてますが、大丈夫ですか?
こちらの智さんのブログは会社に行ってても、昼休みみ携帯でチェックしてます!!
俺も幼少の頃は、現在の住居に帰省なんて夏休みなどを過ごしておりましたが、
今はなんだか、ただの田舎暮らしを20うん年、実践しているだけです!
通信回線に関しては、最悪というしかありませんよ、田舎って…
(PCより、携帯の方が致命傷…)
めぐさん、実家だっていうの、告知してらっしゃったじゃないですかぁ♪
はるりんさん、まだまだよのぉ、お主(笑:とことん壊れてます!)
携帯が進化するか、それかPDAが値下がりすれば、ネット環境は飛躍的に進化
するのかもしれませんが、まぁ、我々のブログにおいては、現状、連日更新位の
ペースですので、ビジネスユースで使わない限りは、大丈夫ですよ!!
記事はサーバー逃げない限り、24時間営業 (稼動?) で残ってるし(^_^;)
そ、それと、携帯でチェックするような、大それたブログではありませんからっ!!
自宅でPCで、のんびり眺めてやってくださいな♪
※うちのブログを携帯で見たことあるって話は、かつて一人だけ聞きましたが…?
 他の皆様がPCでストレス無く読んでることを祈りたいものです…
 ちなみにその方、PCより先に携帯で見たそうで、PCで見たら
 『おお! 見やすい!』 ってコメントをくださいまして!
 (そ、そうかなぁ…? って思えますが、シンプルなテンプレがいいのかも♪)
お邪魔しちゃってよろしいでしょうか・・・?

「シンプルなテンプレがいいのかも♪」

・・・どきぃ!!
わ、私のブログってごっちゃごっちゃしてて、ひょっとして激重なんじゃないですか?
あ、そうそう、我がブログもアクセス解析では携帯でお越しくださる方がいらっしゃいますね~。試しに私の携帯で自分のブログを見ても、アクセス解析に反映されなかったので、携帯のブラウザでPCのように閲覧してくださってるのかな~。

すいません、コメントを私物化してしまいました。。。
えっとですね、このブログを最初に作ったとき、わずか数十分だけ、別のテンプレ
だったんですよねぇ、実は!
すごく爽やかな感じがして、好印象だったのですが、最初の自己紹介、つまり
第一回目の記事を自分で見て、文字がとにかく読みづらい(>_<)
だめだぁ、これ… ってなって、その時にこのテンプレートにして、そのままです♪
そしてこのテンプレートは、同じものがもう一つ予備に控えてます!
なんか表示がおかしくなったら、自分のHTMLの挿入がおかしいのか、それとも、
サーバー全体のトラブルなのか? こうしたことを判別するために、マスターになる
ものと、公開しているバージョンの両方を用意しているんです!
エラーチェックには、最適ですよ!
あとは、自分の記事が、新しくしたいテンプレートで見やすいかどうかを、すっごく
簡単に実験出来る方法があります!
FC2の場合ですが、メールアドレスひとつあれば、ひとつのIDを取得出来ることを
逆手にとって、非公開ブログを併設するといいのです! (パスワード付きで!)
そちらの見せないブログの方で、文字が見やすいのか? レイアウトはどう?
などと、実験するためだけに仮ブログを持てば、わざわざ自分のテンプレートの
状況を崩すことなく、目視出来るので、便利だと思います!
ちなみに、俺はそこまで立ち上げていませんが、いつでも作れるようになってます!

さて、はるりんさんのとこですが、写真掲載量に比べたら、続きの方にそれが用意
されているため、軽いのではないでしょうか? メイン画面に関しては?
全体的にサーバーが重いのは、6月ショック以来、どうしようにもないみたいですが、
それでも6月よりは、マシだと思います!
だって、ブログを開けばテキストファイルしか表示されないことなんてザラでしたし、
画面遷移しないのだって、すごかったですもん…
あと、プラグインの中にフラッシュ組み込んであったり、それとか外部のアクセスを
リンクしているとこなんて、FC2でも全然開こうとしない…
(うちは現状、新規記事更新を判別するため、Blog Peopleのみを入れてますが!)
あ! はるりんさん、お手数ですが、はるりんさんの管理画面の方にPing送信に
関する項目あると思いますが、これを入れてもらえないでしょうか?
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
これを入れてもらえると、俺は自分のブログから、はるりんさんの新規更新を知る
ことが出来るんですよね!
もしよかったら、お願いしたいです!

さて、携帯ということですが、FC2のアクセス解析では、コメントを残してくださる
相手の場合は、判別しやすいですが、アクセス解析そのものからは、あんまり
わからないですよ…
そして、shinobi~忍も検討してみましたが、同じID系統で管理しておこうって気持ち
あって、性能的には納得していませんが、FC2アクセス解析を利用してますね!
携帯に組み込めるブラウザは、最近jigを筆頭に増えつつありますが、実は都心等
から離れてしまうと、接続が難しいことも先日教えてもらいまして…
それとかDoCoMoのように、iモード以外の接続になればパケホーダイの対象外に
なるような料金設定で、しかも902i以降みたいに、強制的にフルブラウザ機能を
搭載されたら、料金、絶対に割高になるのは目に見えますよね…?
年末~年始にvodafoneがsoftbankブランドになるとき、ヤフーにダイレクト接続する
ブラウザ付き携帯を発表する予定がありそうで、それは期待していますよ!
(ちなみに俺は9年半、DoCoMoですけどね…)

はるりんさんに、今日見つけた、面白い記事をあげましょう!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060728-00000003-inet-sci
これを読めば、アクセス解析の意味が、ずいぶん変わると思いますよ!
長文の返信、ありがとうございます。
次の記事に影響しないですか~?ちょっと心配だったり。。。
あ、そうそう、Ping設定しておきました!
智さん、DoCoMoなんですね。私もですよ~。今はF901iで~す!!

