智(とも)が気ままに選ぶ好きな音楽

今まで聞いてきた音楽の中から、独断と個人の思い入れで選ぶ  『自分の好きな音楽♪』  少しでも皆様に紹介していけたらと思います(^^♪

FC2カウンター

現在の訪問者数は

名様♪

今日現在で

読者様からのプレゼント♪

2006/12/23
amoさん より♪
amoさんクリスマスプレゼント20061223
2006/11/27
うさぎさん より♪
うさぎさんから 3万祝辞20061127
2006/10/03
うさぎさん より♪
うさぎさんから 2万祝辞20061003
2006/10/31
みゃびさん より♪
 (島原城)
みゃびちゃんから 島原城
 (島原城からの景色)
みゃびちゃんから 島原城から風景
2006/07/08
萌 : moeさん より♪
萌ちゃんから 誕生日祝辞
2006/07/04
みゃびさん より♪
みゃびちゃんから 景色
2006/06/21
ひなたさん より♪
img62cb833dmgo73g.jpg
 

皆様ありがとうございます!

※写真はクリックすると
 “写真本来のサイズ”
 に拡大表示されます♪

※写真提供者の
 “著作権・肖像権”
 があることを御理解願います!

Lc.ツリーカテゴリー

↑ この +邦楽 をクリックすると…?
西暦別 で楽曲検索可能♪

その後 -邦楽 とクリック
(一度開いたあとのことですが)
開いた画面 が閉じます

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 0008 一青窈  ハナミズキ

同日の2曲紹介は初めてですが、あえて書きたくなりました!
今回紹介するのは、一青窈さんの ハナミズキ です♪
2004年発表、火曜サスペンス主題歌、
紅白出場楽曲としても有名です♪
今回の一青窈さんの公式HPは下記よりお入りください♪
ここ ←クリックしてください♪ (所属レコード会社様)


ページ内:『ミミトナリ』では、各楽曲の試聴(音楽部分)が出来ます
ページ内:『コエトナリ』では、各楽曲の視聴(映像部分)が出来ます

なお、各種プラグインの無料ダウンロードもHP内にあります
今回の試聴・視聴では以下の各種が対応します
①Windows Media Player
②real player
③Quick Time
接続環境・対応OSなどに合わせて、お好みのものを選んでいただけたらありがたいですし、上記各種プラグインにより、音質の違いもあるようでした
なので色々試していただきながら音質の良い環境で試聴・試聴をしていただけたら!と思います

2006/05/08 追記です
コメントを下さっている 『Amber』様 からなのですが、とても勉強になる素晴らしい情報を提供くださいました!!
どうか、そちらのコメントから、皆様も 『ハナミズキ:花水木』 についての由来など、御覧いただけたら!
そう思います
Amber様、大切な情報をありがとうございます!!



今回の ハナミズキ ですが、きっと説明が不要な程、皆様の耳に届いたであろう名曲と思います

その美しい旋律と、心に語りかける歌詞、そしてポピュラー音楽における卓越したアレンジは、どれをとっても、非の打ち所の無いものだと思っています!!
作詞は 一青窈 さん本人、作曲は マシコタツロウ さん(独自の音楽性を持つ、素晴らしい人だと思います)、そしてアレンジ兼キーボードを担当された 武部聡志 さんは、それこそ日本の音楽界に君臨する名演奏家であり、プロデューサーです!!
Yumingこと松任谷由実さんのツアーなどでもその卓越したプレイを披露なさいますし、皆様が武部さんをTV画面越しに見たことがあるとするなら、紅白出場の際にパイプオルガンの荘厳な演奏をされた姿・そして、『LOVE LOVE 愛してる』の中でキーボードを担当されていたときの姿が有名だと思います
このハナミズキの演奏者もまた、日本のスタジオミュージシャンのトップクラスの人で、その表現力の高さは追従を許しません!!

