智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0092 渡辺美里  夏が来た!

この記事を書く時点で、一部地方では、長すぎた梅雨が明けたということです!
例年にない降雨であり、今もなお被災からの復旧に追われる地域があることから、
純然たる夏の楽曲を記述することを控えておりましたが、そうした皆様方にも
頑張っていただけるように、あえて夏楽曲を紹介することを決めました!
渡辺美里 さんで 『 夏が来た! 』 の紹介です♪
1991 年発表 CM 曲としても話題になった有名な楽曲です♪
渡辺美里さん
1985年にデビュー
その後 『My Revolution』 が大ヒット!
デビューから間もないアーティストが 『楽曲のみ』 で2枚組アルバムをリリースするという快挙も果たし、大きな話題となる!
1986年~1995年の 『20年連続』 西武球場:現在は西武ドームにおけるライブは、ファンのみならず、音楽史に大きな意味を果たしたことは、有名なところです!

今回紹介する 『夏が来た!』 は、大手保険会社のCM楽曲として起用され、テレビやラジオでも、よく耳にしていた読者様は多いことかと思います!

作詞は彼女本人で、作曲が 『大江千里』 さん、編曲は 『大村雅朗(まさあき)』 さん♪

この歌詞は、その全部分を御覧いただければわかることですが、最低でも1年近い歳月の経過により、その時間における人間の心理という部分が見事に表現されていると思います!
(文末リンクから御覧ください!)

夏を感じさせる言葉が、歌詞を彩っていて、
『夏祭り』・『暑中見舞い』・『夕立』・『ユカタ』・『花火』と、きっとこの発表年次における1991年の彼女のサマーライブでは、盛り上がったことかと思われます!

ちょっとしたお茶目な部分も感じられる部分があって、思わず微笑ましい感じで、この歌詞を読んでいたことが懐かしく思えます!

彼女の音楽的変遷を少々辿りたいと思うのですが、シングル楽曲だけを考えたら、そこまでわからないのでしょうけど、アルバムにおける変化というのは、大ヒットしたアルバム 『ribbon』(1988年発表)などでは、その当時における最新鋭のテクノロジーを駆使したであろう、デジタルめいた部分が大きく楽曲の印象を左右し、それは斬新な感じがありました♪
今でも筆者が愛聴する作品となっています!

その後、そのデジタルな面を踏襲しながら、生っぽさを追求しつつ、多彩なサウンドを表現していたように思います!

そして今回の 『夏が来た!』 では、完全なバンドサウンドになっています!

彼女のサウンドを支えてきた人は、その長いキャリアにおいて、数多いですし、それがキーボーディストだったり、ギタリストであったり、その変遷はあるのですが、今回アレンジを手がけている 『大村雅朗』 さんは、元々キーボーディストとして知られる著名アレンジャーなのですが…

それでいて、この楽曲における主体は、彼女の作品において、その実力を如何なく発揮してきた超・ギタリストと言える
『佐橋佳幸(よしゆき)』 さんで、彼の素晴らしいギタープレイを支えつつ、他のバックミュージシャンが、ボーカルを大切にしながら表現した、まさにバンドな音です♪

この記事を御覧の読者様が、今から紹介するそれぞれのミュージシャンの名前をコピー ~ 貼り付け ~ 検索していただくだけで、どれだけ日本の音楽史に名を残してきた皆様かというのが、理解いただけると思いますので、お時間がありましたら、ぜひ!!

青山 純:ドラム
有賀啓雄(のぶお):ベース
佐橋佳幸(よしゆき):ギター
大村雅朗(まさあき):シンセサイザー
迫田 到(いたる):シンセサイザー・オペレーター
石川鉄男:シンセサイザー・オペレーター
(作曲者である 『大江千里』 がコーラス参加しています)
(文中:敬称略)

現代のレコーディングにおいて、絶対に欠かせないのは、基準になるリズムトラックを、最初に録音、あるいはコンピューター関係に用意して、そのリズムに合わせて演奏を重ねていくという方法が採用されます!
(メトロノームみたいなものだと思っていただければ!)

これ…
アマチュアが同じ方法をとって、何がプロと違うのか…?

アマチュアは、ただひたすら、そのカウントに合わせようとして、人間味の無いプレイに終始しますが…
プロは、あくまで基準として、それを捉えるだけで、自分独自のリズム感を持ちながら演奏しますし、特にボーカルがある楽曲において、そのボーカルがどれだけ際立つか??
これを機軸に演奏をします!