アクセス解析の記事、ありがとうございます!実は既に拝見してました。頭の弱い私でも、なるほど!ザ・ワールドな記事でした!

・・・あ、嫁は仕事だったんで今います♪
ですが、それを本来、今日の記事にする予定だったし、頭の中では構築出来てる♪
(24時には、間に合わないかもしれませんが…)
だって、やっくん、見なきゃ(笑) めぐちゃんと話題が揃わなくなるから(^◇^)
えっと、アクセス解析の記事って、なるほどだったでしょ!
こういうのを見つけるたび、URLを特定フォルダに収納しておりますよ!
俺の携帯はD901iで、中身はほぼF901iですよね!
それまでのDと異なり、ATOKが削除されて不満が指摘され、その後再びATOKが
採用され、変換における圧倒的優位が評価されましたが、Dの特徴として、カメラ
では 『外部撮影』 は圧巻ですよね! 問題は自分撮り…むずかしすぎ…
(スライドは、それがやはりネックかなぁ…)
あ、あぁぁ、嫁さん、失礼しました! エンタ見てから記事、書きますね!
CD屋さんにあるのは音楽だけじゃないんですよねぇ。。
箱開けてAVだったら、誰か他の人に入荷処理も店頭出しもさせるから、放置でいいよ、と言われております。
どう見ても、25くらいの独身のお嬢さんよりは、30過ぎの子持ちのおばさんの方が妥当だとは思うんですが、まぁでも、やっぱりそれぞれ人には「キャラ」というものがあるみたいです^^;
実のところ、実際にレジに持ってこられると、困っているのを悟らせまいとやたらと冷静に接客する自分がいる現実です(笑)。

実家のパソコンは、親が子供のブログを見るためだけに存在しているようなもので、メンテは子供たちがしてるんですよ(私も含めて)。
今妹はニュージーランドに1年間の滞在中、弟は都内にいるので、ほとんど私がいじってますね。
実家に行くと使い放題ですよ~(MMORPGまで一時期インストールしてましたよ。実家に帰ってゲームする娘って…!)
俺がそれ、持って行ったら面白いかなぁ(笑)
あぁ~、この手見るんだぁ! とか、えぇ? そっちよりこっちだよぉとか??
先日、交流先のブログにて、俺が残してきたコメントありますが、非常に面白い
バトン記事で 『想い出のお店バトン』 なるものがあって!
(設問内容に関しては、俺は受け取った訳じゃないから割愛しますが…!)
ここで、各ブログ管理者様が、飲食店や書店などの思いを綴っておられましたが、
俺だったらどこだぁ? って、一緒に考えてみたのですよね!
それは、レンタルビデオ&CDショップでね!
真夜中に、それも一ヶ月に20~22日くらい通ってて(笑)
店員さんに間違われるほど、俺は一時期有名でしたが、店員よりもCDの場所とか
詳しくて、しかも入荷予定日まで、質問してくる客に答えてたっけ(^_^;)?
で、同時に悲惨な深夜の時間帯のバイトくんの手伝いで、AVの棚戻し作業なども
してて、その店員より早かったっけ!!
あれってやはり不思議なもんで、レンタルや購入のときに、女性店員さんだと、
別に悪いことしてないのに (成人なんだからさぁ!)、なんとも気まずいのね(-_-;)
結構、そういう商品を扱うセクションにいらっしゃる人は、好きか嫌いかはともかく、
見慣れた 『単なる商品』 に過ぎないのに、どうも気が引けますねぇ…
ま、俺はレンタルしてた当時、そちらのカウンターにいた女性さんは友達で、彼女
いわく 『えぇ? それよりあっちが人気みたい!』 とか教えてくれてた(笑)
(もうね、今は完全に飽きてる年代かもです! そこまで見ようと思わないから!)

実家パソコン、そりゃあ親が必死にメンテしてたら達人を越えて危なそう(-_-;)
やはりめぐちゃんなり、兄弟が管理するのがベストでしょうね♪
で、え、えぇぇ?? 子供のブログ見るってことは、もしかしてリンクから俺ん家とか
訪問されることもあるのでしょうかぁ??
今回書いてるコメントや、めぐちゃん家で書いてるコメント、どう思われてるんだろ?
くれぐれも、よろしくお伝えくださいませ m(__)m
で 『MMORPGまで一時期インストール、実家に帰ってゲームする娘って…!』………(-_-;) な、なんてやつだ?? ここで表彰してあげましょおねぇ♪
年下のパパリンさんが、普段めぐちゃんとどういう話をしてるかも、益々期待したい
ところであります!!
我が家は俺以外、PC操作しないから、非常に甘いセキュリティーかも…
だって、家族たりとも、データ関連やCDを共有しないので、勝手に移動しただけで、
それとか触っただけで、俺の逆鱗に触れるしねぇ(>_<)
仲の良い、そしてハイテクな親で、羨ましいかもです(^^♪ めぐさん家♪

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。