今回、参加ミュージシャンについて、多少熱くなった記述をしましたが、どうしても武部氏の偉大さを知っていただきたく、こちらに書かせてもらいました
(一青窈さんの衝撃のデビュー作:もらい泣きももちろん、武部氏のものです)

楽曲 ハナミズキ の歌詞の中では、やはり印象に残るのは、この部分なのだと思います(あくまで主観です)

君と好きな人が百年続きますように

いつもふっと、時間というものを考えることが多いです
過去 ~ 現在 ~ 未来
いつかほんとは寿命とともに潰える、自分に残される時間…
でも、生きている限り、その時間をどう過ごし、どう考えていけるかは、誰もが思い描くことなのだと思います

この 『百年』 が比喩の表現であることはわかります
しかし、これだけの想いをかける出逢い・愛情
そこには、素直な感情が溢れています

このブログの最初に紹介した楽曲: 0001 池田綾子さんの僕たちのTomorrow では
永遠なんて時 いらないから 明日逢いたい
という、それもまたストレートで素敵な感情を表現されています
なので俺の中では、時間軸における対をなす楽曲として、いつも愛聴しています

一青窈さんのプロフィールに関しては、公式ページの中より 『ヒトトナリ』 という項目より参照いただければありがたいのですが、慶応大学出身・3ヶ国語を使いこなす才媛!
しかし、以前見たTV番組の中では、意外なお茶目の部分も披露していて、それがまた彼女の魅力なのだろうなぁ♪ と思いました!

唄う際の独特の表情もまた、彼女らしいと思いますがいかがですか?

変わったところでは、トリビアで、もらい泣きの再生速度を遅くすると、平井堅が歌っているように聞こえる! という話題で盛り上がっていましたが、そういうことでも紹介されるくらいに、彼女の注目度は、誰もが認めるところなのだな! という感想も持ちました!

せっかくですので、ハナミズキが日本に持ち込まれたきっかけなどを紹介するウィキペディア(フリー百科事典)のリンクも記述しておきます
その由来を今回改めて読み、学ばせてもらいました

ウィキペディア:ハナミズキ ←ここをクリック


今回、同日に2つ目の記事を、元々は書く予定はありませんでした…
しかし、俺にとって大切なブロガーさんの記事の中に、ハナミズキの美しい写真があり、そしてそのブロガーさんが抱える思いや気持ちを読み、どうしてもこの曲のことを書きたくなりました!!
その本人様に御覧いただけたら何よりです(後日でも構わないですから…)

そして、こちらを訪れてくださる皆様にとっても、少しばかりの何かのきっかけになれば…♪
そんな気持ちで書きました


コメント

ぁたし一青窈サン好きなんですよね♪♪紹介してもらえて嬉しいです(○从'V`qP)
ぁたしの方にゎハナミズキ通りと言うんがあるんです。
たまに車で通るんですかつい最近そんな通りがあるのを気付きました。
今は雨で散ってしまっていると思うけどまたその道を通ったら見たいですね。
気付いてもらえて嬉しいです!
これは、あなたのために書いた記事なのですから!
(もちろん、多くの皆様に読んでもらえたら、もっと嬉しいですけどね!)
ハナミズキ通りですかぁ♪
なんか、いいですね!
今回の記事の中には、ウィキペディアさんの記事のリンクを入れました

ハナミズキに関して、今回俺も学んだことがあります
そちらも見てもらえたら嬉しいです!
日本の四季の中にある、美しい景色
みゃびさんのところの写真を見たから、この記事を書きました
みゃびさんの感性に、影響されました!
これからも、時間の許すときに立ち寄ってもらえるよう、頑張って記事を書きますね(^^♪
ありがとう!
この花?この樹木の
日本ではあまり知られていない、お話・・・
自分のブログの中で、いずれ紹介しようと思った
お話ですが、ちょっとだけさわりを・・・
以前、友達がアメリカにホームステイしたときの、ホストファミリーのおばあさんに聞いたというはなしですが・・・
キリストが十字架にかけられた、時に使われた木材が、ハナミズキだったと言う話を聞いたことがあります。