また、そのリズム感は、それぞれが勝手に選択するのではなく、どんなにバラバラな時間で作業、というか録音をしようとも、
『ひとつの楽曲』 ということを念頭に、メンバーが勢ぞろいして、その場で演奏しているようなバランスを保ちます♪

それは、楽曲ごとに、一番最高になるようなリズム感やプレイを発揮し、聞き手にとって最高のパフォーマンスとなるように演奏されます!

プロは、日々の生活が演奏になりますので、その表面的なテクニックの部分よりは、実はそうした部分がもっと、皆様に届けばいいな♪ と思いつつ、こうして記事にするのですが、自分が決して表舞台でメインスポットライトを浴びることが無くても、音楽家としての一流の存在感を放っている皆様のことを、筆者は尊敬しています!

さて、続いては歌詞の部分なのですが…
いまだにわからない部分が、筆者にはあります!
これは作曲されたメロディーとコード進行に関係しますが…?

全体としては、生演奏を主体とした、爽やかなんだけど、パワフルなバンドサウンドになっていますが、サビの部分におけるそうしたロックな部分が、2番のサビ以降、どこか切なくなり(マイナー進行になるからです!)、歌詞におけるこの部分が、そのメロディー進行と重なるとき、心から素晴らしい、明るいだけの夏じゃないんですね…? っていうのを、筆者は感じずにいられません…

『もう友達じゃない きみがいる』

これの解釈ですが、皆様に歌詞の全体を御覧いただいて、思ったことをコメントしていただきたいのですが、
①友達から、もっと進展した仲になっている
②もう友達の関係でも無くなってしまった…

これがどちらの意味なのか? 長く聞きながら、今でも迷うところです!

歌詞において、過去形として書かれている部分がありますので、それがもっと、歌詞を判断するときに、悩んでしまう部分でもありますが!

いずれにしても、夏・到来! と思わせてくれる楽曲のひとつで、これからの季節、筆者が聞き続ける楽曲になることは間違いないですし、皆様にとっての夏ソングの一つになれば、嬉しく思います!

今回のリンク先
夏が来た!  うたまっぷ  ( 歌詞掲載部分 )

コメント

  • 07月 27 2006
    • 2006/07/27(木) 00:21:59
    • [ 編集 ]
    • URL
    • うさぎ #L8AeYI2M
そろそろ夏!という曲が似合う時期になってきましたね。

智さんが解釈に悩まれている部分の歌詞ですが・・・
うさぎは①だと思います~。 というか、①がいいな♪
①であってほしいな♪そういう感じです。

渡辺美里さんと大江千里さんのコンビも最高ですが
小室哲哉氏とのコンビも好きです (*゚ー゚*)
この曲に限らず、早々書きたかった楽曲、PCの隣に山積みなんですが…
俺の地域も、全体的に被害なので(たまたま俺のとこは救われました!)
夏楽曲、全部差し控えておりました…
なので、そろそろ夏楽曲が登場してくるはずです! って、俺のブログなのに(笑)
これは、多数決ではありませんが、ファンサイトなどでの解説などを、全く見ないで
どっちでしょう? とした記事です!
いかに多くの皆様がコメントしてくれるかで、解釈が異なることかと思います!

大江千里さん楽曲、小室哲哉さん楽曲、その他にも、多くの作家が関わっている
美里さんですが、いい歌が多いですよね! (選ぶのが大変ですが!)
  • 07月 27 2006
    • 2006/07/27(木) 00:48:07
    • [ 編集 ]
    • URL
    • かえで #6Q4/nIRk
こんばんは!
かえでも①なんじゃないかなーって思います。。
泳いでキスして、次の夏もその次の夏も
離れたくないって言ってるし・・・進展した仲のよーな。。
友達であったかつてのドキドキする関係?もすっごく
懐かしい。。
でも、今はこーゆう仲なんだ・・・うふっ。
とゆうことで、「友達じゃない きみ」と呼んでいる・・・

どーでしょうか???

あ、エントリー飛びますが、VAN HALEN 懐かしかったです!
洋楽も好きです!
Aerosmithが特に好きです♪いつかお願いしま~す!

こんばんはです(^^♪ やはり女性には①なのかなぁ?
これ、実際に音が流れてれば、また違う印象あるかもしれませんよ!
一番におけるサビは、C#m機軸になりつつ、またリフがEに戻りますが、二番では、
サビが繰り返されると、二度目のサビがEmへと変化し、それがなんだか切なく
聞こえるんですよねぇ…
俺の場合、かつてはあんまり歌詞を聞いてなかったので(-_-;)
(そのかわり、音楽部分が全パートごとにバラバラに採譜出来ますので!)
あと何人、このコメントに参加するかを期待してみたいですね!
かえでさんが、この曲を実際に聞けば、②になるかもですよ♪???なぁんて!
洋楽は、めったに書かないのですが(笑)、エアロスミスなどハードル高いのを
リクエストされたので、仕入れてこなきゃ(^_^;)
(そのうち書きますので、お待ちくださいね!)
  • 07月 27 2006
    • 2006/07/27(木) 01:07:52
    • [ 編集 ]
    • URL
    • ひなた #whKRIAGo
そりゃー1でしょう!うんうん。
夏。ちょっと進展しちゃったりする恋。
そんなのがよく似合います^^
渡辺美里さんってけっこう学生時代に聞くと
きゅーんってしちゃいましたよ。
なんか意地でも、男性読者(かなり少ないけど…)から②と言わせたい(笑)
多数決にならない、というか、接戦にならないと、楽しくないなぁ(^_^;)
歌詞、微妙だからこそ、こうして皆様に質問してますが、ロマンチストなのですねぇ
皆様は♪
記事に書いていますが、前年の? もしくはそれ以前の夏があるからこそ、この
歌詞全体が成立しているのでしょうし(リンクからしっかり御覧くださいね!)、
出会ってその夏では無さそうですしね!
(それは、以前書いたEPOさんの楽曲とかの方がイメージ近いです!)
俺は学生時代から聞き始めて、この時社会人だったでしょうか、それを思えば
人生、早いのですが、こうして今もCD引っ張り出して聞くのが唯一楽しみで!
ひなたさんも、当時を懐かしんで、美里さん、聞くのもオススメですよ♪
過去形で書かれた詞が、迷わせるところではありますが、①かな。
全体的な時間の流れを見ると、「友達でさえない」とはちょっととりにくい気がする。
でも、1番の歌詞だけ見ると、②ってこたえたい気もしますけどね☆
この問いかけは、ちょっと長期戦で眺めていたいのだが(笑)
どうしてもね、音の方からイメージしちゃうから、そうなってしまうの俺(-_-;)
まぁね、仮にも保険会社のCM楽曲で②は無いだろう? と思うのですが、
かつてトレンディーの女優出る化粧品のCM楽曲、新作です♪ っていう
内容なのに、思いっきり失恋じゃんか、この歌… っていうのもあったしね!

元々男性読者が極端に少ないブログですので、男性意見に期待するのが
難しいかもしれないけど、それでも感想聞きたいとこですが♪
(その意味では、はるりんさん、名誉読者に推薦致します!!)
CANCELさんがどう受け止めるか、聞きたいとこです!!
智さん、こんばんは!

め・い・よ・ど・く・しゃ・ですか~!

偉そうなことはいえないけど、これって一度は付き合っていた2人、彼氏が故郷に残って、主人公の彼女が故郷を離れてたけど、暑中見舞いの言葉で迷っていたモヤモヤが晴れて、彼氏の元へ帰る決心が付いた・・・ってところですかね?
だから、サビの部分以外は離れる前の一緒だった頃の思い出ですよね。

・・・ってことで、①です!!
②じゃなくてすいません!

智さんも私のブログでは名誉読者ですよ。っていうか、名誉コメンテイター!?
やっぱ、これは①なのだろうか…?
ならばどうして明るいキーのまま、曲は作られなかったのだろうか…?
それが最大の謎で、しかも、彼女の歌に関しては、もっと直接的表現だって他に
存在するのに、こうした言い回しをする必要があったのか?
色々と謎であり、この記事だけで、しばらく放置しときたい気分(笑)

うちに来てくれる読者は、基本的に素晴らしい人ばかりですが、唯一(現状ですが)
男性読者で定期的にコメントしてくれてるのは、はるりんさんだけです♪
(逆にそれだけ女性読者が多いことは、嬉しい部分でもありますが♪)

俺は確かにコメンテーターかもねぇ! 音楽ブログの方では(-_-;)
ま、まぁ、それだけしか人生の中で、知ることが無いからね…(>_<)
さて、誰が最初に②の意見を述べるか? これに期待してます!

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。