ハナミズキの花・・・正確には花弁の変化したモノだそうですが、その先端には、釘を打ったようにさび色の、くびれた部分があります。
これは、キリストが、磔にあったことをこの花に記したとのこと・・・

そして、二度と磔刑の十字架に使われないように、太く育たないように。したという話を聞いたそうです。
この伝説がこのページで紹介されていました。

http://kitola.hp.infoseek.co.jp/dokusou/hanamzk.html
お久しぶりです!
そして、こんな貴重な資料をわざわざありがとうございます!!
ほんとに感謝です!!
Amberさんが、それを記事にされる折には、必ずそちらに伺いますね!
そして、勝手ではありますが、Amberさんのこの素晴らしいコメントを皆様に読んでいただけるように、記事に加筆します!
ブログの効能は、こうして意見なり資料になることを、皆様で共有するところにあると思っているのです
時々、単なるスレッドみたいに、膨大な量のやりとりのログだけのコメント欄があり、しかもそれがいつしか争いの場所になっていたり…
心が痛みます…
うちのブログは、まだまだ開始早々の場所ですし、それこそ個人の主観中心で記事を書きますから、今後色々な悩みを抱えるんだと思います
しかし、考え方も表現も意見も、人それぞれでいいと思いますし、俺自身も、皆様のブログを訪問しながら、自分なりに思うことをコメントしてきたつもりです!!
これから先も、こうした貴重な意見をいただけるとしたら、それはまた光栄なことですし、このブログを立ち上げてよかった!! という気持ちになれます!!
どうかこれからも、この未熟なブロガーを支えてくださる存在でいてもらえたら、嬉しく思います!
本当にお忙しい中、ありがとうございます!!
  • 01月 04 2008
    • 2008/01/04(金) 15:00:50
    • [ 編集 ]
    • URL
    • #-
ソロの女性歌手で外国人とのハーフある一青窈
 音楽プロデューサー小林武史

    私はこの二人を殺したい
 
小林武史は元MY LITTLE LOVERのメンバーで
音楽プロデューサーでもある邦楽界の大御所である
  Mr.Childrenやサザンオールスターズにも関わっている
 
 妻はメンバーでもありボーカルのAKKO(旧姓赤松亜希子)

MY LITTLE LOVERは小林氏の作る非常に奥深い曲調
とAKKOの可愛らしく透明感溢れる歌声二人の噛み合いにより
Hello Agein~昔からあり場所、ファーストアルバムevergreen
大ヒットを記録しファーストアルバムの売り上げ枚数はいまだに金字塔である
 
 私はMY LITTLE LOVERが好きだ

様々な音楽というものを聞いてきたが、ここまで何度も聞いても飽きず、感動をくれる
ものはなっかた 他のアーティストを聞いてもすぐにあきてしまう 
聞けなくなってしまう
 この奥深さと奇跡とも思えるAKKOの声
こんなユニットは他にない 今後現れないかもしれない
そう思うと悲しい  というより怖さすら感じる
このMY LITTLE LOVERだが最近死んだも同然と化している
 
 小林と一青はフェスで会った後不倫と進んでいった
AKKOと小林には十代前半の二人の子供がいる中の略奪愛
この事実を知りつつ不倫は進み小林の勝手な思いから
My Little Loverから脱退、以前のような曲は生まれなくなった。 
一青は同情をかられる生い立ちを利用していたが略奪愛でイメージは崩れた
過去AKKO略奪と言われたが今は二児の母 
このような家庭がある場合はいくら愛といえども子供のためを思いイメージを
崩さぬようよしておかなければならない
小林も最低な奴、妻子持ちであるユニットの中核を荷う存在をわきまえて行動するべきだ 
沢山のファンを裏切り音楽を奪い家庭を壊し
 私は二人を許さない

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。